検索
現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ハートフルRPG「地図の時間」

新作「日向と香水」
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】


【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2016年08月07日

倒れた状態のキャラクターをイベントで使う方法

◆倒れた状態のキャラクターをイベントで使う方法
キャラクター生成機能では「倒れキャラ」ボタンから、倒れた状態の歩行グラフィックを出力することができます。
今回の記事では「倒れキャラ」で出力したグラフィック素材をイベントで使う方法をご紹介します。
次のような方にオススメの記事です。

・倒れグラフィックの設定が分からない
・倒れグラフィックが上手く反映されない

20160617-225.jpg

【前提】
キャラクター生成機能の使い方については、次の記事をご覧ください

ツクールMV 10分で4人分のキャラクター素材を作る方法
http://fanblogs.jp/tabirpglab/archive/177/0

【手順】
1.イベント「移動ルートの設定」-「画像の変更」を選択します
20160617-226.jpg

2.「画像の変更」ウィンドウが表示されますので、何もない部分を選択します
20160617-227.jpg

3.準備しておいた倒れグラフィックを選択します
20160617-228.jpg

20160617-229.jpg

4.倒れる対象のキャラクターが下を向いていない場合は「下を向く」を「画像の変更」の前に設定します
20160617-230.jpg

これは画像の1列目が「下を向いた状態」のものだからです
20160617-231.jpg

上手く設定ができると次のように表示されます
20160617-234.jpg

【ワンポイント】
・直前にSE音「Door1」を鳴らすと、倒れた感じがでます
・「向きの固定」や「移動速度の変更」と組み合わせると、ふっ飛ばされた動きを表現できます

【応用】
イベントの簡単作成機能で作ることができる「扉」や「宝箱」をご覧ください
20160617-233.jpg

扉や宝箱の開く動きも、向きごとに用意されたグラフィックを使って表現されていることがわかります
20160617-232.jpg

ここまで理解を深めることができれば、特定のテンポ(ウェイト)ごとにキャラクターのグラフィックを変化(変身)させるような演出など応用ができることでしょう
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5314194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック