mac野郎なのかでは、日常使っているmacbook pro retinaで困ったことの解決法や、便利、快適にする方法などを主に掲載しています。

mac野郎なのかのサイトでアクセス数が多い記事をまとめてみたところ、衝撃の事実が・・・ macより、iPhone系記事のアクセスが多いようです・・w

アクセス数のチェックは10/16に実施しました。

mac野郎なのか 月間アクセス人気記事はコレ

mac野郎なのか 週間アクセス人気記事はコレ

  1. iTunes バックアップが壊れているか、復元先の iPhone と互換性がないために iPhoneを復元できませんでしたと絶望したときに試した事

    iPhone6s発売でアクセス数が伸びている感じです

  2. OSX El Capitanを確実にインストールする手順

    El Capitanをクリーンインストールする手順です

  3. OSX EL Capitan・・・致命的な状況です。

    YosemiteからEl Capitanに上書きアップデートに失敗し、バックアップから復元した記事です

  4. mac Windowsを外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part1

    Windows8を外付けHDDブートする方法です Windows8.1編はこちらです。

  5. OS X El Capitanの性能チェック!Yosemiteと比較

    El Capitanの性能を調べた記事です。system call系のパフォーマンスがかなり上がっていることがわかります。

  6. OSX El Capitanを確実にインストールする方法

    appleの情報に従って再インストールする方法を調べた記事です。

macOS 10.14 Mojaveのまとめ

WWDC2018で今秋リリース(通常2018年9月頃)されるmacOS 10.14はMojave(モハベ)と発表されました。ダークモード、デスクトップの整理まとめ機能(Stacks)、Newsアプリ、株価アプリ、音声メモアプリ、Homeアプリの追加やFaceTimeのグループコールのサポートなどが紹介されていました。ここではMojaveがインストールできるMacは?Mojaveで新しくなる機能やなくなる機能などをまとめて行きます。新しい情報をキャッチできたら都度更新する予定です。

MojaveがインストールできるMacは?


Mid2012以降のMacBook、MacBook Air、MacBookPro、iMac、Mac Proが対象です。
Mac Proは、2010年、2012年モデルも対象です。
Macs macOS Mojave will be available this fall as a free software update for Macs introduced in mid-2012 or later, plus 2010 and 2012 Mac Pro models with recommended Metal-capable graphics cards. Some features may not be available in all regions or languages
apple.com


Mojaveの新機能


ダークモードとDynamicデスクトップが追加されます


デスクトップを暗い配色に変えることができるダークモードが追加されます。
今までの明るい配色と暗い配色は切り替えることができます。(現時点では切り替え方法は不明です)
メニューや標準アプリ(メール、メッセージ、カレンダー、写真、他)は全て暗い配色に対応しています。

Dynamicデスクトップは、設定した時間によって暗い配色、明るい配色を切り替える機能です。AppStoreから入手できるアプリからも変更できるAPIになっています。アプリによっては自動的にダークモードに変わるってことですね。

スクリーンコントロールでスクリーンショット、ビデオ録画が簡単にできます


MacからiPhoneやiPadのカメラを撮影起動、即時反映できるみたいです


マークアップツールの適用範囲がクイックルック、Finderへと広がります


新しく追加される標準アプリ


News、Stocks、Voice Memos、Homeが新たにmacOSの標準アプリに登場します。

グループFaceTime



プライバシー強化


位置情報サービス、連絡先、カレンダー、リマインダー、写真の許可・拒否がセキュリティとプライバシーより設定できます。Mojaveではこれらに加えて、カメラ、Microphone、メールデータベース、メッセージ履歴、サファリデータ、タイムマシンバックアップ、iTunes Device Backups、Locations and routines、System cookiesも対象になります。

また、Safariのインテリジェントトラッキング防止機能もさらに強化されます。例えばソーシャルメディアの「お気に入り」や「共有」ボタンやコメントウィジェットが許可なくユーザーを追跡するのを防ぐことができます。
Safariでこのようなボタンがあるサイトを表示するとDo you want to allow "トラッキング先のURL" to use cookies and website data while browsing "表示中のサイトURL"?と拒否、許可ボタンと共にポップアップ表示する機能が実装されていました。

オンラインアカウント作成時、強力なパスワードを自動生成し、自動的に保存する機能なども追加されるようです。

Mac App Storeアプリが変ります



CoreML2/Create ML


そのほか未整理


Answer with FaceTime audio
App recents in Dock
International keyboard improvements
Security code AutoFill
Mail emoji picker
Mail suggested folders
Font Collections
Automatic strong passwords
Faster CSS selectors
Improved hard drive performance
Favicons in Safari tabs
New login window
New Save panel/New Open panel
UI language parity
W3C Web Driver
improved CSS color support
Apple File System for Fusion drives and hard drives(APFSでFusionドライブ、HDDがサポートされるようです)
Faster wake from sleep
Password reuse auditing in Safari
Automator shortcuts in Touch Bar
OpenType-SVG fonts

Mojaveでなくなる機能、非推奨の機能




Mojaveの疑問や導入の不安ポイント


Majoveって古いMacに導入しても性能は大丈夫なの?


WWDC2108ではiOS12のパフォーマンスは素晴らしい!iPhone6sでも性能が向上します!って感じでしたね。ただmacOS Majoveのパートではパフォーマンスに関するコメントはありませんでした。

デスクトップ整理機能(Stacks)やFinderはさらに高機能に!スペック厳しい?


ほぼリアルタイムにデスクトップに置いているファイルや写真などをグルーピングするStacks機能はとても使い勝手が良さそうです。
Finderではウィンドウ枠いっぱいに写真を表示できるgallery view(ギャラリービュー)、Finder/QuickLookにマークアップツールが追加され、写真整理や編集を素早くできそうでこちらも使い勝手が良さそうです。

ただこれってCPUやメモリたっぷり使うんじゃないの?と心配しています。macOSのコア機能に近い部分なのでメモリ不足時の安定性に不安を感じています。

新機能は一部macで使えない可能性があるかも



ウィルス対策ソフトのサポート時期


2018年6月下旬より開発者向けにmacOS 10.14 Mojaveのベータ版が公開されるようです。
現時点ではウィルス対策ソフトがいつ頃対応してくれるのか?は良くわかりませんが、ベータ版で評価している会社なら素早い対応が期待できそうです。

APFSのFusion Drive対応やHDD対応はあるの?


6月時点では不明です。

Macを使う理由はコレです

Macって一体何に使っているの?Windowsの方が安くて高性能なのにどうして?って疑問ですよね。mac野郎なのかは現在macは2台所有しています。ただMac一点推しではなく自作PCを含めてWindowsを長年愛用しています。なぜMacなのか?Macじゃなきゃ行けない理由はあるのか?と聞かれることが多いのでここでその理由をご紹介しています。

まず普段使いでmacOSとWindows10を比較するとできることに大きな違いはないと思います。Word/Excel/Outlookはどちらも動きます。例えばMacはiPhoneとの連携と言われています。iPhone買ったらMac買うべし的な記事も見かけたりもしますが、Windowsだとダメっていう理由はないと思います。iTunesはどちらでも使えるのでバックアップ&復元はできます。AirDropができるできないぐらいの違いしか思いつきません。たいして変わりませんよ。

iOSアプリを開発したい!っていう理由じゃなければWindowsを選んでも後悔しないと思います。

eGPUってご存知ですか?MacBookにハイスペックグラボを増設できる機能です。でもグラボ以外にeGPUに対応したThunderbolt3の筐体が必要です。グラボと合わせるとなかなかの金額になります。もしゲーム目的なら迷わずWindowsゲーミングノートとかにした方が安く・満足できる環境が整えられると思います。


でも一度macを使ってしまうと離れられない魅力があることは確かです。

次にWindowsを選ぶかと言われたら微妙です。少し価格が高くてもまたMacを選びそうな気がしています。これからMacを使う理由、というかメリットをご紹介します。

Macを使う理由はコレです


1番目の理由が比重高めです。

1 Windowsも同時に動かせます


macOSは標準でWindows10をMacにインストール&動作させるBootCampという仕組みが備わっています。(これは下記*1の理由でオススメしません)また仮想OSアプリ(VMware Fusion/Parallels Desktop/VirtualBox)を使うとmacOSを動かしながらWindowsを動作させることができます。
つまりMacはmacOS、Windowsどちらも使えるメリットがあります。

Windowsノートを選ぶとmacOSを動かすことはライセンス的にできません。

macOSを動かしながら使える仮想OSアプリのWindows10は本当に使い勝手がいいです。
豊富にあるWindowsの無料ソフトをmacOSで使うことができます。
またExcel VBAで制限があるmac版より、フル機能使えるWindows版を使えるメリットもあります(macではCreateObjectが使えません)。

ただメリットばかりではなく、デメリットもあります。
・Windowsのライセンスは正規に購入する必要があるのがデメリットの一つです。
・同時にmacOSとWindowsを動作させます。8GBメモリでは厳しい局面もあります。



*1:BootCampをあまりオススメできない理由
・デュアルブートです。Windows または macOS どちらかをmac起動時に選びます。Windowsを使っている最中はmacOSを起動できません。macOSを使っている最中はWindowsを使えません。2者択一です。
・内蔵ストレージにWindowsをインストールします。内蔵ストレージの容量は後から増やせません。内蔵ストレージ以外にWindows(Cドライブ)を移動させることはできません。

2 くっきり綺麗な表示


購入するモデルにもよるかと思います。Retinaディスプレイを採用しているモデルはフォントが綺麗です。初めてMacに惹かれて購入に至った理由の一つです。

3 トラックパッドがとっても優秀、疲れません


Windowsのタッチパッドって使ったことあります?Windowsはマウス一択で使っています。マウスを操作するパッドとマウスをクリックするためのボタンが物理的に離れている所為かなんか不便なんですよね。

でもmacのトラックパッドはパット上どこでもクリックできますし、右クリックに該当する2本指クリックなどを始めスクロール、ズーム、ピンチなど様々なアクションに対応しています。マウス不要なんです。

マウスって長時間使っているとなんか疲れませんか?手首や手の甲が疲れたりしました。トラックパッドは疲れないのでとてもいいです。

まとめ


いかがでしたでしょうか、Mac野郎なのか視点でMacを使う理由をご紹介してきました。結局WindowsもMacも同時に使えるMacが一番使い勝手が良い、表示も綺麗で、操作も快適ってことです。

ただハードウェア視点では、Windowsノートの方が拡張性があったり、最新スペックって気がします。悩ましいですね。



Time Machine バックアップを完了できませんでした、原因と解決方法【macOS High Sierra】

この記事は、Time Machineバックアップディスクをネットワーク越しのドライブを指定している、macOS High SIerraにアップグレード済み、Time Machine バックアップを完了できませんでしたと困っている、Sierraの時には問題なかったのになぜ?って方にオススメです。試してわかったOSStatusエラー17の意味もご紹介しています。

MacBook Pro Retina Late2012は既にmacOS High Sierraにアップグレード済みです。先日ようやくMacBook Pro Retina Mid2015をmacOS High Sierraにアップグレードしました(3月末)。mac2台も必要ないでしょ?って思ったりもしますが、1台目(Late2012)はネットワークストレージ(NAS)用途で活用できます。2台目(Mid2015)からネットワーク越しでLate2012に繋げているUSB HDDをTIme Machineディスクとして選択することができますよ。

とここまで便利に使っていたんです。Mid2015をアップグレードする際、「バックアップの自動作成」をOFFにしていました。OFFになっていたことにしばらく気づかないまま過ごしていました。ONにして、TIme Machineを今すぐ作成したところ、バックアップを完了できませんでしたとエラーになります。

バックアップを完了できませんでしたとエラーになった画面のスクリーンショット

メッセージは以下のように書かれていました。
”mymacへのバックアップを完了できませんでした。
ネットワーク・バックアップ・ディスクにアクセスできませんでした。ネットワークユーザ名またはパスワードに問題があります。バックアップディスクを選択し直して、正しいユーザ名とパスワードを入力してください。”

一体いつからこの状態になったのか、この間の変更点をまとめると
・MacBook Pro Retina Mid2015をSierra 10.12.6からHigh Sierra 10.13.4にアップグレード
・MacBook Pro Retina Late2012を10.3.3から10.3.4にアップグレード
・MacBook Pro Retina Late2012を有線ギガビット化(USB<=>LAN)しています。

Late2012とMid2015は別セグメントです。ルーター超えですね。
MacBook Pro Retina Late2012 (192.168.1.x ) ーHub(ルーター) ー Hub(ルーター) ー Mid2015(192.168.0.x )

Late2012 :バックアップ用のストレージ(macdisk2)があります。
Mid2015 :タイムマシーンのバックアップディスクとしてmacdisk2を指定しています。

この構成でもMid2015のFinderを使ってLate2012に接続することもできますし、画面共有もできます。もともとTimeMachineディスクとして利用していたストレージもマウントすることができます。
=>別ネットワークでも普段使いに全く問題ありません。

ポート開放しているの?全く開放していません。不思議ですね(謎)

手順にしたがってディスクを選択し直しました。OSStatusエラー17で選択できない原因は?


一旦削除して、もう一度選択します。
バックアップディスクを選択し直したら「バックアップディスクに接続できません。操作を完了できませんでした。(OSStatusエラー17)」とメッセージ表示されているスクリーンショット

バックアップディスクに接続できません。操作を完了できませんでした。(OSStatusエラー17)
えっ・・

【Mid2015】でOSStatusエラー17が出るまでの流れ(手順)
・システム環境設定のTIme Machineからmacdisk2のバックアップディスクを選択して、ディスクを削除しました。
・macdisk2をFinderからマウントします。(これしないとバックアップディスクの一覧にmacdisk2が表示されません)
・macdisk2を選択、「ディスクを使用」ボタンをクリックします。以下のような接続を促す画面が出てくるので「接続」ボタンをクリックします。
late2012(mymac)に接続を促す確認画面



  • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
  • Mac野郎なのか
  • プロフィール

このページの先頭へ