UA-154656538-2
検索
言葉を集めて世界を旅するRPG「地図の時間〜言葉集めの冒険譚〜」
timeofmapworks_logo_2020.png
ハートフルRPG「地図の時間」

地図の時間スピンオフRPG「影泥棒と魔法の手記」

リソース管理ダンジョンRPG「琥珀の道具士」

現代SFRPG「重力ルーペ/探求リバーブ」

ドラマティックRPG「バンドワゴン」

ビジュアルノベル「日向と香水」

ノベル×ADV「ストーリーテラー」 title1_2.png
カテゴリ
リンク集
【スポンサードリンク】

2018年08月14日

考えるよりも行動する

◆考えるよりも行動する

『伸びる人は素直、疑うことなく実践して成長する』
時折耳にするこの言葉。
私自身頷けるのですが、裏付けられないか、調べてみました。
コラム風です。



心理学者ヤーコブ・トローペとニラ・リーベルマンの実験
「日記を書く」「銀行口座を開く」「旅行をする」という行動を見せ、それぞれに違う課題を与えた。
Aグループ:人はなぜこれらの行動をするのか書き出させた
Bグループ:どのようにすればそれができるか具体的な行動を書き出させた
この結果、BグループはAグループよりも 平均10日早く課題を終えたとのこと。
課題の内容(A:思考、B:行動)が課題提出の行動に影響しているように思える。

以上から見えてくるのは次のことだ。

・理由を考えると、行動力が落ちる
・何をすべきかに意識を向けると、具体的な行動を起こす
・直前の行動は未来の行動に影響を与える

冒頭の『伸びる人が素直』というのは、与えられた時間とエネルギーを『考えること』ではなく『行動すること』に費やしているからだろう。

一方で社会に身を置く以上、全く考えないということはできない。
これを実生活に活かすには『考えるコストを減らす』ことも必要だと思う。

具体的には「考えるべきとき」か「考える必要のないとき」かの判断基準を自分の中で持つということ。
以下は思いついた例。

・気になった本の購買条件「1500円未満なら迷わず買う」
・コンビニで特に希望がないときの食事選定「ツナマヨのおにぎり。ない場合は一個200Kcal未満で害のない食事」

これを突き詰めると、勢いがある人の行動習慣になるのかもしれない。
口よりも、脳よりも、手を動かすことが大事なのだろう。

口で言うのは簡単だけれども。



私は実生活に活きるライフハックネタを考えたり、実践するのも好きなので、時々こういう記事も書きます。
知ることで創作活動や日々の暮らしが上向いたなら、嬉しいですよね。

こんな内容を体系的にまとめて、Kindle本として出版しようと思い、日々執筆をしています。
仕事、ゲーム制作、物書き――各々好きなことを楽しんで、自分と周りを豊かにするためにビジネスに繋げる。
こんなふうに、人生を楽しく広げていきたいですね。
posted by tabirpglab at 09:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7992629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック