2017年11月10日

拓馬篇前記−八巻3

(半年……長かったな)
 八巻は怪我の治療のために半年の期間を休職した。我ながら時間を浪費してしまったと感じる。その大半は妖精さんと名付けた謎の美女にうつつを抜かしていた。教師の体面上、とても生徒には言えないことだ。
 八巻の担当は二年生と三年生の社会科の授業。進学に向けて学んでいく大切な時間を、共有できなかったことは悔やまれる。生徒たちは八巻のことを「おもしろい先生」と慕ってくれていた。
(代わりに入ったという先生は、うまくやってるんだろうか?)
 不幸中のさいわいにして、八巻が交通事故を起こした時期は夏休み。休み明けまでに新たな社会科教師が採用され、生徒たちへの影響は軽微ですんだ。授業期間中に休職したなら、きっと八巻に配分された授業はしばらく自習時間にされただろう。
 ピンチヒッターの新任教師はこれが初めての教員生活だという。目の肥えた上級生に新人をあてがうのはリスキーだ。万一、彼の指導力が不十分なせいで生徒の学習がはかどらず、志望の学校に入れなかったと言われれば大問題である。そのため彼は一年生の担当に回され、他のベテランの教師が上級生の授業を受け持った。
 これらの変更による生徒たちの不満の声はあがらなかったらしい。八巻がいなくても業務が回っていくことはありがたい反面、どこか期待外れの感もあった。
(いまの一年生を来年度から見守る、か)
 八巻はもともと現一年生との接点が少ない。校長の依頼は具体的にどういうポジションでの職務なのか、まだ聞いていない。一クラスの担任になるのか、その副担任か、あるいはこれといってクラスを受け持たないフリーか。半年とはいえブランクのある八巻では、年齢の若さもあって担任を務めるには力不足。可能性があるのは副担任くらいだ。
(副担……はだれが担任でもいけそうだ)
 基本的に担任は次年度へ移行すると、進級した学年かつ同じ組を担当する。一年一組の担任は来年だと二年一組の担任になるという具合に。一年生のクラスは四組あり、そのうちの三人の担任は優しい人たち。残り一人は気難しい女性なのだが、悪い人ではない。八巻は一年生の担任たちのだれとも苦手意識を持っていなかった。
(退院したら、一度校長に聞いてみよう)
 校長もどういった差配が最良なのか考えあぐねているのかもしれない。こちらから話を持ちかけ、互いの認識の穴を埋めておくべきだと判断した。
 八巻は足に疲労を感じた。中庭を何周したか数えていないが、かなり運動した手応えがある。もう屋内へ入ろう。そう思って出入口のガラス戸を探す。一面ガラス張りの壁に目を滑らす中、奇妙な人影が視界に入った。
 二度見してみればガラスの向こうに人がいた。その目は普通の日本人にはない輝きがある。
「妖精さん……」
 八巻は思わず駆け寄った。ガラスに両手をつき、外国人風の人物に食い入る。明らかに青い瞳を持つ人だ。
 青い瞳の人物は灰色のパンツスーツ姿の女性。鍔つきの黒い帽子を被っており、男性に見まごうほどの長身だ。その顔は八巻がかつて、夜中に起きる怪現象の正体をつかんだ時に見た顔とそっくりだ。意外にも肌が焼けていた。暗がりでは肌の色まで印象に残らなかったようだ。しかし美人にはちがいない。
 スーツ姿の女性は無感情な面持ちだ。八巻がベッタリとガラスにへばりついても平然としていた。八巻と視線を合わせた途端、ぷいっと顔を背ける。女性はすたすたとロビーの方向へ進んでいった。八巻は手元のガラスをバンバン叩いてみたが、彼女はまったく振り返らない。
(追いかけなくては……!)
 八巻は病棟への出入り口のガラス戸を見つけた。走る勢いのまま体当たりをかます。運悪く移動中の事務員にその乱暴な行為を目撃される。
「あぶないでしょう!」
 中高年の職員にたしなめられてしまった。注意を受けるやり取りのうちに女性を見失う。
(この機会を逃がしてなるものか!)
 八巻は駆けだす。だがそれもまた事務員の制止をかけられる行動だった。これ以上忠告されぬよう、逸る気持ちを抑えながら早歩きで移動した。

タグ:八巻
プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年12月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集