遠くから撃ってはいけないの?

 『ロングシュート』って決ると格好良いですよね〜。

 子供で無くとも、憧れ・・・じゃないのですかね?

 ただ、ロングシュートを嫌う向きもある様です。

 子供達って、本当に大変なんですよ・・・。


 ロングシュートを打つ為には、それなりの『キック力』が必要です。

 十分なキック力が有る子なら、狙っても良いんじゃないのって思います。

 何処からでも、ゴールを狙って来る・・・そんなチームは、本当に怖い物です。

 GKに対してゴールが大きく見えてしまう4種のサッカーでは、このロングシュートと言うのもが非常に有効な場合があります。

 山なりのボールが飛んで行けば、GKがセーブ出来る確立はグ〜ンと低くなって来ます。

 どんなゴールでも1点は1点です!

 素直に喜びゃ良いのに・・・眉をひそめる頑固な指導者もいたりします。(^^;



 下手な鉄砲数撃ちゃ当たる的なプレイには、やはり苦言を呈する指導者もいます。

 もっと、良い選択肢は無かったかと言われると・・・自信が持てないのも確かです。

 撃つと決めたら、もう周囲の事なんて見ていないものですし・・・。

 そこを、責められると返す言葉も無いのが現実です。(^^;



 要は、ロングシュートを狙って良いシーンか否かを判断してくれよって事を言いたいのだと思って良いのだと思います。

 もっと、良い条件下でゴールを狙える子がいるのなら、そちらに任せるべきじゃないの・・・って事です。

 また、そう言う子をを探したのかって所も問われます。

 もっと言うのなら、闇雲にシュートを撃つなと言われていると思って良いのです。

 外しまくる事もまた、士気に関わって来る所かも知れないからです。



 でも、そう言った事より、本音は『崩して』得点をして貰いたいと言う所なんだと思います。

 ロングシュートそれ自体は、否定する物では無いけれど・・・そればかりでは、ダメですよって事です。

 例えば、体格の良いGKが相手なら、ハイボールの処理もお手の物って事は、高学年なら良くある話です。

 そうなると、ロングシュートで得点を奪える事なんて、非常に稀となってしまいます。

 そうなった時、君は何が出来るの・・・それでも、ロングシュートに頼るのなら、いずれ試合に出場出来なくなるかも知れないよ・・・って遠回しに言われていると思って良いのだと思います。

 まぁ、もっともと言えばもっともな話ですが・・・。



 何でもそうですが、何かに頼りきったプレイは続ける物じゃありません。

 余程、それを磨き切って極められた物ならともかく・・・そうでないのなら、何時か行き詰る事になります。

 ロングシュートもその1つです。

 撃ってはいけないと言う訳ではありません。

 それで良い時もあるのです。

 ここも、良い『判断』が求められる所ですよね。

 ロングシュートは、『安易な選択』と受け取られがちなプレイですから、御利用は計画的に・・・って事で。


 検索ワードに『ロングキック だめ』ってのがあったのでちょっと触れてみました。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

上手くなりたいけど・・・負けたくないけど・・・

 お盆休み中は、6年の大会にエントリーしてお疲れだった『なでしこ』のいる5年生。

 結果は、そこそこ・・・かな・・・と言いたい所ですが、決して勝てない相手ではなかった試合が多かったのに・・・結果を出せなかったのは、観ていてちょっと残念です。

 息子の時と比べてしまうのは良く無いのですが・・・あの時の息子のいたBチームとやっとトップチームが並んだかも・・・って言うレベルです。

 身体能力は、断然上なんですけどね・・・。(^^;

 伸び悩んでいます。



 時々、子供達と話をする事があります。

 また、息子がこんな事言っていた・・・なんて話も親御さんから聞いたりもします。

 その話をまとめてみると・・・彼らの思いが、何となく見えて来ました。

 伸び悩んでいる原因は、コレなんだろうな・・・って思います。



 「上手くはなりたいし、試合にも負けたくない」ここは、ホッとする所です。

 ただ、「勝てなくても良い」のだそうです。(^^;

 勝てなくても良いけど、負けたくは無い・・・そう言う事の様です。

 そして、ここが考えさせられる所なのですが・・・「今のまま、勝ちたい」のだそうです。



 ガミガミ言われながら、キツイ練習をしてまで勝ちたくは無い・・・って事の様です。

 「もっと優しくして欲しい」なんて、親御さんに言っていた子もいたそうです。

 自分達のやりたい様に・・・って言うのが本音の様です。(^^;

 それは、練習でも試合でもハッキリと見て取れます。

 純粋にサッカーで遊びたい子が多い様です。



 中には、最後に「県大会出場」を夢見ている子もいます。

 でも、そう言う子であっても練習を真剣に行ってはいない事が圧倒的に多いですかね。

 ワイワイ楽しく、時に口喧嘩なんかもして、楽しくサッカーしてます。(笑)

 それで良いのかも知れないね・・・この学年は・・・って思ってます。

 キツイ練習には、見学者も多いですから・・・『なでしこ』を筆頭に。(^^;



 思い返してみれば、色々な人に指導をされて来た学年ですが・・・何1つ身になっていないのは、こう言う事が原因だったのかな・・・って思います。

 「何も教わっていないの?」って首をかしげるコーチも何人かいました。

 知っているけど、やらない・・・やりたくない・・・ただそれだけです。(^^;

 「だって、疲れるもん」なんて普通に言えちゃう子達の集まりですから。

 自分に正直な子達です。



 比較的真面目に取り組んでいる子もいます。

 その子達がレギュラー組に何人かいるのですが・・・8人までは遠いのです。

 その穴を埋める事が中々出来ないまま気が付けば5年生になっていました。

 期待されていた学年だけに、期待に押し潰された・・・のかも知れません。

 レギュラー組からも何人か退団して行きました。

 もう直ぐ辞める子もいます。

 辞めそうな子もいます。

 これまで、見て来たどの学年とも少し違う・・・そんな気もします。



 最初は、勝つ事の喜びしか知らない子達でした。

 それも、学年が上がるにつれ負ける事が多くなって来ました。

 今では、負ける事に悔しさを感じているのかさえも分らない感じです。

 一部の子達だけが気を吐いている・・・そんな風にも見えます。

 でも、それさえもバラバラなのですね。

 試合中に口喧嘩が始まる事も多いのです。

 

 20人以上いた学年でしたが、気が付けばもう直ぐ15人になってしまいます。

 ちょっと寂しい気もします。

 期待すればする程、子供達は逃げて行く・・・そんな風にも見えます。

 自己主張の強い子達です。

 押し付けられる事を本当に嫌います。

 こう言うチームをまとめてゆくのって大変なんだろうな〜って思います。

 「今のままで・・・」子供達の願いは何処まで叶えられるのでしょうか・・・。

 そして、卒団の時・・・どんな事を思うんだろう・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

フリーマンって・・・

 『フリーマン』を用いた練習をする事が最近では多いのかと思います。

 私が子供の頃にはやった事の無い練習方法ですね〜。(^^;

 最初見たときは、ちょっと訳が分らなかった様に思います。

 多分子供達も、最初はそうだったに違いありません。

 観ている親御さん達も・・・の人少なく無いのだと思います。



 フリーマンとは、簡単に言ってしまえば・・・ボールを保持しているチームの味方です。

 フリーマンは、必ずパスを受けたチームにボールを返します。

 裏切りは無しです。(^^;

 状況によって、相手チームにも味方にもなる・・・そんな役割を担うのがフリーマンです。

 謎は解けましたでしょうかね?



 フリーマンになると、何が違うのでしょうか?

 どちらのチームから、パスが来るのかをしっかりと把握しないといけません。

 そして、そのチームにボールを返すのですから、全体を見れないといけないのですよね。

 ボールが来て初めて味方を探すのでは、遅過ぎて練習にはなりません。

 また、良い状態でボールを受ける必要がありますから、『ポジショニング』にも気を使う必要がある訳です。

 マークされっ放しのフリーマンでは、フリーマン失格ですよね。(^^;



 ですから、誰でもフリーマンが出来ると言う訳でもないのですよね・・・実際には。

 でも、小学生なら・・・色々な経験をさせると言う意味で、皆に交代でフリーマンをやらせる事も多いのだと思います。

 ただ、ボールは上手く回りませんよね・・・根気がいる練習となりがちです。(^^;

 実際、誰が行うのが良いか・・・と言うと、DFの選手なんだと思います。



 実戦を想定した練習としては、DFこそがフリーマンの役割を担うべきなのかな・・・って思います。

 まぁ、個人的な意見ですので・・・聞き流してください。

 パスを受けて、ワンタッチか2タッチでボールを捌く必要があるポジションて、DFなんだと思います。

 常にクリアーでは、残念ですものね〜。

 中でも、センターを努める子は、特にこう言ったプレイが必要なんだと思います。

 大きくドッカン、ドッカン蹴るだけでは、バックパスしようって気にもならなくなってしまいます。

 しっかりと、繋ぐ意識を持たせる為に、フリーマンを任せる事って大事な気がします。

 だって、後方から全体が見渡せるポジションですものね〜。

 マークされる事も無いですし・・・。



 と言う訳で、GKもフリーマンをやっておくべきです。

 『バックパス』への対応なんて正にコレが生きるシーンですよね〜。

 手が使えない分、慌てて蹴り出してしまう子の何と多い事か・・・。

 慌てずに繋ぐ処理が出来る様に、GKもフリーマンを徹底的にやっておいて損は無いのだと思います。

 こう言う事が、落ち着いて自信を持って出来るのなら、試合中でも安心してGKにパス出来る様になりますよね。

 そして、『数的優位』が作り出せます。

 GKから攻撃が始まるって格好良いと思いますけどね〜。(^-^)



 まぁ、何はともあれ経験です。

 難しいですけどね・・・慣れるまで、根気良くフリーマンさせてあげて下さい。

 色々と気付く事もある筈ですから・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

イジメ問題のその後・・・。

 コーチからのお誘いで、久しぶりに旧少年団の保護者達と呑み会がありました。

 以前、このブログでも触れた通り中学1年生の間でイジメが起きています。

 コーチもその事を、当事者の親御さんから耳にしていた様です。

 ついでに、このブログでも取り上げていたと言う事もあったのでしょうね・・・夏休みだし、呑みながら話をしようぜって事の様でした。



 イジメに関しての情報交換を一通り行って気が付いたの事は・・・殆どの親御さんが、その事を知らなかったと言う事です。

 「そんな事が起きてたんですか・・・」と言葉を失う方もいました。

 中学生になってから、あまりコミュニケーションを取っていないと言う親父は多かった気がします。

 私も息子や他の親御さん、そしてコーチとの話を耳にして、全体像が何となく見えて来た様に思いました。

 虐められていたのは1人だけである事。

 どうやら4人が中心となってイジメを行っていると言う事。

 そして、その子達にも別に腹が有る訳では無いと言う事。

 等々・・・。



 息子はと言うと・・・。

 どうやら、『ライン外し』は行ってしまったとの事。

 でも、水面下で「皆の手前、外したけど嫌いじゃないから・・・」って感じのメールを息子を含め数人が送ってくれていたと言う事。

 更に、秘密裏に別のラインを息子を含めた4人程度で組み、その中にイジメられていた子を招待していた事。

 でも、それも感付かれ、そのラインにもイジメっ子の介入があったと言う事。

 等々、息子達も無い頭を振り絞って、自分達の出来るベターな対応は模索していた様です。(^^;

 その事は、後日虐められていた子の親御さんから聞きました。

 人の道に何とか踏み止まっていてくれた様です。(^^;


 で、そんな呑み会のお陰でしょうか・・・好転した様です。

 イジメっ子に対して、「そう言う事言うの止めろっ!」って言う雰囲気が出来て来たと言う事。

 そのお陰で、今ではイジメも殆ど無くなったと言う事。

 あの呑み会の後、父ちゃんに絞られた子もいたのかも知れませんがね。(^^;



 これまで、大人の目のある所でサッカーをして来た子達です。

 部活動に変わって、大人の目に触れる事が無くなった事が、こう言う問題を引き起こしたんじゃないかなって思います。

 3年生の指導に忙しくて、1年生にまで目が届かないのですよね。

 観ていると、何時も隅っこの方で放置されています。

 練習も緩〜いですから、気持ちもダレてしまっているのでしょうかね。

 そんな中で起きたイジメでした。



 今回の事で、姿は見えずとも・・・常にオヤジ達が目を光らせているって事を感じてくれたかな?

 こう言う事は、本来は顧問である先生が気付いて欲しい所ではありますがね。

 少年団のコーチが心配しなけりゃならない事ではありませんから。

 卒団してから、こうやって集まれた事も素敵ではありましたけどね〜。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

腰椎分離症に注意!

 『腰椎分離症』と言う『スポーツ障害』を御存知でしょうか?

 少年スポーツに付き物と言っても良い障害です。

 成長期の子供、特に小学生に多いのですが・・・中学、高校でも発症する事があります。

 原因は・・・『酷使』、そして『疲労の蓄積』と言う所でしょうか。



 運動している時にだけ腰が痛んだり、前屈みになると痛かったり、仰け反ったりすると痛かったり、こう言う場合はちょっと注意が必要です。

 腰は、文字通り身体の要。

 大事にしてあげないと、一生付き合わないといけない障害となる事もあります。

 『早期発見』さえ出来れば、元に戻す事が十分可能なのですが・・・発見が遅れると、分離した部分は二度と貼り付く事は期待できません。

 手術してもどうかな・・・ってレベルだそうです。

 そうなってしまうと、一生物となってしまいます。



 ちょっとでもおかしいと思ったら、評判の良い『整形外科』に掛かるのが最善手だと言えそうです。

 早期では、レントゲン検査でも見つけ難い事が多く、それなりの経験を持ったスポーツ障害に詳しい医師の診察が不可欠だからです。

 せっかく、早期に受診しても、見逃してしまっては元も子も無いですからね〜。

 くれぐれも、一時的な痛み止めで騙し騙しスポーツをし続ける様な真似は避けるべきです。

 そうして、手遅れになってしまう子も非常に多いのがこの障害です。

 将来を期待された子が、この障害で未来を棒に振ってしまった・・・こう言う事例も多いのですね。



 復帰出来るまでには、概ね3〜4ヶ月を要すると言われています。

 その間は、基本安静ですが・・・長い人生を考えるなら、僅かな時間だと言えます。

 治療も基本的には『コルセット』での固定だけです。

 今無理をして、後で辛い思いをするのか・・・今我慢して、後で笑うのか・・・この差は大きい様に思います。

 スポーツ障害は、『気合と根性』では治りませんので・・・そこの所を忘れないで下さいね。

 予防には、休養を十分に取る事・・・これに付きます。

 練習量が多過ぎるかな・・・って思ったら、用事を作って休ませる事も必要ですかね。

 疲れを溜めない様にしないと、成長期の子供は直ぐに壊れます。

 大袈裟だと笑われても、過保護だと言われても、根性が無いと言われても、気合が足りないと言われても、救えるのは親御さんだけなんですよ。

 子供がスポーツ障害で苦しむのは、全て親御さんに責任があると思って良いのだと思います。

 少しでもおかしいと思ったら、直ぐに医者!

 これが大事です。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

資格ある者は誰?

 ベンチに入る為の『資格』と言うと、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

 『指導者ライセンス』を思い浮かべた人は・・・素直な人です。(笑)

 でも、それだけでベンチに入って本当に良いのでしょうかね?



 普段から、子供達を見てくれている指導者の方がいます。

 その中には、パパさんコーチも当然います。

 多くのパパさんコーチは、このライセンスを持っていない事が多いのです。

 その為、公式戦ではベンチ入りを許されない事があります。

 『D級ライセンス』以上の有資格者でなければ、ベンチ入りを許されない場合です。

 県大会以上では、こう言う下らない縛りがあったりするものです。



 で、気が付けば・・・日頃、子供達とは距離のある人がベンチに座っている事があります。

 有資格者ですね。

 少年団なら団長さんであったり、それに匹敵する存在のお偉いさん達です。

 そう言う人達が、突然子供達の指揮を取る事になる訳です。

 ちょっと、親御さん達にとっては違和感のある光景ではないのでしょうか?



 責任ある者としてベンチにいる事は、別に不思議ではありませんよね。

 親御さんが違和感を覚えるのは・・・子供達に指示し始めた時なのではないのでしょかね。

 「あの子達の事何にも知らないのに・・・」って感じる人は多い筈です。

 采配にも口を挟み出すと、日頃子供達を見て来たコーチは、既に置物と化してしまいます。

 酷い場合は、これまで何年も掛けて築いて来たサッカーを全否定して、自分の考えるサッカーを押し付け始める事もあります。

 これはこれで『モンスター』だと言えますかね。(^^;



 やり切れないのは、パパさんコーチでしょうか・・・。

 自分達が時間を割いてやって来た事を、無に帰する様な真似を目の前でされてしまうのですから・・・。

 こう言う団も未だ未だ少なく無いのですよね。

 6年になると、6年専門のコーチがいる団もあります。

 組織として一貫性を持った指導が出来ている団は、こう言う事が問題となる事は殆ど無い気がします。

 誰がベンチに入っても同じサッカーを指示出来るからです。

 でも、そうでは無い団は・・・ここで、不満が必ず出て来ます。



 私は、日頃子供達の指導に当たっている者が、試合でも指揮を取るべきだと考えています。

 そしてそれが、『必須の資格』であると思っています。

 子供達の事を良く知っているのは、やはり実際に指導して来た者達です。

 パパさんコーチであっても、そう言う意味では有資格者なのだと思います。

 ここを切り捨てる協会のやり方ってどうなんだろう・・・って正直思ってしまうのです。

 まぁ、底辺の事情なんて知りもしないのでしょうが・・・ねぇ。(^^;



 『特別枠』を設けてくれると良いのですが・・・せめて1人分だけでも。

 ライセンスの無い指導者・・・パパさんコーチ等も公式戦でベンチ入り出来る様に・・・だって、子供達をずーっと見て来てくれた人ですもの。

 最後は蚊帳の外では、余りにも・・・なんて気もします。

 今年から、うちの地域でもNTTの県大会には、この下らない意味の無い縛りがあります。

 どうかしてるぜ〜って思うのは私だけなんでしょうかね?

 ベンチに座る資格のある人って、日頃子供達を指導している人なんだと思いますが・・・。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

沈黙のベンチ

 何も言わず、ただベンチに座っている指揮官・・・有りです。

 私もどちらかと言えば、静観する方ですし・・・。

 ただ、それは・・・子供達が十分頑張っていると感じられる時に限ります。

 要するに、何も言うべき事が無い場合ですか・・・。



 子供達の試合への入り方が悪い事ってあります。

 これも指揮官の責任とする所が少なく無いのですが・・・そんな時は、『発破』を掛ける事が必要な時もあります。

 クラブチームは、どうか分りませんが・・・少年団では、こう言う事をしないと試合にならない事も多々あります。

 尻を叩かれないと動けない子、スイッチの入らない子って多いのですね。(^^;

 本人は力一杯やっているつもりなのです。

 でも、力が出ない・・・出せない理由が何かあるのです。

 気持ちが試合に向いていない事もあるかも知れません。

 緊張し過ぎて、力が出せないのかも知れません。

 色々な理由があって、リミッターが利いてしまっている状態になっています。

 そこで、何も声を掛けない事が果たして良い事なのか・・・ちょっと、思案所なのです。



 子供達の力を信じて沈黙・・・と言うのも勿論有りなのだと思います。

 でもそれも、何とか均衡を保てている間なのかなって思います。

 何度も失点しているのに、指示を出さない・・・そう言う指揮官も確かにいます。

 ただ、そうでは無いと考える指揮官もいます。

 私も、どちらかと言うとその手です。

 時として『鞭』は必要なのだと思います。

 手遅れになる前に・・・。

 それは、子供達の持っている本来の力を引き出す為にです。



 「もっとやれるだろ」って心の声と言っても間違いじゃないのだと思います。

 昨日観た浜名湖カップでの試合でもそうでした。

 明らかに子供達の試合への入りが悪かったのです。

 指導されて来た事が、頭の中から吹き飛んでしまっているのです。

 自分勝手なプレイ、約束事を無視したプレイ、注意力も散漫、自分がすべき事も分らない・・・そんな状況でも、ベンチは沈黙を保っています。

 業を煮やした親御さんから、子供達に声が掛かります。

 本来ならベンチが言うべき修正点や声掛けが保護者席の方から飛び交います。



 こう言う事は、保護者がするべき事ではありません。

 ベンチの仕事です。

 観戦マナーにも反する事です。

 にも拘らず、そう言う事になってしまうチームは少なからずあります。

 ベンチの方に覇気が無いのです。

 ヤル気が感じられないのです。

 それが、子供達に感染しているかの様な試合・・・こう言う試合は、時折見受けられます。

 「負けても良いよ」「期待して無いよ」って言われている気がして、何だか少し寂しくもなります。

 そう言うチームは、やはりと言うか、予想通りと言うか・・・勝ちを拾えないばかりか、得点すら出来ないチームである事が多いと言えます。

 そして、面白い事に指揮官が代わると、結果も変わって来る事が多々あります。



 指揮官の仕事って何なのでしょうかね?

 私もハッキリとは言えませんが・・・少なくとも、子供達が力を出し切れる様に手を尽くす事は、任務の1つなんだと思います。

 沈黙を守る事も悪いとは言いません。

 そう言うスタンスの人もいて良いのだとは思います。

 でも、観ている側からすると・・・ちょっと物足り無さを感じてしまうものなのです。

 保護者ってよ〜く観ている物なのです。

 『指揮官の仕草』や態度って・・・やはり、そう言う所に関心の有無って出て来てしまうんですよね。

 それが、声援を支持に変えてしまうのですよね。

 ちょっと、残念な・・・指揮官・・・そんな気もします。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

もう、うんざり・・・

 今日は、『浜名湖カップ』を観に行きました。

 U−15とU−12です。

 U−15は、副審が付いていました。

 一方U−12は、あの悪名高き1人審判です。(笑)

 どちらにも、残念なシーンがありました。

 それは・・・審判に文句を言う指導者です。



 U−15の方は、ちょっとしたベンチコントロールが入ったものの、U−12の方は野放し状態。

 U−12の方は、「お〜い、ちゃんと見てよ〜審判さんよ〜」なんて声も聞かれましたね。

 最悪です。

 このクソ暑い中、審判をやってくれているパパさん達が本当に気の毒です。

 サッカー経験の無い人も少なく無いのですよね〜最近の審判員て。

 仕方が無くやってくれているのに・・・その言われ様は無いですよね。



 もうこの際ですから・・・審判員は、指導者が行うと言う縛りを設けてしまえば良いのだと思います。

 で、指導者同士で罵り合えば良いのです。

 審判員がパパさんだから、好き勝手言えるのですよね〜聞こえる様に。

 同じ地域の指導者同士で険悪な雰囲気で試合をすれば良いのです。

 試合後に殴り合いになる位で結構!(笑)



 『予備審』もパパさんですから、「ベンチコントロールなんてしてこないし、仮にしてきても無視無視!」って態度が丸分りなのですよね〜。

 それを良い事に、審判員への不平不満を子供の前で言いまくるんですから、子供達も似た様な事をフィールド上でします。

 審判員への『アピール』に留まらず、相手チームの子と言い合いになるシーンもありました。

 自分のした事も分らない子達なのかな・・・って思える程の滑稽さです。

 この指導者にして、この子達在りって感じです。

 正直もう、うんざりな光景です。



 審判員は、指導者が行う事・・・これでもう良いですよ。

 審判員に対する『リスペクト』が無さ過ぎです。

 子供達を勝たせてあげたい。

 自分が率いているチームだから勝ちたい。

 そう言う気持ちは分かります。

 でも、だからと言って審判員を侮辱する様な行為は、許容される物でも無い筈です。



 もう、パパさん達は、審判資格を返納と言う事で・・・いいんじゃないですかね。

 「それじゃ、少年サッカーが成り立たなくなる」って声も上がるかも知れませんね。

 だから?

 嫌なら、全ての大会に協会の役員を派遣して、ベンチを監視する位しないとダメなんだと思います。

 残念ですが、その程度の物なんですよ・・・まだ・・・サッカーの世界なんて。

 子供達以前に、指導者の躾が急務と言えそうです。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

使い捨てなの?

 何処のチームでも『故障者』って、出る事がありますよね。

 医者からも止められ、練習も見学しているのに・・・試合には出場している・・・こんな事は、少年団レベルでは茶飯事だと言えます。

 特に、レギュラー組が故障者リストに名を連ねると・・・こう言う事が行われてしまう事があります。

 「本人が大丈夫だって言ってるから・・・」でも、見てみれば・・・何か走り方がおかしい・・・そう言う事も良くある話です。

 それで良いのだろうか・・・そう思ってしまう事もあったりします。



 元『体育会系』な親御さんや指導者の下では、こう言う事は極めて普通に・・・当たり前の事の様に行われる傾向があります。

 それが悪い事だと言うつもりは無いのですが・・・そう言う事を続けて行くのかな・・・と思うと、ちょっと心配な時もありますかね。(^^;

 「甘ったれるな!」とか「気合だ!気合!」なんて声も聞かれる事もあります。

 大事な試合とは言っても、故障者です。

 勝ち負けも大事ですが、もう少し子供の体を労わってあげられないものかな・・・なんて思ってしまいます。



 大した事無いと思っても、そう言う事を繰り返して行く内に、『慢性化』してしまう怪我や痛みがある事は案外知られていません。

 『スポーツ障害』なんて言葉を使うと、「そんな大袈裟な〜」なんて反応が多いのが子供のスポーツの世界の現状です。

 医師に『安静』と言われても、練習に顔を出してしまったり、見学するだけのつもりが、一緒に練習してしまったり・・・そう言う事も少なくありません。

 故障したら、医師の許可が下りるまで練習場へ近付かない・・・これが一番良さそうに思います。

 ちょっと、痛みが取れると大丈夫だと高を括ってしまって、治り切る前にまた無理をしてしまう・・・そして再発・・・こう言う子も少なく無いのですよね〜。

 もっと、深刻な状態になってしまう子もいます。

 親が医者に中々連れて行かずに重症化して初めて・・・なんて子も実際いますしね。

 軽く見過ぎかな・・・って思います。



 ・・・で、指導者側が子供の怪我を軽視し過ぎなのは、極めて残念な事です。

 いや、軽視してはいないのですよね。

 それを承知で起用するのです。

 勝つ為に。

 後の事なんて考えていないのですよね〜目先の勝利の方が大事なのです。

 口では、「無理をするなよ」って送り出す物の、試合に出場する事自体が無理してるんですから・・・。(^^;



 子供は、ベンチに入ればアピールをします。

 だって、試合に出たいですもの。

 多少の痛みは、我慢してしまいます。

 いくら子供が大丈夫だと言っても、起用しない強さを持ってもらいたいものです。

 子供の言葉に甘えて、出場させてしまうのは、大人としてはどうなのかなって思います。

 『自己責任』なんて言葉は、相手が子供ですから用いる事は絶対に許されない気がします。



 それでも起用するともなれば、子供達は『使い捨て』なのって疑問が生じても無理ないのです。

 今結果を出してくれれば、後の事なんてどうでも良い・・・そう考えているとしたら、本当に残念な事です。

 ちょっと、考えてもらいたい所かなって思います。

 だって、医者では無いですもの・・・指導者も親も。

 勝手な判断は、すべきでは無いですよ・・・やはり。


 

 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

でた〜奇跡のツインシュート!(プレミアリーグ開幕戦)

 漫画『キャプテン翼』でおなじみの『ツインシュート』が13日の『プレミアリーグ』開幕戦(ハル・シティー vs レスター)で炸裂です。

 しかも・・・『オーバーヘッドキック』と言うオマケ付きです。

 子供の頃、こんな事出来る訳ね〜よ・・・なんて思って試しもしなかったのは間違いでした。(T-T)

 実際の動画は・・・こちら・・・です。



 ちょっと、格好は悪いですけど・・・確かにツインシュートですよね!

 ボールも突き刺さる・・・とは行きませんでしたけど、確かにゴールしてます。(^^;

 以前バラエティー番組で挑戦していましたね。

 こちらがそれです。



 調べてみたら・・・この他にも『カミソリシュート』『反動蹴速迅砲』もJリーガーが挑戦してます。

 もっとも、これらはゲーム中では無いのですが・・・。

 でも、こう言う技も夢があって良いですよね〜。

 こう言う遊び心のあるプレイも子供のサッカーには必要な気がします。

 あんな事出来ないかな〜こんな事出来ないかな〜って考えて挑戦してみるって大事だと思いますよ。

 と言う事で・・・『スカイラブハリケーン』にどなたか挑戦してみて下さいね!(笑)

 報告お待ちしてま〜す!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf