軟水と硬水の違い

2017年07月27日

軟水と硬水の違い

水やミネラルウォーターには軟水硬水があるのをご存じでしょうか

水なんて、どれも一緒じゃん」と私自身も最初は思っていたのですがそうではないようです。

ここで軟水と硬水の違いとはどのようなものでしょう。

まず、水には硬度というものがあり、この硬度に含まれているカルシウム量とマグネシウム量により軟水か硬水に分けられています。

地中に染み込んだ雨や雪解け水は地層によってゴミや不純物が濾過され、これと同時に地層にあるミネラルを吸収して地表に湧き出します。
そのミネラルの中で特に重要視されているのがカルシウムとマグネシウム

水の硬度の基準となっている数値は120mg/L

水1リットルに溶け込んだカルシウムとマグネシウムの量を数値化されたものを

120mg/L以下を軟水

120mg/L以上を硬水

として示しています

水の硬度は採取地によってまったく違います

ミネラルの含有量はその地形や地表、地層、その他の諸条件により大きく影響されるので水の硬度や味はまったく違うものになります。

日本の国土はどうでしょう。
山や谷や平地など大陸と比べ起伏が激しく高地から低地への流れが速いため地層のミネラルを吸収する時間が短くなっています。
結果、ミネラル分の少ない軟水が多くなります

一方ヨーロッパなどの水は広大な大陸を悠々と時間をかけて流れます
結果、ミネラル分の多い硬水が多くなります。

水の軟水と硬水の違いはお分かりになったでしょうか。

posted by goodwaters at 18:09 | 軟水と硬水の違い
カテゴリーアーカイブ
リンク集
タグクラウド
RSS取得