検索
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

【ツクール新作】




【創作全般】






シナリオ制作


設定作り


最近読んでよかった本五選





創作意欲を掻き立てる本


自己管理術


クリエイター向けノウハウ

2019年10月27日

オススメプラグイン『アイテム選択の処理の拡張/TMEventItemEx.js』

アイテム選択の処理の拡張

TMPlugin - アイテム選択拡張 ver1.1.0
制作者:tomoaky様
https://hikimoki.sakura.ne.jp/plugin/plugin_menu/TMEventItemEx.js

こちらを使うことでイベントコマンド「アイテム選択の処理」時に、メモ欄に記述した文字列を含むアイテムだけを表示させることができます。
サブカテゴリ化できるのです。

例.
アイテムのメモ欄にと書く
プラグインコマンド「setEventItemSubCategory 種」

◆プラグインコマンド:setEventItemSubCategory 種
◆アイテム選択の処理:アイテム選択の処理用変数, 隠しアイテムA

この場合、隠しアイテムAの種だけがアイテム選択の処理で表示されます。
隠しアイテムAでも「種」「家具」「食材」といった分類ができます。

ハウジングや収集要素強めの作品では推したいプラグインです。

【競合情報】
トリアコンタンさんの辞典プラグインと併用した場合、辞典登録用にメモ欄を編集するとアイテム選択で表示されなくなりました。
<SG〜:X>を記入すると<subCategory:Y>の記述がアイテム選択ウィンドウで判定されなくなります。
辞典側では表示可能。

プラグインを改変するか、同じ名前で辞典登録用(<SG〜:X>)のアイテムとアイテム選択用(<subCategory:Y>)のアイテムを持たせることで解決できそうです。
https://triacontane.blogspot.com/2016/04/blog-post_20.html
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9352814
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック