2017年06月23日

湯西川ダム、鬼怒川上流2012年にできた新しいダム。

 ブログカテゴリー「にわかダムマニア」を作ってから二つ目のダムです。

 一番初めの記事は、
栃木日光国立公園内「五十里ダム」にわかマニア。
 でした。

 今回はその近くの「湯西川ダム」です。
 「五十里ダム」の記事を書くとき、確か湯西川ダムの写真も撮った記憶があったので、データを探してみました。

湯西川ダム案内板.JPG

湯西川ダム案内板2.JPG

 建設中も一度行ったことがありましたが、迂回、取付道路工事の真っただ中で、湯西川温泉まで行く前に戻ってきた記憶があります。
 これは、完成後2015年10月に撮った写真です。

湯西川ダム.JPG

湯西川ダム2.JPG

湯西川ダムデータ


 このダムの目的は、治水と利水、よって大きな発電設備はありません。

 鬼怒川や利根川下流域の治水と利水のために建設された鬼怒川上流ダム群の一つ。
 2012年(平成24年)3月に完成、鬼怒川上流ダム群の中では2017年現在、最も新しいダム。
 堤高119.0mの重力式コンクリートダム。

 総貯水容量 75,000千m3
 有効貯水容量 72,000千m3

湯西川ダム湖JPG.JPG

 ちなみに日本一は、岐阜県の徳山ダム、総貯水容量660,000千m3です。

日本ダム協会(社)
 湯西川ダム

 貯水容量って書いてますが、あまりにも0が多すぎて検討がつきません。
 幅100メートル、深さ50メートルとすれば、5,000u。
 これが10q、10,000mの長さなら、
  50,000,000㎥ = 50,000千㎥ です。

 少し見当がつきますかな・・・。

湯西川ダム湖 下流.JPG

 ダムの魅力ってのは、雄大な自然の中に、雄大な川をせき止めるというシンプルな人工物があることでしょうか、
 子供の頃、砂場や雨の日など、誰でも水をせき止めた記憶があると思います。

 さらには、ダム関連施設はもちろんですが、周辺の観光地や地産品もあるのも楽しみ方の一つですよね。

ポチッとお願いします。  


【このカテゴリーの最新記事】

2017年06月21日

約40年ぶりに行われた「平成の大修理」完了。

 2017年3月、世界遺産・日光東照宮の陽明門が約40年ぶりに行われた「平成の大修理」が完了。
 6月ようやく、綺麗になった陽明門を眺めてまいりました。

 これからだんだん年数と共に色あせていきますから、今回が自分にとっては一番きれいな陽明門です。
 「平成の大修理」てすから大修理は今後100年はないと言われています。 

日光陽明門 3.JPG

日光陽明門 5.JPG

日光陽明門 4.JPG

日光陽明門 2.JPG

 豪華絢爛で一日中見ていても飽きないので、別名「日暮門」とも呼ばれています。、日本で最も美しい門の一つとされています。
 
 入口手前には、陽明門と書かれ説明書きの看板が立っていますが、陽明門の軒下には「東照大権現」と書かれています。

 天皇の直筆した文字を「扁額(へんがく)」にして寺院や神社へ送った「額」が掲げられていています。 よって「勅額(ちょくがく)」と言い「勅額門(ちょくがくもん)」とも呼ばれているようです。

日光東照宮周辺の地図・駐車場


 日光東照宮の駐車場は、あちこちありますが、図、右下の駐車場が狙い目です。
 混雑している時は、右上の川を渡って中央の駐車場が大きくスムーズかと思います。
 駐車料金は、510円と普通です。
日光陽明門 地図.JPG

日光の眠り猫が眠った?!


 今朝のニュースで、眠り猫が修復前は薄目をあけていたのが、修復後は眠ったそうです。
 
 修復した方のコメントとして紹介されていたのは、「眠り猫が薄目をあけているとは、過去の文献にないので、元々、薄目はあけていないねむり猫として修復した。」そうです。

修復前
日光ねむりねこ以前.JPG

修復後
日光ねむl201706.JPG

日光ねむりねこ.JPG

 眠り猫ですから眠っているとしか眺めてませんでした。
 修復前の画像を見比べてみましたが、画質の関係もあってか、自分にはわかりません。

日光東照宮のHP
日光市の観光の情報HP
ポチッとお願いします。  


posted by gedo at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世界遺産

2017年06月18日

栃木日光国立公園内「五十里ダム」にわかマニア。

 国道121号線、福島県会津若松市から栃木県日光市をを結ぶ道路で谷あいを走るけしきの良い道路です。

 その途中、日光東照宮から約20キロぐらいでしょうか、道の駅湯西川の手前、右手に見える五十里ダムです。
 見えるといっても、道路からは見えませんので、道路横の駐車場から眺めることができます。

五十里ダム.JPG

五十里ダム下流.JPG

五十里ダムスペック.JPG

 1956年(昭和31年)に完成し、利根川水系、重力式コンクリートダムとして完成。
 高さ112.0mで、当時重力式コンクリートダムとしては、日本一だったようです。

 にわかダムマニアにとってのダムデータの見方としては、高さの外に貯水量くらいでしょうか。
 総貯水容量 : 55000千m3/有効貯水容量 : 46000千m3 だそうです。

 詳しくは、
日本ダム協会(社)
 五十里ダム

五十里ダム 案内板.JPG

 このダムの近くには、道の駅湯西川、もっと奥へ行けば、「湯西川ダム」そして湯西川温泉へと続きます。

湯西川温泉.JPG

ダム愛好家・ダムファン・ダムマニア


ウィキペディアによれば、
 ダムマニアとは、主にダムを鑑賞の対象とした趣味を持つ人たち。ダムファン、ダム愛好家。一般に、ダムマニアと呼ばれることが多い。
 ダムマニアの一人である宮島咲個人のウェブサイトが、「ダムマニア」であることから宮島咲個人と混同されやすい。
 古くからダムに興味を持つ人たちは自らを「ダム愛好家」や「ダムファン」「ダム好き」と言い、ダムマニアと言うことはあまりない。

 だそうです。だからやっぱ自分は「にわかダムマニア」にしとこう。

にわか「ダムマニア」のダムの見方


 にわかダムマニアなので、外見と壮大さだけが見所です。

 外観的には、ダムのてっぺんが、直線かアーチか、それで、重力式ダムかアーチダムかの違いが出てくるみたいです。

 さて、今回の五十里ダムですが、直線なので重力式ダムです。
 水をダム自体の重さでせき止めているダムらしいです。

 壮大さにいたっては、全て深い谷をせき止めたものがほとんどのダム。
 よって、放水されているかどうか、季節によって変化する山々の色合いによって変わってきますよね。

 今回は6月、周りの木々は新緑から既に生い茂った緑の景色です。
 カメラを向けた一時でしたが、ドライブの気分転換でした。

 ダムマニアにとって、ダム そのものも大事ですが、その近くの景色や名所・名物も大事なものかなと思います。
ポチッとお願いします。  


2017年06月07日

高層ビル、六本木ヒルズ展望台が珍しかった。

 六本木ヒルズ、調べてみたら2003年4月に完成です。

 画像のストックを見返してみたら、六本木ヒルズのデータがありました。
 画像の撮影時期は、2003年9月、行ったんですよね・・・。

六本木ヒルズ.jpg

 15年ほど前のことですが、けっこうエレベーターに乗るまで、階段に並んだような記憶があります。

 丁度、展望台には東京を縮小したジオラマも展示してありました。

六本木ヒルズ 展示.JPG

 今は、もうすぐ還暦だというのに、六本木ヒルズの展望台に行ったのは、40そこそこ、なんとなく感慨深いです。

六本木ヒルズより.JPG

六本木ヒルズより2.JPG
 
 2003年頃のデジカメといえば、丁度各社からデジカメが発売されたかどうかの時代です。
 メモリも今は、32ギガとかですが、その頃はせいぜい8メガ16メガといった時代だったと思います。
 よって、せいぜい携帯表示程度の画質で、50枚程度撮影できて、保存できたかどうかだったような気がします。

ニコンカメラ.JPG

 六本木ヒルズのHP によれば、展望台に上るには、一人1,800円必要なようです。

 その頃いくらだったかは忘れてしまいましたが、今の感覚でも高いですよね、1,800円。

 一応、東京タワーより六本木ヒルズの展望台のほうが高いようで立地もありますが、地上からは220メートル、海抜270メートルほどのようです。

 1,800円で登るなら、新宿の都庁の展望室は、地上200メートルですからこっちのほうが・・・。

東京都庁(その1) 南展望台、無料の東京観光スポットです。
東京都庁(その2)北展望台、一応来たからには、北も。

 最近の話題では、あのホリエモンこと、六本木ヒルズのマンションから追い出されたらしいというエピソードが記憶に新しいかもしれない。

六本木ヒルズのHP 
ポチッとお願いします。  


2017年05月01日

お台場MEGAWEB「モーターステージヘリテージ」セリカWRC

見て乗って感じるテーマパーク
MEGAWEB

モータースポーツヘリテージ OZ.JPG

 お台場の「パレットタウン」と「ビーナスフォート」にある、トヨタのテーマパーク、 MEGAWEB があります。
 MEGAWEBと一言で言っても、4テーマくらいに分かれています。

 その一つが「ヒストリックガレージ」です。ここは、他のテーマスペースと異なり、ビーナスフォートの中からアクセスできるスペースです。

 「ヒストリックガレージ」は、唯一、爺にとって、あの界隈で唯一音の静かな場所で、一人でブラブラしていても

 ヒストリックガレージも、クラシックカーの展示と、カフェバーコーナーの大きく二つに分かれているようです。

モータースポーツヘリテージ

 今年2017年、カフェバーコーナー入口の横に新たにできたらしいのが、「モータースポーツヘリテージ」です。

DSCN8741.JPG

モータースポーツヘリテージ セリカ.JPG

モータースポーツヘリテージ セリカ2.JPG

モータースポーツヘリテージ_カローラ.JPG

 ラリーに参戦した実車やモデルカーが展示され、トヨタのモータースポーツの歴史がわかるようになってます。

 車両は、主にセリカですが数台が展示され、実車の迫力は一見の価値ありです。

モータースポーツヘリテージ .JPG

駐車場、タイムズパーキング

タイムズ ヴィーナスフォートパーキング
 収容470台 24時間営業
タイムズ パレットタウンパーキング
 収容480台 24時間営業

平日:最初の1時間まで500円/1日最大1,500円/回
土休日:最初の1時間まで600円/以降30分毎に300円

MEGAWEBの記事
 「MEGAWEB」のお勧めは「アレッサンドロ・ナニーニ・カフェ」
 数少ないオヤジの広場「MEGAWEB」パレットタウン(その2)

ポチッとお願いします。  



★楽天トラベル
★じゃらんnet
★るるぶトラベル
★JTB 国内旅行
★Yahoo!トラベル
★えきねっと びゅう国内ツアー
★トリバゴ(ホテル料金比較)



 

ブログ内を検索
最新記事
(06/23)湯西川ダム、鬼怒川上流2012年にできた新しいダム。
(06/21)約40年ぶりに行われた「平成の大修理」完了。
(06/18)栃木日光国立公園内「五十里ダム」にわかマニア。
(06/07)高層ビル、六本木ヒルズ展望台が珍しかった。
(05/01)お台場MEGAWEB「モーターステージヘリテージ」セリカWRC
(03/22)3連休、台場散歩「フジテレビ」を眺めてみる。
(03/10)日光東照宮「陽明門」のお色直しが完了しました。
(01/22)雪道のドライブ、刻々と変わる路面状況。
(01/21)雪道のドライブ、路面状況を見極める。
(11/26)水の郷観光センター、紅葉・新緑がさらに良し。
(11/08)飛騨高山、さんまち通り。観光古民家アミューズメント。
(11/06)埼玉県、川越の蔵づくり小江戸の町並み、重厚です。
(10/23)岩下の新生姜ミュージアム「シューイチ」効果で行ってみた。
(10/16)大谷石採石場跡・資料館「お〜〜っ。」って感じです。
(10/01)今度行きたい、埼玉県「鉄道博物館」
(08/30)旅先でお役立ち「自撮りグッズ」マツコの知らない世界。
(08/02)「所さんの世田谷ベース」閑静な住宅街です。
(07/30)繁華街、観光スポットもいいけど、演芸鑑賞はどうよ?!
(07/29)ショッピングモールでした。赤れんが倉庫。
(07/27)MEGAWEBのお勧めは「アレッサンドロ・ナニーニ・カフェ」

下道の旅東北版はここからどうぞ。
きままに、訪れた大介の東北レポート、観光地、名所、展望、ラーメンなどきままに書いてみました。


★楽天トラベル
★じゃらん
★るるぶトラベル
★トリバゴ
突然の旅行でも、格安ホテルを予約、もちろん到着先の近くでスマホや携帯で予約。 特に車の場合は、グーンと行動範囲が広がって、楽しい旅ができます。



カテゴリアーカイブ
東京の旅先関連HP
下道の旅 関連HP
とうほく見所より所(下道の旅、東北編)
神奈川県
 横浜観光情報局
 よこはまNavi
 元町ショッピングストリート
 横浜中華街
 鎌倉大仏殿高徳院
 日本郵船氷川丸
 横浜マリンタワー
 横浜人形の家ミュージーアム
  山下公園駐車場(横浜)
 ここはヨコスカ「横須賀観光情報局」
 県立観音寺公園
 魚がし食堂 はま蔵 (横須賀)
埼玉県
 鉄道博物館
栃木県
 日光東照宮
 日光市 観光情報HP
 日光旅ナビ(日光市観光協会)
 華厳滝エレベーター 公式HP
 日光「竜頭の滝」
 那須町観光ガイド(那須町観光協会)
 那須ロープーウェイ
茨城県
 偕楽園
 龍神大吊橋
 大子町観光協会
 袋田の滝(太子町)
群馬県
 富岡製糸場「世界遺産」
 おもちゃと人形 自動車博物館
 渋川伊香保温泉観光協会
 碓氷峠鉄道文化むら
 妙義温泉「もみじの湯」(富岡市のHP)
 妙義神社
富山県
 とやま観光ナビ
  「世界遺産」五箇山総合案内
 相倉合掌集落保存(財)
 くろば温泉
石川県
 ほっと石川旅ねっと
 金沢城と兼六園
 きまっし金沢
 テルメ金沢
 民芸御食事処 まだら館
福井県
 ふくいドットコム
 えちぜん鉄道
 東尋坊タワー
 東尋坊観光遊覧船
長野県
 黒部ダム(関西電力)
 信濃野大町ナビ(立山黒部など)
 立山黒部アルペンルート
 軽井沢プリンスショッピングプラザ
 軽井沢観光情報
 軽井沢web
 国宝 松本城
 松本城(新まつもと物語)
岐阜県
 「世界遺産」白川郷(白川村役場)
 「世界遺産」白川郷観光協会
新潟県
 にいがた観光ナビ
 村上市観光協会HP
 むらかみの観光情報
 弥彦浪漫(弥彦観光協会)
 弥彦公園(弥彦村役場)
北海道
 ようこそSAPPRO(札幌市公式観光サイト)
 北海道大学植物園
 時計台(旧札幌農学校演武場 )
 さっぽろテレビ塔
 赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)
山梨県
 世界遺産 富士山
 富士の国山梨観光ネット
 富士登山オフィシャルサイト
 富士スバルライン
静岡県
 世界遺産 富士山
 ハローナビ しずおか
 富士山本宮浅間大社
 富士宮やきそば学会
SA・PA・道の駅 (blog関連HP)
旅行 観光 ドライブ 関連サイト
Blog関連参考HP
写真ギャラリー


笹川流れの塩
美しい笹川流れの海水から作った塩です。
 ★ 楽天市場で探す。 
 ★ Amazonで探す。 


旅のお供にお勧め!

ニコンs6900
 ★ニコン「S6900」楽天市場で探す。
 ★「自撮り棒」を楽天市場で探す。
 旅のお供にお勧めカメラ、モニターが自由に反転し簡単に自分撮りができます。誰かに頼む気兼ねもなく好きな時にに好きな場所で撮影できます。  タイマーはもちろん、アクションでシャッターが切れます。


プロフィール

大介
ハンドルネーム 大介
年齢 50代 男
これまで撮りためた各地の写真をUPしながら、紹介したいと思います。予め詳細に計画をたてて行った場所でもなく、思いつきのドライブがベースのため以外にいいかげんです。


タグクラウド