広告

posted by fanblog

実は自分のプラセンタ(胎盤)を食べたことがありますよ、という体験談

前の記事で
「硬くなってしまった弾性繊維は戻らない」ということを再確認し
色々考えて、実は今、プラセンタをお試しで飲んでおります、きのみいです。

・・・と、プラセンタの記事を書こうとして
そう言えば、大事な事を思い出しました。

nine months of pregnancy.
nine months of pregnancy. / MJ/TR (´・ω・)

(注:私のお腹じゃないよ^^;)


実は自分の胎盤を食べたことがあります


これ言うと、引かれる人、続出するかも?(−−; まあいいや。


ここだけの話。



私、自分の胎盤を食べたことがあります。3回。

いえ、別にゲテモノ食いではありません(笑)


もちろん当時は美容目的ではなく、
子宮の収縮を促し、産後の体力回復と、母乳の出を良くするため。


動物は、出産後、自分の胎盤を食べてしまうのは当然らしいし
日本では昔から、お産婆さんが胎盤を
産婦さんに食べさせていた、というのをどこかで聞いたので。

好奇心旺盛な私は
子供を授かる遥か以前から、気になっていたんです。myプラセンタ(胎盤)。


そう言えば、内田春菊さんの漫画にも載ってましたね、胎盤話。
ご本人が食べた訳じゃないけど、周りのお話とか。

胎盤を食べる?!という話は当時ネットでも少なく、貴重な情報源でした。





胎盤専用のフライパンがある助産院


3人の子供を、全員
神戸市北区のマナ助産院で産ませて頂いたのですが

ここは入院中、予めお願いしておくと
後産で出てきた自分の「胎盤」を調理してくれて、食べることが出来たんです。


もちろん、
普通の調理器とは別の、それ専用のフライパン等を使用するらしく。



私: 「私の他にも結構いるんですか?胎盤食べたがる人」

・・・って聞いたら


助産士さん: 「たまにいますよ。そうね、1年に1回?いや、2−3年に1回とかかなー」


って答えられたので、最近では私くらいだったのかも知れません(−−;

でも、ネットとか見てると
実は密かに増えてるのかな?my胎盤食べるの。
プラセンタを飲んだり、化粧品で使うのが当たり前になったからかな。

ヒロソフィー“神のプラセンタ”一日500円でプラセンタ注射を毎日打つのと同効果!





胎盤の食べ方。胎盤レシピ?


胎盤は、数切れ、出産した当日の夜に夕食と共に出されました。

出産直後に出たばかりの胎盤、見た目は皆さんご存知のとおり
超グロいです。「THE☆臓器」です。

でも、切って焼いたら、フツーのお肉みたい。 むしろ美味しそう??
一口大に切ってもらったものを、それぞれ

レモン+塩コショウや生姜しょうゆ、
持参した青しそニンニク醤油などで頂きます。


それでも、自分でお願いしときながら
食べるのに躊躇すること数分間。 
思い切って、目をつぶって、エイっと口に放り込みました。


肝心のお味はと言いますと・・・・「レバー」そのもの@@;





気になる胎盤のお味と、その効果


血が少々したたった「レア」と良く焼いた「ウェルダン」の2種。
私はウェルダン&生姜醤油が一番食べやすかったかな?


決してそんなに美味いものではありません。

でも、食べられない、まずいーって程でもなく。単にレバーって感じ。
ただし、私レバーちょい苦手なので(; ;)

ただ、母乳の出を良くしたい、という思いと
子供の安全な成長を願い、縁起をかついで
3人の出産時、毎回食べさせてもらいました^ ^; ほんの少しずつですが。


で、胎盤を食べたせいかどうかは分かりませんが
おかげさまで3人とも、十分な母乳が出たので

殺菌消毒など、手入れが面倒な哺乳瓶を使うこともなく
ずぼらな母としては非常にラクをしました^ ^





残りを冷凍して持ち帰るツワモノもいるらしい


食べきれず残った胎盤は
冷凍して自宅へ持ち帰るという人もいるそうです。

私は、とても自分で調理できそうになかったので、
通常通りの手続きで、廃棄してもらう事に。


血を沢山含むので
家族の食事を作るまな板や包丁、フライパンで、と考えると
ちょっと抵抗がありましたね・・・(−−;

でも、美容うんぬんについて考える余裕が出来た今となっては
もし、冷凍のmy胎盤が今現在、まだ存在してたら
食べる・・・かも? かな?





プラセンタって考えたら凄い素材だよね


自分で食べといてアレなんですが
自分の胎盤=自分の肉を食べるって、やっぱ違和感は相当でした。

自分の肉でも違和感あるのに
他人様の肉なんてとてもじゃないけどムリ。(当然か)


でも、医療用のプラセンタって
人間の胎盤に限定されてるんですね。びっくり@@;

輸血に近いニュアンスなんでしょかね。。





馬や羊、豚さんのプラセンタなら大丈夫?


そして美容や健康の為にと、世間一般的に
馬さんや羊さん、豚さんのプラセンタを
高い高いお金を出して、買って飲む方が沢山いらっしゃるわけで。

まあ、実際は肉ではなく、成長因子を抽出したモノなんですが。


でも、その馬さんや豚さんが
実際どういう環境で育ってるのかなんて、直接は知る由もなく。

どんな環境で何を食べてるか分かってて、一番安全?な
自分のプラセンタを利用しない手は無いよねー





「食べられないくらいクサイ胎盤」の理由?


・・・と、ここまで考えながら

ん?

自分のなら安全安心かと思ったけど、逆に
お薬を沢山飲んでたり、食品添加物とか盛りだくさんの料理ばっかり食べてたら
胎盤に、良くないものも溜まっちゃうのかな??


そういえば、どこかのお産婆さんが

「最近の産婦さんの胎盤は、
クサくてとても食べられたもんじゃないのが多い」と

なげいてたって話があったけど。 そういう事かなー


でも、そんな「食べられない程クサイ」胎盤に
包まれて育てられた赤ちゃんは・・・かなり気の毒かも(; ;)

Baby hands
Baby hands / SanShoot




これからの妊婦さんへ〜決してオススメはいたしませんが〜


my胎盤を食べるという経験。
私にとっては非常に貴重な体験でした。

他の方に、自分の胎盤を食べる事を特に推奨はしないけど
(興味があって母乳の出を良くしたい人は、縁起かつぎにどうぞ!)


これからの妊婦の皆さんには
「私の胎盤は食べても安心だ!」と自信をもって言える位(実際に食べなくても^ ^;)

できるだけ、食生活を含めた環境整備を心がけて
妊娠期を過ごされて欲しいと、心から願います。

ぜひぜひ、
楽しく思い出に残る、幸せなご出産を迎えられますように*^ ^*





自分も動物だと自覚した妊娠&出産


・・・そう言えばブログには余り書いてませんでしたが

妊娠、および助産院での出産は

普通に文明的な生活を何不自由なく営んでいる1人間としては
全くもってびっくりするほど「原始的」で「動物的」な体験でした。


出産というのはある意味、
野生をほんの一瞬思い出せる、「最後の砦(とりで)」なのかも知れません。


「ああ、私も動物と変わりないんだ」という、不思議な感覚。



そして妊娠中、
自分の思考とは全く関係なく、お腹の中で着々と作られていく身体。命。

紛れもなくプラスの意思=エネルギーが存在することを感じました。


人は、それを「神様」と呼ぶのかも知れません。


私が、自分で生きているのではなく
ただ「生かされている」という事実を再認識したのも
妊娠&出産だったことを、思い出しましたクローバー




この記事へのコメント

   
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。