アフィリエイト広告を利用しています

2023年03月27日

また1週間ぶりで〜還暦誕生日〜最後の出勤

毎日のように送別会が続いた。身体の具合はどうかというとそれに十分に耐えた動きが出来ている。
細かく言うと少し痛い箇所が出てきたりするが、数日で気にならなくなっている。
20日は洋食屋へ。21日が祭日だ、何の予定もなく休前日に部屋にいるのは寂しい。いや、引っ越しの準備とかをしなければいけないのだが。それからの逃避だ。
21日はジムに行って服やいろんな整理を軽くした。どうせやるならしっかりと整理しなければいけないのだが。それでもゴミ袋4つくらいに。部屋に引っ越し用の段ボールが届いたので邪魔で動きづらいのを言い訳に。

22日は誕生日だ。この日で還暦を迎えた。
別に予定はなかったが、2週間ほど前に1月に数十年ぶりに会った最初の会社の同期から引っ越す前にもう一度呑もうと誘いが来ていた。それがこの日になった。まあ予定なく誕生日を一人で過ごすよりは楽しい。この前会った時は女子のように3時間は喋りっぱなしだったのだ。
3人で広島焼きを食べに行き再び長い時間話をした。

23日は午後から2軒の得意先に退職の挨拶。
仲の良い得意先への挨拶は最後にしたかった。夕方行った得意先では数日前に社長交代が実施された。その元社長とはプライベートでゴルフに行く仲だ。元社長と長く話をし、他の社員と話していると「メシでもいこか」と誘われた。
新社長、元社長、次長の3人と居酒屋で3時間ほど呑んで帰る。

24日は某業界の重鎮3人との飲み会。
それまでにデスク周りとロッカーの整理。ちょうど終わった時に電話が鳴った。夕方に約束しているうちの一人、某女性部長。ヒマだろ、上野にいるから出てきて先に呑まないかと。
得意先の要望には応えないといけない。上野に着くと「餞別の品を送りたい」と言う。
そのまま革製品のショップに入り好きなのを選べという。名刺入れはもういらない、財布は去年替えたばかりだが価格を見るとどれも2万円を近い。もう甘えるしかない。2つ折りの財布を選んだ。
そしてアメ横で2杯ずつ呑んで飲み会の日本橋へ移動。4人会と名付けてコロナ前まではたまに呑んでいたのだ。
仕事を中心とはするが、それを超えて仲良くできる。これが一番自分の望むことなので嬉しい会。
次は奈良に旅行を一緒にしようという話になった。

25日はいつものルーティン。
ジム⇒鍼⇒居酒屋Q。ただいつもと違うのはこれが最後のルーティン。
ジムは全くの最後になるが鍼は6週間に1回通うつもり。やはり前脛骨筋の深い鍼がピリピリと足の指まで感じる。そして次に打つ鍼がその感じている箇所だ。
「打つところが少しポコッと穴が開いたように見える」というセンセイ。それは間違いないと確信する。
居酒屋Qは店がある限りまたいつでも行けるという気持ちだ。次に東京に来た時には泊めてくれるとも言ってくれている。

26日は向島の料理屋さんのコンペ。
雨だ。しかも寒い。朝のハーフだけで中止になった。でも戻って宴会、そしてその後は中華屋に行って送別会を開いてくれた。
前に今回のゴルフで一旦脱会し次はタイミングがあれば参加すると言っていたのだが、次も参加するのが当たり前のようになっていた。それはそれで嬉しいが。

ずっと呑み続けているので少しお腹が出たような感じだ。
でも体重は変わっていない。あとは明日が引っ越し業者による梱包、そして不用品業者による回収。
29日の午後から引越しになる。
【このカテゴリーの最新記事】
posted by shigenon at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11919753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
shigenonさんの画像
shigenon
2014年クリスマスイブのプレゼントは最悪でした。 「頸髄損傷」というケガなのか病気なのか・・その症状との戦いの記録と現在の日々をアップします。 (2018年4月追加) 不全の頸髄損傷は「健常な人」に見えます。“ふつうに見える”様に努力をしています。が、反面、「もう良くなったんだ」と思われがち。 骨折とは違い、中枢神経の損傷は完全回復はしないという現実。 「健常に見える」「もっと良くなるよう努力する」「もう治っているんでしょ」の狭間で何とか毎日を過ごしています。
プロフィール