広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

2017年02月16日

またもや教師によるいじめ自殺発生。教育現場の崩壊と腐敗の現実


社会・経済 ブログランキングへ

おはようございます。久々の更新です。

ブログを書かない間が続く時に限って、世の中にはブラックなニュースが溢れ、

どのテーマで綴ろうかと思う以前に、残念な気持ちや怒りなど様々な感情に包まれます。

Yahooなんかでチェックすると、そのニュースに関する掲示板があるのですが、

そこでも極真っ当な意見もあれば、犯罪を擁護するような異常な書き込みもあり、

やはり人の心の中の闇って恐ろしいと感じますね。

ブラック企業関連のニュースも多いのですが、

やはり愛知県一宮市の市立浅井中学校の生徒自殺事件。

生徒間のいじめではなく、なんと教師によるいじめで生徒が自殺という、何とも異常な事件が発生しました。

しかも、この問題に対し、PTA総会の際の学校側の説明は「教師によるいじめはあった」と認めています。

しかし、翌日に「不適切な指導はあったがいじめは確認しておらず、保護者の意向を汲み取って【いじめ】と表現した」と説明を翻しています。

アホか。

この説明の時点で、校長や関係者が保身を優先していることが解ります。

保護者の手前、PTAの総会では「いじめがあった」と発表したが、世間に向けての会見では「実は違う」などというバカげた主張を誰が信じるのでしょうか。

おそらく、教育委員会からの指示もあったと推測できます。

とにかく隠ぺい、とにかく保身、

人なんて死んでしまえばそれまで、という教育現場の陰湿さが浮き彫りになっています。<
/span>
そして、生徒を自殺に追いやった当の教師本人が、さっさとマスコミの取材に応えているという点。

スグに取材に応えているということだけ考えても、とにかく言い訳して保身に走ろう、という姿勢しかみえません。

しかも、「いじめは絶対にない」と言っています。

「絶対」という言葉の意味知ってんのか、バーカ。

こんな輩が教職についているのが、今のサラリーマン教育者の実態です。

横浜や新潟での原発避難生徒のいじめ問題についても、教育者側の言い訳は醜態でしかありませんでした。

しかし、この教師は更にひどい。


謹慎など温い処分ではなく、学校や地域でこのような教師は排除されなければなりません。
一宮市立浅井中学校、と学校名が判明している時点で、ネットでは教師の氏名も簡単に暴露されそうです。

ていうか、やっぱり出てますね。

もう、この教師は教師としては生きられないでしょう。

でも、マスコミの前で平気で言い訳している時点で、自分の責任を認めずに生きていくタイプなんでしょうね。


政治家と同じで、教育の世界も根本から洗い直さなければ、

死を選ぶ子供が今後も続くでしょう。


ブラック化する学校 (青春新書インテリジェンス)

新品価格
¥950から
(2017/2/16 08:57時点)




いじめ防止対策推進法の解説と具体策

新品価格
¥2,052から
(2017/2/16 08:58時点)





人材・教育業 ブログランキングへ


労働問題 ブログランキングへ


2017年02月01日

原発避難者へのいじめ止まず。千葉では学校が事実隠蔽


社会・経済 ブログランキングへ

おはようございます。

今月はブログ全然書けてません。

ブラック企業のニュース、いじめのニュース。。。

ブラックなニュースは減るどころか増加する一方。

これは、「増えている」のではなく、違法な労働実態やいじめが日常的に蔓延し、

今の時代になってやっと少しずつ明るみに出ているのだと思います。


原発避難の人々をいじめる実態は、横浜、新潟に続いて千葉でも明るみになりました。

しかも、3世帯の子供に対するいじめという恐ろしい実態。

今の時代に、まさに地域での村八分のような行為が平然と見逃されてきたのです。

http://www.sankei.com/affairs/news/170131/afr1701310003-n1.html

相変わらず、非人道的な異常ないじめが行われ、

学校側は対応はおろか、事実の隠ぺいに走りました。

やはり教育業界、教育者の腐敗と姑息さ、身勝手さは酷くなるばかりです。

いじめをしたクソガキと親は、当然事実を認めず逃げ回るでしょう。

一度、いじめの加害者を実刑にでもしないと何も解決しませんね。

ブラック企業のニュースについても然り。

ミスタードーナツのFC店で2012年に過労死した店長の遺族が、経営先の「竹屋」に対して損害賠償を求めた裁判の判決が出ました。

「竹屋」は遺族に4600万円の支払いを命じたそうですが、

過労死した男性の既往歴などを理由に責任転嫁に走り、

賠償金の減額に成功しています。


過労死した男性は2店舗の掛け持ち、9店舗の店長不在時の代理業務を行い、

月間で120時間以上の時間外労働が確認されています。

このような事実があったにも関わらず、企業側は責任回避に終始。

謝罪の姿勢は見せていません。


竹屋の経営者は、自らが店舗に入り、寝ずに働けば良いのです。


異常な感覚が身に沁みついた経営者の下では、どれだけ懸命に働いても何も得られません。

これは、どの企業にも言えることで、無意味な我慢を強いられている労働者が多すぎるのが

この国の実態なのです。


電通事件 なぜ死ぬまで働かなければならないのか

新品価格
¥1,080から
(2017/2/1 09:00時点)




原発避難白書

新品価格
¥3,240から
(2017/2/1 08:59時点)





労働問題 ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


2017年01月22日

トランプ就任で国際社会総ブラック化なるか


社会・経済 ブログランキングへ

おはようございます。

なかなかブログ更新をできず、個人的にも仕事に忙殺され、一週間で2キロ痩せるという状態。

昨日も休みでしたが、諸々の所用を片付けているうちにPCには触れず。。。

夜は久々に同級生の飲み会。

楽しさのあまり、飲み過ぎてしまいました。^^;


そんな中、20日にトランプ大統領が就任。

注目すべき演説では、これまでと変わらぬ主張ばかりで、大国アメリカの急速な方向転換による国際社会への影響が

一気に現実化しそうな不安が大きくなりました。


大統領になった暁には、多少なりとも国際社会及びアメリカ国民に敬意を払う姿勢があるかも、と思いましたが、

暴言を行動に移しそうな不安だけが浮き彫りになりました。


また、この一週間の間に色々とブラックなニュースが新たに浮上。


電通に関しては、本社と3支社を強制捜査した4つの労働局が、1年分の違法行為を調査するという展開に。

電通は高橋まつりさんを死に至らしめた一連の経緯や、長時間労働の隠ぺいなど犯罪組織としての社会的認識が固定しつつあります。

既に指名停止など実務的にも違法組織を排除するという賢明な姿勢を見せる取引先も表れるなど、

このような制裁の流れが更に加速することを期待。


他には、文部科学省が天下りを組織的にあっせんするという国家公務員法に違反する行為が明らかになり、

前川事務次官他7人が処分。


※なぜか前川事務次官は「辞任」です。逮捕されるべきなのに。


しかも、早大側に口止めをするなど、悪質な行為の数々が明白になっています。

やはり政治家・官僚の腐敗は異常なほど進んでいます。

この問題も本来であれば刑事事件にすべき悪質な行為ですが、

政治家や官僚に関しては現行の法律を曲げてまでも緩く甘い自民党体質においては、

なんの是正も期待できないでしょう。



安倍晋三の施政方針演説も、トランプ就任の不安を無視するかのように、

アメリカの金魚の糞となる姿勢は崩さず、更には憲法改正ができれば内政の異常化やむなし、という

開き直りさえ感じる無意味な内容に終始しました。

バカな総理大臣が、暴走するアメリカのコバンザメ方針を打ち出したことで、

日本もテロの対象になる(既になっていますが)恐怖が目前に迫っています。


先の文科省の不正においても、他の省庁も天下りに関しては普通に違法行為を行っていると見たほうが普通でしょう。


国も世界もブラックな方向へ行きそうです。

ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢 (文春新書)

新品価格
¥842から
(2017/1/22 10:17時点)




「天下り」とは何か (講談社現代新書)






政治 ブログランキングへ


労働問題 ブログランキングへ

2017年01月10日

成人を認めない制度も必要かもね


社会・経済 ブログランキングへ

おはようございます。

年明け早々の3連休も終わり、また仕事、、、のはずですが、

年末年始の休みに交代出勤があったため、

私は本日も休みを戴きました。

さて。

もう、休日が何の日か関心も薄れていますが

テレビでニュースを見て全国の成人式の様子を映し出していました。

そして、相変わらず成人式で暴れ回る精神異常な若者が多いこと。

バカですね。


20歳になったら誰でも成人、というのはおかしいのではないか。

少年犯罪を犯した者、

学校でいじめに加担した経歴の者、

こういう輩は

飲酒も喫煙も、免許取得も認めない
というような「成人させない法律」もあって良いかもしれません。



バカにつける薬は無い、とはよく言ったもんです。



政治 ブログランキングへ

2017年01月06日

安倍政権の「働き方改革」に疑問?大阪で労組が対決姿勢


社会・経済 ブログランキングへ

あけましておめでとうございます。

本年も、ブラック企業や悪徳政治に対する所感を綴っていきます。

電通の事件をはじめ、悲惨なまでにブラック企業の隆盛が明るみに出た昨年、

世間は少々の危機感を感じたのかもしれません。


安倍政権の働き方改革の政策が、今後ハナクソ程度でも日本の長きにわたる悪習にクギを刺せるのか

お手並み拝見というところでしょう。


そんな中、新年早々タイトルにあるようなニュースが。

昨年12月、大阪で開催されたシンポジウムに関する一連の報道です。

http://www.sankei.com/west/news/170104/wst1701040002-n1.html

労働時間短縮を歓迎するはずの労組が、なぜ政府主導の労働政策に対決するのか?

ということですが、


記事を読むと、

労働時間短縮に取り組むのは、本来労組の役目。安倍政権は労働時間短縮を政治目的に掲げ、労働者の支持を集めようとしている

つまり、労働時間短縮→労働者の表獲得が狙い→政権安定から憲法改正が本来の目的

ということです。

憲法改正という最大の目的を果たすため、労働時間短縮を票集めのためのお飾りにしているのです。

ということは、働き方改革は、安倍政権の単なるでっちあげという疑惑であることが見て取れます。


更に、経済界は労働時間短縮を国政として推進されると、

労働者からの搾取ができないというシンプルな図式が成り立つため、当然ながら政策に対して不快感を示しています。

金も権力も持たない、末端の労働者と、

金も権力もある経済界、

アホの安倍が最終的に耳を傾けるのは、どちらでしょう???

誰でも判りますね。


早い話、ブラック企業が暗躍し続ける世の中は、政治の手によるところが大きいのです。。

武家社会のような、主君への忠誠、奉仕を国民に強制し、

サラリーマンになることが目的のような教育を繰り返す国民性そのものが、

労働者の人権を無視し、生命さえも軽んじる、ワタミや東電のような

異常な団体を生み出すのです。


記事の中には、

働き方改革実現会議には15人の有識者が参加しているが、このうち労働側は神津里季生・連合会長の1人しかいない。一方、経営側からは7人が選ばれている。


と、既に安倍の手法にウラがあることを暴いています。

これから更に進む働き方改革。

我々は今年も政権やブラック企業の経営者に騙されないように

自分自身の身を守るための知恵と行動力が必要です。


もう安部政権はいらない




戦争のできる国へ 安部政権の正体





労働問題 ブログランキングへ


政治 ブログランキングへ



2016年12月29日

電通・石井直社長辞任へ!それでも釈明ばかりの会見にブラック企業の根底を観た


社会・経済 ブログランキングへ

昨日の夜、電通の石井社長ら幹部が記者会見を開き、

石井直社長が辞任を発表。


今、この時間も朝のワイドショーなどで取り上げられていますが、

会見の様子を見る限り、やはり肝心の所は組織的な悪行を認めようとしていません。

特に副社長の中本とかいう輩は、全ての質問に「上層部は関知していなかった」と取れるような

言い訳めいた弁明に終始。


この手の幹部が居残るようでは、今後もブラック企業の看板を外すことは不可能であると

電通が自ら露呈しているような会見でした。

この期に及んで、被害者の高橋まつりさんに対するパワハラの事実を認めず、

「結果的に」とか

「総合的に」とか

逃げるような弁明ばかりです。

確実にパワハラが存在した事実は既に世間の知るところであり、

日常的に異常な働き方を強いる、根っからのブラック企業であることは間違いありません。


石井社長は会見の中で、企業風土について

「社員のプロ意識が強く、120%の成果を求め、仕事は断らない。そのすべてが過剰だった。歯止めがかけられなかったのは経営側に責任がある」


としていますが、

アホか。

プロ意識って、笑わせますね。

120%の成果を求めるのは、金のためか、上司の顔色のためか?

仕事を断らず、成果を出すのは当たり前。そのために違法残業しなければならないようであれば、

高い学歴を持って電通で働いていたとしても、押しなべて能力が無い人間の集まりです。


中本副社長は、違法残業についても

「そのようなことを戒めてきたつもり」とありますが、

その言葉とは完全に逆行し、組織的な違法行為を続け、人名まで奪った犯罪組織になった要因はどこにあるのか?

経営陣が「違法残業するな」と言っていたのなら、その指示を捻じ曲げた実行者がいるはずです。

組織的な体質、風土で違法行為が行われ、そのような指示をした人物を特定できないとしても、

高橋まつりさんに強制労働を命じた直属の上司は特定され、世間に公表された上で実刑を受けるべきでしょう。

社長の辞任で幕引きを図ろうとしているのかもしれませんが、

一方で東京労度局は今後も捜査を継続する方針を明言。

組織の意識改革なんて到底無理に等しいけど、

もし、そうなることを期待するなら、今後長きに渡って社会の批判に晒され続けないと、

また軍隊的な組織に逆戻りするでしょう。


電通 洗脳広告代理店

新品価格
¥1,404から
(2016/12/29 08:54時点)





広告大手という立場を利用し、世論さえ牛耳ってきた電通のような「大手ブラック」に対しては、今回のように政府にまで指摘されるくらいの犯罪を犯さないと修正も無理なんですかね、異常な世の中。。。

電通と原発報道――巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ

新品価格
¥1,620から
(2016/12/29 08:55時点)





労働問題 ブログランキングへ


政治 ブログランキングへ

2016年12月28日

電通幹部ら書類送検!犯罪組織の起訴は如何に?


社会・経済 ブログランキングへ

おはようございます。

今年も残すところ僅か。

思えばブラックなニュースが後を絶ちませんでした。

まだ残り数日ありますが、年末休みでさえもブラックなニュースが色々と出そうです。

嫌な世の中です。

そんな中、厚生労働省はかねてより捜査中だった電通の労働基準法違反について、

法人としての電通と、同社幹部ら数人を28日にも書類送検する
方針を固めたそうです。


書類送検なので、今後は検察の捜査と判断に委ねられますが、

自殺者を何人も出したということと同時に、

残業時間の隠ぺいなど、違法行為が蔓延していた体質そのものを厳しく判断してほしいと思います。


いずれにせよ、こんな組織は解体してしまうのが一番ですが、

雇用制度上立場の弱い社員を強制的に働かせ、

ただ肩書があるだけの人間が甘い汁を吸うだけの体質に、少しでもクギを刺すべき。

先日は、エイベックスグループの松浦社長が労働基準監督局から是正勧告を喰らった件に対し、

アホな反論をしていましたが、

あの思考もブラック企業の経営者そのものです。


被雇用者が経営者と同じモチベーションで働いている訳がなく、

社員が全員仕事が好きだなんて、思い込みどころか勘違いも甚だしい。

単なる馬鹿です。


結局、組織が大きくなればなるほど経営者が身勝手になり、人を人とも思わない勘違い野郎に堕落していくことが解ります。


まずは、電通幹部らの今後の処分と、世論の動向が待たれますね。

また、電通の問題を受けて厚生労働省は違法な長時間労働があった企業名を公表する基準を引き下げる、

複数の過労死が起こった場合も企業名を公表すると決定しました。


でも、こんなの甘すぎます。


行政が本当の意味でのルールを策定しなければ、働き方なんて変わりません。



ブラック企業に負けない

新品価格
¥1,015から
(2016/12/28 10:11時点)




内側から見たブラック企業―なぜそれは無くならないのか

新品価格
¥300から
(2016/12/28 10:11時点)





労働問題 ブログランキングへ


政治 ブログランキングへ

2016年12月25日

ブラック企業大賞は電通に決定。今年は文句なしの結果


社会・経済 ブログランキングへ

こんにちは。

クリスマス連休も今日が最後。来週はもう年末休みに入ります。

そんな年末の忙しい中、ブラック企業大賞が決定。

誰もが予想しうる通り、電通が大賞を受賞しました。

高橋まつりさんの自殺だけでなく、それ以前にも過重労働&パワハラによる自殺者を出し、

更には社会問題に発展後も会社批判をした社員を特定し、見せしめ的な処分を科すなど

ゴミクズ以下の体質を世間に暴露した超ブラック企業・電通。

もはや、ワタミのように永年に渡ってブラック企業として語り継がれることでしょう。


但し、これで終わらせてはいけません。

一流大学を卒業しようが、電通に努めていること自体が恥だという状態になるまで

社会はブラック企業を否定し続けなければ、

何も世の中は変わらないのです。


ブラック企業に倍返しだ! 弁護士が教える正しい闘い方 (アディーレ法律事務所)

中古価格
¥107から
(2016/12/25 16:48時点)




あらゆる就職情報は操作されている~ブラック企業が仕掛ける就活のワナ~ (扶桑社新書)

新品価格
¥821から
(2016/12/25 16:49時点)





労働問題 ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ

2016年12月22日

いじめによる暴行で重体、市や同級生に1億円超の賠償命令!


社会・経済 ブログランキングへ

こんにちは。

タイトルの件は、2012年に埼玉県川越市で起こったいじめによる暴行事件。

暴行がエスカレートし、被害者は意識不明の重体に陥り、現在も寝たきりとなっています。

被害者の生徒と保護者が加害者生徒及びその保護者、市に対して損害賠償請求を申し立てていましたが、

その判決が出たとのこと。

判決は、総額で1億4873万円を生徒と保護者に支払うよう命ぜられたとのことです。

安すぎる。


人の人生を台無しにし、

また市側も責任逃れを図り、いじめによる障害罪を見逃そうとした責任は、もっともっと重いものである。

ネットでも、10億でも安いという意見がある。

当然だ。


加害者の生徒3名は少年院に送致されているとのことだが、その保護者も一生みじめな人生を送れ。

一生かかって賠償し続けろ。


市や教育委員会で関連した者共も、全ての給与を賠償に捧げろ。でなければ辞職せよ。

加害者はもちろん、いじめを放置し、責任逃れをするような輩に生きる価値はない。

川越市は市を挙げて謝罪と賠償をすべき。


被害者とその家族が、少しでも良い方向に行きますように。


やはり、「いじめ」という表現はダメだ。

犯罪でしかないのだから。


いじめは「犯罪」である。体罰は「暴力」である。




「少年A」被害者遺族の慟哭(小学館新書)





人材・教育業 ブログランキングへ


ビジネス・業界 ブログランキングへ

いじめによる暴行で重体、市や同級生に1億円超の賠償命令!


社会・経済 ブログランキングへ

こんにちは。

タイトルの件は、2012年に埼玉県川越市で起こったいじめによる暴行事件。

暴行がエスカレートし、被害者は意識不明の重体に陥り、現在も寝たきりとなっています。

被害者の生徒と保護者が加害者生徒及びその保護者、市に対して損害賠償請求を申し立てていましたが、

その判決が出たとのこと。

判決は、総額で1億4873万円を生徒と保護者に支払うよう命ぜられたとのことです。

安すぎる。


人の人生を台無しにし、

また市側も責任逃れを図り、いじめによる障害罪を見逃そうとした責任は、もっともっと重いものである。

ネットでも、10億でも安いという意見がある。

当然だ。


加害者の生徒3名は少年院に送致されているとのことだが、その保護者も一生みじめな人生を送れ。

一生かかって賠償し続けろ。


市や教育委員会で関連した者共も、全ての給与を賠償に捧げろ。でなければ辞職せよ。

加害者はもちろん、いじめを放置し、責任逃れをするような輩に生きる価値はない。

川越市は市を挙げて謝罪と賠償をすべき。


被害者とその家族が、少しでも良い方向に行きますように。


やはり、「いじめ」という表現はダメだ。

犯罪でしかないのだから。


いじめは「犯罪」である。体罰は「暴力」である。




「少年A」被害者遺族の慟哭(小学館新書)





人材・教育業 ブログランキングへ


ビジネス・業界 ブログランキングへ
プロフィール
DEBUFUGUさんの画像
DEBUFUGU
今は会社員。人生模索中ですが、開拓中であると自分に言い聞かせ、大幅な転換を目指します。
プロフィール
タグクラウド
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
RSS取得