mac野郎なのかでは、日常使っているmacbook pro retinaで困ったことの解決法や、便利、快適にする方法などを主に掲載しています。

mac野郎なのかのサイトでアクセス数が多い記事をまとめてみたところ、衝撃の事実が・・・ macより、iPhone系記事のアクセスが多いようです・・w

アクセス数のチェックは10/16に実施しました。

mac野郎なのか 月間アクセス人気記事はコレ

mac野郎なのか 週間アクセス人気記事はコレ

  1. iTunes バックアップが壊れているか、復元先の iPhone と互換性がないために iPhoneを復元できませんでしたと絶望したときに試した事

    iPhone6s発売でアクセス数が伸びている感じです

  2. OSX El Capitanを確実にインストールする手順

    El Capitanをクリーンインストールする手順です

  3. OSX EL Capitan・・・致命的な状況です。

    YosemiteからEl Capitanに上書きアップデートに失敗し、バックアップから復元した記事です

  4. mac Windowsを外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part1

    Windows8を外付けHDDブートする方法です Windows8.1編はこちらです。

  5. OS X El Capitanの性能チェック!Yosemiteと比較

    El Capitanの性能を調べた記事です。system call系のパフォーマンスがかなり上がっていることがわかります。

  6. OSX El Capitanを確実にインストールする方法

    appleの情報に従って再インストールする方法を調べた記事です。

MacBook Pro Retina Late2012 無料でPages、Numbers、Keynoteがインストール可能でした

MacBook Pro Retina Mid2015を2台目Macとして愛用しているMac野郎なのかです。

1台目MacBook Pro Retina Late2012をmacOS Sierra 10.12.2にアップデートして確認していたところ、気がついたんですが・・

MacBook Pro Retina Late2012に無料でPages、Numbers、Keynoteがインストール可能でした



MacBook Pro Retina Late2012のAppStore>購入済みのスクリーンショットです。
pages 無料


VMware Fusion8.5とParallels Desktop 12を徹底比較

現在Parallels Desktop 11をMacBook Pro Retina 15inch Mid2015で使っているMac野郎なのかです。
macOS Sierra+Windows10Proが同時に実行できるので、どちらかの優れたアプリを補完しあえるのがとってもいいです。

 


今回は、最新バージョンのVMware Fusion 8.5とParallels Desktop 12とを徹底比較します。
VMware Fusion 8.5とParallels Desktop 12を徹底比較

 


もし、古いバージョンをお望みならこちらの記事「Parallels11とFusion8を徹底比較!」にまとめています。

 


古いバージョンは、外付けハードディスクに仮想OSをインストールして挙動を確認しています。
今回は、内蔵SSDに仮想OSを配置して挙動を確認しています。

 


古いバージョンと比較すると良くなったものもあれば、悪くなったものもあります。前回はYosemiteで評価しました。今回はmacOS Sierraで評価しています。同一ハードウェアですが、OSも違ったりしていることも要因として考えられます。

 


 


mac歴よりも、windows歴のほうが長いmac野郎なのかの視点で
Parallels Desktop 12(パラレルズ デスクトップ 12)と
VMware Fusion 8.5(ブイエムウェア フュージョン 8.5)を徹底比較しています。

 


 


MacBook Pro Retina 13インチ Late2012を使って評価しています。
4年前のハードウェアで評価しています。最近のMacBookだとさらに速いはずです。

macOS Sierraでスクリーンショットを撮る方法10選

mac スクリーンショット 撮影方法
macOS Sierra/OS Xは、OS標準で多彩なウィンドキャプチャを備えています。

command(⌘) + shift + 3 でデスクトップ全体のスクリーンショットを撮れます。

command(⌘) + shift + 4 で自分の望むエリアの部分スクリーンショットが撮れます。

command(⌘) + shift + 4 + spaceで指定アプリのスクリーンショットが撮れます。

これらの操作でデスクトップ下にPNGファイルができます。

この辺りはapple公式サイトで図解解説されています。
apple.com Mac でスクリーンショットを撮る方法



メモアプリ、ワードやExcelに貼り付けるのも簡単です。ファイルの代わりにクリップボードに保存できます。
command(⌘) + shift + 3 + control
command(⌘) + shift + 4 + control
command(⌘) + shift + 4 + space + control

control(コントロールキー)を追加するとクリップボードに保存できます。


画像に対応したアプリならcommand(⌘) +Vで撮影したスクリーンショットが貼り付けできます。

同時に押すキー多すぎ!ってmac野郎なのかも思いました。


全部同時押しする必要はありません。同時押しで必要なのは次のパターンです。
  • command(⌘) + shift + 3
  • command(⌘) + shift + 3 + control
  • command(⌘) + shift + 4


command(⌘) + shift + 4 を押した後、マウスカーソルが十字になります。

押しているcommand(⌘) + shift + 4は離してOKです。


spaceキーを押すとターゲットウィンドウが定まります。もう一度spaceキーを押すとターゲットウィンドウをキャンセルできます。

escapeキーでスクリーンショットをキャンセルできます。


そのまま撮影操作でファイルに保存されます。
controlキーを押しながら撮影操作でクリップボードに保存されます。


ここまで覚えておけば、ほとんどのシーンで事足ります。


macOS Sierra/OS Xでスクリーンショットを撮る方法は3つあります。
一つは、先ほどのキー操作command(⌘)+shift+3/4、screencaptureコマンドを使う方法、グラブです。

macOS Sierraでスクリーンショットを撮る方法10選



  • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
  • Mac野郎なのか
  • プロフィール

このページの先頭へ