2019年04月29日

クラウドクレジットがソニー銀行や松井証券と連携。プレゼント情報もあります。



広告
ソニー銀行との連携

 今回はクラウドクレジットの話題です。

 クラウドクレジットは、扱っている案件が「全て外国案件」という、ソーシャルレンディングの中では異色
 の事業者です。
 (他の事業者はたいてい、メインで国内不動産担保や国内事業資金案件を扱っています)

 クラウドクレジットは「世界に貢献する投資」を謳っており、下品な話をすれば「ただの金貸しではない」
 という意味で金融機関の人気が出やすいのでしょう。
 クラウドクレジットの募集する案件には社会インパクト投資も含まれますので、言うだけではなく実際に
 世界に貢献する投資を行おうとしていることも影響しているのかもしれません。

 クラウドクレジットはこれまでにも、マネックス証券やSBI証券と連携をしています。
 そして今回、ソニー証券とも連携を行ったというニュースがありました。

  ・ソニー証券との連携記事 (クラウドクレジット)


 4/14の事ですが、ソニー銀行のCONSULTING PLAZAでクラウドクレジットがセミナーを行ったとのこと。
 ソニー銀行の顧客はあまりクラウドファンディングとは馴染みがないと思われますので、良い効果が出たの
 ではないかと思われます。

  20190427CC3.jpg
  (上記ページより引用)


 ソニー銀行自信も「SONY BANK GATE」というクラウドファンディングサービスを開始していますが、ソ
 ニー銀行の法は購入型、かつ国内案件ということで、クラウドクレジットとの衝突はありません。
 そういった点でも、お互いWin-Winの提携になればと思います。


 クラウドクレジット (アフィリエイトリンク)
 


松井証券とも

 さらに、松井証券とも提携話がありました。
 こちらはセミナーではなく、クラウドクレジットが松井証券にコンテンツを提供するという形です。
 実際、松井証券のウェブサイトにはクラウドクレジットの文字が出ていました。

  20190427CC1.jpg


 松井証券はネット証券として、ユーザ目線に立ったサービスを色々と打ち出しています。
 今はコンテンツの提携のみですが、そのうち松井証券の顧客に対しセミナーなどを行い、投資家のすそ野を
 広げていく活動が始まるのかもしれません。

 そういえば松井証券はオーナーズブック(広告リンク)とも提携していました。
 ネット銀行やネット証券とクラウドファンディングは、いずれも既存の銀行や証券会社に代わる新しいサー
 ビスという意味で相性が良いのかもしれません。

  20190427OB1.jpg

プレゼント情報

 そのクラウドクレジットですが、珍しくキャンペーンを行っています。
 「平成最後のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン」と題し、期間中に50万円以上の投資を行った全員
 にAmazonギフト券1,000円がプレゼントされる
というものです。

  20190427CC4.jpg


 期間は4/25〜5/15。
 ただし、期間中に新規会員登録をした場合、期間は5/25まで伸びます。

 それほど高額のプレゼントではありませんが、逆に言えば無理をしない範囲でのプレゼントとも言えます。
 クラウドクレジットでの投資を検討されている方は、この機会にいかがでしょうか。

 クラウドクレジットの事業者としてのリスクは、後ろ盾や提携の状況からして低いものと思いますが、しか
 し案件のリスクは低いわけでないことには注意が必要です。

 個人的な考え方では、償還実績のある「東欧金融事業者支援ファンド」や、現在利率上乗せキャンペーン中
 で同じく償還実績のある「マイクロローン事業者ファンド」。それも、できれば円ヘッジが付いていて為替
 変動の影響を受けにくいファンドから始めた方がいいと思います。


 クラウドクレジットへの投資を検討されている方は、こちらからどうぞ。
 (アフィリエイトリンク)

 




 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  



posted by SALLOW at 17:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 投資の話題

CREAL(クリアル)からGW明けの新案件登場。大型案件も気になるところ。



広告
次の案件はGW明け

 不動産投資クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」から新案件が発表されました。
 今回はゴールデンウィーク明けの案件となります。


 メインステージ蒲田U

  募集開始:5/9 20:00〜
  予定利率:4.2%
  期間:9ヶ月
  募集総額:1,516万円
  担保:無し(貸付型ではなく投資型のため)

  20190427CRE1.jpg


 大田区蒲田にある13階建て・59戸のビルの一室が今回の対象となります。
 蒲田駅まで徒歩4分、京急蒲田まで徒歩10分と交通の便は良い地域だと思います。

 スキームは、CREALの通常のものと同じ。

  20190427CRE2.jpg


 通常、CREALは投資金額の10%を劣後出資します。
 不動産の売却がうまくいかなかった場合はこの劣後出資から損害を受けるわけですが、この案件の場合劣後
 出資割合は10%ではなく、約15%です。

 その分だけ、投資家の利益が担保されている、と言えるでしょう。


 CREAL (アフィリエイトリンク)
 CREAL
 ↑上記のバナーでは10億円突破となっていますが、現在の出資総額は15億円を突破しています。

資金があるので、参戦します

 詳細情報によると、対象の不動産は鑑定会社による査定がされています。

 査定方法は取引事例比較法と収益還元法の2種類。
 いずれの査定方法においても、募集総額(投資募集額+CREALの劣後出資額)よりも高い金額が出ています
 ので、売却により投資家の資金が損害を受ける可能性は低いと思われます。

 ということで、私も参戦してみます。
 実は前回の「シンシア本郷三丁目」案件で、投資レースに滑り込めたと思っていたら操作ミスで投資できて
 いなかった
ということをやらかしているので、資金が滞留しているのです。

  20190427CRE3.jpg


 5月中には次の大型案件も登場するとのことで、こちらも楽しみです。
 もし今回投資レースに敗戦しても、そちらの大型案件に投資を実施する予定でいます。


 不動産の実物投資と比べ、小口資金で投資でき手離れも良い(投資期間が短いため)不動産投資型CFは私に
 合う投資であり、今後も投資を継続していくつもりです。
 ソーシャルレンディングは最近匿名化が外れましたが、不動産投資型CFは初めから匿名化されていないとい
 うのも大きな特徴であり、利点だと思います。

 以前当ブログでは、機会をいただいてCREALの横山代表にインタビューを行いました。
 その内容については以下の記事で紹介していますので、あわせてご覧下さい。

  ・【CREALインタビュー】設立の背景、ファンド検証体制やBCC社との関係(前編)

  ・【CREALインタビュー】募集中の「さくらさくみらい」の話題など(後編)


 CREALの案件説明ページは、ログインすることにより得られる情報が増えます。
 まだ会員登録をされていない方は下記のページで会員登録方法を紹介していますので、参考にして下さい。
 その際は、広告リンクのご利用をいただければ幸いです。

  ・CREAL(クリアル)の会員登録方法紹介


 CREALでの会員登録は、こちらからどうぞ。(アフィリエイトリンク)
 CREAL




 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  





<ピックアップ広告>
「実名化案件」を扱うSAMURAI
日本保証との提携により、債務保証の
付いた案件も登場!
会員登録方法はこちらをご覧下さい。
SAMURAI_banner.jpg

ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

s-SAMURAIバナーA.jpg
SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント