記事が参考になったら「いいね!」をよろしくお願いします。m(_ _)m
カテゴリアーカイブ
検索
ファン

広告

posted by fanblog

2016年08月18日

これぞ『真空斬り』! 〜フュージョンパートナーの売り〜

ちょっとタイトルが格好良すぎるな。(笑)

今までのギャップアップ銘柄、特にストップ高翌日の仕掛けのセットアップの根拠はこういうことである。

前日の価格帯との間に真空地帯ができていれば、今までの相場の流れ(大体上昇トレンド)でできているサポートラインをある程度気にせずに済む。


フュージョンパートナー(4845)は二日連続の張り付きストップ高で、今までの価格は過去に捨て置いた。
※まあここ一年の高値を更新したってことなんだけどね。(笑)

寄付きの大出来高が後押ししてくれる。

大幅ギャップアップとそれに続く寄り天を思わせる下落。

とりあえず一度は反発する。そしてVWAPとの攻防。


だんだん分かってきた。ここから下げてのサポートラインの攻防のブレイクで仕掛けるんではなく、ここで売ればいいんじゃない?

始値までは戻れない。目先の上昇トレンドラインを割る。

2016/08/18 9:50 「810」

ちょっと値段がスベった。サイズが大きくなったか。

ストップは寄付きの高値ではなく戻り高値「826」の上。

上げては下げてでジリジリ下がる。

「802」をつけて反発。サイズが大きかったのを思い出し一部利確しておくことにする。

2016/08/18 9:59 「807」
(+3、+0.18R)

仕切って気づく。100株単位だった。株数が同じだったのでアサヒ衛陶(5341)の1,000株単位と勘違いしてた。

だったらもう少し細かくできたのに。バカだね。

再度下げ始める。「799」をつけて反発。

なぜかカミさんが横にいて何かを待っている。何か用だろうか?

う〜む。

最初の安値「788」を意識しだしたか。離脱するか。なんかプレッシャーを感じるし。

成行買い。

しまった。高めの指値にすべきだった。板があいてる。

2016/08/18 9:59 「807」(806〜808)
(+3、+0.18R)

あちゃ〜。分割約定。

カミさんの用が終わってチャートに目を戻すと、筆者の買い値を高値にして下がってるよ!

やっぱりね。こういうタイミングなんだよね。

「792」まで下がった後は反発。本格的な戻りに入る。この辺で利食えてたら申し分ないんだけどね。

タイトルの割に内容が伴ってないトレードだった。でも考え方はいいと思う。

4845-20160818.PNG


その後のサポートライン割れブレイクは見てなかった。見てたらどうしてたかな。わからん。

期待するようなズバッとした長大陰線が出ていないので気疲れするようなトレードになってた気はする。


--------------------------------------------------------------------------

最後までお読みくださりありがとうございます。
今回の記事は参考になりましたか?
当ブログへの「投票」もしくは「順位の確認」、または「他のブログの検索」は下記ボタンからどうぞ。
                         まるてん

【株式】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5344905

この記事へのトラックバック
リンク集
記事ランキング
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
プロフィール
『ましたんワールド』で会いましょう!さんの画像
『ましたんワールド』で会いましょう!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。