知らなかった・・・

saiban_small.png


(尊守事項及び禁止事項)

 ・・・ (中略) ・・・

7  : 加盟団体、加盟チーム及び選手等は、FIFAの諸規程に別段の定めがある場合を除き、サッカーに関連した紛争を通常の裁判所に提訴してはならない。


 これは、日本サッカー協会の『基本規則』に謳われている一文です。

 サッカー協会に選手登録している選手は、この縛りを受ける事となります。

 少年サッカーに身を置く子供達も例外ではありません。



 試合中にファウルを受けて大怪我をする事があります。
 
 こんな時、相手側に慰謝料治療費等の賠償を求め裁判を起こす事を禁じられていると言う事です。

 例え、その結果死亡したとしても・・・と言う事ですよね。

 知らなかったのではないのでしょうか?

 私も始めて知りました。(汗)



 現在、試合中の怪我に対する賠償請求を起こし裁判となっている案件があります。

 社会人のアマチュアの方です。

 試合中の接触プレイ(ファウルは取られなかった)で脛を骨折すると言う大怪我を負ってしまったそうで、約1ヶ月間の入院を余儀なくされたとか・・・その慰謝料や治療費の支払いを求めて裁判で争っています。

 昨年12月の東京地裁の判決では、250万の支払い判決が下されたのです。

 相手側はこの判決を不服として控訴、今後の裁判の行方が気になる所です。

 このニュースに関しては、こちらから確認できます。



 こう言う時の為に、各団体はスポーツ保険に加入する事が義務付けられているのですが・・・その保障が十分な物であるかどうかは、格保険会社が提供するサービスによる所が大きく、掛け金によっても変わって来る所なんだと思います。

 こう言う事があると、やはり自分達で別途保険に加入しておく必要があるのかなって思います。

 子供用なら、色々な保険に付帯している事が多いですよね。


[ PR ] ☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆

「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」



 些細な怪我ならね・・・何とでもなりますが・・・大怪我となると、ちょっと話は変わって来てしまいます。

 入院する事にでもなれば、その間の世話もしなければなりませんからね。

 最悪、仕事を休む必要が出てきてしまう事だって考えられますよね。

 普段は、こう言う事考える事って・・・先ず無いですからね。

 息子も自転車保険にこの手のサポートが付いていた様に思いますが・・・。(^^;



 サッカーで怪我をする事は、まぁ茶飯事ですからね。

 激しいプレイでの怪我は、そう言うスポーツだから仕方が無い・・・って割り切れる部分もありますよ。

 ある程度は仕方が無い事だとは思うのですが・・・悪質なプレイで・・・となると、本当にハラワタが煮えくり返る様な思いをします。

 でも、賠償を求められないんですよ・・・。

 その怒りを何処にぶつけましょうか?



 だ・か・ら・悪質なプレイをしない!させない!これを徹底する必要があるのだと思うのですよね〜。

 特に小学生は高学年辺りから、中学生以上は全学年通して、激しさと汚さが入り乱れて来ます。

 危険なプレイも中学生なんて相当目にします。

 それでも、流されてしまう事の方が多いのですよ・・・実際。

 審判の見ていない所でのファウルも多くなって来ます。

 この辺は、審判員にだけ頼るのではダメなんでしょうね。



 ルールを尊守する事は、プレイヤーなら最低限しなくてはいけない事です。

 その上で、ルールは他人が守ってくれる物では無く、自分が守る物なんだと言う事もしっかりと叩き込む必要があると思うのですがね〜。

 各々、そう言う意識をもってプレイできればね〜危険なプレイも相当まで減るのだと思うのですがね。

 プロでは無いのですから・・・そう言うッサッカーこそが、お似合いなんだと思います。

 それでも、やはり怪我はします。

 そんな時の為の備えは必要なんですよね・・・やはり。(^^;

プーマオンラインストア

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

素直さと引き換えに・・・

 子供達の練習風景や試合風景を観ていて、ふと気が付いた事があります。

 コーチに指導を受けた時、素直にその言葉に耳を傾ける事が出来る子と、そうでは無い子です。

 ただ、一見素直に聞いている様に映る子の中にも、その言葉を意識してその後プレイする子もいれば、そうでは無い子もいます。

 どの子が良いとか悪いとか言う話ではないのですが・・・ちょっと、心配になる事も無い訳ではありませんかね。



 息子もどちらかと言うと、そう言う時はコーチの目を見ながら、唯黙ってその言葉に頷いている方です。

 チームメイトの子達もそう言うタイプの子が多いですかね。

 その後のプレイにも、言われた事に何とか沿おうと努力している事は見て取れます。

 上手く行くかどうかは、また別問題なのですがね。(^^;

 従順・・・そう言う言葉がピッタリな感じです。



 その一方で、コーチの言葉に対して何らかのリアクションを示す子がいます。

 中には、あからさまに不快感を示す子もいますね。(^^;

 自分の考えを口にする子もいます。

 こう言う時なんかは、コーチによっては「言い訳するなっ!」なんて叱られてしまう事もありますか・・・。

 ただ、やはり傍で見ていても言い訳なんだろうなって感じてしまう苦しい物もありますよね。

 そんな時でも、丁寧に『なぜ』、『どうして』の部分を説明してくれるコーチもいます。

 それで、納得してくれる子は少ないですがね・・・。(^^;

 子供もコーチも、何かモヤモヤした物を抱えたまま終わってしまう事も多いのだと思います。



 素直さと言う物も必要な事ではあります。

 どちらかと言えば、我が子には素直な子になってもらいたい・・・そう願う親御さんの方が多いんじゃないですかね?

 ただ、自分の意見がこう言う時にしっかりと伝えられると言う事も、私は大切な事なんじゃないかな・・・って思うのです。

 叱られてしまう事もあるかも知れませんがね。

 なぜそう考えたのか、どうしてそう考えたのか・・・この部分をしっかりと伝える事で、指導する側にも何か得る物がある様に思います。

 自分とは、違う見方、考え方がる事を知る事って、何も子供達だけに必要な事でも無いのですよね。

 毎日、サッカーでプレイしているのは子供達なのですから、最前線に身を置いている者にしか分らない何か・・・もあるのだと思うのですよ。

 なので、頭ごなしに「口答えするなっ!」って叱るのもどうなのかな・・・って思うんです。

 思い付きで言っているのかどうか・・・見定める目も指導する側には必要なんじゃないですかね。


[ PR ] 特典色々Yahoo Japanの年会費無料のクレジットカード【YJカード】




 素直さと引き換えに、自分らしさを失ってしまっているのだとしたら・・・それはそれで、少し残念な事なのかも知れませんよね。

 自分の考えを押し殺して、言われた事に従順に・・・ただ、従順にこなすと言うだけでは、やはり何か違うのかなって思います。

 言われた事は、言われた事で、意識してプレイすれば良いのですけど、その中にも自分をちゃんと中心に置いてプレイして貰いたいのです。

 自分の持ち味さえ、封じ込めてしまう様では観ている方にも違和感しか伝わって来ません。

 指導する側にしても、そう言うプレイを望んでいる訳では無い・・・筈なんです。

 余りに従順過ぎると、結果として試合に使いたいと思えないプレイヤーになってしまう事もあるのですよね。

 そう言う子は、良い物を持っているのに・・・結局、「何だよ、使えね〜な〜」なんて言われてしまう子に多い様に思います。

 もっとも、指導の仕方が悪いとも言えそうなんですけどね。(^^;



 素直な事は良い事なんだと思います。

 ただ、自分の考えもしっかりと持って、それを何らかの形で伝えられると、お互いに気が付く事、考え直さないといけない事、間違っている事・・・色々と分る事もあるのだと思うのですよ。

 叱られるのが怖くて・・・沈黙を保つ子も多いのでしょうが、そこはちょっと要領良く・・・例えば、練習や試合が終わった後に、その時疑問に思った事を質問をすると言う形を取ってみたりすると、思いの外優しく応えてくれる物です。

 まぁ、それでも塩対応しか出来ない指導者もいるかも知れませんがね。(^^;

 そこを怖れず・・・コミュニケーションを取れると良いのですがね。



 社会に出てからもこう言う事って必要な事なんだと思います。

 だから、ほんの少しだけ勇気を持って・・・最初の一歩を踏み出せるとね〜その後は、随分と楽になるんですけど・・・。

 その辺も親御さんが察して、背中を押してあげられると良いのかも知れませんがね・・・。

 指導する側にも、雰囲気作りが必要なのかも知れませんよね。

 何なら、サッカーノートを利用するって手もあります。

 とにかく、自分の考えを伝えるって事も大事な事なんだと思います。

 素直さと引き換えに、次第に無私に徹する様になってしまうのでは、逆に寂しい気もしますよ・・・親としては。




【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

下手なんて言わないで・・・

 ここの所、『サッカー 下手』なんて検索ワードが目立ちますかね。(^^;

 我が子の試合や練習を観てそう思ってしまうのでしょうが・・・それって、誰と比べてなんでしょう?

 試合で活躍している子と比べたりしてませんかね?

 もしそうなら、ちょっと視点を変えてみて欲しいかな・・・って思います。



 サッカーの上手い下手って、線引きが難しいのですが・・・まぁ、仮に試合で活躍出来ているように見える子を『サッカーの上手な子』だとして、活躍出来ていない様に見える子が『サッカーの下手な子』だと思い込んでしまうのでしょうかね。

 それ以外にも、ミスの少ない子やミスを取り返せる様な子は上手で、ミスばかりしている子なんかは下手と言う烙印を押されてしまうのでしょうかね。

 まぁ、否定はしませんけどね〜。

 見た目の華やかさにばかり気を取られてしまっては、サッカーウォッチャーとしても、我が子のNo.1サポーターとしても失格なんだと思いますよ。



 我が子を応援する際に、他の子と比較してしまうのはどうなんでしょう・・・あまり、好ましく無い事の様に思います。

 だって、それって・・・他の子にばかり目を奪われているって事でもありますからね。

 だから、我が子が本当はサッカーが下手では無い(上手とは言いませんけどね)のに、下手だと決め付けてしまっているのかも知れませんよね〜。

 よ〜く見てみれば、何か分かる事がある筈なんです。

 どうでしょう・・・以前より出来る様になっていると思いませんか?

 

 もちろん、見違える程と言う訳では無いかも知れません。

 よ〜く見てみないと、見落としてしまいそうな程の僅かな上達ぶりなのかも知れませんが、それでも確実に何か前より進歩している事がある筈なんです。

 ただ、他所の子の事ばかりが気になって、我が子の変化に気が付いていないだけ・・・だとしたら、親としては残念な方なんだと思います。

 ミスも多いし、試合では全く目立たないかも知れません。

 ベンチから、怒鳴られっ放しかも知れませんけどね。

 何か違いに気が付きませんかね?


[PR] ジュニアから大人まで豊富な品揃えで勝負!!【サッカー用品専門店】サッカーショップKAMO


 こう言う事って、動画をマメに撮って見ている方なら、ふと気が付く事なんですけどね。(^^;

 下手だ下手だと思っていたのに・・・ちゃんと上達はしているんだな・・・って。

 改めて、過去の動画を見た時なんか、今との違いがはっきりと分かるものです。

 逆にそうでもしないとその違いに気が付かない・・・情け無い話だと思いませんかね・・・何時も見ている筈なのに・・・。



 他の子と比べてばかりいるからですよ。

 ちゃんと成長している我が子に気が付かないなんて・・・。

 でも、そう言う親御さんは多いのですよね〜。

 私もグラウンドに来た親御さんに、上達している事を伝えてあげる事があります。

 特にベンチ組なんて呼ばれている子の親御さんにですけどね。

 一緒に見て、「ほらねっ!」って・・・。(^^;



 そう言う時でも、一々説明しないと分らないものなんですが・・・「そう言われれば・・・」って気が付いてくれる親御さんも少なからずいますかね。

 大体、我が子のダメっぷりにため息をついている親御さんが多いのですが、まだまだ・・・捨てた物じゃないのですよ。

 ちゃんと、その子のスピードで成長はしているのです。

 もちろん、トップを走っている子達に比べれば、天と地程の違いがあるかも知れませんがね。

 それでも、昨日より今日、今日より明日と、毎日少しずつ前に進んではいるのですよね〜。

 時々後退してしまう事もありますが・・・そこは、365歩のマーチ方式と言う事で。(笑)

[ PR] 違いの分かる男が身に纏う・・・アンダーアーマー公式通販

 まぁ、下手には下手なのかも知れませんよね。

 そこは、認めるとして・・・でも、少しずつでも上手になって来てはいると言う事も見落としてはいけない気がしますよ。

 そこに気が付かずに、嘆いてばかりいるのでは子供が気の毒です。

 何より、自分の子です!

 もっと、温かい目で見てあげられないものかな・・・って思います。



 親子サッカーなんか参加してみると良く分かりますよ。

 下手だ下手だと嘆いていた親御さんが、我が子に簡単にやられてしまう事なんて珍しい事じゃ無いのです。

 高学年になると特にね〜。

 私は、毎年参加して子供達の成長を肌で感じてましたから・・・随分と上手くなったな〜って思いましたけどね。

 そう、ちゃんと上手くなってるんですよ。



 どうしても、他の子より上手じゃないと嫌ですかね?

 もっと、試合で活躍出来ないとダメなんですかね?

 ミスをする事を許せませんかね?

 他の子と比べるより、その子自身の過去と比べましょうよ・・・きっと、以前より上手になってますよ。

 そう、サッカーが上手に・・・。

プーマオンラインストア
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

流し見!競技規則の改正2017/2018(2)

 前回の続きです。

 だ〜っと流し見して行きますので、付いて来て下さいよ〜。(笑)

第10条―試合結果の決定

●  延長戦は同じ長さの前半と後半から成り、最大で各15分とする。

●  ペナルティーマークからのキック(KFPM)

  ■ ゴールキーパーがプレーを続行できない場合の文章を訂正する。

  ■ チームが認められる交代要員をすべて使い切っていた場合でも、ペナルティーマークからのキックから除外された競技者は、ゴールキーパーと入れ替わることができる。

  ■ キッカーは、ボールを2回プレーすることができない。

  ■ ゴールキーパーが反則を犯しペナルティーキックをやり直す必要がある場合、警告(イエローカード)が与えられなければならない。

  ■ キッカーが反則を犯した場合、キックは、無効となる(「失敗」として記録される)。

  ■ ゴールキーパーとキッカーが同時に反則を犯した場合:

   – ボールがゴールに入らなかった場合、キックをやり直し、両者は、警告(イエローカード)される。

   – ボールがゴールに入った場合、キッカーは、警告(イエローカード)され、キックは、「失敗」として記録される。
 

 まぁ、この部分は・・・延長戦とPK戦についての追記です。

 延長戦は15分以内で前後半行なわれる必要がある事が明記されました。

 PK戦に関しても同様に、より詳しく規定されたと言う感じですかね〜。

第11条―オフサイド

● ボールが審判員からはね返った、あるいは、審判員に当たって方向が変わった場合、オフサイドポジションにいた競技者を罰することができる。

● 「セーブ」の定義に「試みる」を追加する。

● オフサイドに関するガイダンス:

 ■  オフサイドポジションにいた競技者が相手競技者を妨げた場合、その競技者は罰せられなければならない。

 ■  オフサイドポジションにいた競技者がオフサイドの反則を犯す前にファウルされた場合-ファウルの方を罰する。

 ■  オフサイドポジションにいた競技者がファウルをされたとき、既にオフサイドの反則を犯していた場合-オフサイドの方を罰する。


 ボールが審判員からはね返って、あるいは当たって方向が変わってオフサイドポジションにいる競技者に飛んできた場合、その競技者をオフサイドの反則により罰する事が出来ると言う事が明記されました。ゴールポスト等と同じ扱いを受けると言う事ですね。

 『セーブ』と言う言葉の提議を明確にした点も、ルールブックを読む上で役立ちますかね。

 後は、オフサイドの反則となる状況を明確にしたと言う感じでしょうか・・・。


[ PR ] 【住宅ローン】複数の金融機関に一括審査申し込み



第12条―ファウルと不正行為

● 言葉による反則は、間接フリーキックで罰する。

● 退場(レッドカード)となる反則に対してアドバンテージを適用し、その競技者がさらに反則を犯した場合、その反則を罰する。

● 競技者がペナルティーエリア内でボールをプレーしようと試みて「大きなチャンスとなる攻撃を阻止」した場合、警告(イエローカード)は、与えられない。

● 警告(イエローカード)の項目に、ペナルティーエリア内でボールをプレーしようと試みた場合の「決定的な得点の機会の阻止」(DOGSO)の反則を追加する。

● 得点の喜びによって安全や警備に問題が生じた場合、警告(イエローカード)を与える。

● 競技者が最後尾の守備側競技者または最後尾のゴールキーパーを抜き去るために斜めに動いて反則を受けた場合も、決定的な得点の機会の阻止となり得る。

● ペナルティーエリア内でボールをプレーしようと試みて決定的な得点の機会を阻止した反則についての文章を明確化する。

● 主審の承認なくフィールドに入って得点を阻止した、あるいは、決定的な得点の機会を阻止した場合、退場となる。

● ボールがインプレー中、競技者が、相手競技者、交代要員、チーム役員(または審判員に対して)に関わり、フィールド外で反則を犯したり、犯された場合、境界線上からのフリーキックで罰せられる。

● プレーあるいは人を妨害するためにフィールド内にボールまたは物を投げ入れる、あるいは、けりこんだ場合、直接フリーキックで罰する。

● フィールド外の人に対してボールや物を投げた、あるいは、けった場合、境界線上からの直接フリーキックで罰せられる。


 大体は、見ての通りです。

 『言葉による反則』は、関節フリーキックになると明記されました。

 よくある、審判の判定への異議なんかは、関節フリーキックと言う事になります。

 但し、審判員との身体的な接触のある反則は、直接フリーキックです。


第13条―フリーキック

● 守備側のフリーキックのボールがペナルティーエリアから出る前、攻撃側競技者がペナルティーエリア内にいた、あるいは、入った場合、別の競技者がボールに触れるまでボールをプレーする、あるいは、ボールに挑むことができない。


 ペナルティーエリア内での守備側のフリーキックに関する規定が新たに定められました。

 今回の目玉の1つです。

 ゴールキックの時と同様の縛りが設けられました。ペナルティーエリアをボールが出るまでは、プレイする事ができなくなります。

第14条―ペナルティーキック

● キッカーは、明らかに特定されなければならない。

● ゴールキーパーとキッカーが同時に反則を犯した場合:

 ■  ボールがゴールに入らなかった場合、キックをやり直し、両者は、警告(イエローカード)される。

 ■  ボールがゴールに入った場合、キッカーは警告(イエローカード)され、キックは「失敗」として記録される(第10条を参照)。

● 外部からの妨害があった後にボールがゴールに入った場合、得点は認められる。


 これも、先程の物と重複するので流しますね。

第16条―ゴールキック

● ペナルティーエリアに入った攻撃側競技者は、ボールに他の競技者が触れるまでボールをプレーしたり、挑んだりすることはできない。


 今回の改正で、ボールがペナルティーエリア内にある時(インプレイではない)にペナルティーエリア内に攻撃側の競技者が入ったら、ゴールキックはやり直しとなる様になりました。


 以上、ざ〜っと流し見して来ましたが・・・多過ぎて訳分かりませんよね〜。(^^;

 4種は来年度からの導入となりそうです。

 少しずつ、勉強しておかないと・・・。(汗)





【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

結果を急ぎ過ぎ〜

 今、新しく取り組み始めた練習の効果が表れ始めて来るのは、3ヶ月位後になってから・・・私は、勝手にそう考えています。(^^;

 なので、そのつもりで子供達と接しているのですが・・・どうも、結果を早く求める方もいる様で・・・。

 僅か1ヶ月足らずで練習の成果を望む方もいます。

 「無理でしょう・・・」って思うんですけどね。

 待てないんですよね〜。



 結果だけを見て、勝ったから上手くなった。

 負けたから伸びてない。

 そう短絡的に考えてしまう人は、指導者にも親御さんにも、そして当の子供達の中にも大勢います。

 でも、それって・・・その試合に限った結果ですよね。

 次、もう1試合やったら同じ結果を出せるとは限りません。

 違う結果となったら、どう考えるのか・・・時々・・・本当に時々ですが・・・そう言う話を聞いて、笑ってしまいそうになります。(笑)



 結果の積み重ねを見て、「伸びたんじゃね?」って考えるのは良いのだと思うんですけどね。

 それだって、内容を良く吟味した上で・・・と言う事になるんだと思うんですよね。

 勝ったから、負けたから、と言う発想では何か大事な物を見落としてしまいそうな気がします。

 実際、伸び悩んでいるチームの方の話を聞いてみると・・・結果だけを見て話をしている事に気が付くものです。

 森を見て木を見ず・・・と言った所でしょうか・・・。



 負けた事に悲観的になってしまい「あ〜ダメ、全然ダメだ」なんて、子供達に言っている方もいます。

 でも、それって・・・練習を見ている指導者自身にそっくりそのまま返って来る言葉でもあります。(汗)

 その辺の自覚が無い方も少なからずいますかね。(^^;

 試合の結果に対する最終的な責任は、何時だってベンチにあります。

 プロなら、即刻クビ〜って方もいるんじゃないですかね?(笑)

 クビにならないから、子供達に責任を転嫁して・・・アホな事を言っていられるのでしょうが・・・。


[ PR ] 【 特報 】Web限定高額キャッシュバック実施中!!ソフトバンク携帯・スマホ



 指導する側も、観ている親御さんも、そして実際にプレイをする子供達も、結果を急ぎ過ぎる嫌いがある様に思います。

 実際、小学生の内に結果の出せるチームってどの位あるでしょうかね〜?

 ほんの一握りなんだと思います。

 セレクションのある様なクラブチームに大体は持って行かれてしまうのが4種のタイトルです。

 スタート位置が違うのですからね。

 少年団なんかは、毎年出遅れてのスタートですよ・・・そんな事は、折り込み済みな筈なんですけどね〜。

 分かってはいても、口が滑るのでしょうね。(^^;

 半ば、呪いの言葉ですよ・・・全く。



 そもそも、子供達の成長にだって、どうしても個人差があります。

 その上、各々サッカーに対する思いの温度差が大きいのが少年団です。

 同じ練習をやっても、身に付くまでに掛かる時間は人それぞれです。

 形だけ真似したってダメですしね。

 詰め込み過ぎれば、どれも中途半端に終わってしまうでしょうし・・・。

 選択と集中を指導者がしっかりと出来ないと、子供達も気の毒です。

 中には、毎回思い付きで練習をさせている指導者もいますよね・・・コロコロやる事が変わってしまって。

 でも、結果だけは欲しがるのです。

 それも、出来るだけ早く・・・。



 結果も確かに大切なのかも知れませんがね。

 その歩みにも、もう少し目を配って欲しいかなとは思うのですよ。

 どんなに急いだって、その子のペースでしか上手くなって行かないのでしょうからね。

 まぁ、在り来たりな言葉ですが・・・じっくりと、腰を据えて・・・指導をしてもらえると良いのかなって思います。

 6年間で結果が出せなくても、その後に花開く事もありますし・・・何時咲くか分からない、花達ですから・・・愛情込めて大切に育ててあげて貰えたら・・・って思います。

 結果ばかりを焦らない事です。



【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

流し見!競技規則の改正2017/2018(1)

56f8cf8b-02cc-4e56-a786-0791d3093d95.jpg


 競技規則の改正2017/2018の詳細がJFAにアップされたので、少年サッカーに関係のありそうな部分だけ取り上げてみたいと思います。

 
第3条―競技者

●  各国サッカー協会は、5人以下の交代要員を認めることができる(トップレベルを除く)。

●  各国サッカー協会は、今後、ユース、年長者および障がい者のサッカーにおいて再交代(交代して退いた競技者の再出場)を認めることができる。

●  交代の進め方に関する文章を明確化する。

●  ハーフタイムに主審へ通知することなく行われた交代は、警告(イエローカード)の対象にはならない。

●  ハーフタイムに主審へ通知することなく行われた、競技者とゴールキーパーが入れ替わることは、警告(イエローカード)の対象にはならない。

●  主審の承認なく(承認が必要な場合にも関わらず)フィールドに入り妨害した競技者は、直接フリーキックで罰せられる。

●  フィールド上に得点したチームに関わる部外者がいたときに得点したチームは、直接フリーキックで罰せられる。


 ユース年代で特に関係して来そうなのが、5人以下の交代要員を認める事が出来ると言う点と再交代を認める事が出来ると言う点でしょうか。

 グラスルーツでは、既に行なわれている事ですが、その範囲を拡大したと言う事になります。

 それに伴い、交代の進め方に関する文章の明確化が行なわれています。

 その他は、全カテゴリで採用される用件ですが・・・まぁ、どちらかと言うと特殊な違反と言う部類なので・・・流します。(笑)



 
第4条―競技者の用具

●  ゴールキーパーの帽子は、ヘッドカバーの禁止項目に含まれない。

●  電子的パフォーマンス・トラッキングシステム(EPTS)を除いて、競技者が電子機器や通信機器を身につける、あるいは、用いることは認められない。テクニカルスタッフは、競技者の安全や保護の目的でのみ通信機器を用いることができる。

●  EPTS機器は、必ず最低限の安全基準マークが付いたものでなければならない。


 これも、GKの帽子がヘッドカバーの禁止事項に含まれないと言う事を明確にしただけなので・・・流しますね。(笑)

 安全な物ならOKと言う事です。


[ PR ] 【 大好評 】 ボディーラインが気になる男性にに・・・実感!!着るだけ燃焼Tシャツ「スレンダーマッチョプラス」



第5条―主審

●  「審判員による決定は、常にリスペクトされなければならない」というメッセージは重要である。

●  各国サッカー協会は、ユース、年長者、障がい者およびグラスルーツのサッカーにおける一部またすべての警告(イエローカード)に対して、一時的退場(シンビン)を認めることができる。

●  退席処分となる反則を犯したメディカルスタッフは、そのチームで対応できる他のメディカルスタッフがいなければ、試合にとどまって競技者の治療をすることができる。


 『審判による決定は、常にリスペクトされなければならない』と言う1文に関してですが・・・その心は、『サッカーの基本原則として、審判員の決定は常にリスペクトされなければならない(たとえ間違っていたとしても)。』だそうです。(^^;

 全カテゴリで徹底して貰いたい所ではありますよね〜特に4種や3種では・・・相当酷いですから。

 シンビンに関しては、以前このブログでも既に触れていますので興味のある方はこちらをどうぞ!(笑)

 

第7条―試合時間

●  延長戦のハーフタイムには、水分補給のために短い休憩が認められる。


 延長戦の場合の規定への追加文です。競技者の保護を考慮して・・・だそうです。遅過ぎません?(^^;

 通常の給水タイムと同様に、監督の競技者への指示は禁止です。



第8条―プレーの開始および再開

●  キックオフのとき、キッカーは、相手競技者のハーフ内に立つことができる。


 今回の目玉商品の1つですね。(笑)

 キッカーに限り相手陣内に入る事が認められると言う事が明確化されました。

 これは、キックオフで後方(自陣に向かって)へ蹴り出す事が認められた事による不具合の修正と言った所でしょうかね。

 これまでは、大っぴらに入る事が出来ませんでしたが・・・これからは、正々堂々と入る事が出来ます。


 ちょっと長くなるので、続きは次回!!




【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

もう、どうしたら良いか分らないよ・・・

020-peoples-3dcg.png


 「何やってるの?」

 「もっと、早くパス出して!」

 「中は危ないよっ!外だよ外!」

 「持ち過ぎだよ!」

 こんな言葉が飛び交った週末の練習試合です。(汗)

 これ、誰が言っていると思いますか?



 上記の言葉は、全て・・・唯1人の子に対して浴びせられたチームメイトからの厳しい言葉です。

 非常に感情の篭った、抑揚のある大きな声・・・聞き流す術を持った子なら良かったのですがね・・・正面からまともに受け止めてしまった様です。

 次第に足が止まり、プレイに参加出来なくなってしまいました。

 そして・・・交代・・・うなだれてベンチに下がって行く後姿が何とも・・・。



 私は、たまたまその子のママさんと一緒に雑談しながら観ていました。

 「あ〜今日も、落ちたまま・・・さようならだね。」と、そのママさん。

 その前の試合は、本当に楽しそうにサッカーをしていた子達が殺伐とした雰囲気の中でプレイしなければならなくなった理由は、失点を喫してしまったから・・・これだけです。

 上手く歯車が噛み合わなくなると、そこかしこから罵声が飛び出し始めます。

 それは、フィールドの内外を問わず・・・と言って良いのです。


[ PR ] 話題沸騰!!Yahoo Japan の年会費無料のクレジットカード特典色々【YJカード】




 もう1つの変化点がありました。

 それは、いわゆるレギュラー組が半数近く混ざっていたと言う事です。

 その前の試合・・・後半は、ベンチ組の子達をメインに不足分をレギュラー組で補うと言った状態で臨んでいたのですね。

 その子はベンチ組として後半からの起用だったのです。

 何処からも、罵声が飛んで来る事無く、伸び伸びとプレイ出来ていたのです。

 必死さの中にも、笑顔がこぼれるシーンなんかもありました。



 でも、レギュラー組の中に入ると・・・ベンチ組の子達には、辛い仕打ちが待っています。

 ミスには、厳しい言葉が投げ付けられます。

 ベンチから、チームメイトから、集中砲火を受けてしまいます。

 それをまともに受け止めてしまえばね・・・凹みますよ・・・やはり。(^^;

 何処にも逃げ場所が無い状態ですからね。

 交代する事だけが、その苦痛から救われる唯一の方法です。

 次第に・・・プレイに参加する事を止め、交代の時を待つ様になります。



 試合後もまだ、ダメ出しが子供達によって続けられていた様でした。

 「そんな事言ったって、取られると思ったから中にパスを出したんじゃないか・・・」なんて、その子なりの必死の言い訳をしていましたか・・・。

 最後に・・・「もう、どうしたら良いか分らないよ!」なんて言ってましたね。(^^;

 ここまで打ちのめされれば、サッカーも楽しくなくなりますよね。

 でも、これがその子の置かれている現実でもあります。


[ PR ] ENEOSでの給油や楽天市場でのショッピングでポイント2倍!!ポイント生活始めるなら絶対楽天カード



 どうしたら良いかは、その子がこれから取り組むべき課題なんですが、これまでも指導が入っていない訳では何のですよね。

 それでも改善出来なかった・・・と言うのが、今の状況を作りだしてしまっています。

 この点は、頑張らないとね・・・。(^^;

 一方で、チームメイトへの声の掛け方と言うものも考えないといけない気がします。

 この辺も何度と無く言い続けて来た事なんですがね・・・暫く経つと忘れてしまう様です。

 それを後押ししてしまうのが、皮肉な事にやはり・・・ベンチからの声なんですね。(^^; 



 必死さの中から出て来てしまう、悪気の無い声なんだろうと思うんですけどね。

 言われる方は辛い物です。

 例え、自分に非があると分かっていても・・・いえ、分かっているからこそ辛いのだろうと思います。

 まぁ、甘えと言えば甘えなのかも知れませんけどね・・・そう言う子も相当いる様に思います。

 特に、ベンチ組なんて言われている子には、多い様に思います。

 同じチームメイトとして、認められていない・・・と言う事なんでしょうか?

 「もっと、頑張れよ!」と言うエールにも聞えなくもないのですがね・・・受け取る方は、そうは中々思えないのでしょうね。(^^;



 チームの雰囲気を悪くしてしまうのが、こう言う心の擦れ違いなのだとしたら、ちょっと残念な気もします。

 どうしたら良いか分らない・・・何だか寂しい響きですよね。

 この壁を乗り越えられるのは、その子自身の努力だけ・・・なんだろうとは思います。

 ただ、周囲にももう少し気遣いがあっても良いのかな・・・。




【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

シュミレーションを厳罰化!

 イングランドサッカー協会がシュミレーションの反則に対する厳罰化を世界に先駆けて決定した様です。

 導入は、来期から。

 この流れが、世界に拡散して行くかどうかは分かりませんが・・・シュミレーションがともすれば、ヤリ得なファウルとなってしまっている現実を考えると、必要な処置なのかなって思います。

 少年サッカーでも、最近ではシュミレーションが以前より目に付きますかね。

 大人の真似をしてしまうものなんですよね・・・悲しいかな。(^^;



 シュミレーションとは、故意に転倒する等して相手からのファウルを受けたかの様に思わせる行為を指します。

 この判定は、本当に難しいのだと思います。

 心象が悪いプレイヤーなら、本当にファウルを受けていたとしてもシュミレーションを取られる事もありますし・・・その逆も然りです。

 この辺は、審判員との心理戦と言った様相を呈して来るのですが・・・取り辛いファウルと言えます。



 イングランドサッカー協会の決定では、映像検証が用いられる様です。

 審判員、指導者、選手の経験者3名が映像を見て、全員一致でシュミレーションだと判定した場合のみ2試合の出場停止処分を科す事になります。

 試合の流れの中で・・・と言う事では無いのですね。

 後日改めて・・・と言う事も出て来ます。

 『やった者勝ち』なんて許さないって言う、強い意思が見て取れるかと思います。

 それ程までに、目に余る状態だったのでしょうね・・・。(^^;


[ PR ] 【 キレマッスル 】 初回実質無料!avex発、プロ絶賛のボディメイクサプリ



 現行のルールでは警告(イエローカード)の懲戒処分となっていますが、更なる厳罰化を目指す様です。

 ヤリ得感を一掃する良い機会ではありますかね。(^^;

 それでも、暫くは審判を欺こうとする行為は続くのだろうと思いますがね・・・。

 一度、2試合の出場停止を喰らえば、ヤリ損だと考え方を入れ替えるでしょうか・・・?



 こう言う事は、日本も積極的に導入して良いのだと思いますけどね。

 特に育成年代・・・その中でも4種、3種辺りには、シュミレーションに限って言えば厳罰化もあって良いのかな・・・って思います。

 シュミレーション=賢いプレイと言った意識を持っている人が、もしかしたら多いかも知れませんが・・・実際には、シュミレーション=汚いプレイに属するプレイだと考えた方が良い気がします。

 だって、見ている方も気分が悪いです物ね。(^^;

 それは、大袈裟な事を言えば・・・サッカーと言うスポーツ自体を貶めるプレイでもあります。

 そう言う事が、まかり通るスポーツに身を置いているのでは、ちょっと恥ずかしいですものね。(^^;

 ましてや、サッカー発祥の地イングランドですからね〜サッカーと言うスポーツに誇りを持っているでしょうから・・・世界に先駆けて、こう言う決定をしたと言う事は評価されても良いのかなって思います。



 ヤリ難くなるプレイヤーも出てくるかも知れませんがね。(^^;

 より、魅力的なスポーツに進化する為には必要な事なのかも知れませんよね。

 日本人的な発想なのかも知れませんが・・・そこは、正々堂々と・・・せめて子供達育成年代には、クリーンファイトなサッカーの中で切磋琢磨してもらいたいな〜って思います。

 フェアプレイ精神を声高々に打ち出しているスポーツですからね。

 逆に遅過ぎた位かも知れませんがね・・・。




【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

シンビン

 今年6月から適用される競技規則の改定の中に、シンビンの導入と言うのがあります。

 シンビンて・・・サッカー経験者でも聞き覚えの無い言葉じゃないでしょうか?

 私も知りませんでした。(汗)

 それもその筈で・・・この用語、実はラグビーで用いられているルールなのです。



 シンビンとは、ウィキによると・・・sin(罪、違反)とbin(入れ物、置き場)と言う意味の英語なんだそうです。

 ラグビーにおいて、退場処分にする程ではないが、重大なルール違反(危険行為等)があった時に、警告と同時に、一時退場と言う処分が課せられます。

 この時、フィールドの外に一時退場用の場所が用意されているので、そこで約10分間じっとしていないといけないのです。(^^;

 このルールがシンビンと言うルールです。



 このルールが今年から、育成年代年長者障害者等の試合を対象に導入が可能となります。

 J1、J2リーグ等は今の所・・・適用外です。(^^;

 教育的指導っぽい意味合いのあるルールですから、育成年代には確かに適したルールなのかも知れませんね。

 「そこで、反省しなさい!」って感じでしょうか・・・幼い頃を思い出しますよ。(汗)



 退場時間は、試合時間の10〜15%の範囲で設定される事となりそうです。

 全ての警告に対して適用させるのか、一部の警告に対してのみ適用させるのかは、検討中の様です。

 いずれにしても、このルールの導入は、大会主催者の判断で・・・と言う事となっています。

 4種では、積極的に導入しても良いのかも知れませんね。


[ PR ] 年会費無料!楽天市場でのお買い物で何時でもポイントが2倍!!今直ぐGET!!!楽天カード



 ただ、この間欠員の補充が出来るのか、出来ないのか・・・と言う問題も整備しないといけませんかね。(^^;

 退場処分の場合には、直ぐに補充出来ますからね〜。

 より軽い一時退場で補充出来ないと言うのも変な気もしますし・・・。

 結局・・・補充は認めて、そのプレイヤーが数分間試合に出場出来ないって事になるのかな・・・って思います。

 その間は、所定の場所に・・・と言う感じになるのでしょうね。



 主審は、先ずイエローカードを提示します。

 次いで一時退場エリアに向かって両腕で明確に指し示します。

 決められた時間を一時退場エリアで過した後、プレイヤーは主審の許可を得てフィールドに戻る事が出来ます。

 流れとしては、こんな感じになります。

 警告(イエローカード)とセットで用いられるのがシンビンと言うルールとなります。

 ファンバステン氏が当初提案していたのは、シンビンの導入に合わせて『オレンジカード』を導入すると言うものでしたが、今回はそれは見合わせとなった様です。

 そうなると、4種ではレッド、イエロー、グリーン、オレンジと4枚のカードを持たないといけなくなりますからね〜。(汗)



 今後、シンビンと言う言葉を聞いたら、一時退場の事なんだな・・・って思って下さいね。

 シンビンが採用される大会も出て来る事が予想されますから・・・ねぇ?

 ここで、覚えてしまいましょう!(^-^)b



【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

永久追放!?

 ボスニア・ヘルツェゴビナの女子サッカーで前代未聞のファウルが起きた事がニュースとなってました。(汗)

 あろう事か、プレイヤーに馬乗りとなって、チームメイトや主審が止めに入るまで殴り続けたと言うのですね。

 男子サッカーでも、こう言う事は中々ありませんかね。(^^;

 ちょっと、怖いな〜って思います。



 実は、海外では暴力行為に関する報告が思いの外あったりします。

 主審が殴られたりって事も実際にありましたか・・・。

 今回の暴力行為は、スター選手だったと言う事も大きな話題となった原因の1つです。

 どうして、そう言う事になったのか・・・詳しい経緯は、不明なんだそうですが・・・彼女は試合終了後にこう吐き捨てたそうです。

 「周りの人が止めさえしなければ、私はずっとルバノビッチを殴り続けた」



 ちょっと怖いですよね。(汗)

 女子サッカーだけに、一体何があったのか・・・って思ってしまいます。

 フィールド上での事なのか、もっと他のプライベートな事なのか・・・理由は定かでは無いのですがね。

 どんな理由があったとしても、フィールド上でこう言う行為に及んだ事は、許される事では無いのだと思います。

 サッカー界からの永久追放の可能性もあるとの事です。


[ PR ] ホテルを探すならホテル料金比較『トリバゴ』



 少年サッカーでも、暴力沙汰が多数報告されていますが、殆んどはフィールド外での出来事です。

 試合中にプレイヤー同士が・・・と言う事は、あまり聞きませんかね。

 ただ、審判をしていると時折目に付くのが・・・報復行為でしょうか・・・。

 こちらも軽微な物から、深刻な物まで様々ですが、やはり禁止行為である事に変わりはありません。

 本来なら、懲戒処分の対象なんですが・・・少年サッカーでは、そこまで取らない事も多いのですね。

 特に、4級審判員の場合は、穏便に・・・済ましてしまう事が多いと言えますか・・・。



 いずれにしても、子供達には真似して欲しく無い行為ではありますね。

 フィールド上で何があっても、暴力に訴える事だけは辞めてもらいたい所です。 

 ただ、実際に手を上げなくとも、言葉の暴力と言う物もあります。

 こちらは、試合中に・・・ともすれば、チームメイト同士の間でも行われる事があります。

 これも厳密に言えば、懲戒処分の対象なんですよね。

 例えチームメイト同士であっても。

 この辺もちょっと、注意して指導者も審判員も指導をしなくちゃいけない所なんだろうなって思います。



 スポーツの場に暴力は、最も似つかわしくない物です。

 スポーツは遊びでなければなりませんからね。

 イラッとする事もあるかも知れませんけどね。

 どんな形であれ、暴力だけはいけません。

 子供達が安心して、気持ち良く、サッカーが出来る様に・・・フィールドの内外を問わず、サッカー界から暴力は追放して行きたい物です。

 そう言う所で大人がしっかりと関わって行きたい物ですね。

 


【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング
    >>次へ
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
人気記事ランキング
  1. 1. no img 悔しくないのかっ!
  2. 2. no img 今売れてるスパイク・トレシューTOP30!(楽天)
  3. 3. no img 試合に出られない子
  4. 4. no img 今売れてるジャケット・上下セット物TOP30!(楽天)
  5. 5. no img 雨対策が必要ですね
  6. 6. no img 試合に出せない子
  7. 7. no img 今売れているジュニア用ウェア・バックTOP30(楽天)
  8. 8. no img 何を今更・・・
  9. 9. 最初の一歩を間違えないで!
  10. 10. no img あの子が出れて、うちの子が出れない訳・・・って何?
  11. 11. no img 我が子に活躍して欲しい・・・。
  12. 12. no img 親としての立ち位置
  13. 13. no img 体育会系は、もういらない!
  14. 14. 伸び期
  15. 15. no img 成長の為に試合に出さない?
  16. 16. no img 張り合いが無い
  17. 17. no img 頑張っているのに・・・
  18. 18. no img 雨と寒さは、審判の敵
  19. 19. no img パスサッカーとドリブル
  20. 20. no img チーム分けについて
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
お勧めリンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf