広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

天頂の囲碁3

iSofter DVD iPad 変換はDVDをiPadに取り込むソフトです。
iSofter DVD iPad変換
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
リンク集
プロフィール

みきぱぱ
ゴルフ大好き、模型作り大好きのおやじです。株式投資もしていますが苦戦中(TT)

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2009年09月30日
みきぱぱファンド9月月次報告
9月は鳩山内閣誕生、自民党新総裁誕生と、新しい政治体制が始まった月となりましたが、経済関係の閣僚の暴走的発言や、海外の景気停滞懸念がふたたび生じたことで、TOPIXは大きく下げる結果となりました。
鳩山内閣は国民の高い支持率を得て船出しましたが、与党間の温度差が致命傷になることも予想されます。一方野党自民党は今だに派閥の力学から抜け出せていないようで、新総裁の下で次回参院選挙までに支持率を回復できるかどうか、私には疑問に思えます。
このような政局のもとでは、日本経済は当分の間、踊り場から抜け出せないのではないかと思います。

さて、9月のみきぱぱファンドのリターンは設定時の基準価額に対し87.3%、TOPIXは77.7%と、設定来、最高の差をつけることができました。まあ、ファンドのほうは先月から横ばいだったので、TOPIXの一人負けというのがホントのところです。
ファンドの構成銘柄のうち、IT関係のサービス業株がプラスに寄与しましたが、ゴルフ関係のサービス業株と情報サービス業株がマイナスとなりました。
特に情報サービス業株は最近発表された、第1四半期(09年6-8月)の減収減益が嫌気されたようです。ただ通期の見通しに変更はないようですので、これ以上大きく下げることはないものと考えています。
みきぱぱファンドに含み益が出るのはまだまだ先の話のようです。(^^;



2009年09月26日
そんなに「金融資本主義」が嫌いですか?
鳩山総理の外交デビューが終わりました。アメリカの市場原理主義?を徹底的に批判するのではという私の心配は杞憂に終わりましたがw、各国首脳の腹のうちはどうでしょうか。

さて9月25日付けNIKKEI BPNETに龍谷大学の竹中教授が「そんなに「金融資本主義」が嫌いですか?」というタイトルのコラムを寄稿しています。なかなか面白い内容でした。

「「資本主義」に「金融」の名を冠すると、なにかとても悪性のものにイメージが変異するようだ。なぜだろう? 「強欲な金融業者」を叩いてやりたい気持ちが、そういうイメージを生むのかもしれない。」
「金融の1つの顔は、「規律、効率性、合理性、機会」を象徴している。」
「もう一方の顔は、「バブルと崩壊、強欲、搾取」を象徴している。今回の金融危機でもっぱら叩かれているのはこちらの面である。」(同コラム)

私は鳩山総理の市場原理主義批判論文にものすごい違和感を感じました。たしかにサブプライム問題は、飽くなき投資リターンの追求によって引き起こされたものかもしれませんが、昨年の今頃騒がれていたような恐慌にまでは至らなかったように思います。
アメリカはどうか分かりませんが、私には日本では政治家、メディアこぞって感情論が先走っているような印象を受けます。

「今回の米国の景気後退は、資産価格の大きな下落で家計消費に負の資産効果が働いているので、回復には時間がかかるのではないか、というような議論ならば真っ当な議論なのだが、「米国は金融資本主義だから凋落する」というのはトンデモ論に近い。」
「金融・保険業が米国経済に占める割合は、GDPのシェアで見ても、実質成長率の寄与度で見ても、特異なものではなく、日本と比べても大差がない。これがマクロの経済データに基づく事実なのだ。金融機関の儲けが多少減っても長期的な経済成長には影響はない。」

私には感情論で国政が左右される日本のほうが凋落していくような気がします。新たに当選した衆議院議員の先生方には、もっと冷静かつ合理的な議論をしてもらいたいものです。

このコラムの最後に書かれていた小話が一番面白かったです。

【広告】
政治・経済・歴史・投資などの幅広いジャンルをテーマとする総合情報誌




公募業界の定番誌




TVドラマ・映画のロケ地を知る・語る・旅する一冊




2009年09月23日
ニセ考古学はなぜ受け入れられるのか
私、昔は考古学大好き少年でした。シュリーマンの「古代への情熱」とか、ヘディンの「さまよえる湖」とか読んでわくわくしたものです。

それからン10年、某巨大SNSの古代文明コミュに入ってみたら、インチキ考古学とかオカルト作家のビリーバー(信者)さんの書き込みがめちゃくちゃ多いのにびっくり。
しかも何をいっても議論にならないし、しまいにはビリーバー以外は出て行けコールになってしまいます。まあ、これはこのコミュに限らず、ニセ科学のビリーバーコミュもそういう傾向が見られます。

彼らにしたら、「ピラミッドは当時の人間に造れるはずはないので、宇宙人が造ったんだ。」という考えがすんなり受け入れられるようです。
私は大勢の人間が、長い年月かけて造るほうがよっぽどすごいと思うのですが・・・。
最近のピラミッド研究では、作業者の出勤簿とか見つかっていて、映画のように大勢の奴隷を使役して造営したというのは否定されているようです。SNSで教えてもらった「【エジプト限定】
古代文明オーパーツ(?) コレクション
」(イントロダクションの項とか)というサイトをみると、何か昔の人に親近感を覚えたりします。

まあ人は人といえばそれまでですが、「あなたオカルト作家にだまされた上、彼らを儲けさせているのですよ、それでもいいの?」と突っ込みたくなってしまいます。
偉そうに書きましたが、私自身も中学生の頃、「銅鐸の謎」という本を読んで、「銅鐸の絵は文字だったんだ説」を信じていたという忘れたいような思い出があります。(青かったなあwww)
まあそれ以来、大学教授とか、ジャーナリストの肩書きだけでは信用しなくなったので、早いうちに免疫ができてよかったというポジティブシンキングにとっていますw。

【広告】





2009年09月20日
衆院選「候補者A」かく闘わんとす
古いネタで申し訳ありませんが、衆院選が民主党の圧勝で終わり、鳩山内閣が誕生しました。

NIKKEIBP NETに出井康博氏が連載していた記事、「衆院選「候補者A」かく闘わんとす」は、民主党の地盤、看板、カバンのない1代議士に焦点を当てたもので、非常に面白かったです。

この連載の最終回では、選挙の現場で筆者が「要らない」と感じた5つの事柄を書いていますが、私も同感です。

その5つとは、
1.「選挙期間」は要らない
2.ポスターは要らない
3.街宣車は要らない(私も強く感じました)
4.“チルドレン”は要らない
  (私は自民よりも民主のほうが問題多いように思います)
5.マニフェストは要らない
私があげるとすれば、「衆参両議員はこんないいらない」でしょうか。日本では今の定数の半分から、多くても2/3くらいでいいと思います。そのほうが迅速に政策を実施できるのではないでしょうか。与野党問わず派閥内の争いとか、少数政党に振り回されるのは、どうみても違和感があります。

今回の選挙は、従来の政治や選挙手法が通用しなくなった選挙として記憶されるかもしれません。
自民党が敗北した原因については、多くの人が考えているとおりだと思いますが、まだ自民党の派閥(長老)支配が続くようでは、次回参議院でも苦杯をなめるでしょう。
3バンがなくても有能な人材(特に若手)が排出できるような仕組みを自民、民主両党に期待しています。そのためには、もう社会インフラとして普及したインターネットを活用して、候補者と有権者が双方向でつながることが有効ではないかと思います。
そのためには戦後まもなくできた、公職選挙法を抜本的に改正する必要があると思います。

【広告】








2009年09月17日
国民って誰のこと?
鳩山新内閣が発足しました。鳩山総理は就任記者会見で「国民」という言葉を何回か使ったようですが、郵政問題やテロ対策支援などの対応をみると、鳩山総理の指す「国民」は誰のことなのかなあと思うのです。

ちょっと前のNIKKEI NETに、水木楊氏が寄稿していたコラムが面白かったのでご紹介します。
水木氏は政治家ではなく、マスコミに対して苦言を呈しているのですが。

「国民」という言葉の不遜

“「国民」という言葉の不遜”の反響に…

「テレビのキャスターやコメンテーターたちが言う「国民」などという抽象的なものは実在せず、実は彼ら自身のことなのではないか。」(同コラム)

読んでいて私もまったくそのとおりだと思いました。でも彼(彼女)らの語り口がうまいのでしょう、視聴者側も自分自身がそう考えているように誘導されてしまうようです。(私の嫁さんがそうw)
本来ニュースを伝える側は自分のコメントを交えず、事実のみを伝えることに徹して欲しいと思います。マスコミが視聴者を自分たちの都合のよい方向に誘導するなんて簡単なことなのですから・・・。

【広告】








2009年09月13日
今時の運動会
今日は娘の中学校の運動会でした。
私の頃の運動会と比べると、様変わりしたなあと思います。
いくつか書いてみると。

その1、半日ぐらいで終わる
1学年3から4クラスなんで、競技自体が早く進行します。そのため午後2時くらいには終わってしまうのです。見るほうは楽でいいですが、あまり盛り上がらないような気がします。

その2、レースは男女混合
これは私の頃には考えられないことでした。最近は男女の体格差もなくなってきているのでしょうか?それにしても違和感があるなあ。

その3、子供より観客のほうが多い
これは小学校の運動会のとき感じたことですが、子供の数は減ったけど、父母、祖父母で見に来るので、こういう傾向になるのでしょう。事前に配られるプログラムには、ダンスなどはここでやりますなんて書かれているのにはちょっと驚きました。撮影場所確保のためなんでしょうけど、集団の真ん中にいたらどこからでも撮れないわけで・・・w。

札幌の小学校の運動会は父母が場所取りで早朝から学校に行くと聞き、そこまでするのかと、カルチャーショックを受けましたw。家族の年中行事らしいですが、ちょっとした地域のイベントなんでしょうね。

それにしても、娘のいるクラスは小学校以来優勝したためしがありません。(^^;

【広告】


2009年09月08日
沼津の古墳
毎日jpより「辻畑古墳:道路建設用地、消える運命−−沼津・最古級 /静岡

「邪馬台国の女王卑弥呼と同時代の3世紀前半に造営された可能性が浮上した沼津市東熊堂(ひがしくまんどう)の「辻畑古墳」。(中略)しかし遺構は幹線道路の計画ルートの真ん中にあり、いずれ消えてしまうことになる。」(同記事)

これが事実だとすると、邪馬台国の時代に沼津を拠点にした一大勢力があったことが証明されたことになります。道路整備で消滅するには惜しい遺跡です。

「市教委は13日午前10時、午後1時半の2回、発掘調査の成果を発表する現地説明会を開く。」そうです。

沼津市にも古墳がいくつかあります。大阪や奈良にあるような巨大なものではありませんが、かなりの人間が生活していたものと考えられます。
沼津の古墳


中学生の夏休み、市内にある加藤学園の考古学研究所が主催する、沼津史跡めぐりに参加したことがあります。縄文時代から奈良時代の頃の遺跡を見学したと記憶していますが、沼津にもこんなに多く遺跡があったんだなあと感心したものです。
余談ですが、この遺跡ツアー、夏休み中の登校日とかち合ってしまい、担任教諭に休む許可をもらって参加したのですが、今ではどんな内容だったかほとんど覚えていません。(^^;

【広告】


2009年09月05日
みきぱぱファンド第1期年次報告
はやいもので「みきぱぱファンド」を設定してから1年たちました。
そこで年次報告という形で、この1年を振り返ってみたいと思います。

この一年はなんといっても「100年に一度」(ホントか?)といわれた金融危機で、ファンドの成績が開始から半年後に40%近くも急降下するという、ITバブルのときよりも深刻な事態に見舞われたことにつきます。
ファンドでオーバーウェイトにしていた外資系銀行株、工作機械製造メーカー株がこの影響をもろに受けたことが、ファンドのマイナス要因となりました。
特に世界最大の外資系銀行が、90%以上も下落するとは思っても見ませんでした。(^^;
正直なところTOPIXに大きく引き離されたら、早期撤退、仕切り直しを考えたのですが、それほどのこともなく、先月はようやく逆転することができました。

もうひとつは政権交代です、市場原理主義(そんなの存在するのか?)を否定する鳩山政権下で日本経済がどうなっていくか、日本売りが起こらなければいいのですが。

このファンドとバーチャルファンドをやってみて思ったのは、10銘柄弱でも分散投資と中長期保有を心がければ、TOPIXくらいの成績は期待できるのではないかということです。
「たら、れば」ですが、外資系銀行株が20%程度下落したときに損切りできていれば、TOPIXをかなり上回っていたかもしれません。
第2期はもっと真剣に銘柄発掘に努めていこうと考えています。

【広告】











2009年09月02日
みきぱぱバーチャルファンド8月月次報告
衆議院総選挙は大方の予想通り、民主党の圧勝で終わりましたが、政権交代で経済が浮揚するきっかけになるでしょうか?ところで、そろそろ組閣人事が取りざたされるのではないかと思いますが、民主党の影の内閣ってなんだったんでしょうね。

さて、みきぱぱバーチャルファンド8月の結果です。TOPIXが125.9%だったのに対し、本ファンドは122.8%という結果になりました。TOPIXに勝てると思っていたのに、前月より差が広がってしまったのが残念です。購入時よりかなり値上がりした銘柄もあるので、上値が重かったのでしょうか?

さて9月も成績の思わしくない銘柄を入れ替えます。
売却銘柄はオリエンタルランドですが、株価の推移を見ると市場は成長力に陰りが出てきたと判断しているのでしょうか?中長期的には買い推奨としているアナリストもいますが、テーマパーク事業以外の強力なコンテンツが見当たらないように思えます。

それよりも次はどの銘柄を買うかですが、今週末ゆっくり考えようと思っています。

気に入ってもらえたならクリックお願いします。m〇m
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 ゴルフブログ 男子プロ・プロツアーへ
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
<< 2009年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング http://fanblogs.jp/mikipapa707/index1_0.rdf

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。