PICKUP
  1. 1. 渡辺貞夫のコンサートに行きたい
  2. 2. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  3. 3. 2022年最初のオーディオ商品 BTスピーカー SONY SRS-X01B
  4. 4. 断捨離とカメラと野良仕事
  5. 5. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  6. 6. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  7. 7. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  8. 8. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  9. 9. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  10. 10. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  11. 11. Audio専用PCを入れ替えたが、TuneBrowserで再生中にプチフリーズ
  12. 12. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  13. 13. DLNAとOpenHome
日別アーカイブ
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンクサイト
サイト内検索

2020年11月21日

MDに関して

dm7090.JPG

私の所持するMDデッキ KENWOOD DM-7090が壊れかけていることがわった。
CDよりもコンパクトで埃や傷にも強いので特に移動やカーオーディオの世界ではヒット間違いないと思っていたのに、MDは今や絶滅種となってしまった。

オーディオのデジタル化、コンパクト化が進み、USBやメモリーカード、iPodなどに音楽が保存できるようになってMDの需要は減っていってしまった。カセットテープ、ビデオテープは今でもお店の片隅で見つける事はできる事もある。しかしMDディスクを見付ける事はほとんどできない。

新製品 ソニー ミニディスク 80分 5P 5MDW80T

価格:1,899円
(2020/11/21 21:24時点)
感想(21件)





MDに関して色々と調べてみた。

MDの音声圧縮方式
 
ARTAC、ATRAC2、ATRAC3、ATRAC3plus、ATRAC Advanced Lossless(2005年頃)などと進化してきたがMDが絶滅した今日では使われることは少ない。

Advanced Losslessが気になったので調べてみた。

ATRAC Advanced Losslessでは、 ATRAC3やATRAC3plusで圧縮したデータと、ATRAC3やATRAC3plusで圧縮する際に間引いた音(誤差成分)を圧縮したデータを合わせて記録します。これにより、ATRAC3やATRAC3plusのデータだけをそのまま取り出したり、誤差成分もあわせて使用することでCDの音楽情報を完全に再現することができます。

https://www.sony.co.jp/Products/ATRAC3/tech/aal.html より引用


ATRACでカットしていた音声成分(誤差成分と言っている)を別途圧縮してあわせて記録しているのかぁー。それでロスレスになるんだ。なるほどォ。どんな音か、違いを聞き比べてみたいところだ。

故意にカットしたロスありデータ + ロス分(カット分)= ロスレスデータ



残念ながら、私の持ってる1997年頃のKENWOOD DM-7090は初期のATRACでATRAC Advanced Losslessには対応していない。


MD/CD対応のカーステレオを搭載していた時代があった。私史上初めてのカーCD、初めてのカーMD搭載のカーステレオであった。音質に関しては、当時聞き比べてみると、明らかにMDの方が音が悪かったのを覚えている。


当時のカーステレオのATRACの仕様は、はっきりわかってない。しかし、録音はDM-7090のATRAC形式で録音しているので、少なくともARTACはCDよりも音質は悪かったという事だろう。


PCでの利用


x-アプリ

先のATRACの中で、ATRAC3、ATRAC3plusではPC上でファイルとして取り扱う事が可能になった。ATRAC3は1999年発表された。x-アプリ(2016~2018年頃)で扱う事ができるらしい。ファイル名は*.oma、*.aa3となる。

Media Go


x-アプリでしかATRACを扱えないのかと思っていたら、Media GoというアプリもATRACを扱えるようだ。ATRAC3、ATRAC3plus、ATRAC Advanced LossLess形式はもちろんのこと、FLAC、MP3、MP4も対応可能なので
*.oga、*.ogg 右矢印1 *.flac、*.mp4、*.m4a 

に変換が出来そうである。試してはいないが。

Media Goは、確か以前SONY Elicsonのスマホを買ったときかSONYのデジカメを買ったときに使っていたので、使えるかもしれない。

と思い、ソフトが存在するか確認してみると、すでにサポートは終了!

media-go-end.png


音楽フォーマットの変換ができれば活用法が増えるような気がする。
しかし、MDデッキ自体が機械的?故障したっポイ。あやしいのだ。

Music Center for PCをご利用ください。


と書いてある。


Music Center for PC


再生可能なフォマット
ATRAC (.oma/.aa3) / ATRAC Advanced Lossless (.oma/.aa3) / WAV (.wav) / MP3 (.mp3) / AAC (.3gp/.mp4/.m4a) / HE-AAC (.3gp/.mp4/.m4a) / WMA (.wma) / DSD (.dsf/.dff) / FLAC (.flac) / MQA (.mqa.flac) / APE (.ape) / ALAC (.mp4/.m4a) / AIFF (.aiff/.aif)

とある、先の*.flac、*.mp4、*.m4aなども対応している。DSD (*.dsf/*.dff) も再生可能だ。

これなら、たぶんフォマット変換できそうな気がする。
最新公開日 : 2020-08-04 なのでたぶん。ダウンロードは無料だ。


後は、@USBオーディオインターフェイスが対応できるかどうかと、➁MDデッキが正常に動くことが前提なのだが、MDデッキが壊れかけているので、MD音源のPCへの取り込みは絶望的。


MDデッキをDAコンバータ―として以下のように使えれば利用価値があるかもしれない。

アナログ入力 右矢印1 MDデッキ ⇒ デジタル出力 ⇒ USBオーディオインターフェイス
⇒ Music Center for PC でFLACに変換 ⇒ PCにファイルとして保存


めんどくさいことせずに、
アナログ入力 右矢印1 ============⇒ USBオーディオインターフェイス
⇒ Music Center for PC でFLACに変換 ⇒ PCにファイルとして保存

にしてPCに取り込めばもっとシンプルにできると言えばそれまでなのだが。


MDデッキが壊れてしまった場合


PCともUSB接続可能な中古のMDデッキを購入する

情報によると、SONY MZ-RH1(すでに製造中止)を使うとUSBケーブルでPCと接続してWAV形式、ATRAC形式でPCに保存ができるようだ。

mdプレーヤー 中古 mdプレイヤー ポータブル mdプレーヤー SONY Hi-MD ウォークマン MZ-RH1 mdウオークマン mdデッキ mdコンポ 【中古】【送料無料】【保証付 】





PCともUSB接続可能なMDデッキをレンタルで借りる

MZ-RH1はMDデータをPCに取り込める唯一の方法だそうで、中古でも10万円前後の高額で取引されている。数が少ないため、レンタルでMZ-RH1を借りる方法もある。

mdプレイヤー レンタル mdプレイヤー SONY Hi-MD ウォークマン MZ-RH1 レンタル md mdレコーダー mdプレーヤー 中古mdデッキ mdコンポ mdウオークマン mdプレーヤー コンポ プレーヤーmd レンタル 送料無料 【レンタル】【往復送料無料】 】MZ-RH1 6泊7日




USB接続なので光やコアキシャルでのダビングに比べ高速にデータをコピーできるらしい。

タグ:MD ATRAC
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
サイト内 検索