勝てっこない・・・

勝てっこない


 チームに何人かトレセンに参加している子がいるかと思います。

 そう言う子は、他所のチームの誰が上手いのかを良く知っている事が多いのですね。

 〇〇君は、県トレだとか・・・ナショナルトレセンだとか・・・。

 試合に影響しなければ良いのですがね〜。(^^;



 対戦チームが分かれば、誰がどの程度のレベルなのか・・・そう言う事は、同じ地域のチーム内なら筒抜けですよね。

 多くの子はそんな事は、気にしていません。

 気にしてしまうのは、トレセンに参加している様な子の方です。

 変に警戒モードに入ってしまう事もあります。

 トレセンで出来てしまった序列・・・なんでしょうね。(^^;



 うちのチームでも、以前こう言う事がありました。

 1対1で対峙した時の事です。

 その子を抜けば、後はシュートを撃つだけ・・・と言う状況下で、うちのエースはクルリと背を向けて逃げる様にドリブルを始めたのですね。

 「えっ?」って誰もが思ったに違いありません。

 対峙した子が、県トレの子だったと言う訳です。

 地区トレの力では勝ち目が無い・・・そう思っての事の様です。(^^;



 悪いとは言いませんけどね・・・ちょっと、情け無い気もします。

 尻尾を巻いて逃げると言う言葉がありますが、そんな風に見えてしまう光景です。

 そこは勝負して欲しかった・・・男ならそう思っていまう所でしょうか・・・。(^^;

 ただ、その子は「逃げたんじゃない」と言っていました。

 ボールを失わない事は大事な事ですからね。

 この子の言葉を信じる事にします。

 ただ、あの状況下で勝負をして、仮にボールを奪われても誰も責めはしなかったんじゃないかな・・・って思うんですがね。


[ PR ] うちの子は伸びないね〜って思ったら初回は71%OFF!子供の成長期応援サプリ。>>詳しくはこちら



 逆に守備に転じた時にも、こう言うシーンがありました。

 県トレの子と対峙した、うちの地区トレ君・・・普段なら、その体格の良さを活かしてボールを奪いに行くのですが・・・その時は、足をヒョイッと出しただけ・・・もちろん、ヒラリと簡単にかわされて・・・シュート・・・失点です。(^^;

 試合開始直後の事でした。

 その試合は、見事に負けましたよね。

 どうせ勝てっこないって思ったんでしょうか・・・守備の要がそれでは勝てる試合も勝てなくなってしまいます。

 対峙する前から、既に負けているんですよね。



 相手が誰であろうが、立ち向かって行く勇気ってサッカーには必要な時があります。

 相手が強いと言う事を認めた上で、本気の勝負を挑む姿勢です。

 そう言う姿勢が無いと、今より上のレベルは目指せませんよね。

 ドリブルで抜き去る事が出来れば・・・相手のボールを奪う事が出来れば・・・それは、自信に繋がって来ます。

 たまたまかも知れませんがね。

 多少の勘違いも人を育ててくれますよ。(笑)




 子供達には、自分より強いかも知れない者に背を向けて欲しくは無いなって思いますよ。

 相手が誰であろうと、勝負を挑む姿って観ていても気持ち良い物です。

 戦わずして負けるのと、戦って負けるのとでは、同じ負けでも意味合いは相当違う様に思うんですがね。

 息子達のチームは、そう言う事は余り在りませんでした。

 普段から大人相手に練習をしていたから・・・なのでしょうね。



 まぁ、とにかく・・・勝負する前から、白旗を揚げる様な真似はして欲しく無いかなって思います。

 観ていて、ガッカリするのはそう言った消極的なプレイなんだと思います。

 もっと、勝負、勝負〜っ!

 大人も背中を押してあげられると良いのですけどね〜。

 ダメ出しばかりではなくて、勇気付ける言葉の1つも掛けてあげられる大人になりたいものです。(^^;

[ PR ] 赤ちゃんの肌トラブルにはコレ!【ファムズベビー】
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

勝てっこない・・・

勝てっこない


 チームに何人かトレセンに参加している子がいるかと思います。

 そう言う子は、他所のチームの誰が上手いのかを良く知っている事が多いのですね。

 〇〇君は、県トレだとか・・・ナショナルトレセンだとか・・・。

 試合に影響しなければ良いのですがね〜。(^^;



 対戦チームが分かれば、誰がどの程度のレベルなのか・・・そう言う事は、同じ地域のチーム内なら筒抜けですよね。

 多くの子はそんな事は、気にしていません。

 気にしてしまうのは、トレセンに参加している様な子の方です。

 変に警戒モードに入ってしまう事もあります。

 トレセンで出来てしまった序列・・・なんでしょうね。(^^;



 うちのチームでも、以前こう言う事がありました。

 1対1で対峙した時の事です。

 その子を抜けば、後はシュートを撃つだけ・・・と言う状況下で、うちのエースはクルリと背を向けて逃げる様にドリブルを始めたのですね。

 「えっ?」って誰もが思ったに違いありません。

 対峙した子が、県トレの子だったと言う訳です。

 地区トレの力では勝ち目が無い・・・そう思っての事の様です。(^^;



 悪いとは言いませんけどね・・・ちょっと、情け無い気もします。

 尻尾を巻いて逃げると言う言葉がありますが、そんな風に見えてしまう光景です。

 そこは勝負して欲しかった・・・男ならそう思っていまう所でしょうか・・・。(^^;

 ただ、その子は「逃げたんじゃない」と言っていました。

 ボールを失わない事は大事な事ですからね。

 この子の言葉を信じる事にします。

 ただ、あの状況下で勝負をして、仮にボールを奪われても誰も責めはしなかったんじゃないかな・・・って思うんですがね。



 逆に守備に転じた時にも、こう言うシーンがありました。

 県トレの子と対峙した、うちの地区トレ君・・・普段なら、その体格の良さを活かしてボールを奪いに行くのですが・・・その時は、足をヒョイッと出しただけ・・・もちろん、ヒラリと簡単にかわされて・・・シュート・・・失点です。(^^;

 試合開始直後の事でした。

 その試合は、見事に負けましたよね。

 どうせ勝てっこないって思ったんでしょうか・・・守備の要がそれでは勝てる試合も勝てなくなってしまいます。

 対峙する前から、既に負けているんですよね。



 相手が誰であろうが、立ち向かって行く勇気ってサッカーには必要な時があります。

 相手が強いと言う事を認めた上で、本気の勝負を挑む姿勢です。

 そう言う姿勢が無いと、今より上のレベルは目指せませんよね。

 ドリブルで抜き去る事が出来れば・・・相手のボールを奪う事が出来れば・・・それは、自信に繋がって来ます。

 たまたまかも知れませんがね。

 多少の勘違いも人を育ててくれますよ。(笑)




 子供達には、自分より強いかも知れない者に背を向けて欲しくは無いなって思いますよ。

 相手が誰であろうと、勝負を挑む姿って観ていても気持ち良い物です。

 戦わずして負けるのと、戦って負けるのとでは、同じ負けでも意味合いは相当違う様に思うんですがね。

 息子達のチームは、そう言う事は余り在りませんでした。

 普段から大人相手に練習をしていたから・・・なのでしょうね。



 まぁ、とにかく・・・勝負する前から、白旗を揚げる様な真似はして欲しく無いかなって思います。

 観ていて、ガッカリするのはそう言った消極的なプレイなんだと思います。

 もっと、勝負、勝負〜っ!

 大人も背中を押してあげられると良いのですけどね〜。

 ダメ出しばかりではなくて、勇気付ける言葉の1つも掛けてあげられる大人になりたいものです。(^^;

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

少年サッカー百景

少年サッカー百景


 今週末は、色々なチームを見る事が出来ました。

 そんな中から、印象に残った物を幾つか・・・。



 とても雰囲気の良さそうなチームがありました。

 試合としては負け試合だったのですがね。(^^;

 失点しても「いいよ、いいよ、取り返そう!」って声が子供達自身の中から掛かります。

 皆が大量失点にも関わらず、下を向く事無く、諦める事無く、手を抜く事無く・・・精一杯今出来る事をしている・・・そんな感じのチームです。

 闘志が全く衰えて行かないんですね。

 失点しても、失点しても、前へ、前へと進んで行きます。

 結局無得点でしたけどね。



 GKの子がペナルティーエリア外で、ボールをキャッチしてしまったシーンでも、ベンチにいる子から直ぐ様「ドンマイ!」って声が掛かります。

 ベンチもその事を咎めません。

 もちろん、フィールドの子達も直ぐに戻って壁を作ったり、マークに就いたり・・・守備をしています。

 誰も、何も文句を言わないんですよね・・・GKの失敗に。

 全員で攻めて、全員で守って、とにかくがむしゃらにサッカーをしています。

 決して上手とは言えないのでしょうが、そんなに下手でも無いのです。

 仲間同士の助け合いも出来ていて、凄く雰囲気の良いチームでした。



 試合終了のセレモニーの時に、主審が「何だこのチームは・・・全然ダメだな・・・」って、ボソッと一言漏らしたチームがありました。

 私と副審をしていた人は、その理由に気が付かなかった様ですが・・・私には直ぐにピンと来ました。

 それは・・・審判員との最後の握手の時・・・誰一人「ありがとうございました」と言えなかったチームです。

 無言で・・・誰一人口を開かずに、去っていったのですね。

 「あっ、そう言う事!?」って私と一緒に副審をしていた人も私の話で合点が行った様ですが・・・。(^^;



 常にそうだとは思いたくないのですが・・・やはり、勝っても、負けても挨拶はしっかりと出来た方が気持ち良く終わる事が出来ますかね。

 礼に始まり、礼に終わるなんて良く言われますが、こう言う習慣は大事なんだと思います。

 リスペクト精神の一環ですよね。

 審判員もサッカーを構成する一部である大事な存在ですから・・・そこへの敬意も忘れてはいけないんだと言う教えです。

 指導・・・なんでしょうね・・・やはり。(^^;


[ PR ] たった3秒のケアで効果は8時間!肌トラブルには【ファムズベビー】



 審判員が不足しているチームもありました。

 唯1人で、回さないといけないチーム事情の所もあった様です。

 そうでは無くとも、やはり2人出す事が難しいチームもありました。

 2チームエントリーに対して審判員が不足してしまったチームです。

 同時刻に試合となると、どちらかが出来なくなります。

 他のチームの協力を得て、何とかしていた様ですが・・・大変ですよね。(^^;



 土曜日の大会はこう言う事がある時がありますか・・・。

 週休2日の会社ばかりでも無いし、ましてや土曜日が休みでは無い会社もありますから・・・仕方が無いですよね。

 うちだって十分な人数を確保してはいますが、土曜日だけは都合が中々合わない時がやはりあります。

 1人で審判をしなければならない時だってありますね。

 子供達の為に頑張ってくれています。

 時にはベンチにコーチが不在・・・そんなチームもありますからね。(^^;



 立ったり、ふらふらしたりしながらお昼ご飯を食べていたチームもありましたね。(^^;

 コートを間違えていたチームもあります。(笑)

 ハーフタイムの間の練習を中々切り上げないチームもありました。(汗)

 試合中のゴール裏でボールを使って遊んでいたチームもあります。

 叱られっ放しのチームもありましたね。

 

 大会には色々なチームがやって来ます。

 人の振り見て我が振り直せと言う点もあるでしょうし、感心し取り入れたい部分もあるでしょうし、試合会場には色々な景色が見て取れます。

 せっかく来たのですから、手土産を持って帰れると良いですね。

 何か見付けてみてください。

[ PR ] 身長は遺伝じゃない?!栄養機能食品「ノビルン」>>詳しくはこちら


【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

目指せスポーツマン!!

スポーツマン


 良く耳にする言葉にスポーツマンと言う物があります。

 色々なスポーツを嗜んでいる様な人をスポーツマンなんて言う事もありますよね。

 多くの人は、その程度にしか考えていませんよね。

 それが、普通ですよ・・・。



 じゃぁ、スポーツマンて実の所何なのよ・・・って言うと、答えられない人も多い筈です。

 その位曖昧な使われ方をしている言葉でもあります。

 私も息子がサッカーを始めなければ、気にも留めなかった言葉なんだろうなって思いますよ。(^^;

 日本語にするなら・・・運動する人・・・位がピンと思い浮かぶ筈です。

 でも、もっと掘り下げてみて欲しいと思います。



 スポーツとは、遊び楽しみ気晴らしの事だと言う事は、以前にもこのブログで記事にした事があります。

 スポーツ自体は、生きる為に必要な物・・・と言う訳ではありませんよね。

 所詮は遊びだからです。

 でも、遊びがないと人生は味気無い物になってしまいそうです。

 非日常的な楽しみがあってこそ、本業にも力が入ると言う物ですよね〜。



 ですから・・・スポーツマンとは、遊ぶ人とか楽しむ人位の日本語がピッタリなんです。

 でもね・・・ここが肝心なのです。

 単に遊ぶ、楽しむだけで終わっている内は、スポーツとは言えないのです。

 そこには、何か足りない物があるのですよ・・・実は。



 スポーツとは、遊びなのですが・・・そこには、競技と言うもう1つの顔があります。

 その心は・・・勝敗を競う・・・と言う事になるかと思います。

 単に遊びで終わっている内は、勝敗に拘る姿勢を前面に出す事は先ずありません。

 逆に、そう言う人は引かれてしまいますよね。(^^;

 でも、競技として行う場合、今度は勝敗に拘る姿勢が最も大事となって来ます。

 この違いは、非常に大きな違いだと言えます。


[ PR ] チビだ、チビだ、うるさいんだよ〜だったら試してみてよコレ・・・子供用サプリメント「ノビーノカルシウム+ビタミン」



 勝敗に拘って遊ぶ、楽しむ・・・何だか相反する事を言っている様にも聞こえますが、スポーツの本質はこれなのだと思います。

 それはつまり、真剣に遊ぶと言う事なんです。

 プロスポーツは、真剣に遊んだ結果・・・遊びが仕事になったと言うだけです。

 そんなのは全体の一握りでしかありません。

 殆どの人は、アマチュアとして頑張っています。

 頑張ったって、給料は貰えません。

 でも、頑張っているのですよね。

 真剣にその競技と向き合っているからです。

 そして、それがスポーツなんですね。



 スポーツマンとは、真剣に遊ぶ人・・・こんな感じの日本語がしっくり来そうです。

 子供達が目指す物は、このスポーツマンであって欲しい気もしますね。

 せかっく、長い年月をサッカーに費やしているのですから、上手い下手に関係無く、真剣にサッカーと言う競技と向き合って欲しいんです。

 小学生の間だけでも、6年間ですからね〜相当な時間をサッカーに費やしている事になります。

 更に、中学、高校と続けて行くのなら、人生の殆どの時間をサッカー中心に生活して行く訳ですから、真剣味が無いと単に遊んでいただけになってしまいます。

 そうなってしまっては、何も得る物が無くなってしまいそうですよね。



 そして、もう1つ忘れて欲しく無い事があります。

 それは・・・子供達に関わる大人達にです。

 子供達が本気で遊ぼうとしているのですから、そこに関わる大人も本気で子供達の遊びに付き合って貰いたいんです。

 そうしないと、子供達も本気で遊べなくなってしまいます。

 指導も本気で、応援も本気で、皆が本気で関わって行かないと子供達も本気になれなくなってしまうんだと思います。

 競技者の子供達のみならず、そこに関わる全ての人がスポーツマンである事・・・これが大事なんじゃないのでしょうかね?

 さぁ、皆さん、目指すはスポーツマンですよ〜!!


[ PR ] うちの子は偏食で・・・なんて嘆いているだけじゃね〜試してごらんよ!!【アスミール】


【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

聞こえてますよ・・・

観戦マナー


 観戦もヒートアップして来ると、色々な言葉が飛び交う事があります。

 まぁ、聞き流せる類のものなら良いのですがね。

 中には、耳を疑ってしまう様な事を言う方もいます。

 興奮し過ぎて周囲が見えなくなってしまっているのでしょうか・・・?



 少年サッカーの試合では、互いのチームの保護者達が非常に近い位置で観戦をする事が多いと言えます。

 そんな状況下では、小さな声で話しているつもりでも・・・聞こえて来てしまう事も多いんですよね〜。

 この間もうちの直接フリーキックの場面、結果として外したのですが・・・「何だ大した事ないな・・・」って隣でボソッと言ってのけたKYな方がいます。(^^;

 そりゃもう、キッカーの親御さんは・・・想像にお任せします。(笑)



 案外、気にされている人が少ないと思いますが・・・女の子にも注意をして欲しいかなって思います。

 「女になんかやられてるなよ〜!」なんて、自分のチームに向かって言う事なんかもあります。

 でもこれ、女の子からしてみたら・・・男より劣る筈の女になんか負けてんじゃね〜・・・って聞こえるらしいんです。

 「女の癖に上手いね〜」なんてのもそうですね。

 男の子の方が、上手いに決まっているって・・・無意識にそう思っている所があるんですよ・・・やはり。

 「女の子なのに頑張っているね」って言うのも、聞こえて来ると嫌な言葉なんだそうです。

 未だ未だ、男性社会と言う事でしょうか・・・少年サッカーの世界も。



 最近では、プロの世界でも差別発言が問題となっています。

 特に人種差別ですか・・・。

 Jリーグでも問題となった横断幕がありましたかね。(^^;

 少年サッカーにも、外国籍の子供がチラホラ見受けられる様になっています。

 外国籍の子と言うと・・・上手いに違いないって思い込みもあったりして・・・実際プレイを観てみると・・・「何だ、大した事ないじゃん!」なんて、ついポロリと言ってしまう方がいます。

 思い込み通りずば抜けて上手だと、今度は・・・「あんなの卑怯だよ!」なんて言い出すんですよね。(^^;

 容姿の事を口にする方もいますね。

 胸の中でそう思うだけならまだしも・・・口に出してはいけませんよ・・・やはり。

 その子達は、見た目は外国人ではありますが・・・日本語は分かりますから・・・嫌な思いしていると思いますよ・・・色々な意味で・・・試合の度にね。

 

 会場では、何も観戦中だけが要注意と言う訳でもありませんよ〜。

 多くの人が行き交う会場です。

 何気無い話も擦れ違い様に聞こえてしまう事もあります。

 うちの団もやらかした事がある様です。(汗)

 「次の対戦チームは、大した事無いみたいよ〜」なんて事、つい話しながら歩いてませんかね?

 大体、そう言う試合は負けてしまうんですよね・・・不思議と。(^^;



 観戦する大人の方に少しの気遣いがあれば、皆が気持ち良く会場を後に出来るんだと思います。

 失言した人の事って、案外覚えられているものなんですよね。

 そのお子さんまでも・・・。

 又、何処かで同じ会場となった時に、「あ〜いたいた、この間の人」なんて思われているものです。

 で、そのお子さん共々影で笑われてしまっているんですよ・・・。

 ちょっと、気を付けたいですよね・・・お互いに。(^^;

TV通販公式サイト ビートップス(B-tops)

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

見苦しい指導者

見苦しい指導者


 試合中、ベンチって非常に多くの人に観られています。

 反対側には両チームの保護者の方がズラリと並んでいるのですから、それだけでも相当な数になる事もありますよね。

 それ以外でも、試合ともなれば観ている人は多い訳です。

 小心者の私なんかは、身の引き締まる思いがするのですが・・・。



 試合中、ベンチにふんぞり返っている指導者の方がいます。

 夏場には、ふんぞり返った上に、シャツを捲り上げて立派なお腹を見せびらかしている方もいますね。

 信楽焼きの狸がベンチに座っているかの様です。(笑)

 どう言う神経をしているのか・・・。

 その上、こう言う方は言葉も荒い・・・「何やってんだよ〜」「辞めちまえっ!」なんて言葉も聞こえて来ます。

 子供達のみならず、審判や相手チームの指導者にも同じ様な言葉遣いで悪態を付く事もしばしば・・・。

 背もたれがそうさせているのだと信じたい位です。(^^;



 ハーフタイムに、子供達に怒りをぶちまけている狂乱の指導者の方もいます。

 中には、子供達の水筒を蹴飛ばして・・・気が触れた様に怒鳴り散らしている方もいます。

 周りはドン引きですよね。(^^;

 こう言う指導者に保護者の方は何も言わないのだろうか・・・って、不思議に思う時もありますが・・・言えないんでしょうね。

 噛み付かれそうですから。(笑)

 まぁ〜僅か5分の間に、子供達に負のエネルギーを注入する手腕は、大した物なんだろうなと思います。


[ PR ] 着るだけでぷにょぷにょがキュっと引き締まる!!24時間ボディメイク【マッスルプレス】


 1人でブツブツ言っている指導者の方もいます。

 第4審副審なんかをしていると聞こえて来る事もあるのですが・・・「ダメだ・・・全然ダメ。」「あ〜やっちゃった。」「何でああなるのかね?」「使えね〜」なんてネガティブな事を誰に言う訳でも無く1人ツイートしている方です。(笑)

 特に、大声で指示を出したりする訳でも無く・・・唯ひたすら、呟いているんですよね。

 まぁ、実害は・・・ベンチにいる子達に有りますか。(汗)

 ちょっと、病的にも見えなくも無いですかね。



 逆に全てのプレイに干渉すると言う不可能に挑戦している指導者の方もいます。

 「そこで、〇〇に落とす。で、サイドに展開。そう、そのままドリで持ってけ。そこで、センタリングだ!」

 なんて、試合開始から終了までズ〜ッと大きな声で指示を出し続ける監督と言うよりは演出家な方がいます。

 全ての段取りは、この方の頭の中にあるので・・・子供達は、この方の指示通りにプレイをする事が求められます。

 指示に背く者がいたら、そりゃ大変な事です。

 また、段取りを考え直さないといけませんから・・・でも、こう言う方は臨機応変に対応出来る非常に高い能力を持っているので心配は無用です。

 そして、シナリオ通りに事が進まなかった時の決め台詞は「もっと、自分で考ろっ!」「頭を使えっ!」ですから・・・。(笑)



 試合会場には、こう言うあなたの知らない世界が広がっています。

 そこに住む異形の妖怪達を見付けても凝視はせずに、チラ見位にしておきましょう。

 目が合ったら・・・あなたに災いが降り掛かるかも知れませんよ・・・。(笑)

 あなたの周りにもいるかも知れません・・・見苦しい指導者・・・。


[ PR ] 親子で学べる!教科書に沿っていてテストで高得点を狙える!【月刊ポピー】。まずは無料おためし見本から!

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

いい加減なキック

いい加減なキック


 ボールを蹴るって思っている程簡単ではありません。

 真っ直ぐに蹴ろうと思っても、中々上手くは行かない物です。

 誰だって、狙った所に蹴りたいんですけどね。(^^;

 試しに空き缶でも立てて、それを的として狙ってみて下さい。

 10回中何回空き缶を倒せますかね?

 遠くなればなる程、命中率はぐんと下がるんですよね〜。

 僅か10mの距離でさえ、当たらない子って相当いますよ。(汗)




 キック練習なんて時間を取らなくても、常に使っている筈の技術なんですが・・・その精度と来たら、絶望的に低い事が多いんですよね。

 低学年の子はともかく・・・高学年の子は、そこそこイメージ通りのボールが蹴れないと辛いですよね。

 試合の流れを左右する大事な技術です。

 特に、インサイドキックで狙った所に蹴る事が出来ないと、試合に出場する機会も減って来てしまいそうですよね。

 このインサイドキックをいい加減なままにしている子は相当多いと言えます。



 百発百中なんて無理な事はいいませんが、少しでもそれに近付ける様にする為の練習です。

 正確さに関しては、絶対に意識させないといけない所なんだと思います。

 最初は、10回蹴って1回、2回しか狙い通りのボールが蹴れなくても良いのです。

 それは、何年も掛けて繰り返し正確性を意識させてようやく身に付く技術なんだと思います。

 息子達中学生でも、まだまだ全然ですからね・・・。(汗)



 止まっている人同士でやっても難しいのですから、動いている状態でともなれば、更に難易度は上がって来ます。

 こちらは相当意識をしないと狙った所へはボールを蹴れません。

 少し頭も使います。

 相手も動いているのなら、その先を予測しないといけないからです。

 突っ立ったままのパス練習では、中々身に付けられそうもない技術です。

 どの位時間を割けているでしょうか・・・。


[ PR ] えっ?私臭いかも・・・口臭、体臭の悩みスッキリ!【 ブレスEX 】


 こう言う事は、得点にも大きく影響してきます。

 以前も書いたのですが、シュートはゴールへのパスと言われています。

 シュートこそ、狙った所に蹴り込む事が求められるプレイなんですよね。

 フィニッシュが決められるか否かは、そのキックの精度に掛かっています。

 こちらも、動きながら、プレッシャーを受けながら・・・と言う状況の中で行うプレイです。

 難易度は相当な物ですよね。



 ただ、シュートと言うと・・・どうも、思いっきりインステップで蹴る子が多いんですが・・・その必要性がある場合ってそれ程多く無い気がします。

 インサイドで正確に狙えさえすれば事足りるシーンでも、インステップで全力で振り切る子は多いですよね。

 その結果・・・枠外にボールが飛んで行ってしまう事もあります。

 勿体無い話です。

 スカッとしたい気持ちは分かるんですけどね〜。(^^;

 状況に合ったキックの選択も大事なんですよね。




 状況に合ったキックと言う点では、球種と言う事も考えないといけません。

 逆回転くらいは、皆掛けられる様になりたいですよね。

 受け手に優しいボールを出す時や、DFとGKの間に落としたい時なんかは重宝します。

 球威が強過ぎて、ラインを割る様なシーンは多いですからね。

 選べるキックがあるとプレイにも幅が出て来ますよね。



 いい加減なキックのままサッカーを続けていても、自分もチームメイトも楽しく無くなってしまうんだと思います。

 サッカーは、足でボールを操るスポーツです。

 今日は、10回中1回しか狙った所に蹴る事が出来なかったとしても、明日は・・・明後日は・・・半年後は・・・と言う風に、少しずつでも狙い通りのキックが出来る様になれば良いのです。

 その為には、一回一回のキックをいい加減に行わない事・・・これに尽きるかと思います。

 何時も、正確さ・・・ここに拘ってキックをする事って、本当に大事です。

 でも、相当な時間を要する事でもあります。

 気長にコツコツと続けて欲しい練習ではありますかね。

[ PR ] 父ちゃんだってバッキバキになってやる!脂肪燃焼、筋肉増強の加圧シャツ【 スリムゼウス 】

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

親馬鹿な馬鹿親の独り言

 ふと、家のフォトフレームに目をやると・・・小学1年生の時の息子の姿が・・・。

 それは、初めての大会の時の写真。

 この大会から、あの子達のサッカー人生は始まったんだな・・・って、まぁ〜しみじみと思いにふける訳です。(^^;

 あの日の事は、今でもよ〜く覚えています。



 胸にひらがなで書かれた、チーム名が懐かしさに拍車を掛けます。(笑)

 そう言えば、こんなユニフォームを着ていた時期もあったね〜。

 その大会は、入団して初めての大会でした。

 決勝でクラブチームに負けてしまって、準優勝と言う成績。

 小学校の時は、準優勝から始まりました。

 そして今、中学校でも準優勝から始まったのです。

 この時の決勝の相手はクラブチーム・・・今回も元クラブチームと元少年団の混合チームに一年生大会決勝で負けたのでした。

 こう言う所に、勝手に運命的な物を感じるのも親馬鹿の馬鹿親たる所以です。(笑)



 こんなに小さかったのに・・・今では、もう少しで私に追いつこうと言う身長・・・足のサイズは、もう私よりも上です。

 可愛らしかった声も、声変わりをしてしまい低めの声に・・・ただ、返事は今でもあの頃のままです。(^^;

 泣き虫なのも変わってません。

 唯違うのは、今ではチームの大黒柱になりつつある事です。

 守備が出来ない・・・そう言われ続け、試合から次第に遠のいて行った子が、今ではセンターバックとして、1つ上の学年で試合に出ています。

 プレイスタイルが変わった訳ではありません。

 ちょっと、足が速くなったと言うだけです。




 一年生大会を準優勝で終えて、泣きじゃくる子達を見ていると・・・こちらまで、ウルッと来てしまいます。

 実際、帰りの車中で・・・何ででしょうね・・・涙が溢れてしまって。(^^;

 嬉しさ半分、残念な思い半分・・・良くやったと思う反面、まだまだやれた筈と思う気持ちもあって・・・あの子達の指導に関わって来た事を誇りに思う気持ちもあれば、もっと上手に指導が出来れば・・・と思う気持ちもあって・・・でも、本当は・・・県大会のフィールドを駆け回る息子の姿が見られた事・・・それが一番嬉しくて、でも最高の結果が付いて来なかった事が残念で・・・そんな感じなんだろうな・・・と思います。

 去年は、あまりに冷静で、泣く事も出来ませんでしたから・・・。

 それが、私にとっての忘れ物だったんだと気付かされます。

 あ〜、本当は、勝っても負けても去年息子達と一緒に泣きたかったんだって・・・。

 馬鹿でしょ。(笑)

 まぁ、これで小学生の時にやり残した事はクリア出来たかなって・・・。

 イタイ親の独り言は、この辺で・・・。(^^;

[ PR ] 頭にも春の息吹を感じよう!育毛剤なら【プロミノ】
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

兵共が夢の後・・・

兵共が夢の後・・・


 中学生の一年生大会県大会も、残す所後2試合・・・決戦は磐田市の安久路グラウンドです。

 ここまで来ただけでも、凄い事なんだと思います。

 他の学校は、複数の少年団の混合チームである所も多く、良いとこ取りが出来るのですが・・・うちの場合は、一少年団そのままなんですよね。(^^;

 抜けた者はいるが、新戦力がいない状態で迎えた今年の1年生大会です。

 それだけに、良く頑張った・・・そう言えます。



 この日はコーチも朝から応援に駆け付けてくれました。

 息子達の試合の前に既に準決勝1試合目は行なわれていました。

 勝ったのは・・・息子達が最も警戒していたチームです。

 「おそらく・・・」と息子も予想していただけに、緊張が走ります。

 が、先ずは準決勝・・・ここをしっかりと勝ち進まないと・・・。

 

 初戦、県大会4戦目、準決勝2試合目です。

 この日も試合への入りが悪かったと言えます。

 緊張しているのが丸分かりの硬さです。

 それでも、先制点を叩き出したのはうちでした。

 これで、波に乗ったのか・・・追加点も奪い2点リードで前半を折り返します。

 後半分・・・ここで、子供達に変化が現れます。



 このまま守り切ろう・・・そう思ったのでしょうか・・・攻撃の手を緩めてしまいます。

 不要なバックパスを多用し始めると・・・流れが変わって来てしまいました。

 慢心・・・とは思いませんが、逃げ切りたい・・・と言う誘惑に負け始めた瞬間だったのかも知れません。

 連戦で疲れも溜まっていた・・・のかも知れませんね。

 運動量が落ち、パスを回そうとしますが・・・繋がらない・・・奪われてピンチを招く様になります。

 そして、ついにこの県大会初失点を喫します。

 それで、慌てたのか・・・今度は攻勢に打って出ようとしますが・・・流れは中々変えられません。



 終了のホイッスルに助けられたのは、それからしばらくしてからでした。

 長い辛抱の時間だったと言えます。

 前半に2得点出来ていなかったらと思うとゾッとします。

 しかし、これでついに夢の決勝へと駒を進める事が出来ました。


[ PR ] だから、ハゲって言うな!!全額返金保障の育毛剤なら【プロミノ】


 そして、ついに決勝戦です。

 この子達が少年団に入団して以来、7年越しの夢が後少しで叶います。

 この学年は、子供達が強く上手くなりたいと望み、親御さん達も強くなって欲しいと願い力を入れて来た学年です。

 後少しで皆の思いが結実する所まで来る事が出来たと言えます。

 本当は、去年・・・そう言う思いも皆抱いているに違いありません。



 2試合目、県大会5回戦・・・決勝戦です。

 ついに頂点を賭けた戦いが始まりました。

 息子達は・・・ワントップにして、守備的な布陣を取っています。

 どうやら、カウンター狙いに走った・・・そんな感じでしょうか・・・。

 それが逆に、ここまで機能して来たハイプレスを封じ込んでしまう結果となる事に・・・。



 それでも、何とか一進一退の攻防を繰り返します。

 守ってからのカウンター・・・パパさん達の脳裏を去年仕込まれた「縦ポンサッカー」が過ぎります。

 これじゃ、去年と同じだ・・・ぼそっと誰かがこぼします。

 均衡を破ったのは・・・うちの得点でした。

 左後方からのロングフィードが得点をアシストしました。

 でも、これはここまでして来たサッカーじゃない・・・そこに、一抹の不安が残ります。

 しかし、優勝に指先が何とか届いた瞬間でもありました。



 後半に入っても、度重なるピンチを何とか凌ぎながらカウンターのチャンスを窺ってはみますが、追加点は奪えず・・・。

 そうこうしている内に残り約3分と言う所まで来ます。

 そこで、またサッカーの神様が動き出します。

 とうとう、失点を喫してしまいます。

 中盤でのプレスが掛からず、自由にさせ過ぎてしまった結果です。



 そのまま、後半終了のホイッスルが鳴り、5分ハーフの延長戦に突入です。

 延長戦に入ると、布陣が変わっていました。

 予選の決勝トーナメント初戦の・・・あの負けを喫した時とほぼ同じ布陣です。

 「なぜ?」

 その不安は直ぐに的中します。

 あの時と同じ右サイドから侵入を許し・・・そして・・・ついに失点してしまいます。



 直ぐに前半は終わり、後半です。

 攻めはすれども、得点には遠く・・・無情にも延長戦の終了を告げるホイッスルが会場に響き渡ります。

 会場に歓喜とため息が入り混じります。

 7年越しの夢は叶わず・・・ここでTHE ENDです。


[ PR ] 文字盤がクルクル回るオシャレな高級時計【BRILLAMICO(ブリラミコ)】


 試合終了後、顧問の先生が親御さん達を呼ぶ声が聞こえます。

 どうやら、写真撮影を・・・との事です。

 子供達の所に行くと・・・皆、涙に濡れています。

 息子も涙を流しながら、うつむいて・・・写真撮影用に子供達が並んでくれているのですがね。

 皆、下を向いてしまっていて、とても記念撮影所じゃない様子です。

 顧問の先生も困っています。



 「オイ、顔を上げて、胸を張れ!県2位だぞ!」声を掛けてみます。

 頼むから顔を上げておくれ・・・じゃないと、お前らを指導して来たコーチや俺たちパパさん達が、お前らに逆に申し訳ない気持ちになっちまう・・・そう思いながら、写真を撮影している自分がいます。

 息子は、結局顔を上げる事は出来ませんでした。

 歩きながら、皆涙を流しています。

 流石のコーチも掛ける言葉が見付からない・・・そんな感じでした。



 ただ、跳びぬけて上手な子がいないこのチームが、ここまでになったのは・・・やはり、皆が同じ思いでチームに関わって来た6年間があったからなんだと思います。

 そして、コーチの存在・・・これが一番大きいのです。

 今だけを見た指導をして来なかった事・・・コレに尽きるんだと思います。

 それは、7年目にしてこうして1つの結果として現れたと言えます。



 エコパの方でも、6年生が最後の公式戦を終えました。

 優勝は、入江SSSです。

 エコパは、これが小学生活最後の公式戦です。

 一方、安久路は、これが息子達の中学生として最初の公式戦でした。

 終わりと始まり・・・同じ日に行なわれたそれぞれの県大会決勝です。



 息子達は、今度は宿題を持ち返る事となった様です。

 次の公式戦は、更に上を目指して・・・と言う事になるのかなって思います。

 それぞれが、それぞれの宿題をちゃんとこなせるか・・・さて、次回を楽しみに待つ事とします。

 やはり、どの大会に出しても恥ずかしく無い子達ですよ・・・こいつらは。

[ PR ] より上を目指すなら、眼球を鍛えろ!!世界初の動体視力トレーニングメガネ『Visionup』
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング

あの日の忘れ物

あの日の忘れ物


 中学生の一年生大会、2日目です。

 一年前にNTTの県大会で散ったあの場所が試合会場です。

 息子は、去年このフィールドに立つ事を許されませんでした。

 他の子達も皆、それぞれにフィールドに残して来てしまった物があります。

 息子達子供は勿論ですが・・・親御さん達も残して来てしまった物があった様です。



 初戦、試合開始後直ぐに息子がミスをします。

 緩いボールのトラップを失敗し、そこからピンチとなります。

 非常に硬い・・・皆、試合の入りが悪かったと言えます。

 それで、スイッチが入ったのか・・・それ以降は、何時ものサッカーに少しずつ戻り始めました。

 しかし、押してはいるものの得点は奪えません。

 閉塞感が漂い始めた頃、コーナーキックのチャンスが訪れます。



 息子もす〜っと上がって行き・・・手を上げてボールを呼び込みます。

 ニアサイドに流れた息子に低めのボールが蹴り込まれます。

 それを後方へ逸らすように頭で合わせます。

 ふんわりとしたボールがゴールに吸い込まれるまで、ゆっくりとした時間が流れます。

 しばらくして、ゴールネットが揺れたのが分かりました。

 均衡を破ったのは、息子のヘッディングでした。



 これで、波に乗った・・・そう言えます。

 追加点を首尾よく奪い、終わってみれば4−0・・・2回戦突破です。

 4得点中3得点は、去年NTTの県大会に出場出来なかった元Bチームの2人です。

 その他の元Bチームの子達も県大会のフィールドに立つ事が出来ました。

 あの日の忘れ物を先ず1つ取り戻す事が出来た・・・そう言えます。


[ PR ] もうハゲなんて言わせない!生えなかったら全額返金の育毛剤【プロミノ】


 続く2試合目、県大会の3回戦目です。

 去年は、ここでの2試合目で延長の末に敗れています。

 ここを乗り越えて、もう1つの忘れ物・・・決勝の地に足を踏み入れる事・・・を取り戻したい所です。

 前夜、息子に「父ちゃん、母ちゃん達を安久路(決勝の行なわれる所)に連れてってくれ・・・」って一言だけ伝えてあります。

 親御さん達が、コーチと共に夢にまで見た舞台まで、後一歩・・・しかし、ここでサッカーの神様は又しても試練を与えます。



 地区予選大会決勝トーナメント1回戦で敗れた相手が立ちはだかります。

 お弁当を食べていた子供達に、「同じ相手に2度負けるなよ・・・」と一言だけ。

 しばらくして、コーチも応援に駆け付けてくれました。

 良い所を見せられれば良いのですが・・・。



 試合が始まると、今回は入りが良い・・・そう言う印象を受けました。

 一進一退の攻防が繰り広げられます。

 均衡を破ったのは、元Aチームの子・・・去年、この大会で散々団長に叱られ、泣いてしまった子です。

 「負けたのはおまえのせいだ」位の事を言われたんですよね。

 しっかりと、忘れ物を取り返せた様です。

 前回の敗戦が嘘の様に終わってみれば3−0での勝利です。

 

 決勝の地・・・安久路へのチケットを子供達は、手にする事が出来ました。

 後は、少年団の時に目標として掲げて練習に励んで来た・・・最後の忘れ物・・・県を取りに行く・・・それだけです。

 夢が叶うまで後2勝・・・。

 エコパでは小学生が、安久路では中学生が県の頂点を賭けて同じ日に戦う事となります。

 春の足音はもうすぐそこに・・・しかし、未だ厳しい寒さは後少し続く様です。

[ PR ] 目を鍛えるならゴールデンエイジの今がチャンス!!世界初の動体視力トレーニングメガネ『Visionup』
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
海外FXランキング
    >>次へ
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
yellow10
親馬鹿な馬鹿親の独り言 (02/18)
jrfoot
親馬鹿な馬鹿親の独り言 (02/15)
yellow10
一年生大会県大会初戦! (02/07)
jrfoot
一年生大会県大会初戦! (02/06)
yellow10
ボランティアですが・・・何か? (02/04)
ぱぱコーチ
ボランティアですが・・・何か? (02/03)
yellow10
土下座させられるコーチ (02/02)
morio0214
土下座させられるコーチ (02/02)
yellow10
上手い事と強い事 (01/26)
Mario
上手い事と強い事 (01/25)
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf