ファン
PICKUP
  1. 1. 渡辺貞夫のコンサートに行きたい
  2. 2. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  3. 3. 2022年最初のオーディオ商品 BTスピーカー SONY SRS-X01B
  4. 4. 断捨離とカメラと野良仕事
  5. 5. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  6. 6. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  7. 7. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  8. 8. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  9. 9. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  10. 10. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  11. 11. Audio専用PCを入れ替えたが、TuneBrowserで再生中にプチフリーズ
  12. 12. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  13. 13. DLNAとOpenHome
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンクサイト
サイト内検索

2019年06月25日

4K対応STB

stb2.jpg


ケーブルTV用のSTB(Set Top Box)を4K対応に換えてから、1月ほどになる。

使ってみての感想は!


起動時間が早い(電源ON 完了まで)


STB      :  7.1秒
BDレコーダー : 30.1秒
DVDプレーヤー : 21.6秒(CD再生開始までの時間)

2番組同時録画ができる。

以前のSTBはUSBでの録画はできなかった。
手持ちのBDレコーダーと同様2番組同時録画ができてうれしい。
なおSTBなので2番組録画+1番組視聴が可能=3チューナーだ。

番組表の表示・操作が軽快になった


以前のSTBより格段に番組表示・操作が早くなった。
BDレコーダーに比べると体感で2〜3倍くらい早い。

これで、他の機種よりイライラ感がかなり改善される。
ただ、CATVなのでチェンネルも多く、時間のスクロール表示はまあまあだが、CH(横方向)スクロールはちょっとイライラ感がある。それでも、BDプレーヤーに比べれば、相当早い。

CATV専用CHが最高Full HD画質で録画できる


これ、おっさんにとって、かなりPOINTが高い。
現行のBDレコーダーは地デジCHはデジタルのまま録画されるのだが、
ケーブル専門CHでは、映像はSTBのアナログ端子からのみ出力されてるようで、STB出力からBDのアナログ入力を通して録画している。

従って、画質はFull-HDに比べれば劣っている。新しいSTBでは、STB内で全て処理され、最高でFull-HD画質で録画できる。


ためしていない機能、試してみたい機能


あまり使わない、期待してない(かも)機能で、次のような機能があるらしい?が、詳細確認はまだだ!

DLNAサーバー機能/ホームサーバー機能

ホームネットワーク内のHDDの録画・再生










この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/8918795
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
サイト内 検索