エピローグ

 日曜日、息子達の決勝トーナメント1回戦。

 負ければ、県大会出場の夢が断たれると同時に、息子達の部活動もこれを以って実質終了となります。

 この試合を勝ちさえすれば、次で負けてしまっても敗者復活戦への出場権を獲得できます。

 負けられない1戦・・・対戦相手を選んで、順位に拘っての先週の惨敗が吉と出るか凶と出るか・・・。



 試合は、うちが押し気味で進めていました。

 ところが・・・ハンドによるPKを前半早々相手に与えてしまって、失点を喫します。

 その後は、両チーム共に特に見せ場も無く・・・そのまま試合終了・・・。

 この時点で、息子達の最後の夏は終わりを迎えたのでした。



 あっけなかった・・・親御さん達が口々にそうつぶやきましたね。

 そう、終わりなんてあっけない物なんです。

 ただ、この結末は一部では予想されていた結末でもあります。

 長い事観ていれば感じるチームへの違和感・・・とでも言いますか・・・。



 思いの外、元Aチームだった子達が色々な意味で伸びて来なかったと言う点がその理由の1つでした。

 逆に元Bチームだった子が伸びた分だけ、良い戦績を残す事が出来た時期があった・・・それが、中1の県大会準優勝、中2の県ベスト8だったと言えます。

 中1の時は、元Aチームの子達を中心に伸びて来た元Bチームの子達が丁度良い感じでチームに一体感を与える事が出来ていました。

 しかし、次第に元Bチームの子達の存在感が増して行きます。

 それは、元Aチームの子達が伸び悩んでしまっていると言う事を如実に表していたと言えます。



 そこへ来て、主力中の主力・・・その子がいなくなってしまった・・・。

 子供達の間に漂った絶望感は、その後暫く試合に影響を与える事となりました。

 「あいつさえいてくれたら・・・」なんて事を、負ける度に口にする事もありましたか。

 いつからか、負ける事が普通になって行ってしまった様に思います。



 春の選手権が終わってから、息子がトップ下に起用されるようになってから、少しチームは上向きになって行ったとは言えます。

 しかし、息子にはその子の代役は演じ切れなかった様に思います。

 それ程、持っていた物が違うのですね。

 パスの精度や、得点力と言う点では負けているとは思いません。

 しかし、センス・・・ひらめきの部分で足元にも及ばないのです。



 息子は、息子なりに良く頑張って消えたエースの代役を勤め様としていたのだと思います。

 最後の最後に・・・コーナーキックをヘッディングで合わせたのですけどね。

 枠には飛んで行きGKも逆に振られていたので・・・入ったか・・・と思ったのですけど・・・DFの執念のクリアで得点ならず・・・。

 それが、息子の最後のプレイとなりました。



 後から、息子に聞いたのですが・・・ハンドをしたのは、2年生の子だったそうです。

 その後、親御さん経由で「帰ってから、部屋に篭ったまま出てこない」って聞きました。

 息子の抜けたセンターバックくを務めてくれていた子です。

 「そりゃ、責められないよな・・・お前の変わりに頑張ってくれていたからな・・・」って言うと、何も言わず唯頷いてシャワーに・・・。



 息子達の中に入って、一緒にプレイできる事を非常に喜んでいたと聞きます。

 憧れ・・・小学生の時から、憧れていた先輩達の中でプレイ出来る事が本当に嬉しかったそうで、この日も早く起きて学校の下にある神社にお参りしてから集合場所に向かったと言う事でした。

 どれだけショックだったろうか・・・と思うと、胸が締め付けられる様な思いがします。

 飛び級でプレイすると言う事・・・喜びの大きさと比例して同等かそれ以上のプレッシャーが掛かって来るものなんだろうと思います。

 だらしない3年生をサポートしてくれた、2年生の子達には感謝しかありませんよね。(^^)



 さて、これで息子達は残す所、ローカルなカップ戦1つ残すのみとなりました。

 実質、この大会で中学生としてのサッカー活動は終了です。

 足掛け9年ですか・・・良く続いたものだと感心します。

 良い仲間にも恵まれ、良いコーチ、良い親御さん達に見守られて、ここまで来れた事は運が良かったんだろうな・・・って思います。



 それ以外にも、先輩、後輩にも恵まれ、可愛がってもらったし、可愛がっているし・・・横にも縦にも世の中を広げる事は出来たんじゃないでしょうかね。

 又、チームの枠を超えて色々なライバルを見知り、会話する様な間柄にまでなれた子もいる様です。

 同じサッカーと言うスポーツを通して得た、これらの広がりが今後どの様に作用して行くのか・・・それは、全く分かりませんけどね。

 良くも悪くもサッカーで世の中と繋がった子達です。

 もしかしたら、これからもサッカーがこの子達の世界を広げて、作り上げて行く事になるかも知れません。



 ただ、サッカーが好きで、続けて来た9年と言う月日が、息子達に背負わせた物が何なのか・・・それは、これからの人生で息子達が身をもって知る事となるのでしょう。

 サッカーに関わって生きて行く子もいれば、サッカーとは無関係な人生を送る子も出て来るのでしょうし、どんな人生を送るにしても、この9年間で得た何かが時に支えとなり、時に邪魔をして行く事になるんだろうな・・・って思います。

 その時々に、息子達はサッカーに夢中になっていたこの時期を思い出す事となるのでしょう。

 それは、嫌な思い出なのかも知れませんし、僅かでも輝けた刹那なのかも知れません。



 人は、1人で生まれ、1人で死んで行きます。

 ただ、望みさえすればそこに仲間を見出せて、共に協力し合って生きて行く事が出来るのです。

 そして、これこそがサッカーその物なんだろうと思います。

 生きて行く為の力・・・それを養う為のサッカーでもあった様にも思います。



 今は、私の後を付いて来る事も少なくなった息子に、親離れの時期が来た事を感じ、同時にそれが子離れの時期でもある事も告げている様です。

 今度は、娘の「なでしこ」方に今までカマってやれなかった分、付き合おうかな・・・。

 妻には、その間もう少しだけ、退屈な週末を強いる事になりそうで気の毒なんですけど・・・。

 少年団の方も忙しくなりそうだし・・・コピーロボットが欲しいくらいです。(笑)



 最後に・・・この記事の更新を最後に、ブログもフリーズさせる事としました。

 まぁ、これは兼ねてから宣言していた通り、息子達の夏の大会が終わるまで・・・と言うこのブログにとっては、延長戦だったので・・・。(^^;

 正直、もう更新するのがキツイのです。(汗)

 睡眠時間を削らないと、更新できない状態がここ数ヶ月続いていました。

 その上、随分前からですけど・・・書きたい事が無い・・・ネタ切れなんです。(笑)



 今まで、コメントを寄せて頂いた皆様には感謝しかありません。

 もみじさん、Maruoさん、まるこさん、北関東さん・・・その他多くの方のコメントだけが、ここ数年ブログを続けて行く原動力となっていたんですよ。

 そして、表にはあまり出ませんでしたけど・・・息子とブログを影ながら応援し続けて下さった羅山さん。

 多くの方とブログを通して知り合えた事は、私にとっては非常に嬉しい事でした。

 相談のメールを寄せて下さった方達も感謝しています。



 さて、試合後・・・父ちゃん達は、反省会と称して呑みに・・・これが最後かも知れないしね〜って事で。(笑)

 その時、こんな事を言った方がいます。

 「俺達親も9年間良く頑張ったよね〜でも、こうやって思い出話で出て来るのは少年団の時の事ばかりだね・・・」って。

 そう、少年団なんです。

 何かと、厄介な事が多くて、親もキツくて、休みなんか無くて・・・そんな少年団活動だったんですけど、唯一良かった、楽しかったって思えるのは、子供達と密に絡めた事だった様に思います。

 練習も一緒に行い、試合では審判を務め、試合ではベンチに入り、送迎をし、世話をして・・・常に我が子やそのチームメイトと絡む事が出来ていたんですよね〜。

 クラブではちょっと、あり得ない光景なんですよ・・・これが。(笑)

 色々と言われてしまう事の多い少年団なんですけど、振り返ってみると、こんなに濃い9年間を送れたのは少年団のお陰でもあるんですよね。

 良いもんなんだと思いますよ・・・親としては、最高の時間だった様に思います。

 もう、そう言う時間は2度とやって来ないんですよね・・・寂しいですけど。

 だから、本気でサッカーやろうって訳じゃ無ければ、少年団も悪くはないのですよ・・・マジで。

 うちのチームは、ママさん達も寂しがっていましたね・・・これで終わりか・・・って。

 こんな濃い人生の時間を味わえるなんて思ってもいませんでしたから、何だか得した気分ですよ。

 そう言う意味でも、子供達にも感謝しかありませんよね。




 皆さんにとっても、子供達のサッカーが良い思い出となる様に・・・心から祈っています。

 真に勝手ながら・・・これにて、筆を置かせて頂きます。

 ブログもメールフォームもこのまま生かして置きますので良かったら使ってやって下さい。

 悩み事でも相談事でも、愚痴でも、なんならファンレターでも結構なんで・・・。(笑)

 本当に時々、気まぐれに更新する事もあるかも知れませんけどね・・・読者登録(どう言う訳かPC版のみあります)してあると通知が来るので便利です。(笑)

 それでは、今まで本当にありがとうございました。

 感謝!!

 
 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

偏ってる〜!

 日本がW杯に負けて、世界ベスト16と言う結果で終わりました。

 これをどう受け取るかは、皆さん次第なんですけど・・・ベルギー戦で嫌と言う程思い知らされた事は、なんと言っても・・・個の力の差でしょうか・・・。

 個の力と言うと、どうしても卓越した個人技を連想しがちなんですけどね。

 そんな事ばかりでもないのですよ・・・個の力って。



 チームと言う秩序ある集団の中で、自分と言う個をどう活かせるか・・・ここが、練れていない気がします。

 自己主張すべき所は、すべきだし・・・チームプレイに徹する時には、徹するべきだし・・・その切り替え、を自由に的確に選択できる個のスキル・・・この部分は、即興スキルと言っても良いかも知れませんよね。

 その場で即興で周囲と連携した質の高いプレイが出来るプレイヤーが、日本には少なかったのではなかったのでしょうか?

 共通認識を持つまでの選手間での関係性が作り込めていなかった様に思います。



 もちろん、代表ですから・・・日頃、一緒にプレイしている訳じゃありませんからね。

 即席チームみたいなものです。

 少年サッカーで言う所のトレセンチームの様なものですからね。

 何処の国も似た様な条件で大会に臨む訳です。



 そんなチームですから、クラブの方が強いんじゃないか・・・って思える程、基本的には皆の気持ちがバラバラで、プレイもチグハグになりがちなんです。

 そこを監督さんが、1つにまとめて行く訳なんですけど・・・その国のスター選手ばかりが集まっているチームですから・・・まぁ、素直に言う事は聞いてくれませんよね。(^^;

 皆、自分達のプレイスタイルにプライドをもっています。

 どうしても、素直になれなくて・・・何処か身勝手さが目立ってしまう事の方が多いんじゃないでしょうか?



 息子達も小学生の時の大会で、トレセンチームを相手に決勝を戦った事があります。

 皆、確かに上手なんですけど・・・それは、走力や体格、ボールコントロール等のテクニック的な事が秀でていると言うだけであって、ここ一番での連携と言うものがやはり出来てなかったと言えます。

 結果は、うちの団の勝利・・・トレセンチームを破っての優勝と言う栄誉でした。

 代表チームも似た様な物なんだと思います。



 上手い・・・確かにテクニックなんかは、日本でもトップクラスの選手達なんです。

 でも、チームと言う組織の中で周囲と連携しながら戦うと言うスキルが強豪国に比べて劣る部分があると言えそうなんです。

 Jリーグの中では、トップクラスとは言え・・・世界を相手にした途端、本当の個の力と言う物を見せ付けられます。

 途中出場で入った選手が試合を変えて行く力を持っているのですよね。(^^;



 海外に移籍したのは良いが、出番が無い・・・なんて事も頻繁にあります。

 足元の技術に関しては、日本人だって決して評価が低い訳でも無いのです。

 なのに、活躍出来ない・・・試合に出られない・・・戦力外通告を受けてしまう・・・なぜでしょう?

 チームの中にあって個を活かせないんじゃないでしょうか?



 日本の育成って割りと両極端なんだと思うんです。

 個人技中心とかパス中心とか・・・勝利至上主義だとか、勝敗不問だとか・・・どちらに傾いても、やはりサッカーの本質的な所から遠のいて行ってしまう育成環境が多いんじゃないかって思うのです。

 パスもドリブルも混在しているのがサッカーと言うゲームです。

 勝利を目指すのもサッカーと言うゲームだし、勝ち負けだけが大事な訳でもないのです。



 そう言った偏った指導の中で、育てられて行く事の弊害・・・なのかも知れないな〜って何となくですけど思うんですよね。

 1人で行う訳でもないし、全員が一度にボールを持てる訳でもないのがサッカーなんです。

 だから、その都度自分が演じるべき役割があって、その中で自分らしさも出して行く必要があるのですよね。

 全てを指導して貰える訳ではありませんから、何処かで自分で考えてアクションを起こす必要が出て来ます。



 そのアクションの質と精度・・・この部分においての個の力・・・そこに、世界との差がある様にも思えました。

 特に、ベンチスタートの選手達には、この傾向があったのではなかったでしょうか?

 選手交代する度に、戦力が落ちて行く・・・そう映った人も多かったんじゃないでしょうかね?

 そして、その違和感の答がこれなんじゃないでしょうか・・・。



 まぁ、分かりませんけどね。(笑)

 何ね・・・ふと、そんな事を考えたんです。

 子供達の練習を見ていて・・・「偏ってるな〜」って。(^^;

 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

生きていた!!

 タイのサッカー少年達が、洞窟に閉じ込められてしまった事件、とうとう見付かりましたね!

 何だか奇跡的ですよ・・・ただ、まだ救出は出来ていないと言う事なので、一刻も早い救出をしてもらいたい所です。

 もう、1週間以上になりますものね。(^^;

 大分、心身共に弱って来ていると思うので。



 と、思ったら・・・救出の見込みが立たないとか・・・マジ!?(汗)

 下手すると、半年くらいこのまま・・・なんて事もあり得るなんて話ですから、ビックリしました!

 向こうは今正に雨季の真っ最中なんだそうで、脱出の行く手を阻む雨水の巨大なプールが無くなるのに相当な時間が掛かるらしいって話なんです。

 同じサッカー少年を持つ親としては、何とも複雑な心境ですよ。



 一緒にいるコーチが、何とかここまでリーダーシップを取って生き延びたみたいなんですけどね。

 その洞窟に入ったのも、このコーチの判断だったみたいなんですけど・・・批判的な意見は、現地では少ないみたいです。

 この辺は、日本と大分違うな〜って思います。

 日本なら、大バッシングですよね〜。



 この洞窟の中で『ハッピーバースデー』を歌って、チームメンバーの子の誕生日を祝おうとしていたみたいなんですけど・・・まさかこんな事になろうとは。

 普段から『肝試し』で、ちょくちょく入っていたらしいのですけどね。

 慣れが引き起こした事故だったと言えそうなんです。

 コーチもまだ25歳って話ですし・・・。



 ともかく、少しでも早く救出される事を祈っています。

 W杯の途中経過を気にしていたって言うから、やはりサッカー少年はこんな時でも、頭の中はサッカーなんだな・・・って、少しホッとしたと言うか、呆れたと言うか・・・国は違えど、頭の中は大差ないんだなって思います。

 まだまだ予断を許さない状態みたいなんですけど・・・取り合えず、無事発見されたと言う事で、ひとまずホッと胸をなでおろしたと言う所でしょうか。

 男の子達には、こう言った冒険が付き物なんですよね。

 明日は我が身・・・なのかも知れませんからね・・・他人事では、無いんです。

 一刻も早く無事救出され、再び元気良くサッカーが出来る様になると良いのですが・・・。
 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

惜敗か惨敗か・・・

 日本代表、熱かったですね〜。

 世界ランキング3位のベルギーを相手に、良く健闘したと言えます。

 色々ありましたけどね。

 生みの苦しみだったと言う事で・・・ベスト8に指先は掛かっていたんですけどね〜勝ち方を知らなかった・・・と言う事なんでしょうね。(^^;



 この敗戦を惜敗と見るか、惨敗と見るかは、人それぞれです。

 敢えて、苦言を呈するとすれば・・・ドーハの悲劇のあの時から、進歩の無い部分があの『アディショナルタイム』での失点・・・なんだろうなって思うのです。

 残り4分・・・前回のポーランド戦での騒動もあって・・・でしょうけどね。

 延長戦を望まず、攻めて・・・美しく散った・・・と言う感じでしょうか。



 国民の多くは、あの負け方で納得出来たんでしょうかね?

 負け方は、決して良くなかったと思うのです。

 だって、ドーハの時と同じ悲劇を繰り返したんですからね。

 あの悲劇から日本サッカー界は何も学べていなかった・・・何も変われなかった・・・と言う事なんだろうな・・・って思うのです。



 海外で活躍している選手達の力で何とかチームを牽引し、試合自体はそれなりの内容を演出できたのでしょうけど・・・それは、日本サッカー界の手柄とは言い難い部分でもあります。

 つまり日本サッカー自体は、何も変わっていなし、何か進歩した訳でもないのです。

 日本を飛び出して行った選手達が、海外で肌で感じたサッカーをそれぞれに持ち合わせて何とか形にしてみたと言うだけだった様に思います。

 今のままなら、また数年後同じ失敗を繰り返す事になりそうです。



 まぁ、選手達にも監督にも言う事は何もありませんよ。

 本当に最後まで勝つ事を諦めなかった・・・子供達に見せても恥ずかしくない試合だったんだろうと思います。

 感動・・・しましたよね・・・やはり。

 「次こそはっ!」って思える負け(惜敗)だったんじゃないでしょうか?



 日本は負けてしまいましたが、ワールドカップはここから一気に佳境に入って行きます。

 何処が優勝するか・・・これは、皆興味のある所ですよね!

 私は、TOTOを購入していましたが・・・初日で、外れ確定となってしまいましたよ。(T-T)

 TOTOは、私のW杯の楽しみの1つでもあります。



 海外でも、トトカルチョをやって盛り上がっている所も多いみたいです。

 海外では、インターネット上で投票できるサイトがあるんですね。

 知りませんでした。(^^;

 皆さんのW杯優勝国予想は、何処の国でしょうか?



 私はですね・・・ここまで来たらロシア頑張れなんですけどね〜。(笑)

 ただ、南米勢が2チームしか残っていないので、ブラジルにも頑張って貰いたいんです。

 この後行われるコロンビアがイングランドに勝てれば・・・或いは、コロンビアもあるかもなんて思っていますけど・・・。

 今年のベルギーは、強いですから・・・優勝国に負けたのなら仕方が無いよね〜って言い訳が出来る様に・・・ベルギーの優勝で!!(笑)

 さて、皆さんの予想は・・・何処の国でしょうか?

 残り僅かなW杯をそれぞれに楽しみを持って勝手に盛り上がりましょう!!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

予選最終日、まさかの・・・

 日曜日、息子達の予選最終戦でした。

 もう、決勝トーナメント出場は決定したので、気持ち的には大分楽なんだろうと思います。

 後は、順位の問題です。

 何位での予選通過となるのか・・・皆の関心事は、そこだったりします。(^^;



 試合が始まると、もうグダグダ感満載の試合内容で・・・正直、ストレスが溜まった親御さんも多かったんじゃないかな・・・って思います。(^^;

 ただ、気持ちにゆとりが在る分、子供達の表情は何ともにこやかであった様な気もします。

 無理なプレイはせず、安全第一な感じのプレイが目に付きますか・・・。

 それでも、それは起こってしまったのです!!



 負傷退場・・・最も恐れていた事が起きてしまいました。

 唯でさえ、苦しいチーム状況なのに・・・非常にヤバイ・・・今回は、マジでやばそうな感じなんです。(汗)

 これ以上、主力が戦力外となってしまうと、本当に打つ手が無くなって来ます。

 一気に窮地に追い込まれてしまったチームは、1点返すも・・・1−5で惨敗。



 次に繋がる試合には出来なかった様です。

 悪い意味では繋がったみたいですけど・・・持ってません。(^^;

 それは、それで状況の1つでしかありませんから、言い訳せずに来週からの決勝トーナメントを頑張るしかないですものね〜。

 たらればの話はしても仕方が無いので、前だけを向いて・・・ここまで、そうやって来た子達ですから大丈夫だとは思いますけど・・・。



 泣いても笑っても、来週から決勝トーナメントが始まります。

 一発勝負ですから、相手の本気度も全然違いますからね。

 先ずは、1勝・・・ここを通過出来ないと、県大会への道は閉ざされてしまいます。

 目標は、東海大会出場なんですから・・・その高過ぎる目標に向かって、一丸となって戦って欲しい所です。

 いや〜しかし、暑い・・・体調管理もちゃんとして、万全の体制で決勝トーナメント初戦に臨んで貰えれば・・・って思います。

 中学生生活最後の夏がどんな物になるのかは、次に掛かってます!!

 良い思いでとなる夏にしてもらいたいものなんですけど・・・頑張れ!!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

予選突破確定!!

 土曜日、息子達の予選2日目です。

 この試合に勝てば、最終戦を待たずに予選突破が決定します。

 さて、どうなる事やら・・・。



 この日は、暑い・・・猛暑丸出しの夏日です。

 湿度も高い・・・。

 何もしていなくても、汗が顔を伝って来ます。

 流石に給水タイムを設ける様でした。(^^;



 前半、一進一退の攻防を中々制する事が出来ないまま、チャンスらしいチャンスを作ったのは、唯一息子からのセンタリング・・・この1本だけ。

 シュートも1、2本打てたか・・・と言う所です。

 中々形が作れない・・・そんな感じでしょうか。

 猛暑で、動きも次第に悪くなって行くのが目に見えて分かります。



 結局、後半の給水タイムまで、試合は0−0のまま・・・膠着状態が続きます。

 後半の給水タイムの後、終に試合が動きます。

 左サイドからのアーリークロスに走り込ん出来た子がヘッディングシュートを決めます。

 良く見れば、息子でした。(^^)v



 この得点を機に、流れがガラリと変わります。

 ポンポンポ〜ンと追加点が入り、僅か7分程度で4得点!!

 ベンチも直ぐに動き出し、この試合で3年生全員が予選出場を果たす事が出来ました。

 「全員で戦え〜!!」って先生の叫び声が、とても印象的です。



 残り時間、正に全員攻撃、全員守備で、一生懸命リードを守り切っていました。

 息子の腕には、託されたキャプテンマークが・・・。

 フィールド上は、元Bチームの子達が躍動しています。

 思い出されるのは、小学生の頃・・・。



 そして、この日4得点全てが元Bチームの子達です。

 あの頃に比べたら、各段に上手になったな〜って試合を観ながら、1人でジ〜ンと来てました。(^^;

 紆余曲折ありましたが、2年生の力を借りつつ、ここまで何とか辿り着きましたから・・・先生にも、コーチにも感謝です。

 何とか予選突破は決めました。

 後は、1位抜けか2位抜けか・・・そこも関心事の1つです。

 その先を見据えて・・・結果の出せる道を選ぶ事になるのかなって思いますが・・・。

 何処と対戦する事になっても、全力を尽くして・・・これが最後だって気持ちで、頑張って貰いたい所です。

 先ずは、予選突破おめでとう!!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

それでも頑張れ日本代表!!

 日本、決勝トーナメント進出決まりましたね!(^^)v

 まぁ、よくやった・・・って思うんですけど、どうも世論は厳しい・・・納得できない人が、国内外を問わず大勢いる様です。(^^;

 最後のボール回しが気に入らない様ですね・・・皆様。

 やはり「美しく散って貰いたかった」と言う意見が目に付きましたかね。(^^;

 サムライブルーとは良く言った物だなって、関心しますよ・・・。



 決勝トーナメント進出は、常に日本の悲願となりつつあります。

 いえ、アジアの悲願でしょうか・・・。

 中々アジア勢が超えられない壁、それが予選リーグですからね。

 なのに、この言われ様はなんなんでしょうか・・・少々気の毒な気がします。



 『参加することに意義が在る』なんて言葉も以前には聞かれました。

 オリンピックやW杯の様な国際的な大会なんかは、正にそう言う物なんだと思います。

 そこにいる事自体が、当たり前なんかじゃ全然無いのですよね〜。

 何年も掛けて予選を勝ち進んで、やっとの思いで辿り着ける場所の筈なんですけど・・・気が付けば、そこにいる事が当たり前だと考える様になってしまっている様な気がします。



 以前は、アマチュアスポーツの祭典だったオリンピックも今ではプロスポーツ選手の戦いの場となってしまっています。

 W杯も同じく、以前ならアマチュア選手も大勢いたですけどね。

 今では、プロが殆どです。

 そうなって来ると、どうしても内容を求められてしまう様になって来ます。



 ただ、オリンピックにろ、W杯にしろ、見せる為のスポーツの祭典(興行)ではありあせん。

 少なくとも、選手やベンチにとっては違います。

 観ている方が何を望もうが勝手なんですけどね・・・。(^^;

 世界の頂点を目指して、本気で戦っているんですよね。



 それぞれの国が、それぞれの目標を持って挑んでいるのです。

 日本は、優勝なんて狙える器では未だありませんから、当然予選突破が第1目標となって来ます。

 その為に、ベンチも選手達と一緒に戦っているのですよね。

 情報も武器の1つですし、その情報に基づいた戦い方を模索するのは、ベンチにいるスタッフ達の大事な仕事なんだろうと思います。



 予選突破を果たす為の、最善手・・・それが、あの様な戦い方だった訳です。

 日本の恥・・・なんて、声も聞かれますけどね。

 ベンチとしても、賭けだった事は良く分かります。

 そもそも、大事な最終節で1点のビハインド・・・自力で予選を突破する力があると信じて点を取りに行くか・・・それとも、コロンビアの力を信じるか・・・どちらが信用できそうですかって話なんです。



 答えは、明白・・・な気もしますが、それでも切り込んで行き美しく散る事を望むのは、アマチュアの考え方なんだろうなって思うのですよ。

 彼らはプロ集団です(曲がりなりにも)から、結果を取りに行ったと言うだけなんですよね。

 それが、彼らの仕事なんですから・・・それをしなければ職場放棄ですよ・・・やはり。(笑)

 彼らだって、本心は点を取りに行きたかったんだと思いますよ。(^^)



 ただ、どちらのリスクが小さいか・・・冷静に考えれば、分かる筈なんです。

 そしてこの部分が日本のベンチには、常に足りなかった部分でもあります。

 冷静な判断が出来なかったんですよね・・・大事な場面で。

 それは、ドーハの悲劇を生んだ原因の1つでもあったのです。


 
 そもそも、格下と戦っている訳じゃありませんからね・・・日本。

 対戦相手全てが、格上なんですから・・・1勝上げるだけでも、凄い事なんですけど・・・そこを忘れている気がします。

 そんな相手を向こうに予選を戦って、見事に予選突破と言う結果を出したのですから・・・そこは、褒めてあげないといけない気もしますけどね。

 勝てば勝ったで苦言を呈され、負ければ負けたで罵倒され、結果を出せなければ解任を求められ、結果を出しても責められる・・・立場はありませんよね〜。(^^;



 まぁ、そう言う仕事なんですよ。

 勝っても負けても、言われたい放題なんですよね。

 割に合わない仕事ですよね〜。

 そりゃ、皆嫌がる訳ですよ・・・大会直前に打診されてもね〜。



 西野監督は、良くやっていると思いますよ。

 今の戦力で出来る事・・・ちゃんと、選手達の事を冷静に見ているな〜って思います。

 次のベルギー戦からは、1発勝負のトーナメントですからね。

 出来るだけ、長く日本代表の試合が見られる様に・・・祈りたいと思います。

 頑張れ日本!!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

もっと、ボールを大切に!

 お〜ドイツが韓国に負けて、まさかの予選敗退・・・。

 ブラジルは、苦しみましたが・・・終わってみれば、予選1位通過でしたね〜。

 アルゼンチンも大分苦しみましたが、予選通過出来ましたし・・・。

 そして、今日は・・・我等が日本ですよ!!



 日本vsポーランドの一戦、勝ちか引き分けで日本の予選通過が決まります。

 日本にとっては、好条件だと言えますかね。

 ただ、実はこう言う試合の方が難しいんですよね〜。

 向こうは、もう予選敗退が決まってますから・・・失うものは何も無い状態で挑んで来ます。



 「引き分けでも良い」って、無理せずに・・・なんて守備的に戦ってしまったら、大体苦しい試合展開になるんですよね〜。

 本田選手も言ってましたけど・・・引き分け狙いでは駄目なんです。

 結果、引き分けなら良いのですけどね〜。

 この辺は、選手達のモチベーションに違いが現れて来る所なんです・・・地味に。



 得点を取りに行く姿勢が、つまりそのまま守備になります。

 ポゼッションを高めてくれるからですね。

 自分達がボールを支配している間は、少なくとも失点する事はありませんからね。

 だから、攻撃をして行く方が良いのです。



 ただ、日本人選手の技量・・・ここが問題なんです。

 まぁ〜パスの精度が低い・・・国際試合で通用する類のパスの精度とは、お世辞にも言えませんよね。

 そこを悲観する声ももちろんあります。

 ん〜どうなんでしょ?海外組が増えた事もあって、この辺は大分以前よりは改善されては来ている様にも感じるのですけどね〜。



 私には、もっと根の深い問題の様にも思えます。

 それは、ボールを大事にする意識が低いと言う点です。

 日本人選手の中では、もちろん彼らはその意識がダントツに高い方です。

 ただ、世界と比べてしまうと・・・どうしても、そこが目に付いてしまいますかね。



 そう言うテクニックが無い訳じゃないのだと思うのです。

 あくまでも、意識の問題なんじゃないかな・・・って思うのですよね〜。

 ボールを軽く見過ぎている・・・そんなつもりは毛頭無いのでしょうけどね。

 世界のトップクラスのプレイヤーやチームは、ここを本当に大事にしています。



 一か八かのパスなんて、勝負所でしか使わないのですよね〜。

 翻って、日本は・・・割と危なげなパスが多い・・・その上、行き詰ってから出すパスが相当多い様に思います。

 子供の頃から、そう言うサッカーをして来た癖なんでしょうけどね。(^^;

 子供達を見ていても、その辺は分かる所なんです。



 日本が、スムーズにパスを回している様に見える時は、大体持たされている時・・・。

 なので、最後の崩しが上手く行かない事が多いのですね。

 せっかちなのかも知れませんし、慌てん坊さんなのかも知れませんけどね。(笑)

 先に痺れを切らすのは、多くの場合日本の方なんです。



 で、奪われてしまう・・・のですね・・・ボールを。

 ここに、ボールへの執念の様な物を感じられないのです。

 あっさり、取られてしまう・・・と言う言葉がピッタリな気がします。

 逆に、イニエスタの様なトッププレイヤーは、この辺を非常に拘っている様に見えるのですね。



 ボールを失わない・・・ともすると消極的なプレイに映ってしまうのですけどね。

 サッカーで一番大事な事なんだと思うのです。

 チームプレイをする意味も正にここにある様に思うのですけどね。

 どう言う訳か、日本では子供達にこの部分は厳しく指導しないのです。



 逆に、積極的に仕掛ける事を再三指示しますかね。

 私もその部分は大事なんだと思います。

 特に育成年代の子達には・・・。

 ただ、闇雲に・・・では、やはり勝負所と言う物を感じる事が難しくなって来る様に思うのですよね。



 代表の試合を見ていると・・・時々、子供達の試合が重なって見える気がします。

 もう病気ですかね。(汗)

 子供の頃の癖って、抜けないんだろうな〜って思うのですよね・・・そんな時って。(^^;

 もう少し、ボールを大切にする事・・・しつこく指導した方が良いのかな・・・って、W杯を見ていて思ったのでした〜。(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

子供達のぼやき・・・聞こえてますか?

 高学年になって来ると、子供達も言う事がきつくなって来ます。(^^;

 指導への愚痴なんかも良く耳にしますよね〜。

 言いたい事が半分も伝わっていない事って少なくないんです。

 説明不足な事もありますし、子供達の理解力の無さ・・・である事もあります。

 教えるって難しい事なんですよね〜。(汗)



 例えば、「さっきは、こう言ったのに・・・今度は、こう言ってるし・・・全然言っている事が違う〜」なんて愚痴は、実際に多いんです。(^^;

 よくよく聞いてみれば、「そりゃ、君らの思い違いだよ・・・」って事の方が多いんですけどね。

 中々、言いたい事が伝わっていない・・・ケース・バイ・ケースなんだよ・・・って所が理解できていない事って相当あります。

 そこの部分を噛み砕いて伝える事を私は主にやっています。



 例えばこんな事がありました。

 中盤での走らせるパス(スルーパス)を意識させようとして、そう言う練習をした後に・・・今度は、ゴール前へのラストパスの練習です。

 さっきまでは、DFラインの後ろの広いスペースに蹴り込めば大体合格だったのすけど・・・今度は、GKにも意識を向けないといけません。

 丁度良い所を狙ってボールを蹴らないといけないのですね。



 さっきまでは、「前に出して走らせろ!」なんて言われていたのですけど、今度は「走り込んで来る味方の足元に丁度来る様なボールを蹴れ!」って言われ始めるのです。

 私達には、言いたい事は分かるんですけど・・・。

 子供達の多くは、「さっきと、言ってる事が違う!」って不満が出始めるのです。(汗)

 状況が違うよ・・・って事が直ぐに理解出来ない子の多い事、多い事・・・。(^^;



 この指導する側の意識と、指導される側の意識との差って、ちゃんと意識しないといけないんだなって思います。

 なぜ、どうしての部分が分からないと、言いたい事の半分も伝わらないのです。

 練習では、そうしろ・・・って言われるから、そうしますけど・・・実際の試合では使われる事のない、空しい練習と成り下がってしまいます。

 指導された事の必要性重要性が分からないからです。



 一方的に、話をするだけでは・・・中々伝わらないんですよね。

 特に、少年団に集う子達には、サッカーに対する意識の高さと言う点で、クラブとは大分異なりますからね。(^^;

 なぜ、どうしての所を質問しながら、考えさせながら、例を挙げて何度も何度も言ってあげないと、中々理解してくれません。(汗)

 やっと分かって貰えたと思っても・・・今度は、「難しい・・・」って上手く出来ない事に対する不満や愚痴が出てきたりするんですけどね。(^^;



 多くの少年団なんて、そんな日常を過ごしている物なんだと思います。(笑)

 上から目線で色々と教えようと思っても、中々それは伝わらない・・・伝わっていない事が圧倒的に多いんですよね。

 それをそのままにしたら、やはり上手くはなって行かないんだと思います。

 この辺は、子供達にも多少なりとも責任があるとは言えますけどね。(^^;



 分からない事を、分からないままにして、分かった振りをして、練習を続けてもね〜時間の無駄なんだろうと思うのです。

 説明する時間を惜しんでしまったら、少年団なんて本当に何も身に付かないまま、気が付けば6年生になってしまうんですよね。

 理屈が理解できたから、直ぐにそれが出来る訳でもありませんしね。

 そこから、身に付くまで又時間が掛かるのも少年団なんだろうと思うのですよ・・・。



 説明が下手・・・と言う事もあるのだろうし、よく話を聞けていない・・・って事もあります。

 先を急ぐのではなくて、丁寧に時間を割いて・・・と言う方が、結果として時間の短縮に繋がる事も多い様な気もしますけどね。

 空しい、練習の為の練習を繰り返すよりは、しっかりと先ず理解させる事を優先した方が、お互いモヤモヤしないで済みそうなんですけど・・・。

 指導する側は、指導する側で、「何回言ったら分かるんだよ・・・」なんて、ぼやいてもいるんですけどね。(笑)

 お互いぼやいているだけじゃ、何も解決しませんから・・・限られた時間を有効に使えると良いのですけどね。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

交流会にて、まさかの・・・保護者対決!?

 日本vsセネガル・・・もう直ぐキックオフですね〜。

 いや〜期待と不安が入り混じりますよ・・・西野監督と言えば、思い出されるのは『マイアミの奇跡』ですからね。

 あの時も、せっかく初戦のブラジルに勝ったのに・・・予選突破出来ませんでしたからね。(^^;

 ある意味、持っていない監督さんかも知れませんよね。(汗)



 土曜日は、少年団の方でも交流イベントがありまして・・・雨の中、交流試合をしていたのです。

 午後からは、中学の方へ・・・。

 息子達の試合が終わり次第、少年団の方の夜の部(お酒を交えた交流会)に参加・・・帰宅したのが12時過ぎと言うオチ。(^^;

 うちの団と長い事交流して下さっているチームの方達との雑談は、新鮮で・・・時の経つのも忘れてしまっていました。(汗)



 団の子供達の話や、ディープな所では育成に関する話題なんかも出て、少年サッカー談義に花を咲かせる様な時間帯もありましたか・・・。(^^;

 ベテラン指導者の方達の意見や貴重な経験談なんかも聞けたので、それはそれは貴重な時間だったと言えます。

 保護者の方達とも色々と話が出来たので、こちらはヒョウキンな方が多くて・・・お互いに、楽しい一時が送れたのかな・・・って思います。



 そんな雑談の中で・・・「親同士の交流戦もやりたいよね〜」なんて話が、お酒の勢いでなんでしょうけど出たんです。(^^;

 本気じゃ無いよな・・・って高を括っていたら、日曜日・・・「やるんでしょ?」って・・・。(汗)

 「じゃ、段取りを付けますよ・・・」って事で、双方の団長さんにお伺いを立てに・・・。

 双方、OKとの事で・・・先方の親御さんの方へも、その旨を伝えに・・・。



 子供達の交流戦が終わり、ついに父ちゃん同士の熱戦が実現したのでした。

 人数的な事もあって、私も引きずり出されました。(T-T)

 左膝に腫れと痛みが見受けれるので、遠慮したかったのですけど・・・。

 親同士の対戦は、交流会史上初めてじゃないのでしょうか?



 まぁ、不摂生な生活を続けて来た付けは絶大ですよね。

 全く動けません。(汗)

 3分位で電池切れでした〜。(笑)

 まぁ、子供達も野次で盛り上げてくれてましたよね〜。



 10分ハーフを終えて、これで終了かと思いきや・・・今度はPK戦の提案が・・・。

 好きですよね〜。(笑)

 双方、GKは腕に覚えがある方だったので、これが又見応えのあるPK戦になったのですね。

 子供用のゴールで約9m(少年サッカーでは7m)の位置からのキックとなると・・・本当に入る気がしないんですよ・・・これが。(^^;



 GKが子供なら・・・それでも入れられる自信はありますけど・・・大人ですから。

 ゴールが小さく見えますよね・・・やはり。

 私は・・・と言うと、コースを狙っては見たものの・・・少しボールが浮いてしまった分、横っ飛びでセーブされてしまい失敗と言う結果に。(^^;

 イメージとしてはゴロだったんですけどね。(T-T)



 イメージ通り行かない所なんか、老いが感じられますよね〜何事にも。(^^;

 そんなこんなで、今週は非常に濃い週末を送る事が出来ました。

 久しぶりにスパイクも履いたし・・・お陰で今、腰も足も痛いです。(泣)

 まぁ、子供達からは大分叩かれましたけどね〜。(笑)

 総じて、思い出深い交流会にはなったのかな・・・って思います。

 来年が又楽しみです。(^^)


 と言う事で、今から日本vsセネガルを見ようと思います!

 こちらも、熱い1戦となりそうですよ・・・勝てば、予選突破出来ますからね〜。

 奇跡を起こせるか・・・アフリカ勢の身体能力は半端ね〜からな〜。

 何処まで食い下がれるか・・・楽しみです。

 今日は、家の中で見る方が良さそうです・・・人ごみの中での観戦は、止めた方が良さそうですよ・・・。(謎)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング
    >>次へ
内緒の話、秘密の話は、コチラからどうぞ!!
ナイショの話はこちらからどうぞ!!
検索
検索語句
ファン
人気記事ランキング
  1. 1. no img 悔しくないのかっ!
  2. 2. no img 今売れてるスパイク・トレシューTOP30!(楽天)
  3. 3. no img 試合に出られない子
  4. 4. no img 今売れてるジャケット・上下セット物TOP30!(楽天)
  5. 5. no img 雨対策が必要ですね
  6. 6. no img 試合に出せない子
  7. 7. no img 今売れているジュニア用ウェア・バックTOP30(楽天)
  8. 8. no img 何を今更・・・
  9. 9. 最初の一歩を間違えないで!
  10. 10. no img あの子が出れて、うちの子が出れない訳・・・って何?
  11. 11. no img 我が子に活躍して欲しい・・・。
  12. 12. no img 親としての立ち位置
  13. 13. no img 体育会系は、もういらない!
  14. 14. 伸び期
  15. 15. no img 成長の為に試合に出さない?
  16. 16. no img 張り合いが無い
  17. 17. no img 頑張っているのに・・・
  18. 18. no img 雨と寒さは、審判の敵
  19. 19. no img パスサッカーとドリブル
  20. 20. no img チーム分けについて
最新記事
最新コメント
yellow10
エピローグ (07/15)
羅山
エピローグ (07/15)
yellow10
エピローグ (07/12)
yellow10
エピローグ (07/12)
yellow10
エピローグ (07/12)
パパイヤ
エピローグ (07/12)
ふぁんたじすた
エピローグ (07/11)
Maruo
エピローグ (07/10)
yellow10
エピローグ (07/10)
yellow10
エピローグ (07/10)
最新トラックバック
お勧めリンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf