2020年02月14日

ミツウマオレックスブーツとスノーシュー

雪が少ないシーズンですが、先日久しぶりに大雪が降りました。
その後一気に気温があがり、春のような暖かさです。
しかし−16度から10度って、その差26度もありますよ。
気をつけないと風邪をひいたりしちゃいます。

雪が降ったので、久しぶりにスノーシューなんか履いて散歩しようと思いましたが、
靴はどうしよう...

先月、歌才ブナ林を散歩したときは、雪が少なくスノーシューは必要ありませんでしたので、
昨年除雪時用に購入したミツウマオレックスブーツで行きました。
それならばオレックスブーツにスノーシューをつけてみようと考えました。

ただ先月も書いた通り、しっかり足を固定できるようには出来ていない靴ですので、
如何なものかなぁと思いつつも、やってみなければわからない!
という実験的な部分も楽しもうと考えました。

昨年購入してから約3ヶ月履いていますので、流石に靴の内側がへたってきています。

↓購入直後
IMG_0037.JPG

↓現在(あきらかにフワフワ感がなくなってきています)
IMG_0736.jpg

それでもゴムを締めればそれなりに足をホールドしてくれますので、
除雪作業時や通勤などなど、日常履く分にはなにも問題ありません。
保温性もバッチリです。

ということで、スノーシューをつけてみました。
私が使用しているのはATLAS(アトラス)製のスノーシュー。
IMG_0671.JPG
Clickamazon-100.jpg ClickYahoo-100.jpg ClickRakuten-100.jpg

おー!
思ったよりちゃんと取り付けられたし、動きも問題無さそう。
私が使ってるスノーシューは20年程使っているボロなので、
靴に関係なくスノーシュー自体にも問題がないか心配でした。

しばらく歩いてみましたが、途中外れる事もなくなかなか良い感じです。
IMG_0672.JPG

軽く歌才森林公園を歩いてみましたが、前回と同じく靴の中で多少足が動きます。
これは靴の構造上、しょうがないですね。
そんなに距離がなければ、この形でいけますが、長距離だとこの靴では疲れるでしょう。
それでも、オレックスブーツにスノーシューという組み合わせでも大丈夫なことは確認できました。
次回はこの形でもうちょっと長く歩いてみようかな。

天気が良かったので、お化けトンネルも見にいきました。
IMG_0682.JPG



↑この記事を気に入って頂けましたらポチッとお願いします。






2020年01月14日

冬の歌才ブナ林散策

今シーズンの冬は暖かい日が多く、降雪も少ない予報ですね。
十何年か前にも同じような冬を経験していますし、今までに2度同じような冬の記憶があります。
十数年ごとにこのような雪の少ない年があるのでしょう。

雪が少ないということは、笹薮などまだ雪で隠れることもなく
スノーシューなんかで普段歩けないところを歩く、なんてこともできませんが、
雪が少ないので、ツボのままで歩けるということ。
ということで、昨年購入したミツウマオレックスブーツを履いて行ってきました。
IMG_0259.JPG

案の定、雪が少ないので夏場の道をたどって歩きます。
車道沿いの入口から入ってすぐのトドマツコース。
スノーシューで歩いた跡がありましたが、スノーシュー無しでも楽々歩けます。
IMG_0260.JPG

散策路を横切る歌才川、雪が少ないのでちゃんと川らしく見えます。
IMG_0273.JPG

歌才ブナ林入口。
夏場と違って木の葉が無く笹が雪で埋まっているので、かなり見通しが良いです。
IMG_0277.JPG

散策路を少し登ってたどり着く別れ道。
2本の大きなブナの木がありますが、そのうちの一本に凍裂によるであろう縦割れが見てとれます。
凍裂(冬季の低温により木内部の水分が凍結することで水分の体積が膨張し樹幹が縦方向に割れる現象のこと)
IMG_0291.JPG

高い位置からも見通しが良いため、夏場には見にくい歌才川がよく見えたりします。
IMG_0321.JPG

夏場、鬱蒼と茂った緑の中を歩くので、自分の数メートル周辺しか見えない為、
結構な距離を歩いていると思っていた場所が、冬場に行くと見通しがよいため、
たいした距離でないことがわかったりして面白いです。

今回、主に除雪用にと購入したミツウマオレックスブーツで歩いてみましたが、
雪が少なかったので、問題なく歩けました。
しかし、流石に靴の中で足が動くので長距離歩行はちょっと疲れます。
IMG_0315.JPG



↑この記事を気に入って頂けましたらポチッとお願いします。






2019年12月31日

年末にドローン導入、保険と飛行許可申請

このブログ、今年も多くの方に見て頂いたようで、ありがとうございました。

11月に入ってから更新が滞っておりましたが、それには理由がありまして、
今更ですがやっとドローンを手に入れ、許可申請や操作の練習などを行っておりました。
年末雪の降るこの時期に入手して、どれだけ飛ばす事ができるのか...
入手時期を間違えたかとも思えるでしょう。
しかし、自分の思い通りに飛ばして思い通りの映像を撮るには、練習が必要です。
私がドローンを必要としているのは来年の春からですので、それまでバッチリ練習しておこうという算段。

入手したのは、DJI の MavicAir 。
登山やキャンプ、滝を目指した遡行などでバシバシ使うつもりでしたので、
携帯性に優れたものを選びました。
IMG_0196.jpg

子供の頃にラジコンを操作した経験はありましたが、空中に浮遊したものはどんなものなのか、
ちょっと不安はありましたが、さすが現代の技術、基本勝手にホバリングしてくれるので、
操作はわかりやすいです。
あとは、様々なゲームを楽しんできた経験が、見事に活かされたようで、
操作の感覚はすんなりと理解して、できるようになりましたし、
空間認識に関しても、問題なく混乱することなく認識できますし、意識できています。

使用するアプリケーション、DJI GO4 もそんなに複雑なものではなく使ううちに慣れてきます。
IMG_0015.jpg

ドローンを入手してから現在まで、約1ヶ月、50回ほど飛行させました。
様々な機能を使ってみたり、八の字飛行や円軌道の練習をしています。
まだまだ滑らかな操作までには時間はかかりそうですが、
基本的な動かし方や機体の挙動はわかってきましたので、結構自由に操作できるようになりました。

公園で練習。
動画と写真の切り替えも送信機で操作可能。
DJI_0135.JPG

あとはドローンの保険と、飛行させる場所によっては航空局の承認が必要ですので、許可申請も行います。
DJI製品の場合、新品のドローンでしたら購入時、無料で1年間の保険に入れるのですが、
中古を購入したので自身で入らなければなりません。
保険は賠償保険と機体保険がセットになっている、
あいおいニッセイ同和損保の「パーソナル総合傷害保険」に、「グッド保険サービス」から加入。
飛行許可申請は、ネットで申請できる
DIPS(ドローン情報基盤システム)から「無人航空機飛行許可申請」を行いました。

基本的には飛行許可の必要ない山の中なんかで使いますから、
極端に考えると保険も必要ないかもしれませんが、万が一という事と飛行許可を取っていれば、
ものすごく飛ばせる場所の幅が広がりますので、様々なことに使えるようになります。

ということでドローンを導入し、来年は今までと違った写真や動画をたくさん撮影していくつもりです。
来年もまた、是非見にきてくださいね。(^ω^)ノ



↑この記事を気に入って頂けましたらポチッとお願いします。









2019年11月16日

ワークマン ミツウマSB-889オレックスブーツ

ちょっと前にキャンプ仲間から良さげな防寒ブーツがあると聞きました。
それはワークマンで販売されているミツウマ製のものだとか。
しばらくしてSNSでその投稿が見られるようになりましたが、詳しいことは書いてありません。
でも、その写真を見て私も欲しくなりました。
すでに知っている方も多いでしょう、SORELのような今までのミツウマでは見たことのない形。
ちょうど除雪作業用に一足購入を考えていたところでしたし3900円という値段で早速買っちゃいました。
IMG_0026.JPG

色はオリーブとブラックの2種類ありましたが、すでに黒のSORELを持っているのでオリーブを選択。
この靴で一番驚いたのは、その軽さで、お店で手に取った瞬間、「おおっ!」と声を上げたほどです。
実際に計ってみると、片足450gを切っており、両方合わせても1kgありません。
IMG_0059.JPG

なぜそんなに軽いのか?その秘密は
つま先から踵までを包んでいる黒いゴムのような部分、これゴムじゃないのです。
クロックスのサンダルのような素材に感じます。
IMG_0032.JPG

ソールは別にゴムのような素材のものを貼り付けています。
IMG_0028.JPG

IMG_0038.JPG

靴のサイズは「L」と「LL」があり、私の足のサイズは実測で27cm、両方履いてみたところ
「L」でも履けましたがモコモコした靴のインナー部が厚いこともあり、タイトに感じたので
ちょっとゆとりある「LL」を選びました。
IMG_0037.JPG

この靴を買ってすぐに寒波到来。
雪が積もったので早速履いてみました。

軽い素材でできているので、保温性や耐久性はそんなに期待できないイメージでしたが、
外気温−3度の早朝4時から1時間ほどの除雪作業でしたが、特に何も感じず作業を終えました。
何も感じないというのが重要で、寒いとか重いとか滑るとか、一切感じないのです。
もちろん暑いとも感じませんでしたので、言うなら「超快適!」。
IMG_0049.JPG

IMG_0050.JPG

履いた瞬間はホワッと暖かく感じますし、軽くて滑らない。
かなり使える靴ですよ!
上部を折り返して使用することも考えられているようで、雪の少ない街なんかでも使えそうですし、
履いたり脱いだりしやすくなるので、冬場のサンダル代わりにも使えます。
IMG_0030.JPG

かなり気に入って親戚や友人なんかにも勧めたいのですが、詳しいモデル名や他のサイズは何があるのか
などなどわからないことが多く、ネットで調べても出てきません。
となれば「株式会社ミツウマ」へ直接聞いてみるしかありません。

お聞きしたところ、製造はしていますが「ワークマン」で販売している別注ものとのことで、
詳しくは「ワークマン」へお聞きしてくださいとのこと。
どうりで「ミツウマ」で調べても出てこないわけです。
ということで、「ワークマン」へ問い合わせてみました。

靴の名前は「ミツウマオレックスブーツ」。
サイズはM〜3Lまで。
ワークマンでも雪寒地域を中心とした店舗だけでの取り扱いとのことです。
詳しくは以下。
北海道、秋田、岩手、青森、山形、宮城一部、長野、群馬一部、石川、富山県。
ワークマンのHPでも通販でも確認できないのは、限定的な商品のため掲載していないとのこと。
ですので購入するには上記の店舗に確認するしか手はないようです。

IMG_0031.JPG

とりあえず現段階では、かなり良いものという印象ですが、
似たような防寒靴と一緒にしてはいけない部分があります。
先にも書いたようにゴムに見える黒い部分はゴムではないので、ここで氷を蹴ったり、
車のフェンダーについた雪の塊を蹴落としたりはしない方が良さそうです。
また、フィット感もルーズですので、長距離を歩くのにも問題があるかもしれません。
足首部分に斜めに締められるコードが付いているだけですので、
どんなに締めても足先部分(足の甲)は締まりません。
ですので、歩く時に足先(指)を意識して歩くことになります。

「街でもオシャレに履ける」のかもしれませんが、除雪の時とか、ちょっとその辺へ、
という時に威力を発揮する靴だと思います。
キャンプをしている人に人気なのは、その感じがうまくマッチしているからでしょう。
夜トイレへ行く時など、かなり便利に使えると思います。
あとソールですが、ゴムにセラミックを配合したものらしく、今の所全く滑りません。

耐久性については今後履き続けてみないと、わかりません。
今シーズンは履き続けますので、また後日、感想を書きますね。



↑この記事を気に入って頂けましたらポチッとお願いします。






2019年11月08日

アキノギンリョウソウ刮ハ

昨年調べて気になっていた、ギンリョウソウとアキノギンリョウソウとの違いの一つである、
それぞれの実の状態が、ギンリョウソウが液果でアキノギンリョウソウが刮ハ。
これを見たいということで、登山や森の散策時には気にしておりました。
ギンリョウソウについては以前書きましたが、
今回はアキノギンリョウソウの刮ハについて。

私が見てきたところ、総じてアキノギンリョウソウの方が上を向いているからなのか、背が高いようです。
IMG_8887-1000.JPG

上を向いたまま枯れていきます。
IMG_9227-1000.JPG

IMG_9556-1000.JPG

そのままの形を維持しつつ、黒くなっていきます。
なんか焼け焦げたみたい...。
IMG_9572-1000.JPG

刮ハですので、このように乾燥して裂けて種子を放出するのでしょう。

と、書いてきましたが以前のギンリョウソウの写真と比べて見ると、
明らかに違いがわかるのですが、中には「おや?」と思う写真もあることに気付きました。
もしかして時期的にギンリョウソウと思っていたが実はアキノギンリョウソウではないか?
とか、その逆だったりとか。
来年は液果や刮ハのその後、なくなっていく様を見届けなければ...
なんて考えてます。



↑この記事を気に入って頂けましたらポチッとお願いします。





↑このBLOGを気に入って頂けましたらポチッとお願いします。

検索
最新記事
最新コメント
ソロキャンプで読む本 by D.Monica (10/07)
写真ギャラリー
タグクラウド
ファン
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
中瀬りあの(110Laboratory)さんの画像
中瀬りあの(110Laboratory)
何にでも興味があり、挑戦するが上手くはない。 基本ヘタレ。
プロフィール
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29