2022年09月26日

鍼後のジム

シルバーウィークも終わった。3日休んで3日仕事の3日休み。これで9日間が過ぎて行ったのだ、カレンダーが進むのが早く感じるのは当然だ。
今週は29日から札幌と小樽に遊びに行く。先月位に思い立って行こうと決めた。どこでも良かったのだ、沖縄にしようかとか。だが寒くなる前の北海道に決めた。
だから今週も3日仕事をすれば4連休。戻ってくれば10月だ。

3連休といっても何も変わらない。
昨日の英会話で講師から連休は何か楽しんだ?と聞かれるが、いつもの通り居酒屋と鍼とジムとしか答えようがない。
しかし今回はゆっくりした感がある。結局は居酒屋Qに3日行った。ジムも2回行ったし。鍼の翌日にジムに行くのは何か月ぶりだろうか。
イメージは深層部に刺激が入ったからそこを動かすことでもっと活性化するのではないかというシロウト考えで鍼後にジムに行っていた。
今のAセンセイへ行き始めた時に、翌日に筋トレすると言ったら“もったいない”と言われた。ふつうに考えれば、整った身体を再び疲労させるということだ。

その頃はもっと能動的に身体の変化を求めていたのだろう。
それがいつの間にか日曜のジムは行かなくなった。間を空けて週中に行っった方がリフレッシュできると思ってのことだ。それによって日曜日はほとんど動かない日になった。
最近の鍼後は足裏の痺れが改善したり変化を感じる。そして日曜日に身体を動かさないことでその効果が持続していくような感覚がある。
そして水曜日辺りに筋トレとストレッチでまた身体が活性化する気がしている。

昨日は久しぶりの鍼後のジム。
そんなに無理をしない。気持ちの問題だが、1セット12回を10回に減らした。
今朝起きると腕や肩に軽い疼痛。これは筋肉痛が疼痛に変化しているのだろう。脚も筋トレをしたから多少の疲れがあるようだ。
やはり鍼後は身体を休める方が良いのかもしれない。
前と違ってほぼ身体の主要部には筋肉が付き、ある程度自分の思う通りに可動する。左腕と左肩だけなのだ、充分に可動していないのは。
身体の回復ということもあるが、自身の身体は日々老いているのだ、休めることの方が良いのかもしれない。
posted by shigenon at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ
ファン
検索
<< 2022年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
痺れと痛みをどう我慢するか by まっきー (04/25)
痺れと痛みをどう我慢するか by shigenon (04/22)
痺れと痛みをどう我慢するか by まっきー (04/22)
疼痛について by shigenon (04/21)
疼痛について by まっきー (04/21)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
shigenonさんの画像
shigenon
2014年クリスマスイブのプレゼントは最悪でした。 「頸髄損傷」というケガなのか病気なのか・・その症状との戦いの記録と現在の日々をアップします。 (2018年4月追加) 不全の頸髄損傷は「健常な人」に見えます。“ふつうに見える”様に努力をしています。が、反面、「もう良くなったんだ」と思われがち。 骨折とは違い、中枢神経の損傷は完全回復はしないという現実。 「健常に見える」「もっと良くなるよう努力する」「もう治っているんでしょ」の狭間で何とか毎日を過ごしています。
プロフィール