広告

posted by fanblog


2019年01月08日

【続報】ソシャレンが抱える問題への処方箋は「関係会社貸付」。いきなりの大反響です。



広告
いきなりの大反響

 本日サービス開始となったFunds(ファンズ)。
 クラウドポートが運営する貸付ファンドサービスです。

 かつてクラウドバンク立ち上げに携わった藤田社長が、問題が続発する今のタイミングでサービスを開始
 する以上、現在のソーシャルレンディングが抱える問題に何らかの解決策はあるだろうと思っていました。
 実際に説明を読み込んでみると、非常に効果的なスキームがあることが分かりました。
 今回はそのスキームに関する続報です。


 Fundsでの口座開設は、こちらからどうぞ(アフィリエイトリンク)
 Funds


 ちなみに、Fundsの出だしは一言で言うと「極めて好調」
 各メディアで大きく取り上げられたり、ホリエモン砲が炸裂したり、さらには参画を表明した会社の株が
 ストップ高
になるなど、予想外の大反響を呼んでいます。


 20190109FNS5.jpg
 (Fundsに参画したデュアルタップ社の1/8株価。Yahooファイナンスより引用)

キモとなる「関係会社貸付」

 以前の記事では、参画企業にあのアイフルが入っていたり、監査役会がえらく充実していたりという内容の
 ほか、Fundsの特徴である「関係会社貸付」についても取り上げました。

  ・画期的な貸し付けファンド「Funds(ファンズ)」、いよいよサービス開始です。


 この「関係会社貸付」、ソーシャルレンディングに「社債」の性格を取り入れるものです。

 社債の性格を持つソーシャルレンディングと言えば、真っ先に思いつくのはLCレンディングの募集する
 「LCギャランティーファンド」。
 上場会社LCHDの保証が付き、実質的にLCHDの社債と似た性質を持つ大人気ファンドです。
 そしてFundsの案件は、全てがこの社債の性質を持っていることが分かりました。

  20190108FNS4.jpg


 通常のソーシャルレンディングでは、貸付は以下のようにして行われます。

  (投資家)→(案件募集者)→(匿名化された貸付先)→(運用先)

 このスキームにおける問題点は、貸付先が運用に失敗しても、募集者は投資家に対して投資資金の補填を
 することができない
、というところです(法律で禁止されています)。

 従って、匿名化され評価が難しい最終貸付先の貸し倒れリスクは、投資家が負わなければいけない。
 これがソーシャルレンディングの最大の問題点だったわけです。


 これに対し、Fundsの案件では以下のようなスキームを取ります。

  (投資家)→(案件募集者)→(匿名化された募集者の関係会社)→(運用先)

 ファンドを組成する案件募集者と、貸付先は関係会社。
 そして案件募集者は関係会社に貸付を行うので、関係会社は運用の結果がどうなったとしても、募集者に
 対して返済義務を負います。

 つまり、運用失敗の責任が投資家から関係会社に移ることになります。

 募集者の名前は匿名化されておらず、さらに上場会社も含まれます。
 関係会社から資金が返済されず投資家に返済できなければ、当然「評判が悪くなるリスク」を負います。
 自然、募集者は関係会社にガン詰めすることになるでしょう。
 募集者と関係会社が丸ごと吹き飛ばない限り、投資家のリスクは極めて限定されるわけです。


 この「関係会社貸付」というスキーム、ぱっと見では少し複雑でしたが、理解してしまえば現状における
 ソーシャルレンディングの問題点に対する効果的な対処法です。
 さすがはソーシャルレンディングの経験豊かなメンバーの作り上げたスキーム。良くできています。


 案件がどのくらいの規模で出てくるか分かりませんが、大人気はまず間違いないでしょう。
 私もすでに会員登録手続き中。最初の案件が出てくるまでに、登録を済ませた方がいいと思います。
 その際には下記のリンクをご利用いただければ幸いです。
 

 Funds(アフィリエイトリンク)
 Funds



 ランキングに参加しています。
 リンク先には同じ話題を取り扱うブログが沢山あります。こちらもいかがでしょうか。
 にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ  


posted by SALLOW at 22:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 投資の話題
この記事へのコメント
はしも2 様
現在私も、Fundsの資料を読み込み中です。なんとか理解はできたのですが、さてそれをブログで分かりやすく伝えるには・・・と色々悩んでいるところです。
それを差し引いても、現状SLの問題点をうまく回避しているスキームであることには疑いようがないので、まずはその点を強調して紹介しました。

日本におけるソシャレン、市場はまだまだ成長するでしょうが、システムとしては第一世代が出そろった感がありますよね。
そこに風穴を開ける「第二世代SL」もしくは「社債風SL」となってくれることを期待します。
もちろん私も、ブロガーとしてだけではなく、一投資家としても全力で突撃します。
Posted by SALLOW at 2019年01月09日 11:35
スキームに注目が集中していてあまり注目されていませんが、
・1円から無駄なく投資出来る
・デポジット口座から入金 or 後から入金 どちらでも投資可
・出金手数料無料

とシステム的にも大変優秀ですね。エニートさんの記事にもコメントさせてもらいましたが、
「個人向け社債の代替を目指す」という記事を拝見して、伊達ではないなという気がしています。
人気、出そうですね。第一号案件が大変楽しみですね。
Posted by はしも2 at 2019年01月09日 08:48
検討中素浪人 様
コメントありがとうございます。
https://jp.techcrunch.com/2019/01/08/crowdport-launches-funds/
このURLの真ん中あたりに、「関係会社貸付」スキームが掲載されています。
また、当記事の図表については、Fundsの運営会社より提供を受けたものになります。
Posted by SALLOW at 2019年01月08日 23:51
失礼します。
「関係会社貸付」というのはFundsのサイトを見ても載っていないのですがどこの情報になりますか?
Posted by 検討中素浪人 at 2019年01月08日 23:28
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8453841
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


<ピックアップ広告>
海外案件ならクラウドクレジット。
分散投資には海外も含めるのが重要です。


(2018/12/19)
ソシャレン投資本を書きました。
かんき出版様より発売中。
是非、お手に取って下さい!


ランキング参加しています。
クリックを宜しくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ


広告


プロフィール
SALLOWさんの画像
SALLOW
プロフィール
問い合わせは各記事のコメント、もしくはquantumアットマークsaturn.dti.ne.jpまでどうぞ。

PVアクセスランキング にほんブログ村
検索
カテゴリーアーカイブ
リンク集
最新記事
アフィリエイトリンク(全て、管理人が実際に利用しています)

SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング

クラウドバンク
クラウドバンク

OwnersBook
オーナーズブック


クラウドクレジット

LENDEX
LENDEX

Pocket Funding

SAMURAI証券 SAMURAI

CREAL
CREAL

WealthNavi
ウェルスナビ

FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO

Funds
Funds

ユニコーン
ユニコーン

COOL
COOL

楽天証券
楽天証券

さとふる
さとふる


楽天カード


A8.net

最新コメント
以下のメディアで掲載されました。

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。