2017年12月24日

現世からみた異世界

物語の舞台は21世紀の現代。物語上での現実の世界は現世と表記する。
現世とは異なる世界の存在を認知している人はわずかにいる。
主な情報源は現地へ迷いこんだ人。中には異世界から来る現地民もいる。
異世界へ行ってしまう原因は不明。たまに現地から来た者が連れ帰るときがある。

伝聞での実態


異世界に何年いても現世では時間が経っていない。
こちらの世界で過ごしていると、いつの間にか異世界での時間がかなり経っている時がある。時間の流れは不定。
いちど異世界へ行けばまた行くのは簡単。もどってくるのには手順が必要。
現地で仲間にした人外は元の世界にもどっても呼べる。(けど能力に制限がかかる)
呼び出した人外は普通の人に見えず触れずの姿で活動する。が、やろうと思えば実体を持つこともできる。
普通の人に見えない人外は、異世界へ行ってきた人全員が見える。まれにもとから見える人がいる。

実体験での実態


異世界にもいろいろ種類がある。だが異世界へ行ってきた人はあまり細かく区別しない。彼らがよく訪れるのは境目のうすい2つの異世界のどちらか。
自身の肉体は現世に置いたまま。精神が異世界へ飛び、そこで仮の肉体を生命力と引き換えにつくって活動する。ごくまれに現地の人の体に入りこむ場合もある。

架空の話にしかなかった魔法が使える。が、向き不向きが人にある。調子に乗って使いすぎると体の維持ができなくなる。使用は計画的に。
仮の体の維持ができないと、死ぬかもしれないと言われている。実際に死んだ人がいても明確なことはわからない。

同じ土地同じ時代の現世から、同じ時代の異世界へくる者はいない。
たまに同じ土地かつ近い時代(数年〜数十年の間)の人は訪れる。どちらか片方、あるいは全員が相手を知らないまま、未来の友人と出会う場合がある。
この特性を知った者たちが現れたあと、現世の者同士での異世界あるいは現世の情報共有を一部規制する条例ができる。相互の世界の秩序保持のため。
その約束事を破り、いたずらに未来や過去を変えようとする人はいない。いたとしてもいなかったことにされる? という推測のもと、どんなやましい悪党でも自己の存在抹消は避けたいのでそこは最低限守る。
タグ:世界観
posted by 三利実巳 at 23:59 | Comment(0) | 目次・説明
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

プロフィール
長編の習一篇は他サイトで大部分が投稿済(未完)です。現ブログにてざっくり投稿(完結)しましたが、下記リンクはまだ貼っておきます。
三利実巳の画像
三利実巳
ncode.syosetu.com/n9660dk
最新記事
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
19-9-30,人外が人外について語る話を掲載開始。他の物語を投稿していない時期に投稿します。月イチペース
検索
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
2022年10月【1】
2019年10月【1】
2019年09月【1】
2019年08月【2】
2019年07月【5】
2019年06月【2】
2019年05月【21】
2019年04月【15】
2019年03月【12】
2019年02月【14】
2019年01月【18】
2018年12月【15】
2018年11月【12】
2018年10月【14】
2018年09月【6】
2018年08月【12】
2018年07月【21】
2018年06月【9】
2018年05月【9】
2018年04月【5】
2018年03月【8】
2018年02月【11】
2018年01月【10】
2017年12月【21】
2017年11月【21】
2017年10月【21】
リンク集