UA-154656538-2
検索
言葉を集めて世界を旅するRPG「地図の時間〜言葉集めの冒険譚〜」
timeofmapworks_logo_2020.png
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2500年01月01日

当ブログについて

作者情報


プロフィール
https://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/1/0

はじめに(Ci-en)
https://ci-en.net/creator/4244/article

外部サイト


地図の時間〜言葉集めの冒険譚〜
https://store.steampowered.com/app/1184850/_/
https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ308195.html

Ci-en
https://ci-en.net/creator/4244
「地図の時間」シリーズの進捗記事。毎日更新

pixivFANBOX
https://www.pixiv.net/fanbox/creator/18897995
自作素材置き場
【このカテゴリーの最新記事】

2023年02月06日

【RPGツクールMZ】ChatGPTでデータベースを生成

ChatGPTでゲームのデータベースの名前、説明文、英語ローカライズの情報を表示する指示文です。

『【ジャンル】のゲームに使えそうな【種類】の名前と説明文を、日本語と英語で【個数】個教えて。結果は入手時期の昇順で表にして。』

例.ファンタジーの武器の場合
『ファンタジーのゲームに使えそうな武器の名前と説明文を、日本語と英語で20個教えて。結果は入手時期の昇順で表にして。』

230206_02.jpg

・条件が多いほど処理が重くなるため、英語翻訳が不要なら英語条件を消したり、個数を減らすと良い
・ネーミング案だけ欲しいなら、昇順などの条件も減らして次のような指示文にすると良い
『現代SFのゲームに使えそうなアイテムの名前を、日本語で50個教えて。結果は表にして。』

ChatGPTの導入手順はこちら。
【RPGツクールMZ】ChatGPTでプラグインを書く手順
https://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/1457/0

2023年01月30日

【RPGツクールMZ】ChatGPTでプラグインを書く手順

ChatGPTでRPGツクールMZのプラグインの実行部分を書きました。
その手順を記載します。

プラグインは次の場所からダウンロード頂けます。
https://kurogamestudio.booth.pm/items/4511406

【ChatGPTの登録手順】
2023/1/29時点の情報

1.ChatGPTにログインします。
「TRY CHATGPT」をクリック
https://openai.com/blog/chatgpt/

chatgpt230129_01.jpg

2.初めての方は「Sign up」から登録を進めます。

chatgpt230129_02.jpg

途中で携帯電話の番号入力を求められるので、+81の後に0を抜いた電話番号を入力します。

例.080-1234-5678の場合、+81 80-1234-5678

登録した電話番号宛てに、SMSで認証番号が送信されます。
受信したら認証番号を入力して登録を完了します。

3.ログインをしたら、チャットボックスにAIに尋ねる質問を記載します。
chatgpt230129_03.jpg


現時点で感じたポイントです。

・日本語よりも英語
・具体的に記載する
 例.Plugin code to skip title screen in RPG Maker MZ.
(RPGツクールMZでタイトル画面をスキップするプラグインのコード)

出来たこと
・一言で機能を具体的に表現できる、かつ短い行数で完結するプラグインの実行部分の作成

出来なかったこと
・「出来たこと」の要素を満たさないプラグイン(一言で表現できない、長大なコードが必要)
 これはプラグインパラメーターの定義や仕様を切る作業まで考慮できないためと思われます
 MITで公開されているMVプラグインをMZに移植するという構文でテストしましたが機能しませんでした

・拡張子jsで保存することや@help @target MZといった体裁の整え方までは教えてくれない

AIの得意分野は巨大なデータセット(学習させた情報の塊)から、情報を検索、整理することです。
たとえば「面白いゲームの作り方」よりも「面白いゲームシナリオの条件」「2022年、人気のある音楽の傾向」「夕焼けが美しい理由(自分が知りたい対象)」といった事象の範囲を限定した問いを立てた方が興味深い回答が得られます。
返答から更に問いを深くし、繰り返しをすることで質問者自身の発見に繋がります。

一方で注意したいのは情報のバイアス(偏り)。
不確かな可能性を考えつつ、情報に当たることをおすすめします。

2023年01月02日

【MV/MZ】直前行動対象者がアクターかエネミーかを判定

直前行動対象者がアクターかエネミーかを判定

■MVの場合
条件分岐-スクリプトで
BattleManager._subject.isActor()
(それ以外はエネミーになる)

■MZの場合
デフォルトで存在しないので以下をプラグイン化したうえで、
条件分岐-スクリプトで
$gameTemp.lastSubject().isActor()
(それ以外はエネミーになる)

(() => {
"use strict";
const _Game_Temp_initialize = Game_Temp.prototype.initialize;
Game_Temp.prototype.initialize = function() {
_Game_Temp_initialize.call(this)
this._lastSubject = null;
};

Game_Temp.prototype.setLastSubject = function(subject) {
this._lastSubject = subject;
};

Game_Temp.prototype.lastSubject = function() {
return this._lastSubject;
};

const _Game_Action_updateLastSubject = Game_Action.prototype.updateLastSubject;
Game_Action.prototype.updateLastSubject = function() {
_Game_Action_updateLastSubject.call(this)
$gameTemp.setLastSubject(this.subject());
};
})();


制作:WTR様
https://tm.lucky-duet.com/viewtopic.php?t=13257

2022年12月31日

条件分岐-スクリプトで1行で成否判定をする

条件分岐-スクリプトで1行で成否判定をする
シンプルで簡単な実装方法です。

Math.random() > 1-失敗率;

例.
成功率50%:Math.random() > 0.5;
成功率77%:Math.random() > 0.23;

応用:変数を使った成功率の補正

例.
50%の成功率+変数6番の値が1上がるたびに1%成功率が上がる
Math.random() > 0.5-($gameVariables.value(6)/100);

221231_01.jpg
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。