活泉水 桜島

2018年10月01日

活泉水 桜島






飲む温泉水 桜島の活泉水


子供の70%、大人の60%は水で出来ています


なので水選びは特に気をつけたいものですね。


桜島の活泉水が選ばれているポイントとしては

・ 水の粒子が小さいので体への浸透力が高い

・ 酸性に傾いた体を中性に戻すにはアルカリ性の水を飲むのが一番

・ しかも天然のマイナスイオン還元水

・ ミネラルがバランスよく含まれ飲みやすい水


特にご高齢の方は水分が不足しがち

老化=水分不足、とまで言われています。

年齢を重ねるごとに水の大切さを知り、自分の体にあった「良い水」を選びましょう


活泉水の水の硬度は1.3mg/Lの超軟水

日本人には軟水が飲みやすいと言われていますが超軟水は更にまろやかな口あたりです。

・ まろやかで口あたりの良い水

・ コーヒー、お茶、水割りに適した水

・ 素材の旨み成分を引き出す和食に適しています

・ 胃腸で吸収されやすい水

・ デトックス効果の期待できる水


つまり活泉水を飲むことで老化予防、美容、健康が維持されやすく家族で飲める水、ということが分かります。


温泉水の効果・効能

ヨーロッパでは温泉水を飲むことを治療にも用いられるほど認められている行為ですが、日本では温泉水を飲む習慣があまり無く抵抗感のある人も少なくありません。

もちろん温泉水のすべてが飲めるわけでなく限られた温泉水しか飲めません。

温泉水99や活泉水は「飲む温泉水」として人気があり、飲泉をするならまず、この二つの温泉水は試していただきたい。


では温泉水を飲むとどのような効果や効能があるのでしょう。

・ ミネラル補給に

・ 便秘の改善に

・ イライラの緩和に

・ 免疫機能の活性化に

・ 水分の補給に

・ 高血圧・動脈硬化の予防に


温泉水のデメリットともちゃんと抑えておくこと

温泉水にも軟水と硬水がありミネラル分が豊富なことにより体への負担もあるようです。

・ 腎臓が悪い

・ 赤ちゃんへのミルクに使う

・ お腹が緩くなりやすい

・ お医者さんから特定成分の摂取を止められている


これらの症状が気になる方は一度、医師に相談してから始めることをお勧めする。


飲泉療法で用いられている温泉水の飲み方

・ チビチビ飲む
・ 食前30分前、空腹時
・ 毎日、同じ時間に飲むようにする
・ 1回に100ml-200mlが目安


◆ 桜島活泉水⇒キャンペーン実施中



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8153000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
カテゴリーアーカイブ
リンク集
タグクラウド