広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年07月07日

第281回 築地署(一)






文●ツルシカズヒコ



 一九一九(大正八)年七月十七日、午後五時から京橋区南河岸(現・中央区八丁堀四丁目)の寄席・川崎家で「労働問題演説会」が開催された。

 この会は大杉ら北風会が企画し、各派に呼びかけた公開演説会だった。


 ……チラシには、「弁士、服部浜次、荒畑勝三、吉川守邦、岡千代彦、山川均、堺利彦、外数名」とあったが(大杉栄の名は警察に遠慮したのである)、これは旧社会主義団体の、大逆事件後最初の演説会ではなかっただろうか。

 ……社会主義者自身で演説会を主催したのはこれが最初だったように思う。

 いわば官憲の手のうちを見る瀬踏みでもあったのだ。

 警察は三人入場すれば解散だと豪語していたので、わざと時間を延ばし人の集まるのを待った。


(近藤憲二『一無政府主義者の回想』_p201~202)

noe000_banner01.jpg


 その日、野枝は疲れていた。

「今夜はもううちに引っ込んでいる方がいいよ」

 大杉も出がけにそう言ったので、夕方まで家にいた。

 しかし、帰省する人を送らなければならない急用ができて、野枝は東京駅まで行った。

 大杉たちの会が解散されたら、同志たちは日比谷の服部浜次の家に引き上げることになっていることを聞いていた野枝は、「日比谷洋服店」に寄ってみることにした。

 服部浜次の家はひっそりしていた。

 大杉たちの会の様子もまだわからなかった。

 野枝は尾行に様子を見に行ってもらうことにした。





 服部浜次の妻と子供たちと一緒に日比谷公園をブラついて帰って来て、ひと休みしていると、服部浜次と堺利彦が引き上げて来た。

「どうでした?」

 野枝は服部浜次にすぐに聞いた。

「大杉君はやられちゃったよ。荒畑もその他にもまだあるようだ、どうもえらい騒ぎだったからな」

 服部浜次は顔をしかめながら上着を脱いだ。

「じゃあ、みんなあばれたんですね」

「なあにあばれるもあばれないもありやしねえ。大杉君と荒畑が表の縁台に突っ立っただけで、なんにもしねえうちに引っ張って行きやがった。なにしろすばらしい人なんだ。電車が止まっちゃったんだからね。あとまだだいぶゴタついたようだから、まだ引っ張られたろう」





 服部浜次と堺は三階に昇って行った。

 顛末を聞こうとする新聞記者たちがしきりに尋ねて来た。

 間もなく築地の方からポツポツと同志たちが引き上げて来た。

 ひとりふたりと帰るたびに検束された人々の数が増えていった。

 みんなの口から、野枝はひと通りの様子を聞き取ることができた。

『日録・大杉栄伝』によれば、参加者が八百名あまり、築地署から署員数十名が来て入場を拒み、二時間にわたって交渉し、七時にようやく入場することができるようになった。


 ……午後七時、ころはよしと司会者服部浜次氏が入場すると、開会を宣する前に中止解散だ。

「馬鹿! なぜ解散だ! 署長の責任ある説明をしろ!」と、大杉、荒畑、私が入口の踏み台に立ちあがって街頭演説をはじめると、あちらでもこちらでも乱闘、検束、人が渦をまく騒ぎになった。


(近藤憲二『一無政府主義者の回想』_p202)


『日録・大杉栄伝』によれば、配置していた三百名の警官が出動し、もみ合いになり、十六名が築地署に検束され、会場付近はその後も数時間にわたり混乱、聴衆の一隊が野次馬を加えて銀座から警視庁へ押し寄せてときの声を上げる一幕もあった。





 私もつかまって築地署へ行くと、留置場の喧騒は外まで聞こえて来る。

 わめくやら、箱枕で羽目板をたたくやら、ケンケンゴウゴウ、耳を聾するばかりだ。

 はいると大杉が私をつかまえて「オイ、きょうは多分やられるぞ! 暴れないでやられるのは馬鹿々々しい。トコトンやっちまえ!」といってニヤッとしている。

 いわれなくも分っている。

 第一おもしろくて堪らないのだ。

 そこへ野枝さんがはいって来た。

 急を聞いて差入れに来たんだが、警察では、ともかくあの騒ぎをとめてくれというのだそうだ。

 野枝さんは私に小声で、郷里へいい送ることがあるなら聞いて帰るといった。


(近藤憲二『一無政府主義者の回想』_p202)




★近藤憲二『一無政府主義者の回想』(平凡社・1965年6月30日)


★大杉豊『日録・大杉栄伝』(社会評論社・2009年9月16日)



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 16:26| 本文

第280回 森戸辰男






文●ツルシカズヒコ


 一九一九(大正八)年五月二十三日、大杉が尾行巡査を殴打した。

 新聞はこう報じている。


 ……大杉栄(三五)が去る五月二十三日 千葉県東葛飾郡葛飾村字小栗原七 藤山山三郎方にて 船橋署の尾行巡査安藤清に退去を迫り応ぜずとて 同巡査を殴打し左唇内面口角下(さしんないめんこうかくか)に負傷せしめたる事件……

(「東京朝日新聞」1919年8月5日)

noe000_banner01.jpg


 大杉豊『日録・大杉栄伝』によれば、 尾行は長年つけられている大杉だが、船橋署の巡査は犯罪人のような扱いでうるさくつきまとい、近隣にも迷惑をかけていた。

 この日も他人の家の中に入り込んで、しつこく問いただしているので、出るように言ったが、反発するばかりなので、腹立ち紛れに殴ったのである。

 巡査は左唇の中を切って出血したが、たいした傷ではなく、大杉は自ら巡査とともに署へ行き、事実を述べて監視の作法について抗議した。

 傷害事件にはならず、これですんだはずだったが、二ヶ月後に警視庁により蒸し返されることになる。

 六月十八日、大杉一家は千葉県東葛飾郡葛飾村の「中山の家」を引き払い上京した。

 この日は小石川区指ヶ谷町九二番地の若林やよ(故・渡辺政太郎夫人)宅に宿泊し、翌日、本郷区駒込曙町十三番地に転居した。

「中山の家」を引き払ったのは、野枝の体調が回復せず、芝区三田四国町の奥山伸の病院(奥村医院)に通うことになったからである。

 多くの社会主義者が奥山伸の世話になった(伊藤野枝「拘禁される日の前後」解題)。





『日録・大杉栄伝』によれば、駒込曙町の家は茂木久平が借主だったが家賃滞納で十日に出ていった後を、同居の久板が預かっていた。

 大杉は久板から誘いを受け、ここに移り、茂木との話がついたら後を借りたいと申し入れた。

 しかし、六月末が立ち退き期限だとして、七月二日、家主の室田景辰から明け渡し訴訟を起こされることになる。

 室田は前警視庁消防部長だった。





 大杉豊『日録・大杉栄伝』によれば、七月上旬、大杉は東京帝国大学経済学部助教授・森戸辰男と面談した。

 森戸が「クロポトキンの社会思想の研究」を執筆するにあたり、大杉に面談を懇請したのである。

 翌一九二〇(大正九)年、「クロポトキンの社会思想の研究」が東京帝国大学経済学部機関誌『経済学研究』に掲載されたことによって、森戸事件が起きることになる。

 大杉豊『日録・大杉栄伝』によれば、面談したふたりは初対面ではあるが互いに共鳴し合い、その後も森戸はクロポトキンの作品について「教えを乞いたい」と言ってきてふたりは二、三度会い、監獄生活のことも共通の話題として意気投合し、思想を語り合える仲として認め合ったという。

 森戸辰男「大杉栄君の追憶」(『改造』一九二四年四月号)には、「研究上のことで生前両三回の面識をしか
持ち得なかつた私」とある。





「今日はどうかすると危ないよ。そのつもりでおいで」

 七月十五日、朝の寝床の中で目を覚ますとすぐ、大杉が言った。

 伊藤野枝「拘束される日の前後」解題、『日録・大杉栄伝』によれば、その日は神田区美土代町の東京基督教青年会館で日本労働連合会の発会式をかねた演説会が開催されることになっていた。

 大会は午後六時に始まり、会衆約千人、大杉らは北風会の例会を中止して二十数名で押しかけた。

「いよいよ今日ですのね」

「ああ、たいてい大丈夫なつもりだがね、どうかするとわからない。しかし、引っ張られたところで、ひと晩とか、たかだか治安警察法違反というところで二、三ヶ月くらいなものさ」

「二、三ヶ月なら願ってもない幸いでしょう」

「当分、本が読めるだけでもありがたいな」

 大杉は早い夕食をすませて出かけた。

 野枝も一緒に出て日比谷の服部浜次の「日比谷洋服店」で用をすませて待機することにした。

「うまく入れますか」

 入場券がないと会場に入れないというような話なので、野枝は電車の中でそう言った。

「なあに、なんとしてでも入れるよ」

 大杉はすまして会場の入口に近づいて行った。





 其の晩の会場でさう大した騒ぎがあらうとはもとより私は思つてゐなかつた。

 しかし、労働者が、「労働と資本の調和」と云ふやうな事で、大切な自分達の生活の改善の為めに働かうとする意志を、うまく誤魔化されたり眩(くら)まされたりするのをだまつて、見てゐることの出来ないOをはじめ多勢の同志と、さう云ふ所謂(いわゆる)「危険思想」を持つ者にはテンから一行の文章も発表させまい一と口の差し出口もきかせてならないと云ふ政府の旨をふくんだ会場を警戒する警察官の間に、何んにも事なく済むと云ふ事もまた私には想像されなかつた。

 よし治安警察法の適用すら出来ない程度の事であつても、即ち彼等の「あいつ等は騒ぐかもしれない」と云ふ予想だけでも、警察の留置場に一と晩ぐらい拘禁するのは容易(たやす)い事なのだから、無事に帰つて来ると云ふ事は殆んど想像されない事だつた。


(「拘禁される日の前後」/『新小説』1919年9月号・第24年第9号/「拘禁されるまで」の表題で『悪戯』/「拘禁されるまで」の表題で大杉栄全集刊行会『大杉栄全集別冊 伊藤野枝全集』/「拘禁される日の前後」の表題で『定本 伊藤野枝全集 第三巻』_p86)





 野枝はあまり機嫌のよくない魔子をだましだまし、長い時を一時間、二時間と消していった。

 九時近くになると、野枝は誰か様子を知らせに来るかもしれないと思って、「日比谷洋服店」の門口に立って心待ちに待ちながら、絶えず後ろの電話の鈴(りん)にも注意をしていた。

 十時が過ぎた。

 無事には戻れまい、いやこの時間までなんの沙汰もないのを見ると無事にすんだのかもしれない……。

 野枝の気持ちは落ちつかなかった。

 野枝は外に出て、子供を眠らせるために、できるだけ静かな足取りで歩き出した。

 花月食堂の前を電車通りの方に歩いて行くと、宙を飛ぶように駆けて来るふたりの男の姿が野枝の目に留った。

 三、四ぐらいのところまでふたりが近づいて来たのを見ると、ひとりは近藤憲二で、もうひとりは野枝の知らない若者だった。





「近藤さん!近藤さん!」

 野枝のそばをすり抜けて走って行く近藤に、続けざまに彼女が呼びかけると、近藤の足が止まった。

「おう」

 近藤は引き返しながら、

「誰も来ませんか? まだーー」

 息をきらせながら問いかけた。

「いいえ、誰も来ませんよ。どうしたんです?」

「やられましたよ、大杉さんがーー」

「そうですか、他には? 服部さんは?」

「他にはやられないようです。服部さんはやられるようなことはないと思うんですがね」

「会は?」

「解散です。見事にブッ壊れですよ」

「大杉は騒いだんですか?」

「何にも騒ぎはしませんよ、ただ演壇に飛び上っただけです」

 野枝たちはいろいろと差し入れの準備をして、すぐに錦町署に向かった。

 しかし、大杉はすぐに帰された。



★大杉豊『日録・大杉栄伝』(社会評論社・2009年9月16日)

★大杉栄・伊藤野枝らの共著『悪戯』(アルス・1921年3月1日)

★『大杉栄全集別冊 伊藤野枝全集』(大杉栄全集刊行会・1925年12月8日)

★『定本 伊藤野枝全集 第三巻』(學藝書林・2000年9月30日)




●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 16:16| 本文
ファン
検索
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(290)
月別アーカイブ
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)『秩父事件再発見』(新日本出版社)など。
プロフィール
日別アーカイブ

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

ワタナベ・コウの日本共産党発見!!

新品価格
¥1,620から
(2018/4/20 13:29時点)

秩父事件再発見―民主主義の源流を歩く

新品価格
¥1,728から
(2018/7/14 11:05時点)

ワタナベ・コウの日本共産党発見!! 2

新品価格
¥1,620から
(2019/1/5 23:38時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。