2019年03月18日

米俳優スーザン・サランドンとオーウェン・ウィルソン キューバ滞在中

susan-sarandon.jpg
スーザン・サランドン

Cubadebate、2019年3月18日、EFE

米国の俳優スーザン・サランドンとオーウェン・ウィルソンは現在ハバナに滞在しており、サン・ラファエルの目抜き通りやキューバ芸術工房といった場所を訪問した。2人はこの日曜日にキューバ人歌手カルロス・バレーラのコンサートを楽しみ、バレーラはその出会いについてインスタグラムで「私の音楽が今夜ハバナでスーザン・サランドンとオーウェン・ウィルソンに共有されたことは私や私のバンドにとって大きな名誉であった」、と記した。

ニューヨーカーの女優スーザンとその仕事仲間ウィルソンは自分たちのキューバ旅行について自身のSNSでは発信していないが、サン・ラファエルの目抜き通りやホテル街にいる写真が、現地で彼らと出会った人たちによってインスタグラムに投稿されている。

それらの写真で、72歳のサランドンは赤い服を着ており、一方コメディアンで脚本家のウィルソンは青地に白い花柄のカジュアルシャツを着て、キューバの典型的な麦藁帽子をかぶっている。

「テルマ&ルイーズ」や「マダム・メドラー」「魔法にかけられて」などの映画出演で知られるサランドンは、その成功ある映画キャリアと、社会的・政治的活動を両立させてきた。

サランドンはユニセフ大使であり、10年前から人道組織「ヘイファー・インターナショナル」の一員として活動している。またバラク・オバマの大統領選挙を支援し、「ウォール街を占拠せよ」の激しい運動に支持を表明。2018年6月にはドナルド・トランプが促進する移民ゼロトレランス(不寛容)政策に対するワシントンでの抗議運動で574人の女性たちとともに逮捕された。

(EFEの原文)

susan-sarandon-carlos-varela.png
スーザン・サランドン(左)とカルロス・バレーラ(右)

owen-wilson-carlos-varela.jpg
カルロス・バレーラ(左)とオーウェン・ウィルソン(右)


キューバTV(2019年3月19日)

Susan Sarandon y Owen Wilson de visita en La Habana
http://www.cubadebate.cu/noticias/2019/03/18/susan-sarandon-y-owen-wilson-de-visita-en-la-habana/#.XJT7n9IzbIU
posted by vivacuba at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | cuba
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8660238
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
写真ギャラリー
ファン
最新コメント
プロフィール