検索
現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ハートフルRPG「地図の時間」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ツクール新作】




【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2015年11月29日

ツクールMV 会話の回数で接し方が変わる人々

初心者向けの講座です。
今回は変数の使い道として、会話の回数で接し方が変わる人々を作ってみました。

変数とは何か?という疑問がある方は、次の記事が参考になりますので、ぜひ先にご覧ください。
----------------
参考
ツクールVXAce 初心者向け講座
変数について
https://tkool.jp/products/rpgvxace/lecture/006_005a

ツクールMV コモンイベントと変数を使って閃きシステムを再現
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/192/0
----------------

RPGで初対面の相手が妙になれなれしいことに、違和感がありました。
そこで考えたのが会話の回数を変数でカウントし、初対面→顔見知り→フレンドリーと対応が変わる仕組みです。

1.会話回数をカウントする場所を変数として作成
20151128-22.jpg

2.「変数の操作」で会話回数をカウント
操作:加算
オペランド:定数1
20151128-26.jpg

3.会話のイベントに2をコピー(Ctrl+C)&ペースト(Ctrl+V)で設定

・初対面の会話イベント(ページ1)
-会話終了時に会話した回数が+1になるように変数を設定。
20151128-19.jpg
20151128-23.jpg

・顔見知りになったときの会話イベント(ページ2)
-会話回数が1回以上のときにページ1よりも優先されるイベント
20151128-20.jpg
20151128-24.jpg

・フレンドリーになったときの会話イベント(ページ3)
-会話回数が5回以上のときにページ1、2よりも優先されるイベント
20151128-21.jpg
20151128-25.jpg

これだけです。
変数の扱いは基本中の基本のようなので、このような簡単なことから慣れておくといいと思いました。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4467422
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック