アフィリエイト広告を利用しています

2024年03月22日

60プラス1

楽しい旅だった。
仕事を終えて岡山へ。岡山から夜行バスで博多。岡山での2時間弱は適当に駅前の店で呑む。やはり旅は呑んでスタートしたい、呑むことでプライベート感を感じる。
高速バスは最悪だった。後輪のタイヤの上で揺れが酷くてほとんど眠れなかった。やはり席選択ではタイヤのの上は避けないといけない。
朝到着、予定通り朝ラーメンを食べて博多ふ頭へ。船で志賀島に向かう。

船に乗る頃に雨が降り出した。ずっと晴れ予報だったのに。
志賀島に着くとすぐ近くの予約していたレンタサイクルへ。雨は強い、コーヒーを飲んで貸し出しの時間を遅らしてもらうが止みそうにない。小雨になったところでスタート。まずは金印公園へ。
漢委奴国王の金印が発見されたのは志賀島。確か畑の中から出てきたと記憶していたが、公園は小高い山になっていた。
金印公園を後にする頃には雨が激しくなってきた。風もある。借りたのはクロスバイク。運転しながら片手を放してみるが、片手だとハンドルがぶれる。こらが受傷前だったら片手でもしっかり持てたのだろうかなとか考える。

次に立ち寄る箇所を見ながら走る。塩見公園と矢印があるが、急な坂を上らないといけないようなのでパス。雨の中、潮の流れを見る気はない。
とにかく海を見ながら走り続けた。雨が強くなっても雨宿りをする場所はない。アップダウンもあり、これは大腿四頭筋を鍛えているから耐えられるのだなと思いながら漕ぐ。
このままだと1周はすぐ終わってしまう。レンタサイクルは3時間、あまり早く返すのももったいない気がする。ただ風雨で寒かったので、港に戻って酒でも飲もうかなと考えていた。
途中、ホットドッグの店があったので、そこに寄ることにした。ホットドッグを食べている間に晴れ間が出てきた。

ホットドッグは美味しかった。その後は志賀海神社に行って終了。なかなか大きな神社だった。
レンタサイクルの店はカフェメニューもあったし、ビールもあった。ビールでも飲みながら港に来るホテルのバスを待とうと。
するとビールが品切れという。このお店は地元のコンビニ的な存在でもあるようで、日用品や食料品も置いていた。ビールも売っていて、それを買って飲んでも良いという。
原価のビールを店で飲みながらバイトの若い男女と色んな話をする。60歳だと言うと、久しぶりに大げさなリアクションでえぇ〜と言ってくれた。久しぶりだ、その歳に見えないというリアクション。これがすごく嬉しい年齢になった。精神的に歳をとったのだろう。

バスでホテルへ。バスには韓国人カップルが先に乗っていた。
ホテルは一人で泊まるにはもったいない部屋だった。眺めも良い、窓からは海が見える。すぐにお風呂に浸かり、疲れていたので横になる。バスでは3時間も寝ていない。
食事はビュッフェスタイル。このホテルチェーンはビュッフェなのだが、なかなか美味しい。一昨年の東北の旅で乳頭温泉に泊まった時に利用したチェーンだ。
食い気はまだある。全種類の料理の8割以上は食べただろうか。何度も何度も料理を取りに行く。合計6回取りに行っている。
かなり食ってテーブルを離れる。同じ時間に食事を始めたバスで一緒だった韓国人カップルはまだ食べていた。少し敗北感を感じた。
夜はすることがない。港で買っておいた日本酒を呑むが、眠気もあり早く就寝。

今日は61歳の誕生日だ。感覚としてこれまでと違うのが、歳が増えるというより何かが失われていく感じがある。
まあ顔に歳が書いているわけでもないのだ、この前のバイト君のリアクションを励みにしよう。
身体は特に不具合はない。旅という脳が喜ぶことをしたからか。
以降の旅についてはまた後日書こう。
【このカテゴリーの最新記事】
posted by shigenon at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/12480746
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
shigenonさんの画像
shigenon
2014年クリスマスイブのプレゼントは最悪でした。 「頸髄損傷」というケガなのか病気なのか・・その症状との戦いの記録と現在の日々をアップします。 (2018年4月追加) 不全の頸髄損傷は「健常な人」に見えます。“ふつうに見える”様に努力をしています。が、反面、「もう良くなったんだ」と思われがち。 骨折とは違い、中枢神経の損傷は完全回復はしないという現実。 「健常に見える」「もっと良くなるよう努力する」「もう治っているんでしょ」の狭間で何とか毎日を過ごしています。
プロフィール