マントル地下帝国最後の日!!

時代劇専門チャンネルの「風雲ライオン丸」は最終回です。
rocket-lion25-2.JPG最終決戦に臨む獅子丸(潮哲也)。そこに生まれ故郷に帰ったはずの志乃(宮野涼子)の幌馬車が?三吉(新井つねひろ)が父、勘介の敵討ちに本拠地に向かったという。
その三吉、改良したシトシト爆弾で地虫に立ち向かうが、数で優勢の地虫にあえなく…それを救ったのは錠之助(福島資剛)!
錠之助は、獅子丸が怪人マントルテロスと交戦中に地虫に捕らわれた志乃も救出。
錠之助の出現にマントルテロスは退却する


rocket-lion25-3.JPGここは、二人で本拠地に乗り込むのかと思いきや、獅子丸が錠之助の同行を拒否?
確かに、「風雲」の錠之助は「怪傑」の錠之介とは違って、上から目線でかき回しながら、ここぞという大事な回には欠席?していましたからねえ。今更…
「マントルゴッドは俺一人の力で斃す!誰の力も借りない!」覚悟の獅子丸に「なら仕方がない…だが、獅子丸。一つだけ忠告しておく。妙なところで仏心を出すなよ。命取りにならんとも限らんからな」

rocket-lion25-5.JPG迎え撃つマントルテロスの超低温ガス攻撃に左手の自由を奪われたものの、これを斃すライオン丸。先を急ぐライオン丸は確認を怠る
その為 再生したマントルテロスに再び襲われる!
ここでタイガージョーが登場して「だから忠告しただろう」と加勢したら良かったんですが…そうはならず、辛うじてマントルテロスを撃破!マントルテロスが必死に守ろうとしていた「命の泉」を突くと…それは、マントルゴッドの急所!!大爆発を起こすマントルゴッド。地下帝国の崩壊に獅子丸が勝利の雄叫びを上げる「俺は勝ったんだーッ!」
rocket-lion25-6.JPG戦いが終わり、無事に脱出した獅子丸を見送る志乃と三吉。そして、何もしなかった錠之助…それぞれが新たな人生に向かって今、歩き始める。 おわり…

どうしても、前作と比較されるこの作品
主人公とライバルが前作と同じ人だったのが、良かったのかどうか…


悲運!! 父との再会!

rocket-lion24-2.JPG引き続き「風雲ライオン丸」です。
絵図面に記されたマントル一族の本拠地に向かう獅子丸(潮哲也)一行に虹之助(菅野直行)が合流。気が付けば、マントル一族の勢力圏内に入っていた。
様子見に獅子丸が離れた隙に怪人アブが志乃(宮野涼子)と三吉(新井つねひろ)を襲う!
それを救ったのはライオン丸?ではなく、虹之助が化けた偽ライオン丸!?
志乃たちを逃したもののアブに捕らえられてしまう…

rocket-lion24-3.JPGマントルゴッドはアグダーに次ぐ指揮官として謎の黒衣の男を指名していた。
男は獅子丸たちに人間大砲を向けるが、その弾丸にされたのは虹之助!
虹之助は男が人間だと知ると、もしや志乃の父、勘介ではないかと問うと…ビンゴ!
自分が狙っている中に志乃と三吉がいると告げられ、激しく動揺する勘介(須藤健)だが、マントルゴッドの命令には逆らえず大砲を発射!虹之助は最後の力で砲弾の軌道を変え、地虫たちの中に突っ込み、壮絶な爆死を遂げる!!
rocket-lion24-4.JPG虹之助を死に追いやったマントルゴッドの指揮官が探し求めていた父、勘介だと知り愕然とする志乃と三吉。
再会を果たすも、志乃は会いたくなかったと正面から詰り、三吉はあんな奴は父さんじゃないと走り去ってしまう…
さすがに娘の面罵が応えたのか、本拠地の地図を志乃に託して去った勘介。それを聞いた獅子丸は、勘介が死ぬ気だと気付く。



rocket-lion24-5.JPG本拠地に潜入した獅子丸は、そこで磔にされていた勘介を発見。
変身して怪人アブを排除したものの、勘介は既に処刑され虫の息…
勘介はマントル一族に降った時に切った髪を志乃たちに渡すよう頼むと、ライオン丸に秘密の抜け穴を教え、その生涯を終える
ライオン丸は、マントルゴッドを求め抜け穴から奥に進むが、マントルゴッドの絶対防衛ラインが作動。落石や火花、そして吹き出すマグマに阻まれ、やむなくライオンジェット反転で脱出!
rocket-lion24-6.JPG獅子丸から父の遺髪を受け取った志乃は、これまでの礼を述べると三吉を連れて生まれ故郷に帰っていく。
一人残された獅子丸は、マントルゴッドとの最終決戦に闘志を燃やすのだった。

ライオン丸 アグダーを斬る!!

時代劇専門チャンネルの「風雲ライオン丸」です。
rocket-lion23-1.JPG「春」の護り刀「夏」の櫛「秋」の十字架を獅子丸(潮哲也)たちに奪われ後のないアグダーは、所在がわからない最後の「冬」の太刀を奪取せんと大規模な刀狩りを断行
そうとは知らない獅子丸は、地虫たちと日夜戦い、太刀が刃毀れ!
偶然立ち寄った刀鍛冶の小吉(倉田爽平)に打ち直しを頼むと、刃毀れの具合で獅子丸の力量を推察した小吉が曰くのありそうな太刀を代わりに託す。それこそ…


rocket-lion23-2.JPG早速、獅子丸の太刀を打ち直す小吉と弟子たちに地虫忍者が襲撃!
弟子を喪い自身も大けがを負った小吉だったが、獅子丸の太刀を最後の力を振り絞って打ち直す!
そこに立ち寄った志乃(宮野涼子)と三吉(新井つねひろ)。何という偶然か、小吉は二人の父、勘介の相弟子だった。
小吉は二人に獅子丸の太刀を託し、獅子丸に「冬の太刀」を預けたこと、そして「冬は春と触れ合うとき、稲妻を呼ぶ」と言い残し息絶える。
rocket-lion23-3.JPGそうとは知らない獅子丸に、怪人トビゲラが(獅子丸の持っている太刀が「冬の太刀」だと明かして)襲いかかる!アグダー配下で最強の怪人らしいけど、あっさり敗北?
かくて四つのアイテムが揃った…が、何の変化も起きず、手詰まり感が漂う。
すると、三吉が「冬の太刀」を持ち出す?
父への愛慕の情を初めて見せる三吉を止めることが出来ない獅子丸。
とはいっても、ただ海岸に佇むだけの三吉
それを陰で見守る獅子丸…これって、囮?

rocket-lion23-4.JPGそこへ六能陣車でやって来たアグダー。
ビームで先制攻撃!獅子丸が変身しようとすると強力な磁力線で獅子丸の太刀と「冬の太刀」を奪取。得意満面のアグダー。
そのまま、獅子丸へ猛攻を開始する。
危機一髪の獅子丸。次の瞬間、志乃が「春の護り刀」を投げつけると、アグダーの「冬の太刀」と接触!小吉が言った通り稲妻が起きる!
その隙に、徒手でロケット変身したライオン丸が太刀を奪還すると、アグダーの攻撃を掻い潜り、これを撃破!
rocket-lion23-5.JPG何故か、四枚の絵図の欠片を手にする三人
それをつなぎ合わせるとマントル帝国怪人生産地の絵図面が現れる!
彼等が限られた場所でしか生きられないと知った獅子丸。マントル怪人の生産拠点、そしてマントルゴッドが潜む土地を知った獅子丸は、最終決着をつけることを誓う。
って、西の国じゃね?

ライオン丸 南蛮寺の秘密

rocket-lion22-1.JPG引き続き「風雲ライオン丸」です。
先行して京に入った獅子丸(潮哲也)は、パードレー神父がいるという南蛮寺にやってきた。ドアをノックするとパードレー神父本人が応対に出て来る。
一瞬、獅子丸を警戒するが、中に入れてくれるパードレー神父。
中には、侍(達純一)と少年、佐平次(橋爪達也)がいたが、こちらも獅子丸を警戒する。
神父を演じるのは、大月ウルフ!
最近は「仮面ライダードライブ」で元気な姿を見せてくれましたね。
rocket-lion22-2.JPG南蛮寺に役人がやってくる。
近くで人を殺し、金を奪って逃げた少年を探しているという役人に対し、あからさまに不審な態度を取る佐平次。その佐平次を捕らえて役人に突き出した侍は、役人から名を問われ、自慢げにライオン丸と名乗る
この世界では有名なライオン丸を騙る侍。まさか、本物が近くにいるとは思ってないわな〜



rocket-lion22-3.JPG次の瞬間、佐平次が逃げ戻る?
「秋の十字架」を狙う怪人ヒトデロと地虫が役人を斃し教会の中になだれ込む!猛然と獅子丸が迎え撃ち教会の外に追い払う!
神父に急かされて後を追う偽ライオン丸だったが、獅子丸たちの戦闘を遠巻きで見ているだけ…それでいて、ライオン丸がヒトデロを退けると、さも自分の手柄とように誇り神父に感謝される。一方、佐平次の縄を解き、その身の上を尋ねる獅子丸に、佐平次は家族が飢えで苦しんでいる時に見殺しにした大人たちの怨嗟の言葉を吐く。
rocket-lion22-4.JPG偽ライオン丸の狙いは、佐平次が奪った金!泥棒の上前をはね、行き掛けの駄賃とばかりに獅子丸のロケットを奪って逃げる偽ライオン丸だったが、戻ってきた地虫にあっさりと殺される。
その懐から零れ落ちた金を取り返そうと外に出た佐平次もまた重傷を負う。
「何故、外に出た」と叱る獅子丸に、佐平次は大人たちに呪いの言葉を残して絶命…



rocket-lion22-5.JPG激闘の末、ヒトデロを撃破! 戦いが終わり、教会に戻った獅子丸を待っていたのは瀕死の神父。神父は「秋の十字架」だった黄金の十字架に執着し逃げなかった。
「人間というのは己の欲でしか動けんもんだ。結局あんたは一人でもがいてくんだな
ざまあみろ!」と、獅子丸に呪いの言葉を吐いて息絶える神父。
三者三様の欲深さに「金、欲…そんなものにしか人間は生きる事ができんのか!」
言いようのない怒りに壁を叩き叫ぶ獅子丸だった…

危うし!伊賀の三兄弟

rocket-lion21-1.JPG時代劇専門チャンネルの「風雲ライオン丸」です。
地虫が「秋の十字架」を持つという伊賀の内藤一族を攻めるが、忍者がこれを撃退!
頭領の一郎左(逗子とんぼ)は得意満面。妹
の百合香(菅沢絵三子)が、父が言い残した「井の中の蛙大海を知らず」と戒めるが馬の耳に念仏。弟の次郎太(国矢稔)が斃されても「弟は腕が未熟だった。せめてこの兄ほどの腕があったら」自信過剰の一郎左。
その屋敷にやってきた獅子丸(潮哲也)たちが「秋の十字架」の事を聞くが、一郎左には心当たりが全くない?
rocket-lion21-2.JPG屋敷に賊が侵入!百合香を抱きかかえていたのは錠之助(福島資剛)!?
錠之助は獅子丸たちに「怪人ザソリの命令で百合香を頂いて行く」と言い放ち、屋敷から逃亡。いつの間にマントルゴッドの軍門に降ったの?
百合香が奪われたのを獅子丸の責任だと罵る一郎左。賊の侵入を許したくせに…
百合香を奪ってきたのに信用しないザソリに、錠之助は地虫の首の皮一枚残す「タイガー一枚斬り」を披露し、信用させる。
その真意は?
rocket-lion21-4.JPGザソリは百合香を磔にし、一郎左に「秋の十字架」を渡すよう要求するが、心当たりがない一郎左は渡そうにも渡せない。
業を煮やしたザソリは処刑を命じる。
それを錠之助が実行。獅子丸たちが見守る中「タイガー一枚斬り」で百合香を一閃。
「斬れども斬れず、血も出ない」とうそぶいて彼女を磔柱から降ろして連れて行く。
百合香の復讐に燃える伊賀者と地虫たちの戦闘開始!獅子丸も伊賀者に加勢する。
そんな獅子丸を、ザソリは秘密兵器ガトリング砲で狙うが、自爆!?
rocket-lion21-5.JPGそれは、錠之助の仕業だった。ガトリング砲を破壊する為、わざと仲間入りしたのだ
変身したタイガージョーはザソリに「タイガー一枚斬り」を決め、駆けつけたライオン丸に勝ち誇るが、再生したザソリに返り討ちに!代わってザソリと対戦したライオン丸がこれを撃破!
百合香を斬った錠之助に怒る獅子丸だったが、そこに百合香が現れる!
真意を知った獅子丸だったが、錠之助のやり方には納得いかない。

rocket-lion21-6.JPG獅子丸=ライオン丸の活躍に、自分が井の中の蛙だったと素直に認め反省する一郎左
百合香に「秋の十字架」の心当たりが!
京への旅の途中、近江で刀鍛冶にお守りにと「秋の十字架」をもらい、京に無事到着して、キリシタンのパードレーなる人物に渡したらしい。
その刀鍛冶が、志乃(宮野涼子)と三吉(新井つねひろ)の父なのでは?
獅子丸たちは京に向かうのだった。

敗れたり!ライオン丸

rocket-lion20-2.JPG引き続き、「風雲ライオン丸」です。
獅子丸(潮哲也)一行が進む先に、夥しい忍者の惨殺体が!それは虹之助(菅野直行)の仲間、甲賀ふくろう隊の変わり果てた姿だった。ふくろう隊がマントル一族の秘密を握ったのではないか?志乃(宮野涼子)は
ふと志津が今際の際に託した護り刀を思い出し見ると「春」の字が彫ってあった。
それを見て、以前父からもらったべっ甲の櫛を取り出すと、そこに「夏」の字が!
これは父の行方、もしくはマントル一族の秘密の手掛かりになるのでは?
rocket-lion20-3.JPG諸国を旅していた虹之助は、そのべっ甲を細工した職人に心当たりがあった。
弥助(菅原康夫)という職人の家に向かう一行だったが、既に怪人ゲジムが襲撃!
ふくろう隊の残党と交戦中だった。
志乃が瀕死の弥助を抱え起こすが、「秋の十字架」と口にしたとたん、地虫にトドメを刺されてしまう。




rocket-lion20-4.JPGゲジムと対戦したライオン丸だったが、ゲジムの火花崩しの前に敗退。
トドメを刺される寸前、虹之助がゲジムを足止めしている間に、志乃と三吉(新井つねひろ)がライオン丸の逃亡を手助け。
ゲジムが「ライオン丸敗れたり!」と勝ち誇るのを背に、その場を逃れる。
敗戦のショックから十日間も落ち込む獅子丸だったが、虹之助の荒っぽい励ましに立ち直ると、マントルゴッドに当たって砕けろとばかり単身西の国に向かう…極端な獅子丸。
rocket-lion20-5.JPGそんな獅子丸を忍者が襲う!?
それはふくろう隊の女頭領(山崎和子)。
全滅したふくろう隊再建に獅子丸をスカウトするための力試しだった。
自分が虹之助と行動していたことを話す獅子丸に、頭領はマントルの秘密が隠された品物に春・夏・秋・冬の文字が刻まれていることを話す。
…とすれば志乃たちが危ない!



rocket-lion20-6.JPG襲われていた志乃たちに、獅子丸が駆けつける。変身してゲジムと再戦したライオン丸は、ゲジムの攻撃を変わり身の術でかわすと、あっさりとゲジムを斃す。
秋の十字架を求めて白馬に乗って駆けだす獅子丸。って、手掛かりは?

よみがえれ弾丸(ロケット)変身!!

時代劇専門チャンネルの「風雲ライオン丸」です。
rocket-lion19-1.JPG西の国から帰還した獅子丸(潮哲也)は、マントルゴッドの影に異常なまでにおびえる
「怪傑ライオン丸」の大魔王ゴースンのように直接戦ったわけでもないのに?
砂漠で行き倒れていたのを、志乃(宮野涼子)と三吉(新井つねひろ)に救われる。
気が付いた獅子丸だったが、憔悴しきってまるで重病人のよう…




rocket-lion19-2.JPG獅子丸を追って怪人オニグモが現れるが、獅子丸は戦闘放棄?
やむなく志乃が地虫を蹴散らして獅子丸の手を引いて逃げ出す。
それでも、崖に追い詰められると、獅子丸に代わって志乃が戦う!
女忍者(くノ一)要素は今までなかったけど
短刀を煌めかせ地虫に幻影を見せる?
そこに虹之助(菅野直行)が加勢し、危機を脱出する。


rocket-lion19-3.JPG気が付くと、三吉がいない!?
姉が男と手と手を取り合って逃げてる間に逃げ遅れた三吉はオニグモに捕らえられていた。
三吉救出に向かう虹之助と志乃!
弟を救うため地虫を押しのける志乃の勇猛果敢な姿に感心する虹之助。
オニグモにマントルゴッドの呼び出しがかかり、なんとか三吉救出に成功!
その間、何もせず抜け殻状態の獅子丸…


rocket-lion19-4.JPGそんな獅子丸を志乃が励ます。
「戦って下さいとは言いません、自分自身から逃げないで下さい」その言葉にも無反応の獅子丸だったが、崖下にマントルゴッドの幻影を見た獅子丸は、何故か崖を飛び降りる!?まさか自殺…と思いきやロケット噴射し急上昇、変身を遂げる!
迷いを振り払ったライオン丸に、オニグモは敵ではなかった。
戦い終わり、志乃に礼を告げて去る獅子丸
「一日だけでいい一緒に平和な時間を過ごしたい」志乃の切ない願いに背を向けて…

マントルゴッド 悪魔の要塞

時代劇専門チャンネルの「風雲ライオン丸」です。
rocket-lion17-1.JPG西のマントルゴッドの国から逃げて来た男(三井亘)が、志乃(宮野涼子)の顔を見るなり狂乱する?
男を追ってきた怪人ヤリコウモリが男に深手を負わすと次いでライオン丸と交戦。
ライオン丸は引き分けるが肩に槍傷を負ってしまう!
男は志乃の看病の甲斐なく死んでしまうが
暗黒に閉ざされた西の国の存在と、そこに志乃と瓜二つの女性がいると言い残す。


rocket-lion17-2.JPGもしや行方不明の父と関係があるのではと
西の国に向かう一行。意外に近く、大きな川の向こうにあるらしい。
渡し船に乗ろうとしたところで、甲賀の忍びの七色虹之助(菅野直行)と出会い同行。
一行は地下帝国の入り口に到達。
この虹之助、三吉(新井つねひろ)と同じカタツムリが苦手で大声を出してしまう!?
声を聞きつけ地虫がやってくると、責任を感じて地虫に立ち向かうが、意表を突いた変則的な動きで地虫を翻弄し逃げ切る!

rocket-lion17-3.JPG地虫を斃し仮面と装具を奪った獅子丸(潮哲也)は仮装し志乃と共に地下帝国に潜入。
しかし、ヤリコウモリの目はごまかせず露見すると、獅子丸は志乃を逃して、変身してヤリコウモリと再戦。苦戦の末、これを撃破するものの傷を悪化させてしまう!
一方、逃げ惑う志乃が紛れ込んだのは…志乃と瓜二つの志津(宮野涼子cv江川のり子)の部屋。志津は追ってきた地虫を追い払い志乃を匿ってくれる。要塞内でかなりの地位を持つらしい。

rocket-lion18-1.JPG潜入した二人の帰りが遅く、虹之助と三吉は勝手に要塞に潜入。
すぐ地虫に見つかり、逃げ惑った末に入った部屋は、マントルエネルギーの管制室?ドアを壊して地虫が中に入る前にマグマ溜まりを挟んで反対側の洞穴に逃げた二人は
巨大な卵が並ぶ部屋に迷い込む。
二人の目の前で割れた卵から現れたのは地虫忍者の幼虫!
ということは、マントルゴッドは女王アリみたいなもの?

rocket-lion18-2.JPG傷ついた獅子丸や虹之助らも匿った志津。
獅子丸に問われ、自分が物心ついた時からこの要塞にいて何も知らないこと、そして自分が地虫に女神のように崇められていることを語る。結局探し求める志乃の父のことはわからぬまま…
志乃は、志津も要塞を出て一緒に来るよう促す。地虫の報告でそれを知った怪人ズカンクが迫る!
獅子丸は仲間を逃がし、ズカンクと交戦!


rocket-lion18-3.JPG地上に戦いの場を移したライオン丸とズカンク。ズカンクは毒ガス攻撃でライオン丸を苦しめるが、ライオン滝落としで撃破!皆が勝利を喜んでいる間、ヤリコウモリの槍に手を伸ばすズガング。投じられた槍は志津に!慌てて風返しでとどめを刺すが時すでに遅し…苦しい息で志乃に護り刀を託す志津。その刀が父のものと見抜いた志乃は自分たちが姉妹だと確信する。
マントルゴッドの正体を話そうとする志津にマントルゴッドの怒りが炸裂!哀れ志津は石像に変えられてしまうのだった…

ライオン丸 脱獄囚を追跡しろ!

時代劇専門チャンネルの「風雲ライオン丸」です。
rocket-lion15-2.JPG東国攻めが一向に進まない指揮官アグダーは、マントルゴッドの関心を引こうと、自ら外科出術を施し造り出した怪人ゾリラを披露。最初はそっけなかったマントルゴッドも、地虫忍者5人に楽勝したその力に感心する。アグダーは更に強い怪人を作らんと、素体として極悪人・源太(谷口直也)に目をつける。刑場に連行途中の源太を強奪するゾリラと地虫忍者。
その様子を見ていた錠之助(福島資剛)は、わざと泳がしアグダーの居所を突き止めるべく後をつける。
rocket-lion15-3.JPGそこにやってきた獅子丸(潮哲也)。
錠之助が源太をわざと泳がしアグダーの居所を突き止めようとしていることに反発。極悪人といっても見過ごしにはできないといい錠之助と取っ組み合いのケンカを始める。一度はダウンした獅子丸が、立ち去ろうとする錠之助を後ろから木の棒で殴り倒す!?
ヒーローらしからぬ行動で勝利した獅子丸は、地虫たちの前に立ちはだかるが、戦っている間に源太に逃げられてしまう!

rocket-lion15-4.JPG逃亡する源太をタイガージョーが立ちふさがる。刃を振り回す源太に拳銃?を突きつけるが、またも逃げられる!その先に、志乃(宮野涼子)と三吉(新井つねひろ)の幌馬車が!源太は三吉を人質に取ると馬で逃げてしまう!源太を追ってきた獅子丸に、先に来ていた錠之助が「お前が助けた奴がかっさらって逃げた!」と責任転嫁!?
怪傑ライオン丸では強さのみを求めたストイックなタイガージョーでしたが、風雲ライオン丸では何か訳知り顔の嫌みな男に成り下がっています…
rocket-lion15-5.JPG源太と三吉を追う獅子丸たち。
その前にゾリラが現れるが、何か様子が違う。その手に源太と同じ手刀が!
いつの間にかアグダーに捕まって脳をゾリラに移植されたらしい。
となると、三吉は?
崖の上で人質にされてました!





rocket-lion15-7.JPGこのピンチに獅子丸はロケット変身!?
一旦、崖で三吉を奪回すると、そのまま空を飛び駆け降りる!志乃に三吉を帰すが、三吉の手が志乃の胸をタッチ?
ゾリラの手刀に傷ついたタイガージョーがライオン丸に「殺すな」と念を押し、ライオン丸も「殺しはせん!」と応えるが…
ライオン丸は崖の上で爆発を起こし、転がり落ちる無数の岩とともに飛び降りて斬りつける新必殺技・ライオン千尋落としでゾリラを撃破!そのまま風返しって…
言ってる事とやってる事が違うって!

たてがみかがやくライオン丸

時代劇専門チャンネルの「風雲ライオン丸」です。
rocket-lion13-1.JPG父の鍛冶仲間の白雲斎(木島進介)に会いに伊賀の里を訪れた志乃(宮野涼子)と三吉。
その途中で、その子・小太郎と出会う。
新式の連発銃を開発した小太郎は横柄な態度をとる。
そんな小太郎に危うさを感じた錠之進(福島資剛)や獅子丸(潮哲也)が接触を図るが、小太郎はこれを拒絶する。
小太郎を演じるは、三吉役の新井つねひろさんの兄で、後に「ずうとるび」で人気を博する新井康弘さんです。

rocket-lion13-2.JPG白雲斎と対面した志乃は父の行方を尋ねるが捗々しい返事は得られない。
好々爺然とした白雲斎だが、その影で小太郎の開発した新式の連発銃で天下を狙う山師な一面も。
と、そこに入ってきたのは、銃が怪人ペルソナたちに奪われたという報せ。片足が悪いにもかかわらず、白雲斉は二人を置いて飛び出して行く!?



rocket-lion13-3.JPG白雲斉は無謀にも単身ペルソナたちに立ち向かうが、敵うはずもなく地虫たちに斬られて無残に倒れ伏す。駆け付けた小太郎は、銃を破壊しろと告げて逝った父の末期の言葉に熱くなって突っ走るが…







rocket-lion13-4.JPGペルソナは連発銃を使って伊賀城を狙う。それを阻止せんと錠之進がタイガージョーに変身するも連発銃に近付けない。
そこに白馬に乗って現れた獅子丸!
連発銃を掻い潜り白馬から降り、駆け出しながら変身シークエンス!
空を飛び駆け降りたライオン丸だが、兜を被ったまま?




rocket-lion13-5.JPGライオン丸とタイガージョーは地虫を蹴散らしペルソナを追い詰めるが、奥の手ペルソナ空間に閉じ込められてしまう!
その間に現れた小太郎が連発銃に迫るが、敵うはずもなくあっさりと斬られるも、最期の力で放った松明が火薬箱の上に落ち、
連発銃もろとも大爆発!
一方、ライオン丸はタイガージョーのアドバイスで兜を脱ぐと、あら不思議ペルソナ空間が消滅?たてがみに何らかの対消滅効果が?何故、それをタイガージョーが知ってる?ライオン丸はペルソナを撃破!
    >>次へ
プロフィール

カズカズ
能登半島に住まいするただのおっさんです。身近なことを徒然なるままに綴っていきます。
リンク集
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント