広告

posted by fanblog

ママがあなたを守る

今日はちょっと痛いお話。


我が家にしては大事件


子供たち、いつもの様に
三人でドタドタ走り回って遊んでいました。


お兄ちゃんが勢い良く開けたドアの向こうで

ガッ!! という音と共に

ギャ〜〜〜〜!!!!!(大泣) 


・・・運悪くそこにいた
2歳児末っ子の足に当たったらしく


なんと、血まみれの左足。

爪が半分剥がれてめくれ上がった親指。


余りの痛がり様に、急ぎ病院を探す私。




いたいのいたいのとんでいけ


比較的近くの病院に電話するも、夕方で先生はおらず。
救急に聞いて下さい、と言われて119で相談するも、
紹介された先の病院にも先生がいなかったりして

結構長い間電話で病院探しをしました。

その間、末っ子は、ずっと、


「あ”ーーーーーあ”ーーーーーいーたーいー!!!!

とんぽーしてよーーーー!!??(哀願の目)」



いつもなら、ママもパパも

「いたいのいたいの飛んでけポイっ」と

してくれて、すぐ治るのに

今日はこんなに痛いのに、どうして治してくれないの?!



そんな風に思ったのかも知れません。



行く病院が決まって、
やっと痛いの痛いの・・とやってあげながら
(ごめんねえ、これでは飛んでかないんだよ。でもほっといてごめんねえ)

こっちまで泣けてしまいました(T-T)



道中


やっと見つけた病院は車で30分。

その間もずっと「とんぽーしてよ〜!!!」と
足を持っていて欲しがるのが不憫で

かなり変な体勢で運転してました(´;ω;`)


病院でも大泣きしながら結構長い間待ちましたが
消毒して、包帯巻いて、レントゲン撮って、おしまい。
幸いにも骨は異常ありませんでした。


帰り道、末っ子が小声で歌うんです


「なーないでーなーないでー
あーなたのーおーばにわー
ままが、いちゅも、いーうーよー
ままが、ああたを、まーもーうー」


彼は怖いとき、悲しい時に良くこれを歌います。

痛いね。
守れなくてごめんね(泣)




♪「夢猫の国のニャニイ」♪

ねんねん眠りの眠り姫
ねんねん眠りの夢の中
どんな夢でも怖くない
泣かないで
泣かないで
あなたのそばには
ママがいつもいるよ
ママがあなたを守る
ママがあなたを守る

(アンパンマン「夢猫の国のニャニイ」より)



メロンパンナちゃんが、ママとして育てた赤ちゃん猫のニャニイ。

映画の最後、身体が消えそうになったニャニイを抱いて
泣きながら歌う歌です。

悲しいけど、優しいお話です。





しばらく抱っこオンリーでしたが
今日はポテポテ歩いてくれました。

お風呂もビニール巻いて足上げて入れたし

もう大丈夫です*^ ^*




この記事へのコメント

   
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。