2022年08月20日

自分でできるエアコン掃除

エアコンを掃除すると言えば、たまにフィルターを外して掃除をしたり、ほこりが溜ったダストボックスの掃除くらいでした。その際に送風口の奥の黒カビは気になっていましたが、見て見ぬふりで放置していました。

先日、換気扇のダクト清掃を専門業者の方にお願いしたのですが、エアコンも数年に1回は専門業者にお願いして内部清掃しないといけないのかなと思いました。ダクト清掃もいいお値段でしたが、パンフレットを見るとエアコン分解清掃もけっこうなお値段。技術も必要ですし時間もかかりますので当然なのですが、とりあえず最低限、目に見える分は自分でどうにかならないかと思いアマゾンさんで検索。今の時代、痒い所に手が届く商品が何でもあります。

一つ目は、
らくハピ エアコンの防カビ スキマワイパーセット [ワイパー本体1個+シート4枚]
ワイパーに専用シートを装着して使う商品。形状と仕組み的に奥まで届きそうですし、汚れも落ちそうです。

二つ目は、
ファンファン(エアコン専用ブラシ)
こちらは、金属板にもこもこの毛が生えているような商品で水で濡らして繰り返し使うタイプ。
よさそうなんですが、一つ目のスキマワイパーと違って、あまり奥まで入らないような気がします。

それぞれ、さほど高くもない商品なので両方購入。まずは、スキマワイパーを使ってみたところ、奥まで入ってしなやかに曲がるので、けっこう黒カビが取れます。シートも両面使えますから、ひっくり返して両面使うとかなりきれいになりました。が、細かい隙間の部分や意外と手前の部分の汚れは取り切れていません。ここで、ファンファンを使ってみると、残っていた汚れもきれいに取れました!

両方使ってみて正解です。ただ、一つ目のスキマワイパーでせっかく防カビコート効果もあったであろう状態を二つ目の濡れたファンファンで水拭きしてしまっているので、防カビコートの効果は無くなってしまったかと。使う順番が逆だったかもしれません。でも、ファンファンだとそんなに奥まで入りそうもないので正しい順番だったかも・・まぁ、今回は目的の目に見える部分がきれいになったので、よしとしましょう。

20220820_自分でできるエアコン掃除.jpg







この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11553396
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事
タグクラウド
写真ギャラリー
プロフィール
たーみのさんの画像
たーみの

パソコン歴はそろそろ40年を超えますが、レンタルサーバ利用、ウェブサイト運用など実際に自分でやってみないとわからないので、遊びながら勉強してみようかと思い始めてみました。あと数年で定年の「IT企業」のサラリーマンです。

ここ数年は、動画編集や配信なども仕事がらみで少しかじってみたり、昔と比べてパソコンの使い方もだいぶ変わりました。ちなみに学生のころ使っていたパソコンは ”MZ-1200” ”X68000” で『SHARP』大好きでした。

プロフィール
【ブログ説明】
”セカンドライフのために今から少しずついろいろとやってみよう!”ということで、2019年から、レンタルサーバ + WordPress で独自ドメインも取得してウェブサイト作りを始め、たーみのログ - 新館 -運営は趣味の一つになりました。

『新館』はブログ運営ネタやパソコン、ゲーム、家電などの雑記ブログです。こちらの『本館』はサブブログです。練習用に『新館』より前に始めたものですが、せっかくなので小ネタ用に続けています。

【プライバシーポリシー・免責事項】
こちらのブログ(たーみのログ - 本館 -)の「プライバシーポリシー・免責事項」は、たーみのログ - 新館 - と同様です。(2021.5.26)

リンク集
カテゴリーアーカイブ
ブログランキング・にほんブログ村へ 無料イラスト素材【イラストAC】