広告

posted by fanblog

あさイチでアーモンド品切れ?!代わりに糖化を防ぐアンチエイジング法

ついこの間、あさイチを見て「アーモンドで糖化を防いで若返り」、という記事を
書いたばかりなのですが、実はお店で品切れ続出中です。無塩ローストアーモンド。

アマゾンでも、少量で送料無料や1キロ1000円以下のは軒並み品切れ。


今のとこコレが一番お買い得かなあというライン。



困るなー
うち、ナッツは結構必須アイテムなんですけど(−−;
この際10kg位まとめ買いして単価を抑えるか・・・


抗糖化に関して、他の方法も考えてみました。





そもそも抗糖化って?


どこかで上手いこと書いてるのを見ましたが


酸化が「からだのサビ」 ならば

糖化は「からだのコゲ」 なんですって。確かに茶色いですもんねー
身体の各所の老化、肌ではしみ、しわ、くすみや黒ずみの原因になります。

ちなみに、一番気になる肌のコラーゲンですが、糖化すると
「架橋結合」という現象がおきて、伸縮性が損なわれ
結果、ハリ・弾力性が無くなるという訳です。


あさイチ番組内では
「“糖化”とは、体内の糖がタンパク質と結びつくことによって
AGEという老化物質に変わること。
AGEは、皮膚の「しわ」や「たるみ」の原因になるなど、体の老化と大きく関係」

という簡単な説明でしたが・・・





食べ方で糖化を抑制?


そもそも、体内の急激な血糖値上昇を防ぐ食べ方をすることで
糖化は随分抑えられるようです。


「GI値」が少ないものから食べましょう、って良く聞きますよね。

繊維が多いもの、お野菜などから食べて
最後に炭水化物や糖分が多いものを食べることで
血中の血糖値はゆるやかに上昇してくれます。

結果、糖化が抑えられるという。
分食ダイエットと太りにくい食べ方」で書いたのと同じです。





ORAC値が高いくるみはどうだろう


今回品切れが起きているのが「アーモンド」な訳ですが。

抗酸化指数の「ORAC値」で言えば、アーモンドよりクルミの方が
数値が随分高いんです。
http://www.antioxidant-unit.com参照

個人的に、くるみも、糖化を防ぐのに結構お役立ちかも?と期待。

ただ、糖化を防ぐ効果の研究は現在アーモンドのみ、と
あさイチの番組HPに書かれてましたし、まだ何も言えない段階みたい。





アーモンドの代わりに、お茶や炭で抗糖化?!


他には・・・ハーブティー?お茶で
どくだみ茶甜茶柿の葉茶グァバ茶はま茶が優れモノらしく。

AGEs[糖化反応最終生成物]の生成阻害剤である
未承認の医薬品「アミノグアニジン」よりも抗糖化の体内活性が強いそうです。



あと、面白いところでは
「炭で吸着して糖化を防ぐ」という概念のサプリメントとか。




滋賀県草津市だけで栽培される「青花」は
「青花イミノ糖」という成分が血糖上昇を抑えるそうです



滋賀県草津産 青花100%野菜粉末




おいおいウォッチしていきたいと思います〜クローバー



この記事へのコメント

   
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。