Parallels Windows7SP1でメモリ不足発生、コレで回避しました

Parallels Desktop 11にWindows 7 SP1 64bitをインストール済みのmac野郎なのかです。

Windows Updateを実行していたら、メモリ不足のダイアログが表示されてしまいました。
200件以上のアップデートがあったので、仕方がないことなのかもしれませんが・・・

その際、Parallels Desktop 11でメモリを盛らずに、メモリ不足を回避した方法の記事です。


Paralles Desktop 11 Windows 7 SP1 64bit メモリ不足発生・・・


Windows7 SP1 64bitに割り当てているメモリは2GBです。
少ないなぁとは思いつつも、macでもメモリをたくさんつかうプロセスは多いので、これ以上は割り当てられません。

インストール初期状態だったので、そろそろWindows10にアップグレードしようか!と
microsoft/windows10サイトを見たところ、サイトが崩れた状態で表示されました。

windows10のダウンロードサイトからツールを実行してみたところ対応していない旨のメッセージが表示されてしまいました。

=>やっぱりウィンドウズアップデートをする必要がある

時間がかかるので避けていたのですが、仕方ありません。

Windows Updateを走らせると、200個超えの「重要な更新プログラム」・・・インストールにすごい時間がかかりそうです。

放置していると、突然ダイアログが表示されました。

「メモリが不足しています」・・・


タスクマネージャーで確認すると
windows-update-memory-fusoku-01.png
確かに利用可能メモリが22MBと不足しています。


2GBでもVisual Studio 2015など重めのソフトが動いたので安心していました・・・
判明した事実
  • ウィンドウズアップデートは最重量級のソフト!メモリ2GBじゃ足りない。
  • インストール初期状態のWindows7 SP1 64bitはそのままでは、Windows10にアップグレードできない


Parallels Desktop 11 試用期間が切れるとこんな感じでした

parallels-end-trial.png
Parallels Desktop 11 試用期間が終了するとトライアル継続ボタンが消えて、「購入」、「エディションを変更」、「アクティベート」だけになります。

トライアルが終了するとWindows OSの起動は不可能です。



Parallels11とFusion8を2週間試用してコレに決めました

Parallels Desktop 11(パラレルズ デスクトップ 11)とFusion 8 (フュージョン 8)を約2週間試用しました。
Windows7 SP1 64bitをパラレルズ デスクトップ 11とフュージョン8で構成し、交互に使っていました。

Parallels11とFusion8を2週間試用して決めたのはコレ!


購入を決めたのは


表立った違いはほとんどありません。
決め手は、普段使いしている中でのちょっとした不満の差でした。


  • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
  • Mac野郎なのか
  • プロフィール

このページの先頭へ