広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年03月10日

これでこそ安心:SECOMホームセキュリティ

あれはまだ家を買って1年も経っていなかった頃の事。
奥様が飲み会で遅くなると言うので、私の方が先に帰宅したのですが、リビングに入った時に違和感を感じました。
dorobou_shinobiashi.jpg
戸棚の扉が開いて、引き出しが全部出されています。
更に床に引いてあるラグに土足で上がった足跡が付いています。


それを見た瞬間、「やられた!」と気付きました。
そうです、空き巣に入られたのです。

混乱する頭で、兎に角被害状況を確認しようと各部屋を見て回りました。
奥の和室にも侵入した形跡が有り、引き出しが全部出されていました。
3階の寝室も同様で、やはり引き出しが出されていて、クローゼットも漁った跡が有りました。

しかしリビングに置いてあったPCやゲーム機などは無事でした。
念の為、預金通帳やカード類も調べてみましたが、通帳もカードも盗まれていませんでした。
1階に降りてみると、浴室のドアが開いており、浴室に入ってみると窓ガラスを破った跡が有りました。
どうやら浴室の窓から侵入したようです。

ガレージに入ってみると、ガレージの窓ガラスも破られていて、車のグローブボックスが開いており、車内に書類などが散乱していました。
しかし、車自体は無事で、2台ある内の1台の鍵が無くなっていましたが、もう片方の車の方は開けてもいないようでした。

被害状況を確認した所で、110番に電話しました。
警察は10分程で到着し、現場検証が始まりました。
侵入経路である浴室の窓の外側の塀の上には、犯人が残したと思われる安物の工具が置いてありました。

警察によれば、犯人は素人か、もしくはあまり慣れていない者で、浴室の窓を壊すのにずいぶん時間を掛けたようです。
普通、開けるのに10分も掛かるとプロの泥棒は諦めるそうですが、この泥棒は根気よく30分位掛けて壊したようです。
ガレージの窓ガラスが最初に破られた様で、犯人は一旦ガレージ内に侵入したものの、ガレージから家に入るドアに鍵が掛かっており、且つそのドアが格子入りだった為にガレージからの侵入を諦め、外に出て浴室の窓から入り直した様です。

更に衝撃の事実が分かりました。
なんと私が帰宅した時には犯人はガレージ内で車の中を物色している最中で、帰宅した物音に気付いて慌てて逃走したのではないかという事でした。

一歩間違えたら犯人と遭遇してしまっていた可能性があったのです。

色々調べた結果、被害を受けたのは車の鍵が一つ無くなっているだけで、ダイニングに置いてあった現金も、預金通帳やカード類も無事でした。
土足で歩き回られたので汚れてしまったものも有りましたが、ラグ以外はほぼ被害は有りませんでした。

現場検証が終わり、被害届を出して警察が帰るまで2時間位掛かりました。
奥様に連絡すると、びっくりしていました。
しかし先に帰って来たのが私で良かったです。

しかし盗まれた車の鍵は出て来ず、恐らく犯人が持ち去ったものと思われます。
車の鍵はイモビライザー付きで、交換すると5万円ちょっと掛かります。
また部屋のラグも汚れてしまったので買い換えなければなりません。

保険会社に連絡しましたが、盗まれたものが車の鍵なので、それは自動車保険会社に言ってくれとの事でした。
そこで自動車保険の方に連絡しましたが、自動車保険会社は家に置いてある車の被害は家の保険で補填する様に言って来ました。
どちらの保険会社も自分たちの範疇ではないと言う立場です。

流石にアタマに来たので、「だったら保険は全て解約する!」と言ったら、家の火災保険に付帯する特約で、泥棒などの被害にあった際に汚された部屋のクリーニングやカーペット代としてなら支払い可能という文言を引き出しました。
ラグと一緒に車の鍵も火災保険の特約でカバー出来ました。

壊された窓についても火災保険の特約で修理する事が出来ましたが、問題はまた泥棒に入られるのではないか?という事でした。

当時、隣の家は空き家になっていて、裏の家はこちら側には一切窓が無く、隣の家から裏に回れば人目につかずにウチの裏に入れたのです。

そこで、SECOMホームセキュリティを導入する事にしました。



SECOMは携帯の様に月割りで支払う方法と、最初に設備費用を全額払う方法が有り、10年以上使うなら全額支払った方が安くなると言う事で、全額支払いにしました。
それ以外に毎月定額の料金が掛かりますが、それで盗難などの被害から守られるのであれば安いものです。

我が家の場合、ガレージのシャッターと玄関の2箇所退出口が有るのですが、SECOMのシステムは最終退出口が1箇所しか設定出来ません。

その為、玄関を最終退出口としましたが、偶にうっかり忘れてシャッターを開けてしまってSECOMから人が駆けつけて来てしまった事が有ります。

また、これも稀ですが、近所に住むウチの母が休日の朝訪ねて来て、鍵を持っているので鍵を開けて入って来てしまって警報装置が作動してしまった事も有りました。

多少不便は有りましたが、SECOMを取り付けて以降、10年以上経ちましたがただの一度も空き巣の被害にあった事はありません。
家の外に付いているフラッシュライトのお陰なのか、ガレージに貼ってあるSECOMのステッカーのお陰なのか、はたまたSECOMが取り付けた裏庭のオートライトシステムが効いたのかは分かりませんが、あれ以来一度も空き巣の被害に遭っていないばかりか、周辺でも空き巣にあったと言う話も聞きません。

未だ犯人は捕まっていませんが、SECOMホームセキュリティのお陰で安心して過ごせる様になったのは確かです。
イザと言う時に警備員が駆けつけると同時に警察にも通報するシステムなので、より安心です。

ちなみに10年経つと設置機器の内蔵電池が切れてしまいますが、そうした場合でも電池残量が減って来ると自動的にSECOMのセンターに通報が入り、「電池が消耗しているので交換に伺います」という連絡が入ります。
我が家の場合はホームセキュリティの機器に電池消耗の警告が出たのでSECOMに連絡して来てもらいました。
電池の交換は月々の代金に含まれているので、別途支払う必要はありません。

物騒な世の中なので、安心して過ごせるホームセキュリティは今や必需品かもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




人気ブログランキング



ファン
検索
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
MORMORさんの画像
MORMOR
どうも、Mormorです。 ラーメンとクルマが好きなアラフィフです。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。