mac野郎なのかでは、日常使っているmacbook pro retinaで困ったことの解決法や、便利、快適にする方法などを主に掲載しています。

mac野郎なのかのサイトでアクセス数が多い記事をまとめてみたところ、衝撃の事実が・・・ macより、iPhone系記事のアクセスが多いようです・・w

アクセス数のチェックは10/16に実施しました。

mac野郎なのか 月間アクセス人気記事はコレ

mac野郎なのか 週間アクセス人気記事はコレ

  1. iTunes バックアップが壊れているか、復元先の iPhone と互換性がないために iPhoneを復元できませんでしたと絶望したときに試した事

    iPhone6s発売でアクセス数が伸びている感じです

  2. OSX El Capitanを確実にインストールする手順

    El Capitanをクリーンインストールする手順です

  3. OSX EL Capitan・・・致命的な状況です。

    YosemiteからEl Capitanに上書きアップデートに失敗し、バックアップから復元した記事です

  4. mac Windowsを外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part1

    Windows8を外付けHDDブートする方法です Windows8.1編はこちらです。

  5. OS X El Capitanの性能チェック!Yosemiteと比較

    El Capitanの性能を調べた記事です。system call系のパフォーマンスがかなり上がっていることがわかります。

  6. OSX El Capitanを確実にインストールする方法

    appleの情報に従って再インストールする方法を調べた記事です。

無料で安心できるFruitfly macのスパイウェア対策

2017年1月に実害がないから放置されたFruitflyというスパイウェア、実は数年前から活動していたと最近の調査で話題になりました。
Fruitflyの対応は、2017年1月のMacOSセキュリテイパッチで対応済みです。被害に合うことはありません。

数年間発見されなかった理由は
「Fruitfly」は最低でも2年間は、誰にも気づかれないまま、推定400台以上のMacに「潜伏」し続けていたそうです。macOSのセキュリティだけでなく、民間のセキュリティソフトにも引っかからなかった理由は、目立った実害がなかったから。
専門家からも数年間気づかれなかったMac向けスパイウェア「Fruitfly」


このスパイウェアは、コンピュータのカメラを通してのスパイしたり、スクリーンに何が映っているか、キー入力のログなどを捕捉することが可能だったそうです。

無料や市販のウィルス対策ソフトでは検出できずに駆除できなかったことが残念です。

どうやって侵入したかはよくわかりませんが、ウィルス付きメールをクリックしてしまった以外に、MacOSの場合、野良アプリのインストールが可能だったりするのでオススメしていても本当によくよく考えてインストールした方が無難です。

ほぼ0円でできるスパイカメラ対策




ひらがな入力から英字入力に戻せない!?再起動しないで直した方法【macos 10.12.6】

macを再起動するタイミングは、osのアップデートで強制再起動の場合だけ、スリープで常用しているmac野郎なのかです。

2017年7月22日にmacOS Sierra 10.12.6にアップデートしたタイミングで再起動しています。

英数キーを押しても、ひらがな入力モード状態のちょっとレアな現象に2017年7月29日出会いました。
ひらがな入力から英字入力に戻せない!?

  • かなキーを押しても、英数キーを押しても、アイコンが「A 英字」で「あ ひらがな」に変わらない
  • 日本語入力中、英数キーを押して英数モードに切り替えても、日本語入力モードが続いてしまう。
  • Control+Shift+J、;でも同様に現象が発生する


ひらがな入力から英字入力に戻せない!?再起動しないで直した方法


ひらがな入力から英字入力に戻せなくなった際、再起動しないで戻す方法を2つご紹介します。

原因は、根本的に直った方法から判断するとプログラム(アプリ)が影響を与えています。

1 メールや書類を作っている最中場合にとるべき手段


メールの返信やエクセル、ワード、キーノート、Pages、Numbersなどの書類を作成中に英字入力へ戻せなくなった・・・時間がないのでとりあえず英字入力したい時にとるべき手段です。

この方法は、根本的な対処ではありません。


  • 日本語入力モードになったままのウィンドウから別のウィンドウにフォーカス移します。
    (別のウィンドウをアクティブにしてください)

  • 英数キーを押してください。


  • 日本語入力モードになったままのウィンドウにフォーカスを移します。
    (元のウィンドウをアクティブにしてください)



これで英字入力モードに変わるはずです。

キー入力を受け付ける別のウィンドウを選ぶのがポイントです。


2 根本的な対処方法



2−1 これで直れば超簡単な方法


これからご紹介する方法は、mac野郎なのかは、うまく直りませんでした。
ただ、環境によってはこれで直る可能性もあるのでご紹介しておきます。

日本語入力の問題をリセットさせたい時に使える手段です。
アクティビティモニタから、日本語入力プログラムを強制終了させる方法です。
mac 日本語入力プログラム強制終了


DockやFinderなど同じように
日本語入力プログラムは、強制終了させても、終了を検知すると起動します。

ちなみに、
DockやFinderを強制終了させましたが、現象はそのまま発生していました。


2−2 根本的に直った方法


OSXのカーネルに近いところで問題が起きているのかと諦めていましたが、
プログラムを終了させていくと直りました。

どのプログラムが悪さをしているのか、一気に終了させてしまったので、記録できていません。m(_ _)m

今使っているプログラムを1つ1つ終了させていきます。
ウィンドウを閉じる操作ではアプリが生き残った状態になる場合が多いです。
一旦ターミナル以外のウィンドウを閉じていますが、英字入力に戻れない状態でした。


再起動しないで直した方法は、以下手順で実施しました。
  • メニューから終了できるプログラムを1つ1つ終了させます。
    メニューに常駐型のプログラムを1つ終了させたら、日本語入力の切り替えを試してみてください。

  • 次にDockを見て、起動しているアプリを一つ一つ右クリック=>終了で終了させていきます。
    1つアプリを終了させたら、日本語入力の切り替えを試してみてください。

    以下順に終了させました。
    Parallels、プレビュー、Microsoft Remote Desktop Beta、Visual Studio Code、電卓、Keynote、App Store、iTunes、カレンダー、メール、FireFox、Chrome、Safari


    問題に関与していなかったプログラムは、ターミナル、アクティビティモニタ、Finder、Fan Controlでした。


プログラム終了後、
英数キーを押すと、英数、かなキーを押すとひらがなに切り替わるようになりました。


まとめ


ひらがな入力から英字入力に戻せないレアな現象に出会ったら是非試して見てください。
作業中で再起動したくないって場合に使えます。



iPhoneが勝手にWi-Fi接続してしまうので、macで使ったことあるネットワークリストをなんとかしてみる

外出先でiPhoneを使って相手に連絡しようとしたのに
・FaceTimeオーディオで発信できるのにつながらない
・混雑している時間でもないのにiMessageで写真を送ったら未配信になった
という経験ありませんか?

先日、ドンキで買い物中にFaceTimeオーディオで奥さんへ連絡したんですが、ピピピピって発信しています。
いっこうに着信する気配がありません。その時間は連絡が確実に取れるはずでしたが、繋がりませんでした。

過去接続した覚えがないDONKI_Free_Wi-Fi(Wi-Fiスポット)に接続していたのが原因でした。
コントロールパネルからWi-FiマークをタップしてOFFにしたところFaceTimeオーディオで通話できました。
(設定>Wi-FiからWi-FiをOFFでもOFFにできます)

色々調べてiPhoneが勝手にWi-Fi接続しないようにするアプリ(Wi-Fi Priority)にたどり着いた方もいるかと思います。

使ったことがあるネットワークリストを確認して、削除できれば、自動接続対象外にできます。
でも、iPhoneの使ったことがあるネットワークリストを確認する方法は調べた限り見つかりませんでした。

当ページで、iPhoneの使ったことあるネットワークリストの確認、iPhoneの使ったことあるネットワークリストからの部分的な削除をmacでやる方法がわかります。

mac野郎なのかは、この記事を書いている時点で
iPhone7Plus、iOS10.3.2(14F89)を愛用中です。


  • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
  • Mac野郎なのか
  • プロフィール

このページの先頭へ