ファン
PICKUP
  1. 1. 渡辺貞夫のコンサートに行きたい
  2. 2. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  3. 3. 2022年最初のオーディオ商品 BTスピーカー SONY SRS-X01B
  4. 4. 断捨離とカメラと野良仕事
  5. 5. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  6. 6. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  7. 7. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  8. 8. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  9. 9. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  10. 10. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  11. 11. Audio専用PCを入れ替えたが、TuneBrowserで再生中にプチフリーズ
  12. 12. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  13. 13. DLNAとOpenHome
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンクサイト
サイト内検索

2019年12月04日

GENERECのアクティブスピーカー

audio-1839221_640.jpg

PexelsによるPixabayからの画像


GENELECという会社のスピーカーがある。昔から知ってはいたが、おっさんの認識としては、高評価ではなかった。

ちなみに、私はこの会社のスピーカーの音を1度も聞いたことは無いが、デザインが好みじゃないので個人的なランク付けでは高評価ではなかった。

Yahooプレミアム会員なので、AV雑誌 HIVI 11月号を無料で読んでいたらGENELEC社のスピーカーの紹介があった。

HiVi (ハイヴィ) 2019年 11月号【電子書籍】[ HiVi編集部 ]



「GENELEC研究1 フィンランド本社を訪ねる」

の中の特徴として気になったものが

アクティブ駆動


2ウエイアクティブタイプの場合、以下のような回路構成となる。

_______ +---ACTIVEクロスオーバー ⇒ 高域用AMP ⇒ ツイーターユニット
LINE入力------+---ACTIVEクロスオーバー ⇒ 低域用AMP ⇒ ウーファーユニット


GENELEC 8030CP ダークグレー 2本ペア 安心の日本正規品!

価格:171,600円
(2022/1/17 03:01時点)




各スピーカーユニット毎にアンプがあるので、効率が良い


バイアンプ構成となるのだが、例えば低域用のアンプは、低域のみを担当し、1個のスピーカーのみ駆動すればよく、高性能、効率よく信号を増幅くすることができる。低域から高域までをカバーしなければならない、一般的なアンプに比べ、スピーカー内蔵アンプはF特、歪の点で優位になる。

バイワイヤリングと似た特徴で、バイアンプ構成の場合は、低域スピーカーの逆起電力が、高域スピーカーに悪影響を及ぼす問題も改善できる。

LINEのレベルの電圧でフィルター処理するので、

高いエネルギーをスピーカー本体内のパッシブ型クロスオーバーで処理する一般的なスピーカーよりもリニアリティー、精度が高く、省電力なので、歪も少なくできる。

ACTIVEクロスオーバーは、小信号、省電力なので細かな特性の調整も可能な機種もある。

詳細は GENELECホームぺージへ

GENELEC/8341AW【1本】【ホワイト】【納期未定】

価格:393,800円
(2022/1/17 02:56時点)


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/9417530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
サイト内 検索