mac野郎なのかでは、日常使っているmacbook pro retinaで困ったことの解決法や、便利、快適にする方法などを主に掲載しています。

mac野郎なのかのサイトでアクセス数が多い記事をまとめてみたところ、衝撃の事実が・・・ macより、iPhone系記事のアクセスが多いようです・・w

アクセス数のチェックは10/16に実施しました。

mac野郎なのか 月間アクセス人気記事はコレ

mac野郎なのか 週間アクセス人気記事はコレ

  1. iTunes バックアップが壊れているか、復元先の iPhone と互換性がないために iPhoneを復元できませんでしたと絶望したときに試した事

    iPhone6s発売でアクセス数が伸びている感じです

  2. OSX El Capitanを確実にインストールする手順

    El Capitanをクリーンインストールする手順です

  3. OSX EL Capitan・・・致命的な状況です。

    YosemiteからEl Capitanに上書きアップデートに失敗し、バックアップから復元した記事です

  4. mac Windowsを外付けHDD・SSDにインストール&起動する Part1

    Windows8を外付けHDDブートする方法です Windows8.1編はこちらです。

  5. OS X El Capitanの性能チェック!Yosemiteと比較

    El Capitanの性能を調べた記事です。system call系のパフォーマンスがかなり上がっていることがわかります。

  6. OSX El Capitanを確実にインストールする方法

    appleの情報に従って再インストールする方法を調べた記事です。

MacのCPUの温度やファンスピードをチェックできる唯一の標準コマンドはpowermetricsです。

CPUの温度、ファンスピードなど現状の値を知りたい場合に使えるmacOS標準コマンドがわかります。

管理者限定コマンド powermetricsです。
powermetrics gathers and display CPU usage statistics (divided into time spent in user mode and supervisor mode), timer and interrupt wakeup frequency (total and, for near-idle workloads, those that resulted
in package idle exits), and on supported platforms, interrupt frequencies (categorized by CPU number), package C-state statistics (an indication of the time the core complex + integrated graphics, if any, were
in low-power idle states), as well as the average execution frequency for each CPU when not idle.
macのマニュアル

macOS ソフトウェア・アップデートは「今すぐアップデート」ボタン押した後でも延長できます。キャンセルはできません。

macOS Big Sur 11.14にアップデートしました。ダウンロードだけして、落ち着いたタイミングでアップデートする予定でした(これはある程度達成できます)。
今回予期できなかったのでスクショは残っていませんm(_ _)m。

ソフトウェア・アップデートで「今すぐアップデート」ボタン後、キャンセル(延長)する


macOSのアップデート方式が、AppStore方式からソフトウェア・アップデート方式(Mojave以降でしたっけ?)に戻りました。

新しいアップデートがある場合、ソフトウェア・アップデートに「今すぐアップデート」が表示されます。
このボタンを押すとダウンロードとインストールが始まります。

ダウンロード完了後、通常60秒後に再起動しますよ通知が届きます。この通知をクリックするとソフトウェア・アップデート画面が表示されます。再起動スケジュール自体はキャンセルされました。

ただこれは、この後に記載している通りアップデートのキャンセルではなく、アップデートの延長でした。

そろそろ買い替えで効果がありそう、でもApple M1/M1X/M2にするべき?

Apple M1の次はM2またはM1Xチップの登場が噂されています。秋登場のMacBook Proシリーズに採用される記事を読みました(日経BP)。

CPUの性能向上は約2.4倍・GPUは約3.6倍、効果を体感できそう


CPUの性能差が2倍以上になったタイミングが買い替えタイミングだ!と勝手に思い込んでいます。

現在メインで利用しているMacBook Pro Mid2015は2.2 GHz クアッドコアIntel Core i7、Intel Iris Pro モデルです(インテルレジスタードマーク Coreトレードマーク(TM) i7-4770HQ インテルレジスタードマーク Irisレジスタードマーク Pro グラフィックス 5200)。
sysctl -a | grep machdep.cpu.brand_stringで詳しい型番がわかります。この型番でググるとIntelのサイトで内蔵グラフィックスの型番がわかります。

CPUの性能差


CPUのベンチマークは約2.4倍、Apple M1性能高いです。
i7-4770HQApple M1
30447383

geekbench.com:Macのベンチマーク
上記数値は、マルチコアのスコアです。Apple M1の数値はMacBook Air Late2020の結果です。
Apple M1チップ搭載のMacBook Air Late2020は驚きの結果ですね。ProよりAirが断然速いですよ。



  • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
  • Mac野郎なのか
  • プロフィール

このページの先頭へ