チーム内イジメ!?

 『チーム内イジメ』に関する検索ワードが毎日の様に現れています。

 程度の差はあれ、多くのチームでこう言った事が問題として取り上げられる事はあるのだと思います。

 「うちのチームには、イジメなんてないよ!」なんて言う、毎日がお正月な人もいますが・・・表に現れない方が深刻な事の方が多いと言えそうです。

 むしろ、そう言う問題が表に現れたら、運が良かった・・・と思ってもらいたい位です。



 イジメと言っても、その程度は様々です。

 本当に『悪意に満ちた』物から、『悪ふざけ』が過ぎただけの様な軽微な物までその幅は広い物です。

 その程度に関わらず、虐められている本人からしてみれば、本当に嫌な物である事に代わりありません。

 ここは、しっかりと認識しておかないといけない点です。

 「そんな事くらいで・・・大袈裟な」なんて対応は絶対にしない様にしたい物です。

 イジメを苦に、退団をする子も勿論いますし、自らその命を断った子もいたそうです。

 問題が表面化した時こそが、最大の、もしかしたら・・・最後のチャンスなのかも知れないのです。



 度を越えたイジメは、子供を窮地に追いやる事があります。

 そんな時に、最も身近に相談出来る相手・・・親であるべきなのだと思いますが・・・チームのコーチや、学校の先生でも構わないのだと思います。

 聞く耳を持った大人・・・これは、頼りに出来る大人と言っても良いのでしょうが・・・そう言う存在を見つける事が出来るかどうかは、非常に大きな差として現れて来るのかも知れません。

 息子のチームでは、親を通してコーチに相談が持ち込まれる事が多かった様です。

 コーチの仕事では無いのだと思いますが・・・コーチも深刻に受け取って、その都度発覚したイジメには対応してくれていた様です。

 練習中に時間を割いて、子供達全員に、時には個人的に・・・指導をしてくれていましたね。

 深刻な物もありました。

 この時は、チーム力の低下を承知で・・・当事者には内緒でポジションを離して対応した事もあります。



 息子のチームは、こう言う事を『保護者が共有』していました。

 特に、オヤジ達は目を光らせていたと言えます。

 色々な情報をコーチに上げて、問題を多角的に判断出来る環境がそこそこ整っていたと言うのも幸いしていたのだと思います。

 逆にコーチから現状の報告を受け「ちょっと、お前らも気を付けておいてくれ」なんて言われる事もありましたね。

 サッカー以外の事で、相当オヤジ達も声を掛けた様に思います。

 こう言う事が出来たのも、暇さえあれば用もないのにグラウンドに足を運んでいたオヤジ達が多かった事が大きかった気がします。

 見守るってこう言う事でもあるんじゃないのですかね?

 多くの大人達の目にさらされて、子供って育てて行くべきなんだろう・・・と今となっては、思います。(^^;

 そう言う意味では、息子の年は運が良かった・・・そう言えますかね。



 案外、見過ごされがちなのが・・・『イジル』と言う行為です。

 『お笑い』の影響でしょうかね・・・他人の『欠点』特に身体的な欠点を笑いに変える事が多いですよね。

 そう言う文化が定着しているとは、未だちょっと言い難い気もします。(^^;

 ですから、言われる側としては、『空気を読んで』その場は笑って過しますが・・・本当は嫌な思いをしている場合も多いのです。

 家に帰ってから、泣いてしまう子もいる様ですよ。

 人の欠点を笑うと言う事は、人としては最低な事だと言えます。

 お笑い芸人は、仕事としてやっている訳で・・・許される間柄だから出来るのですから・・・一般の人は、それを良しとはしない事の方が圧倒的に多いのだと思って間違いないのです。

 この辺は、些細な事かも知れませんが、その内容によっては・・・やはり、注意をしなければいけない気もします。



 『仲間外れ』も多く報告されるイジメです。

 チーム内でこう言った事が起きれば、チーム力はガタ落ちです。

 良くあるのは、Aチームの子達がBチームの子達を・・・或いは、レギュラー組が、ベンチ組を・・・上の学年に上っている子が、そうでは無い子を・・・トレセン組が、そうでは無い子を・・・と言うパターンです。

 『選ばれた』と言う意識がそうさせるのか・・・試合に出られる『優越感』がそうさせるのか・・・サッカーがちょっとばかり上手いと言う『自信』がそうさせるのか・・・分りませんが、何れにしても、『勘違い』以外の何物でもありません。

 サッカーが上手な事は、それ自体素晴らしい事ではあります。

 ですが、高がサッカーと言う小さな世界の中での序列でしかありません。

 一歩サッカーの世界から出てしまえば、取るに足らない鼻毛の枝毛程度の存在・・・ではないですか?

 天は中々二物を与えてくれませんから、そう言う子の方が圧倒的に多い筈です。

 サッカーを離れれば、今度は自分がそう言う思いをする事だって有り得るのだと言う事も誰かが教えてあげないといけない気がします。

 こう言う事は、日頃教育の一貫として・・・話して聞かせる事も必要なのかも知れませんね。



 イジメに関しては、ちょっと時々取り上げて行こうかと思います。

 この前園のCM覚えてますかね?

 本当に『格好悪い』事なのだと思います。

 自分がされて嫌な事は人にもしない・・・これだけの事で、イジメは無くなるのですがね・・・。(^^;


 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

初のフル出場!

 今日は、練習試合だった息子。

 帰るや否や・・・「今日は、B戦にフル出場した!」と興奮気味で・・・。

 「はぁ?」と一瞬その言葉の意味が分らなかった私。(^^;

 B戦とは、主力以外の3年、2年生の混合チームの試合の事だそうです。

 その中に今回は、1年生4人が『フル出場』したのだと言う事でした。

 その中の1人に息子が・・・と言う事の様です。



 他の3人は、少年団でAチームの主力を張っていた子達。

 元Bチームは、息子だけ・・・。

 今回も『センターバック』で3年生の先輩とコンビを組んだのだとか。

 試合にも勝って、満足気です。(笑)

 何処まで出来たのかは、分かりませんが・・・30分ハーフですから、疲れたんじゃないかな・・・と思います?



 他の1年生の子達は、最後の試合に出場させて貰えた様です。

 最初の4人もその試合に半分出場したとか・・・。

 1年生で、練習試合に出場させてもらえる事だけでも、私なんかには光栄な事に思えます。

 「何で、あんたが選ばれたのさ?」と聞くと・・・「分らない・・・」との答え。

 「〇〇は?」と他の子の事を色々と聞くと・・・何となく息子が選ばれた理由が見えて来ました。



 元Aチームだった子の事を聞いた時です。

 「〇〇と〇〇は、練習をダラダラやってるから、何時も叱られてる」との事。

 まぁ、中学生にもなるとありがちな光景ですね。(^^;

 逆に、息子を含め、選ばれた4人は・・・今、サッカーに限って言えば、手を抜いていない子達なのだそうです。

 坂道ダッシュでも常に上位を占めている子達だとか。

 「なる程ね、コーチはそう言う所を見てんだよ。頑張ってれば、誰かが見てくれてんだよ!」そう私が言うと、無言のまま浴室を出て行きました。



 実は、息子の成長の著しさは、先週少年団に遊びに来た時に垣間見えていたのです。

 6年生に見本を見せている時・・・コーチもビックリな強烈なシュートを簡単に放っていました。

 「何で、あれが半年前に出せなかったかね・・・」コーチも苦笑いです。

 インサイドキックも以前とは全く別物でした。

 強く、真っ直ぐなボールがしっかりと蹴れていました。

 僅かな間にこれ程の変化を遂げるとは・・・坂道ダッシュ恐るべし・・・です。(笑)

 それ以上に、今は練習試合に1年生も毎回試合を組んでもらっています。

 これも大きい筈。

 ほぼ毎週ですから、テンションも上りっ放しです。(笑)

 結果も、付いて来ている様で、自信も付いて来ているのかも知れません。

 今は、『ストイック』に自身を鍛えている様です。(^^;


 だから・・・頼むから勉強も頑張ってくれって・・・。(T-T)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

やっぱり、や〜めたっ!

 こんなシーンをよく見ます。

 パスをすると決め、ボールを蹴る体制に入りました。

 しかし、そこにディフェンダーが・・・パスコースを遮る様に目の前に走り込んで来ます。

 このまま蹴れば嫌でもディフェンダーに当たってしまい、ボールはルーズとなってしまいます。

 最悪、ボールは奪われてしまう事となりそうです。

 なのに・・・慌ててボールを蹴ってしまう子って、相当多いのではないのでしょうかね?



 どうして、こう言う事になってしまうのか・・・その子にとっては、「まだ急げば間に合う」と思ったのかも知れませんし、「上手く行けば通る」と思ったのかも知れません。

 しかし、結果を見れば分る様に・・・カットされて終了です。(^^;

 ゆっくり、落ち着いて考える時間が仮にあったとしたら・・・こう言う事にはならないのではないのでしょうか?

 視界の外から突然入って来たディフェンダーの存在に、『判断力』が鈍った・・・と言えるのかも知れません。

 もしかしたら、ディフェンダーが来ている事を感じていたから、早くと『焦った』のかも知れませんね。

 どちらにしても、『判断ミス』による失敗と言えそうです。



 一度こうと決めてしまうと、変更出来ない事があります。

 私達が『決め打ち』と呼んでいるケースです。

 息子がこう言うプレイを良くしていた時期があります。

 「何が何でも、そこにパスを通さないといけないのか?」なんて、コーチにダメ出しされていたのを思い出します。(笑)

 そうなんですよね。

 他の『選択肢』さえ、排除してしまうのですね・・・こう言う子って。

 他に方法が無いかの様に振舞います。

 『臨機応変』に振舞う事が出来ないのです。



 こう言うシーンでは、「やっぱり、や〜めたっ!」と違うアクションを取る事が出来れば良さそうです。

 簡単な所では、キックフェイントやドラッグバック等が使えるシーンです。

 クライフターンなんかでも良いですよね。

 やろうと決めていたプレイを直ぐに止めて、別のプレイを選ぶ事が出来るのなら、こう言うシーンは大分減らせるんじゃないかと思います。

 ですから、幾つか引き出しを持っている必要はありますよね。

 そして、その引き出しを使い分ける能力が必要です。

 「こんな時は、こうしよう!」的な、考えを自分なりに持っていなければ、ここに辿り着くのは難しいのかも知れませんね。



 練習で、この辺をなんとか出来ないでしょうか?

 『鳥かご』なんかは、こう言うシーンの連続です。

 しっかりと意識して行えば、十分良い練習になる筈ですね。

 そうですよ・・・鳥かごでも、同じ様なシーンを沢山見ますよね。

 わざわざ、ディフェンダーのいる方に向かって蹴る子は、相当多いと言えます。

 『プレッシャー』に負けてしまって、冷静な判断が出来ないのでしょうね。

 他の選択肢が思い浮かばないと言う事もあるかも知れませんね。

 そう言う子の為に、別の選択肢を実演してあげるのも良さそうです。

 判断力も大事ですが・・・その前に『予測』する力も必要ですかね。

 こう言う事って、結局は『慣れ』ですから、何度も繰り返して練習して貰いたいものです。



 状況を良く見て、「やっぱり、や〜めたっ!」が出来る様になれば、相手を振り回す事も出来て面白くなると思います。

 決め打ちは行けませんよ・・・やはり。

 臨機応変なプレイが出来る様になれば、大した物だと思いますよ。

 パパさん程度なら手玉に取れる事間違い無しです!(笑)
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

考えろっ!

 「もっと、考えろっ!」とか「何にも考えてないじゃね〜か!」とか、子供達が注意されている所を見た事があるかと思います。

 『状況を考えて』プレイを選択しよう・・・と言う意味で言っている場合が殆どだと思います。

 でも、子供達には、ピンの来ない事の様です。

 だって、『最善手』だと思って・・・そうしたのですから・・・。(^^;



 ただ、考えろと言われても困る物です。

 声が掛かり、プレイを辞めた時には既に過去の事なのですから・・・さっきの状況がどんな風だったのか・・・覚えている事の方が少ないと言えます。

 そもそも、そんなに視野が広い訳ではありませんから、自分に見えていた世界しか分らないのです。

 その中での最善手を打ったつもりが・・・ダメ出しな訳ですから・・・「えっ?」と思ってしまう事の方が多いのだと言えます。



 練習中なら、『再現』する事で、考える材料を与えてあげる事が出来ます。

 息子のコーチは、これを良くやりますね。

 ゲーム中でもそうです。

 問題のシーンを再現する事で、子供達に何処がいけなかったのかを認識させる事が出来ます。

 殆どは、周囲を見ていない事が原因のミスです。

 それを、見せてあげるのですね。

 これなら、子供達も分かり易いかも知れません。

 そして、最後に・・・「もっと考えてプレイしろ」と決め台詞で再開です。(笑)



 他にも、状況は理解出来ていても、選択を誤ってしまう事もあります。

 選択肢が増えれば増える程、選択ミスをする事は多くなって来ます。

 こう言う時も「もっと、良く考えろ」と言われてしまう事があります。

 しかし、その心は・・・『落ち着いて』とか『冷静に』と言う事なのだと思います。

 実際、じっくりと考えている暇はありませんから・・・ねぇ?

 こう言う事も、子供達には分かり難い声の掛け方となってしまっている事も多いと言えます。

 まぁ、便利な言葉ですから・・・「もっと、良く考えろ」って。



 とにかく、考えろ、考えろ、と怒鳴り散らしている人もいます。

 こちらは、殆どの場合、指導しているのではなく・・・怒っている・・・が正解でしょうか?

 「何で、そうなるんだよ!」「何にも考えてねぇ・・・」「馬鹿か」なんて、色々なバリエーションで子供達を捲し立てています。

 でも、『肝心な事』は何も口にしていない事も多いのがこの手の人です。

 ただ、怒りに任せてそう言っているだけです。

 試合中には良く見かける光景ですかね。(^^;



 考えるにも材料が必要です。

 考える事が十分出来る程の、材料集めの方法から教えてあげないといけない子も大勢います。

 簡単な言葉で終わらせてしまうだけでは、その場限りのダメ出しで終わってしまいそうです。

 考え方も教えてあげられると良いのかな・・・と思います。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

ボールから目を離さないで

 ボールを前で受けようと走り出すまでは良いのですが、その時『ボールから目を離す』子が案外います。

 前を向いて走り出すので、後方にあるボールから目を離してしまうのですね。

 そこへ、パスが出て来ます。

 当然、ボールを見失ってしまい・・・相手に奪われてしまったりする訳です。(^^;

 ボールを受けると言う事も、簡単ではないのですよね。



 1つには、『体の向き』の悪さがあります。

 自分の左後ろにボールがあるのに、右からボールを見ようとして・・・見辛くて・・・左から見直そうとして・・・目を離してしまうのですね。

 また、上手い事そのタイミングでパスが出て来るものなのです。(笑)

 こう言う子って思いの外多い気がします。

 ボールに『視線を残す』事が苦手な子です。

 これなんかは、練習で直す事が出来そうに思うのですが・・・癖なのでしょうね・・・また、やらかします。(^^;

 意識付けから始めないといけない様です。



 ゴールキックやパントキックを受けようと、前線へ全速力で上がって行く子の中にも、ボールから目を離してしまう子がいます。

 「直ぐには、蹴らないだろう・・・」と言うちょっと甘い考えを持った子と言えるのかも知れませんね。

 もちろん、キッカーもその辺を見て蹴る必要があるのかも知れませんが・・・上手い事、そう言う子の所にボールは飛んで行く様になってます。(笑)

 案の定、ボールを見失ったり、バウンドの山の下に入ってしまったり・・・最悪、自分の頭に当たってしまったり・・・こちらも、ボールを自分の物とする事が出来ない事が多いと言えます。



 ボールを受ける意思がある時は、ボールから目を離さない様にしないと出す方も困ってしまう事が多いのです。

 親切な子は、名前を呼んでくれたりするのですが、こう言う子は振り向くのも遅い事が多いのですよね〜。

 『自分のペース』で動いている為なのだろうと思います。

 自分の準備が万全に整ってから、パスを出して欲しいのですね。

 だから、悪いのは自分じゃないのです。

 「何で待ってくれないの〜」とか「何でそっちに出すの〜」とか思っているのだと思います。

 こう言う事で言い合いになる子も実際にいますから・・・。(^^;



 走りながらも、しっかりとボールを受ける準備はしておかないといけません。

 目が合えば、来ると思って・・・ボールから目を離さない様にする癖は練習で付けていかないといけない気がします。

 試合は常に流れの中にあります。

 自分のタイミングに相手が何時も合わせてくれるとは限りませんから、自分が相手に合わせると言う気持ちも必要な時があります。

 相手とのタイミングを計る意味でもボールから目を離さない事は大事な事でもあります。

 実際には、ボールだけ見ていれば良い訳ではないので・・・ボールを『視界』に入れておくと言う言い方の方が良いですかね。

 その為にどうすれば良いか・・・これを練習で身に付けて欲しいと思います。

 動き方や身体の向き等、工夫すべき所は沢山あるかと思います。

 チャンスを物に出来るか否かは、こう言う所でも差が出てくると言う事は覚えておいて貰いたいですね。
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

入るんじゃなかった・・・

 『少年サッカー入るんじゃなかった』と言う検索ワードがありました。

 感情が篭った検索ワードですね。(^^;

 こう言う気持ちになった事がある方も、大勢いるのかと思います。

 理由はそれぞれあるのでしょうが・・・。



 親御さんがこう思う時ってどんな時でしょうか?

 親同士の付き合いや当番、審判、等々・・・正直『面倒な事』と思ってしまう事があった時・・・。

 他にも、『金銭的な負担』が想像以上だったりした場合・・・。

 後は、我が子が試合に全く出場出来ない場合・・・でしょうかね?

 『時間的な制約』がある方もいますよね。

 皆さん忙しい身ですから、大変なんですよね〜。

 『イジメ』『体罰』等の『深刻』な理由で・・・と言うのなら、辞めてしまう事も選択肢の1つではあります。



 でも、当の子供は、辞めたがっていないのじゃないのでしょうかね?

 遊びたい時もあるのでしょうが・・・それでも、辞めるとは言わないんじゃないのですかね?

 子供達は、大人が思っている以上に、サッカーの時間を大事にしている気がします。

 もちろん、個人差はありますが・・・ねっ!



 実際、子供達がどう思っているのか・・・これは、本人に聞いてみるしかありません。

 私も毎年、少年団の更新手続きの時に・・・「続けるの・・・どうする?」って息子には聞いていましたが、息子の答えは何時でも「続ける!」でしたね。

 これは、試合に出場する機会の少なかった、6年生になっても変わりませんでした。

 子供達にとっては、試合に出る出ないの問題じゃ無い様です。



 卒団した今でも、時折息子達は少年団のナイター練習に顔を出します。

 息子を含め、何人かBチームだった子も来ます。

 そして、小学生とボールで戯れて帰って行くのですが・・・最後の年なんて、Bチームだった子達には、辛いだけの我慢の1年でしか無かった気がするのですが・・・それでも、こうしてコーチにそして後輩に会いに来てくれるのです。

 どうも、サッカーをすると言う事以外に楽しみや、面白さがあった様なのですね。

 おそらく、友達と同じ時間を共有出来る事が、団にいる間は楽しみの1つであった様なのです。

 我慢ばかりの日々の中にも、仲間との大切な時間をちゃんと大事にしていたのでしょうね。

 思い返せば、私が学生の時もそうだった気がします。

 大人になると忘れちゃう物なのですよね・・・こう言う事って。



 子供がサッカーを辞めない一番の理由は、多分・・・『仲間』がそこにいるから・・・なのだと思います。

 逆に、そう言う仲間意識を持ってない子は、簡単に辞められるのかも知れませんね。

 『苦渋の選択』だった子もいます。

 でも、そう言う子とは、サッカーを辞めた後でも仲間として付き合って行ける物です。

 息子の年もいましたね。



 親の目線で「入るんじゃなかった・・・」と思っても、子供達は案外「入って良かった・・・」と思っているのかも知れませんよね。

 在籍期間が長くなればなる程、辞められなくなって来るのかも知れませんね。

 苦楽を共にする仲間は、やはり特別なのですよね。

 少年サッカーの世界は、もしかしたら子供達にとっては宝の山なのかも知れません。

 親御さんが『後悔』する気持ちも分かるのですが・・・我慢出来る範囲の事なら、ちょっと頑張ってみて欲しいと思います。

 その時間も、きっと悪い思い出とはならないと思いますよ!
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

濡れたユニフォーム

 これからの季節、汗と雨でユニフォームが濡れてしまう事が多くなって来ます。

 試合会場では、タープの骨にハンガーに掛けられたユニフォームがズラリと並ぶ光景を目にする事が多くなります。

 さて、これって誰が・・・?



 以前、こんな事がありました。

 当番の仕事として、『ユニフォームのハンガー掛け』を・・・と言う声が、ママさん達から上りました。

 とても普通に・・・。(笑)

 「そこまで、手を掛けるの?」と思わず聞いてしまいました。

 他のパパさん達も「ハンガーに掛けるまでは、自分でやらせたほうが・・・」と言う声が大半です。

 しかし、ママさん達は・・・「やれると思います?」と怪訝そうな表情を浮かべます。

 「そこは、手を出さずに口を出す様にして、自分達でやらせないと・・・」とパパさん達。

 結局、自分達で・・・と言う事になったのですが、現実は・・・。(^^;



 一々「あれやって、これやって」と言うくらいなら、やってしまった方が楽と言うのがママさん達の主張でもありました。

 でも、やはりその位の事は、子供達にやらせないと・・・とパパさん達は思うのです。

 この辺に、子育てに対する男女の考え方の違いが見て取れるのかも知れませんね。

 どうしても『手を掛けたい』のがママさん達の様です。

 『自立』を促すと言う意味でも、自分達の事は自分達でやらせる方が良いに決まってます。

 「あれ取って、これ取って・・・」と子供に言われるがままに、動いてしまうママさん達の多い事・・・。

 「知るか、自分でやれ!」と言う御家庭は、少ない様です。

 こう言う所もサッカーに出てしまうんですよね〜。(^^;



 着替えでさえ、ママさんが手伝っている時がありますよね。

 「はい、これ脱いで・・・はい、これに着替えて・・・」と、近くで服を受け渡ししている様は、残念の一言です。

 そりゃ、服を前後ろ反対に着ていても気が付かない子が多い訳です。(笑)

 全部ママさんがやってくれているのですから・・・。



 マイハンガーに服を掛ける事位は、これからの時期自分でやらせましょう!

 なんて、一々こんな所で言う事ではありませんよね。

 でも、そんな事ですら今の子達は、出来ていないのです。

 少年団の子達ですね・・・出来てない・・・と言うか、やらせてないの・・・。

 これからの時期を機に、子供達の『自立心』を育ててあげてもらいたいかな・・・と思います。

【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

移動は、ダッシュでお願いします!

 練習時の移動って、どうしているでしょう?

 ダラダラと歩きながら・・・では、時間を浪費している様な物です。

 移動さえトレーニングとして有効活用出来るのと、出来ないのとでは、ちょっと差が付きそうです。



 サッカーには『持久力』が必要だと言われています。

 しかし、それはマラソンの様に一定のスピードで走り続ける為の能力とは、ちょっと違う気がします。

 どちらかと言うと・・・50〜60m位でしょかね・・・小学生の8人制なら。

 この位の距離を何度も『全力走』が出来る能力を指すと思って良いのだと思います。

 これが出来るのと出来ないのとでは、試合での動きに大きな違いが生じて来ると言えます。



 時間を取って、『ダッシュ』の練習をするのも良いのですが・・・せっかくですから、練習時間中の移動をダッシュで行う様にしてみてはどうでしょう?

 これだけでも、1日2時間の練習時間だとしても・・・相当走れますよね。

 ボールを持って移動する時なら、全力走での『二歩一触』の練習なんかも出来ますよね。

 移動をただ移動するだけで終わらせてしまうのはもったいないのです。

 ボールの扱いと同じ位、この全力走の能力も必要です。

 30分毎に、取り入れる様な感じでも良いのだと思います。

 「今から30分間は、全ての移動をダッシュで〜!」と言う具合でOKなのだと思います。

 流石に全ての時間をダッシュで・・・と言うのでは、ちょっと気の毒な気もしますから・・・。(^^;



 こう言う事を取り入れる事で、練習にもある種の『緊張感』を持たせる事が出来そうでもあります。

 中々、ダッシュをする癖って付かない物ですから、最初は厳しく声を掛けてあげる必要があるかも知れません。

 息子のコーチもそうでしたね。

 「俺の練習の時は、絶対に歩くなっ!」って、何時も言っています。

 私もそうですかね。

 「だ・か・ら・・・ダッシュって言ってるだろ〜っ!」と猛る事も多いです。(笑)

 そうでも言わないと、中々全力を出そうとしない物です。

 手を抜く事は、簡単ですが・・・それが、試合で出てしまう訳ですから・・・そこは、厳しく!



 ちょっとした事なのですが、別途時間を取って行うより習慣化されてしまえば、これだけでも十分なトレーニングとなるんじゃないのかな・・・と思います。

 限られた時間の中で『効率的な練習』を行う為にも、移動はのんびりとしていては・・・やはり、いけない気がします。

 少人数で行う練習なら尚の事ですよね。

 無駄な時間を作らない為に、移動は全力でお願いします・・・ねっ!(^^;

 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

試合の流れを止めてしまうプレイ

 『試合の流れ』と言うものを感じる事が出来る子って、どの位いるのでしょうかね?

 トップチームで頑張っている子の多くは、こう言う物を少なからず感じ取れている気もします。

 それでも・・・「あ〜っ!」と思わず落胆の声を上げてしまう様なプレイは、どうしてもあります。

 外で観ていると気が付き易い事なんでしょうが・・・。


 例えば、パス。

 走っている仲間の足元を狙って出してしまう事が子供達には良くあります。

 そうすると、そのパスを拾う為に、スピードを落としたり、立ち止まったりする必要が出て来てしまいますよね。

 こう言うパスは、流れを止めるパスと言えます。

 他にも、『ダイレクト』でポンポンポンと良いリズムで前線にボールを送っている時に、トラップして2タッチ、3タッチでもたついてパスを出してしまう様な時も、流れを止めてしまったと言えそうです。

 これは、意識的にタメを作るのとは違いますよね。

 明らかに、ボールコントロールの悪さです。

 他にも、受け手の取り難いパスを出してしまったり、ラインを割ってしまう様なパスを出してしまう時も流れを止めたと思われてしまいます。

 ここには、『正確さ』『リズム』が求められていると言えそうですが、それ以上に受け手への『配慮』が欠けていると言えるのかも知れませんね。



 選択ミスをする事もあります。

 ドリブルかパスか・・・その選択を失敗してしまった時も、流れを止めてしまう事になり易いと言えます。

 パスする相手を間違えてしまう事もありますよね。

 「そっちじゃない〜」って観ている方は思うのですが、やってる本人は必死なのです。

 より良い選択をすると言う事は、とても難しい事です。

 選択ミスの多くは、周囲が見れていない事が原因なのかも知れませんし、慌ててしまう事が原因なのかも知れません。

 試合中に『平常心』を保てるか・・・と言う所も大きいのかと思います。



 もっと、分り難い事もあります。

 耐える時間帯なのか、攻撃に転じなければいけない時間なのか、速攻すべきか、遅攻で良いのか・・・こう言う流れを感じる事は、子供達には難しいのかも知れませんね。

 『試合巧者』と思われているチームは、こう言う事を皆が理解出来ているのだと思います。

 ドーハの悲劇もコレが分らなかったばかりに・・・と言う気もしないではありませんよね・・・。(^^;

 ほんのワンプレイのミスで試合の流れがガラリと変わってしまう事があると言う事です。

 サッカーは、ミスをしても良いスポーツ・・・なんて言われていた事がありますが、そのミスが勝敗を分ける事もあるのです。

 自陣か相手陣内かさえ関係無いのですよね。

 そのミスが流れを変えるスイッチとなり得るのです。

 怖いですよね〜サッカーって。




 試合の流れに乗り切れない子って、やはり『ボールウォッチャー』な子が多いのだと思います。

 その為『予測』をする習慣も無ければ、『イメージ』をする習慣も無いのです。

 ボールが来てから考えるから、流れに乗れない事が圧倒的に多いと言えます。

 「そこまで求めるの・・・?」と、思ってしまうかも知れませんが・・・今の子供達のサッカーは、そう言うレベルまで来てしまっているのだと思います。

 特に8人制は、早い判断が求められるシーンが多いのですよね。

 試合展開が早いですから・・・。

 昨日の練習試合を観ていて感じた事です。(^^;
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る

追加副審って何?

 今年度、2016シーズンは『追加副審』が日本でも導入されます。

 対象となる試合は、少ないのですが・・・それに先立ち、J3リーグで試験的に導入の予定だとか・・・。

 やはり、色々と判定に不満が出るのでしょうね・・・少年サッカーと同じで・・・。



 追加副審は既に海外では導入されているシステムです。

 ヨーロッパやカタール、UAE等では既に導入されているので、欧州サッカーファンの方は、知っているかと思います。

 AAR(Additional Assistant Referee)と言うのが海外での呼び方です。

 主な仕事場は、『ゴールライン』周辺です。

 特に、ゴール、ノーゴールの判定に期待されています。

 その他にも、ペナルティエリア内の微妙なプレイに対するジャッジングを補助する事も行います。

 得点に直結するシーンをより厳格にジャッジングしようと言う狙いがある様です。



 但し、この追加副審は、『コミュニケーションシステム』と言う無線通信を利用する為、追加副審を導入できるスタジアムが限られてしまうと言う現状もあります。

 この先、何処までの導入を考えているのか・・・分らないのですが、天皇杯やチャンピオンシップ等の大きな大会の準決勝辺りから・・・と言う事の様です。

 「この方式いいんじゃね?」と言う事になれば、本格的な導入となるかも知れませんね。

 この方法自体が、少年サッカーに及ぼす影響は少なそうです。



 ただ・・・実際には、このゴールライン周辺の判定は、少年サッカーの方が激アツな気がします。

 8人制となった事で、得点シーンが増えましたから、判定への不満が出る事が非常に多い場所でもあります。

 1人審判では、しっかりと見る事は難しい・・・で、副審付けてみましたが・・・やってるのはお腹の大きなお父ちゃん(私)ともなれば、ゴールの判定は期待できませんよね。(^^;

 もう6年生の足には着いて行けませんから・・・。

 1点を争う試合が多くなる高学年の試合、特に6年生の試合では、審判員より保護者席の方が良く見えている事もあったりします。

 そうなって来ると、審判への不満が噴出して来てしまう事も少なく無いのです。



 ですから、なんちゃって追加副審が導入される事も将来的にはあるかも知れませんね。

 無線は使えませんが、フラッグを持つとかで代用出来そうですし・・・。

 何時の日か、ゴール裏に審判着を着た人が立っている・・・そう言う少年サッカーをする時代も来るのかも知れませんよね。

 でも、そうなって来ると・・・何人審判員を確保しなといけなくなるのか・・・頭の痛い問題ではあります。

 今まで通り、審判の判定は絶対と言う事で押し通せば良い気もするのですが・・・判定を巡って『殺人事件』も起きている事からも、こう言った伏線を張り巡らせなければいけなくなってしまったのでしょうね。

 だから、大きな大会は笛を吹きたくないのです・・・皆。

 例え予選であっても・・・審判へのリスペクトも大切に!


 
【サッカー】人気ジュニア用ウェア・バックパックランキングを見る
【サッカー】人気ジャケット・上下セットランキングを見る
【サッカー】人気スパイク・トレーニングシューズランキングを見る
    >>次へ
個人的な問い合わせはこちらから
検索
検索語句
ファン
最新記事
最新コメント
yellow10
誰が応援なんかするものか! (05/24)
りょう
誰が応援なんかするものか! (05/24)
yellow10
馴染めない・・・ (05/23)
そうちち
馴染めない・・・ (05/23)
yellow10
馴染めない・・・ (05/22)
yellow10
11人制になってから・・・ (05/22)
yellow10
練習を上手に? (05/22)
hirotsubo
馴染めない・・・ (05/22)
arkroyal
11人制になってから・・・ (05/22)
ビビリBOYの父
練習を上手に? (05/22)
最新トラックバック
相互リンク

プロフィール

http://fanblogs.jp/soccerkids/index1_0.rdf