mac周辺機器の最新記事

USB3.0HUBを経由してUASP接続はできるのか?

Mac セルフパワー&バスパワー対応のUSB3.0ハブを購入するならどれがいい?」の記事で
トランセンド TS-HUB3K
を購入しました。

手元に届いたので、まずは外見から・・・

  • 外箱にMade in China
    Transcend-TS-HUB3K-01

  • 本体とUSBケーブルとACアダプター
    Transcend-TS-HUB3K-02
    ACアダプタは、
    ModelNo. : WA-18Q12R
    INPUT: 100-240V 50-60Hz , 0.5A MAX
    OUTPUT: 12V 1.5A
    (こちらもMade in Chinaデス)

  • 本体は以外と小さめです。(タバコの箱より一回り小さい)
    比較のため、iPhone5(無印)と一緒に撮影しました。
    Transcend-TS-HUB3K-03
    Transcend-TS-HUB3K-04
    高さは、2.5inchハードディスクケースと同等でした。


  • 用途がよくわかっていませんが、AC電源、プラグの部分が脱着可能でした。
    Transcend-TS-HUB3K-05
    ACアダプタの真ん中ぐらいに押しボタンがあります。そこを押すと外せました。
    通常がっちりはまっているので、外れる事はなさそうです。


  • 気になるUASP対応HDDをTS-HUB3Kにつなげてみる


CenturyシンプルBOX 2.5 USB3.0 SATA 6Gを接続しました。
グリーン色で発光しています。当然ながらUSB3.0で接続できています。
Transcend-TS-HUB3K-06
Transcend TS-HUB3K本体もLED(ブルー)で接続状態が分かります。
USB3.0なのか、USB2.0なのかは、LEDでは識別できないようです。
(右下がUSB3.0、それ以外はUSB2.0接続の状態です)
ちなみに、右上から順に、USB2.0フラッシュストレージ、
USB3.0外付けHDD、USB2.0外付けHDD、USBマウスのレシーバをつなげています。

SuperSpeed接続できます。


このMacについて→詳しい情報をクリック→システムレポート...を開いて
ハードウェア、USBを開く
Transcend-TS-HUB3K-08
USB 3.0 Hi-Speedバスの下にUSB2.0Hubが表示されて、USB2.0接続の機器が表示されます。
USB 3.0 SuperSpeedバスの下にUSB3.0Hubが表示されて、CS24U36G(CenturyシンプルBOX2.5 USB3.0 SATA6G)が表示されます。

OSX(Mavericks)側の認識も当然ながらUSB3.0となっていることが確認できます。

UASPを使っているのかどうかを確認する方法


すこし、あやふやな気がしますが、以下情報をもとに確認してみます。
http://fortysomethinggeek.blogspot.jp/2013/04/osx-mountain-lion-108-uas-uasp-usb.html
カーネルドライバ(IOUSBAttachedSCSI)を読み込んだかどうかで判断する方法のようです

El Capitan以降、UASPに対応しているかの確認方法が変更になっています。詳しくはこちらで確認方法を確認できます。



  1. すべての機器をHUBから外します。

  2. システムレポートのファイルメニュー→表示の更新でシステムレポートの内容を更新します。

  3. ソフトウェア→機能拡張を選択します。
    拡張機能名 IOUSBAttachedSCSI 読み込み済みが「いいえ」であることを確認します。
    拡張機能名 IOUSBMassStorageClass 読み込み済みが「いいえ」であることを確認します。

  4. まずは、確認のため、USB2.0外付けHDDを接続し、ファイルメニュー→表示の更新をクリックします。
    拡張機能の読み込み済みかを確認します。
    IOUSBAttachedSCSI 読み込み済みが「いいえ」であることを確認します。
    IOUSBMassStorageClass 読み込み済みが「はい」であることを確認します。
    USBMassStorageClassが「はい」になっています。


  5. USB2.0外付けHDDを取り出して、UASP対応シンプルBOX2.5を接続します。
    拡張機能の読み込み済みが「いいえ」になるには、少し時間が必要なようです。(1分ぐらい)

  6. ファイルメニュー→表示の更新をクリックします。

  7. 拡張機能の読み込み済みかを確認します。
    IOUSBAttachedSCSI 読み込み済みが「はい」であることを確認します。
    IOUSBMassStorageClass 読み込み済みが「いいえ」であることを確認します。
    IOUSBAttachedSCSIが「はい」になっています。
    Transcend-TS-HUB3K-09
    どうやらUASPでやり取りできているみたいです。



  8. 結論としては、
    Transcend TS-HUB3K+UASP対応HDDはUASPでやり取りできる
    ということみたいです。


    性能はMacBookに直接つなぐより速いのでした。


    不思議なことに速度低下はあまりないです。
    というより、平均的には、速いです。
    (直接つないでIOUSBAttachedSCSIが「はい」であることは確認済み)

    Blackmagicdesign でstress 5Gにてテストしてみました。


    Trascend TS-HUB3K経由(USB3.0+UASP)
     WriteRead
    最高120.0MB/s128.0MB/s
    平均116.0MB/s121.0MB/s
    最低98.0MB/s114.0MB/s
    mac直接接続(USB3.0 + UASP)
    最高121.4MB/s127.5MB/s
    平均101.1MB/s119.8MB/s
    最低100.2MB/s117.9MB/s


    UASP+HDDではなく、SSDにすると真価を発揮するものと期待できます。

    バスパワーでは、USB HDDは動きませんでした


    Nanoトランシーバー+USB2.0HDDの場合、

    電流が足りずにHDDが落ちることがありました。
    (スピンの音がして、止まるを繰り返す。危険な感じでした)

    USBHDD1台のみであれば、生きていました。

    が、これではHUBの意味がないので、

    USBHDD+複数のUSB機器を接続する場合は、AC電源は必須のようです。


    UASPを使っているのかどうかを確認する方法【High Sierra/Sierra/El Capitan】


    ここまでご紹介したのはMavericksのころの確認方法です。El Capitan、Sierra、High SierraとOS X、macOSとOS自体のバージョンが上がり、確認方法が変わっていまいした。
    これら新しいmacOSでは、IOUSBAttachedSCSIは常に「いいえ」になっていました。UASPを使ってるのか、使っていないのかを確認には、ioregコマンドを使い、IOUSBMassStorageUASDriverを探す方法で確認できるようです。
    参考:https://discussions.apple.com/thread/6164330

    ioregは階層表示でドライバ類の依存関係を確認することができます。
    $ ioreg | less
    これでioregの結果をlessで表示させることができます。lessコマンドは、/を入力すると検索する文字列を指定することができます。/USBリターンと入力してみてください。USBの関連のトップ階層に移動できます。(Ctrl+f/bで表示をスクロールさせることができます)

    接続したストレージの名称(StoreJetとかElementとかディスク全体の名称)で探すこともできます。
    この階層のどこかにIOUSBMassStorageUASDriverがあれば、UASPを使っていることになるそうです。

    IOUSBMassStorageUASDriverは、ストレージの階層の下にあることから、ストレージ自体のドライバとして使われていると考えられます。HDDを接続してもこのIOUSBMassStorageUASDriverは存在しませんでした。SSDを接続したところ以下のような出力を確認することができます。
    SSP2
    +-o StoreJet(<=ディスク全体の名称)
     +-o IOUSBHostInterface
      +-o IOUSBMassStorageInterface
       +-o IOUSBMassStorageInterfaceNub
        +-o IOUSBMassStorageDriverNub
         +-o IOUSBMassStorageUASDriver
    ・・・
           +-o StoreJet Transcend Media

    この記事のMacBook Proは、High Sierraにアップグレードしています。UASPケースとUSB3.0HUBを接続した状態でioregで確認してみましたが、IOUSBMassStorageUASDriverの存在見つかっていません。

    IOUSBMassStorageUASDriverがUASP対応ドライバなのか、本当のところはApple公式で情報を見つけられなかったので不確かです。UASPに対応している表記がないUSBハブにSSDを接続してみました。IOUSBMassStorageUASDriverはありました。

    現時点では、IOUSBMassStorageUASDriverは、USB外付けSSDの場合、利用。USB HDDの場合は使われない、というった位置付けのドライバーではないかと思っています。

    この方法は、HUBがUASPを使ってるのか?の確認には使えないと思っています。m(_ _)m
    本当に確かな方法は見つかっていません。

    何か情報ありましたらコメントいただけると幸いです。

 

 

USB3.0HUBを経由してUASP接続はできるのか?
サブコンテンツ

コメント

comments powered by Disqus

2018.12.15 macyarounanoka(管理者)のメールアドレスを失って、disqusにログインできなくなっていました。 そのためmacyarounanoka-2で返信するように変わっています。 エキサイトのフリーメールアドレス使っていたことに気がつけませんでした。 ちょっとやってしまいました感がありますOrz。 記事へのコメントはいままで通りdisqusでお願いします。 個別のお問い合わせはお問い合わせからお願いします。
2013.8.19 DISQUS(外部コメントサービス)の利用を開始しました。
Facebook, google, Twitter等のアカウントで投稿可能です。


↓↓Office365 Soloは年間契約がお得です↓↓
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

  • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
  • Mac野郎なのか
  • プロフィール

このページの先頭へ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。