ロッジシェルターTCで雨キャンプを決行。過保護張りで雨撤収をどうにか回避。: ファミキャンGo!!

2019年05月07日

ロッジシェルターTCで雨キャンプを決行。過保護張りで雨撤収をどうにか回避。

今年もGWにキャンプ場を予約して2泊3日でキャンプしてきました。
ロッジシェルターTC幕でリビングシートを使ってお座敷スタイルに挑戦!!
と、意気込んでいたのですが、天気予報は生憎の雨予報・・・
そこで雨撤収を覚悟でロッジシェルターの過保護張りにも挑戦してきました。
IMG_0908.jpeg
 
キャンプ初日の設営
日中は曇りで雨が降る前に設営を急ぎます。

ロッジシェルターに先日購入したリビングシートを敷いて、前室部分をお座敷スタイルに。
IMG_0907.jpeg
急いでいたので中の写真を撮り忘れましたが、この上にレジャーシートを敷いてリビングにしました。
9B0B2B4B-A65C-441D-9ABD-FEEE880D6CB0.jpeg

そして、雨撤収に備えて、ロッジシェルターの上にさらにレクタタープを過保護張り。
テンマクデザインの焚火タープですが、サイズがぴったり。
もう少し大きかったらさらに使い勝手が良かったですが、どうにかロッジを覆うことに成功。
IMG_0911.jpeg
IMG_1037.jpeg

過保護張りとリビングシートのおかげで夜中の豪雨の中でも快適に過ごすことができました。
特にリビングシートはPVC素材で完全防水、四方の淵に立ちあがりもあるので、雨水の侵入を防いでくれてとても助かりました。

GW前の真夏日のような天気が嘘のようで、夜はかなり冷え込みました。

ロッジシェルターはフルクローズでスカートが接地面もしっかりと塞いでくれるので隙間風も入りません。
IMG_1040.jpeg

小さな庇ですが、ベンチレーションを開けても雨が吹き込んでこないです。
IMG_1042.jpeg

夜中は雨のせいで特にやることもなく、とりあえず食欲を満たすことに徹しました。
スキレットで焼いたステーキは何故こんなにも旨いのか。
IMG_0913.jpeg

2日目の朝。
夜中は7mmほどの雨が降り続けましたが、タープのおかげで雨音も抑えられて快眠できました。
ちょっと風が怖かったですが・・・

昨日の晩酌の後片付け
今回、ユニフレームのキャリングシンクを持っていたので、片付けが楽でした。
食器を水に浸しておいて火にかけてお湯で洗うと汚れが落ちやすいです。
IMG_0914.jpeg
洗い場の行き来も楽々。
ウォータージャグの受け皿にもなるし、本当にこれはおススメ。
IMG_0915.jpeg

昼ぐらいには雨脚も弱まり、歩き回りたくなったので、リビングシートを撤収して土間に変更。
IMG_1031.jpeg
地味便利アイテム。スノコ。
IMG_1024.jpeg
子供がいるとテントの出入りが大変。
スノコがあると、そこで靴の脱ぎ履きができるのでテントを汚さないで済みます。
雨の日に使うとそれを凄く実感できました。今回のMVPはスノコかも。

2泊目は雨が止むことを祈りながら就寝。

3日目の朝。
奇跡的に雨がやんで曇りに。
午後からはまた雨予報なので、急いで撤収します。

車のトランクを開けてロッジに近づければ、中身は雨にぬれずに搬出できそうです。
IMG_1028.jpeg

過保護張りしていたけれども、2泊もしたので湿気だらけ。
フルオープン状態で、インナーテントはしばらく吊り上げて干すことにしました。
IMG_1048.jpeg

インナー収納後は、ロッジ幕の収納。

ロッジシェルターは鉄骨の上で幕をたためる、屋根たたみができるので雨の日でも汚さないで収納できます。
横雨は流石に防げないので、ロッジのサイドウォールと裾は濡れていましたが、上の部分は濡れずに済みました。
全体が濡れるとTC素材なのでズッシリと重くなりそう。
ただでさえ重たいTC幕なのでゾッとします。
IMG_1050.jpeg
最後にタープを収納。レクタはたたみやすいですねぇ。
これなら雨の日でも最後に適当にたたんで丸めて撤収できそう。
IMG_1052.jpeg

さて、どうにか雨撤収は免れましたが、湿ったTC幕はほったらかしにするとカビるので、干さないと。

なので、次の日もデイキャンプがてら、河原に幕を干しにいきました。

前の日が嘘のような晴天。

風になびくタープ。
TCタープは影が濃くてよいですねぇ。
IMG_1189.jpeg
サイドパネルを開放して両手を広げたようなロッジシェルター。
日陰も広くて解放感があります。
IMG_1191.jpeg
TC素材、もっと乾きにくいと思いましたが、結構すぐに乾きました。

乾燥のための設営ですが、風が気持ちよくって最高のデイキャンプ。
IMG_1194.jpeg
やっぱりキャンプは晴れの日に限りますねぇ。

以上、ロッジシェルターの雨キャンプレビューでした。

ロッジシェルターT/C


過保護張りに利用したタープ 焚火タープレクタ








【おすすめの記事】
スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8785867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. 最新ワンタッチタープ対決 コールマン インスタントバイザーシェード VS カンタンタープ キャンプカスタム
  3. 3. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  4. 4. 最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII
  5. 5. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上BBQサイトのレイアウト実例
  6. 6. アウトドアでも活躍するイワタニのカセットコンロ
  7. 7. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  8. 8. ユニフレームの囲炉裏テーブル、いろりエクステンション(UF IRORI EXT)を購入しました。
  9. 9. 話題のトンネル2ルームテント、コールマン、トンネル2ルームハウス(アテナ)がセール中。欲しい・・・
Quechua(ケシュア)ポップアップテント特集
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. QUECHUA (ケシュア) ポップアップテント 2 SECONDS XL の最新バージョン FRESH&BLACK が登場!!
  3. 3. Quechua(ケシュア)のポップアップテント、2 SECONDS 設置と撤収方法の説明ダイジェスト
小川キャンパル ロッジシェルター特集
  1. 1. ロッジシェルターT/Cの使用レビュー
  2. 2. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  3. 3. 最強のスクリーンシェルター。小川キャンパルのロッジシェルターの展示を見てきました。
  4. 4. 小川キャンパル2018年新商品ロッジシェルターT/Cを買っちゃいました。
ダッチオーブン特集
  1. 1. ダッチオーブン選びに悩む・・・
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. 念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。
  4. 4. ユニフレームのダッチオーブン10インチ スーパーディープの使い始めの儀式、シーズニングを行いました。ついでにファイアグリルのエンボス鉄板も。
  5. 5. ユニフレームのダッチオーブンで手羽先のローストチキンに挑戦!
  6. 6. ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦
キャンプ道具自作に挑戦
  1. 1. 折りたたみテーブル自作に挑戦 其の1(プロローグ)
  2. 2. <自作キャンプテーブルに挑戦>2分割して棚にもなるローテーブル @ 作成編
  3. 3. ユニフレーム焚き火テーブルをローダウン。座卓用に低く出来るよう改造してみました。
ファミキャン特集
  1. 1. 最新のファミリー・子連れ向けの、デイキャンプ・バーベキュー(BBQ)のお座敷、座卓スタイル、レイアウト実例
  2. 2. 2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて
  3. 3. 2018年 ファミリー向けのお薦めデイキャンプ・ピクニックグッズ
キャンプ日記
  1. 1. グリーンパーク山東キャンプのレビュー 高規格オートキャンプで快適キャンプ
  2. 2. 赤礁崎キャンプ場のレビュー 福井海水浴キャンプの旅(1)
  3. 3. 赤礁崎キャンプ場のレビュー福井海水浴キャンプの旅(2)
  4. 4. 加悦双峰公園キャンプのレビュー 京丹後の旅(与謝野町、宮津天橋立)
タグクラウド
ストーブ・ヒーター特集
  1. 1. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
  2. 2. 武井バーナー301Aパープルストーブの初点火
  3. 3. 武井バーナー301Aパープルストーブの接続金具と収納ケースについて
  4. 4. ユニフレームのアウトドアヒーター、ワームU(ワーム2)を購入。早速使ってみました。


人気ブログランキングへ
<関連サイト>
ファミキャンGo!!
地元民おすすめ京都ラーメン
楽天おすすめ商品