PICKUP
  1. 1. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  2. 2. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  3. 3. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  4. 4. Audio Roomの演出に!Barigoの気圧計
  5. 5. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  6. 6. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  7. 7. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  8. 8. DLNAとOpenHome
  9. 9. スピーカのバイワイヤリング
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2019年01月14日

スピーカーグリルの掃除

寝室で聴いてるSHRAPのSpeakerのフロントグリルがシミだらけ。
プラスチックと化学繊維の布を使用してるようなので、水洗いしてみた。


左:グリルをとったところ 右:グリル(濡れてる)をつけたところ


sp-sharp.JPGspgrile-arai.JPG



  お遊び

  障子にはさんで、グリルをかわかす。
spgrile-hosi.JPG



スピーカーグリルに張ってある網の事、思い出した!昔から(1970年頃)「サランネット」と言っていた。
「サランラップ」同じ素材か?

サラン
旭化成の商標 ポリ塩化ビニリデン系繊維
高い難燃性、耐薬品性に優れる、吸水性がほとんどない、かび・バクテリアに侵されにくい、一般的な合成繊維に比べてやわらかい等の特徴をもつ。

サランラップ
旭化成の商標? ポリ塩化ビニリデン
1940年代後半 フィルム製造メーカーに務めていたラドウィック、アイアンズの妻の名前「サラ」と「アン」を引っ付けて「サラアン」ラップ⇒サランラップと名付けたそうな!
旭化成のホームページ https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/saranwrap/history.html より


という事で、サランネットとサランラップの素材が同じか?予想は的中!

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8471241
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
サイト内 検索