ポップアップテント Quechua (ケシュア) 2 Seconds XL AIR の機能詳細レビュー。キャンプで使い込んだ今だからこそ実感できる、その機能性の高さについて紹介します。: ファミキャンGo!!

2017年05月16日

ポップアップテント Quechua (ケシュア) 2 Seconds XL AIR の機能詳細レビュー。キャンプで使い込んだ今だからこそ実感できる、その機能性の高さについて紹介します。

ケシュアのポップアップテントを購入して、これまで十数回程、野外で使用してみました。

使用した感想は、結構使える、いや、かなり使えるぞ!!

という感想でした。

最初はデイキャンプやピクニックの用途で考えていたので、小型の簡易ポップアップシェードよりサイズがかなり大きく、その分、取り回しも面倒なので、ポップアップシェード購入後は、一時期は出番が少ない時もありました。

しかし、夏場や雨が降りそうな時、宿泊キャンプの時に、本格的なテントの機能性と、設営・撤収のカンタンさを兼ねそろえたケシュアが、かなり重宝してきました。

ようは、用途次第ということですね。

今回は改めて、その機能性について紹介できればと思います。

改めて紹介します。

これがケシュアのポップアップテント「2 Seconds XL AIR」です。
IMG_2281.JPG
色々なタイプがありますが、こちらは最近のモデルで
XL=前室付 AIR=通気機能 タイプ
定員は2名と3名モデルがありますが、こちらは3名モデルです。

よくある簡易的なポップアップのサンシェードとは違い、耐久性、耐水性、防風性に優れた、しっかりとしたテントです。

簡単設置の「2 Seconds」という名前ですが、設営まで2秒は正直言い過ぎです。
袋から取り出して、折りたたまれた状態を固定するバンドのバックルを外して。
ここまでに数十秒かかります。

そして、広げるところ〜自立設置させるまでが2秒ぐらい(慣れれば)

という感じです。

その後、ペグダウン。

しかし、通常のテントのようにパイプ組立てて、幕体にパイプを通したり、張縄を張ったり。

などという手間はないので、圧倒的に簡単で早いです。

さて、我が家のケシュアですが、XLモデルなので前室が付いています。
この、前室がかなり使いやすいです。

■広めの前室
靴はもちろん、手荷物をおくスペースにもなります。
IMG_2258.JPG
コールマンの大型クーラー、スチールベルトもスッポリ収まるサイズ。
突然の雨の時は、アウトドアワゴンを丸ごと前室に引き入れることもできました。
IMG_2284.JPG
向かって左側には開閉可能なメッシュの通気口があります。
このおかげで、前室で小さなバーナーぐらいなら利用できます。
IMG_2250.JPG
向かって右側には開閉可能な採光窓があります。
IMG_2252.JPG
雨の日は、ここから外の様子を確認できて便利。
IMG_2251.JPG

この前室が、雨天の時には大活躍しました。
ピクニック利用ではなかなか感じられないメリットです。

次に、通気機能について

ケシュアの2 Seconds Airモデルには豊富な通気機能が備わっています。
※最近のモデルには標準装備のようです。
この通気性能がかなり使えるもので、正直、普通のテント以上の利便性があります。

■豊富な通気機能(ベンチレーション)
前後左右にそれぞれ、通期調整機能があります。
また、全て内側から操作できるという優れものです。

<前方メッシュ>
インナーテントは吊り下げ式になっており、入り口の上半分がメッシュになっています。
※写真は巻き上げしているので解りづらくてすみません。
IMG_2254.JPG
吊り下げ式なので、上部の幕との間に空気の層があり、直射日光の熱を防ぎ、涼しくする効果があります。

<サイドパネル>
左右にはケシュアの特徴的なサイドパネルがあります。

サイドパネル閉じた状態
IMG_2275.JPG
クリップを外すと開けることができます。
IMG_2275.JPG
巻き上げ
IMG_2270.JPG
さらに、張縄を張ってクリップを引っ掛けると、視界を遮りながら通気性も保てます。
IMG_2272.JPG
内部からのアクセスはインナーのジッパーを開けて
IMG_2259.JPG
内側からサイドパネルのクリップを外すことができます
IMG_2260.JPG
内側から巻き上げた状態
IMG_2262.JPG

<後方ベンチレーション>
通常でもベンチレーションがありある程度の通気性が確保されています。
IMG_2287.JPG
さらに、後方も外側の幕を大きくまくり上げることができます。
操作は内部より可能
アウターの固定クリップを外し
IMG_2265.JPG
紐を引っ張ると
IMG_2266.JPG
IMG_2267.JPG
このように後方の幕が上がります。
IMG_2269.JPG

こちらは、特に暑い夏場に大活躍。
ポップアップシェードでは太陽光がダイレクトに幕を伝わり、内部はサウナ状態。
ケシュアは全て開放するとかなり風通しが良く快適でした。
また、内部から操作が完結するのは本当に便利。
中にいながら気温の変化に応じて通気調整できる便利さは、長時間滞在していた宿泊の時に特に感じました。

■その他の細かい気遣い。

ランタンフック
IMG_2257.JPG

小物入れ用のポケット
IMG_2255.JPG
IMG_2256.JPG

■簡単撤収
設営は取り出して、適当に広げればOKですが、ポップアップテントの難題は撤収にあります。
収納時にどう畳んだら良いかわからなくて悪戦苦闘している人をよく見かけますが、ケシュアには、EASYガイドシステムという撤収をサポートする仕組みがあります。
これがかなりの優れものです。

少しだけコツが必要ですが、撤収に慣れればケシュアの出動頻度がかなり増えます。

以下が、ケシュア 2 Seconds の折りたたみ、収納手順です。
上手に折りたたむコツを紹介しながら説明します。

★コツ其の1
最初に外と中の入り口のジッパーを全て開けて、まくり上げて止めておきます。
その他のベンチレーションは閉じておきます。
こうしないと綺麗に畳めないので注意してください。

まず最初に、インナーに入って、内部後方右側にある、赤いバックルを手で掴んで
IMG_2296.JPG
そのまま出口を自分ごと出ます。
IMG_2297.JPG
そうすると、あら不思議、大きな円盤状になります。(少し整形してください)
IMG_2300.JPG
引っ張り出した赤いバックルを右側2つ止めます。
IMG_2298.JPG
黄色い左側のバックルも止めます。
IMG_2299.JPG
黄色いバックルの方を上にして円盤を立てます。
バックルについているガイドロープを手に持って。
IMG_2301.JPG
本体を八の字に捻ります。
IMG_2303.JPG
★コツ其の2
紐は右手に持ち、左手で本体の左側を持ち
そのまま地面に体重をかけて押し倒すと同時に紐を引っ張ると捻りやすいです。
紐の方だけを引っ張っても上手く捻れないので注意。

捻れたら、そのまま貝のように上下を二枚に重ねて閉じます。
IMG_2304.JPG
IMG_2305.JPG
最後は、結構無理やりな感じです。
そのままでは反発して開いてしまうので、バンドを止めます。
IMG_2306.JPG
IMG_2307.JPG
最後にケースに入れてお終い。
IMG_2308.JPG
ケースのジッパーがダブルジッパーじゃないのが悲しいです。
ここはいつも悪戦苦闘します。

ケースの裏には背負えるように肩掛けが付いています。
IMG_2309.JPG

運搬時にかなり便利なんですが、これを背負うと亀みたいで恥ずかしいです(汗

以上、ポップアップテント ケシュアの紹介でした。

購入検討時の参考になれば幸いです。



★QUECHUA関連記事★
QUECHUA (ケシュア) ポップアップテント 2 SECONDS XL の最新バージョン FRESH&BLACK が登場!!
Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
Quechua(ケシュア)のポップアップテント、2 SECONDS 設置と撤収方法の説明ダイジェスト
ポップアップテント Quechua (ケシュア) 2 Seconds XL AIR の機能詳細レビュー。キャンプで使い込んだ今だからこそ実感できる、その機能性の高さについて紹介します。

関連記事(Quechua)

【おすすめの記事】
スポンサーリンク

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6273051
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
目次
記事ランキング
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. 最新ワンタッチタープ対決 コールマン インスタントバイザーシェード VS カンタンタープ キャンプカスタム
  3. 3. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  4. 4. 最高の保冷力で使い勝手も良い最新クーラーバック コールマン アルティメイトアイスクーラーII
  5. 5. ファミリーにお勧め!!お座敷スタイルの卓上BBQサイトのレイアウト実例
  6. 6. アウトドアでも活躍するイワタニのカセットコンロ
  7. 7. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  8. 8. ユニフレームの囲炉裏テーブル、いろりエクステンション(UF IRORI EXT)を購入しました。
  9. 9. 話題のトンネル2ルームテント、コールマン、トンネル2ルームハウス(アテナ)がセール中。欲しい・・・
Quechua(ケシュア)ポップアップテント特集
  1. 1. Quechua (ケシュア) ポップアップテントは本当のところ便利か?
  2. 2. QUECHUA (ケシュア) ポップアップテント 2 SECONDS XL の最新バージョン FRESH&BLACK が登場!!
  3. 3. Quechua(ケシュア)のポップアップテント、2 SECONDS 設置と撤収方法の説明ダイジェスト
小川キャンパル ロッジシェルター特集
  1. 1. ロッジシェルターT/Cの使用レビュー
  2. 2. 小川キャンパルのロッジシェルターT/C の設営にいってきました。
  3. 3. 最強のスクリーンシェルター。小川キャンパルのロッジシェルターの展示を見てきました。
  4. 4. 小川キャンパル2018年新商品ロッジシェルターT/Cを買っちゃいました。
ダッチオーブン特集
  1. 1. ダッチオーブン選びに悩む・・・
  2. 2. 続、ダッチオーブン選びに悩む。サイズは10インチか12インチか?材質は鉄かステンレスか?ユニフレーム黒皮鉄製、SOTOステンレス製ダッチオーブンの比較とサイズ選び。
  3. 3. 念願のダッチオーブンを購入。黒皮鉄製 ユニフレーム 10インチ スーパーディープ!!ファミリー向けダッチオーブン選びのポイント。
  4. 4. ユニフレームのダッチオーブン10インチ スーパーディープの使い始めの儀式、シーズニングを行いました。ついでにファイアグリルのエンボス鉄板も。
  5. 5. ユニフレームのダッチオーブンで手羽先のローストチキンに挑戦!
  6. 6. ダッチオーブンで石焼き芋に挑戦
キャンプ道具自作に挑戦
  1. 1. 折りたたみテーブル自作に挑戦 其の1(プロローグ)
  2. 2. <自作キャンプテーブルに挑戦>2分割して棚にもなるローテーブル @ 作成編
  3. 3. ユニフレーム焚き火テーブルをローダウン。座卓用に低く出来るよう改造してみました。
ファミキャン特集
  1. 1. 最新のファミリー・子連れ向けの、デイキャンプ・バーベキュー(BBQ)のお座敷、座卓スタイル、レイアウト実例
  2. 2. 2018年度のBBQ炙り始めと今年のファミリーキャンプスタイルについて
  3. 3. 2018年 ファミリー向けのお薦めデイキャンプ・ピクニックグッズ
キャンプ日記
  1. 1. グリーンパーク山東キャンプのレビュー 高規格オートキャンプで快適キャンプ
  2. 2. 赤礁崎キャンプ場のレビュー 福井海水浴キャンプの旅(1)
  3. 3. 赤礁崎キャンプ場のレビュー福井海水浴キャンプの旅(2)
  4. 4. 加悦双峰公園キャンプのレビュー 京丹後の旅(与謝野町、宮津天橋立)
タグクラウド
ストーブ・ヒーター特集
  1. 1. キャンプストーブ選びのポイントまとめと、武井バーナー購入までの考察
  2. 2. 武井バーナー301Aパープルストーブの初点火
  3. 3. 武井バーナー301Aパープルストーブの接続金具と収納ケースについて
  4. 4. ユニフレームのアウトドアヒーター、ワームU(ワーム2)を購入。早速使ってみました。


人気ブログランキングへ
<関連サイト>
ファミキャンGo!!
地元民おすすめ京都ラーメン
楽天おすすめ商品