広告

posted by fanblog

2020年05月03日

小惑星ネッススを解釈してみる

今までと違うホロスコープ作成サイトを利用したら、ネッススというものが出てきた
なんぞこれ?
調べてみたら、悪いことしようとしたら殺されたんで近くにいた人騙して関係者を死なせた。というクズの見本みたいな星だったんだが
これがまさに私が今まで
なんでこんなに不運なんだいじめられるんだと思っていたハウスにあった。
まぁ他の似たハウスにあってもやっぱりかって思ったけど
でもそのハウスにあるってことは、こういうことかなと整理して納得できたことがある。

ネッススについての情報がすごく少ないんだが
少ない解釈例から読むに
ずる賢さを有効活用できればいいけど、できない場合はずるい人の被害にあう。って感じだ。

ではどうずる賢さを有効活用するのか??
それが分からずにいたんだけどなんとなく、説明読んでたら分かってきたので書いてみる。

ネッススは最強の武人、脳筋のヘラクレスを謀計によって倒した。
そのために利用されたのは、毒の危険を考えなかったりでちょっとバカな感じの奥さんだ。

ここから考えられる有効利用は
たとえばモラハラなんだけど仕事はできるので上の方にいてまじ困るな上司を
上司自身を実力でどうにかするのは無理そうなので
彼に付き従うアホなイエスマンをうまいこと利用して、悪意の証言を集め
コンプライアンスで騒ぐなりしてモラハラ上司の権威を奪う。

それもまた脳筋最強のヘラクレスを、相手のバカさ、もしくは弱さを利用して殺したネッススの戦い方かなと思った。

悪魔は人の心の弱さをついて、疑心暗鬼にし、意外な結末へ導こうとする。その悪魔のような煽動力を
良いことのために使う
それがネッススをうまく使う方法じゃないかと思った。

そして私の事例から言っても
ネッススを自ら使わない場合、人はどんなに愚かでバカで無能で、簡単にだまされてこっちに牙を剥いてくるものなのか
まさに自らがひきずりおろされ立場を失ったり心身を壊す目にあう
いじめ、モラハラ被害にあうことで、人の性(さが)というものを理解させられるのだと思う。

今まで痛めつけられてきたその経験を
逆利用して
人はこんなに簡単に煽動(せんどう)されるものなのだとわきまえて
その煽動による暴走が起きないよう、煽動の苦しみ、または煽動被害にあってる人(モラハラ被害にあってる人)を助けることに使うことにより
自らが被害に遭う、という出方は無くなるだろうし
そもそもそこまで煽動の本質を理解していたら、やられても負けずにやり返せるよね。

やられっぱなしではなく、やり返す
もしくは煽動の力を有効利用する
そういうことができるようになるのがネッススだと思った。

悪魔のような、というのが適切だと思う。
でも人は結構悪魔のような人に惹かれるものだ
小悪魔とか、魅力的な女性を示す言葉に使われるし、ちょい悪な男子は少女漫画でも大人気だ

清廉潔白なだけでないずるさ
それを身につけるのがネッススの試練じゃないかなと思った。

身につかない限り、ネッススが強い人は逆にネッススで痛めつけられる。
裏切られたり、嫉妬されて性悪なありもしないデマが流れたり、

そうならないためには、世の中にはそういう奴がいるんだ。と理解して
デマを流されたら、事実ではないと伝えた上でそいつのずるさあくどさをこそ語って味方を増やす。
そういう攻勢に回れるといいんじゃないかなと思った。

日本が「正しくあり続ければ何も言わなくても理解してもらえる」なんて性善説でいたがために
デマによってありもしない悪評を受けてしまっている現状はまさしくネッススの試練であろうと思う。

これに打ち勝つには
敵がいかに姑息で醜く、ひどいやつであるか
人の心を煽動して味方に変えること。

なにか誤解を受けそうな場面では「そうではなく事実はこうだったのだ」と悪人を糾弾することをためらわない。
優しさ発揮してためらうと、こちらが悪いことにされてしまう。
それがネッススが効いている人ではないかと思った。

優しいと、他人を糾弾するのってストレスだよね。
でもそれでも言わねばならないことがあるんだよ。
ネッスス
これは姑息で有能な策略家だから敵ではなく味方にしよう。

何も言わなくても自分が立派なら理解してくれるなんて、思考停止の脳筋でいたら殺されてしまう。
ネッススの神話でヘラクレスは、彼の心変わりを恐れた奥さんの不安をネッススが利用したことによって死ぬ。
味方を安心させることが大事だ。
心変わりなんてしないよって奥さんとコミュニケーションとれてれば、不安を煽られた奥さんはネッススの謀計にひっかからなかったし、ヘラクレスに全て打ち明けて解決しただろう。

よく日本の男性は「言わなくてもわかるだろう」って言って「好き」とか「愛してる」とか言わなかったりするわけだが、それだとネッススに殺されるぜ。ってことだね。
あえて好きだ愛してるだと言うように
自分の真心をアピールする必要性。
真心をアピールすることで転じて敵のあくどさを明らかにし解決することにもなる。

もちろんネッススのずるさをそのまま使って
謀略にはげむのもまたネッススの有効利用ではある。
ホロスコープは人の人間性によって星の現れ方が変わってくる

他人をおとしめるクズとしてネッススになるか
はたまたそんなネッススなやつにいじめられる被害者になるか
ネッススの策謀を明らかにしてネッススを倒すヒーローになるか
煽動の力を良い意味で使って、たとえばカリスマ政治家になるというのもありえる
そういえば社長にネッススが強い人が多いらしいし、社員をいい感じに煽ってやる気出させるというのもありだね。
どう使うのかそれは人それぞれです。

というわけで

ネッススは策謀家で執念深い敵
油断していると執念で負けてしまうので、面倒でもしっかり対処しなければならない戦いのある場所
煽動の力を使うこと

それが私が思ったネッススの解釈です。
posted by uranaiuranau at 14:29 | TrackBack(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9820981
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。