2016年06月12日

第249回 襁褓(むつき)






文●ツルシカズヒコ


 暮れも押し詰まった十二月二十八日、大杉一家は巣鴨村宮仲二五八三から、南葛飾郡亀戸町二四〇〇に引っ越した。

 大杉栄「小紳士的感情」(『文明批評』一九一八年二月号・第一巻第二号/大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第一巻』)によれば、大杉には久しい前から労働者町で長屋生活をしてみたいという思いがあった。

 従来、小官吏や小番頭など中流階級の逃げ場である静かな郊外にばかり住んでいた大杉は、そういう小紳士的感情を捨て去り、平民労働者の実際生活に接近し、自分たちの中に彼らとの一体感を養いたいと思ったのである。

 少々の敷金があったので、長屋ではなく一軒建ちの貸家に住むことになったが、生活の窮乏という実際問題が大杉の背中を押した。

 この時期に亀戸に引っ越すことになったのは、十二月二十四、二十五日ごろ、たまたま亀戸に住んでいる旧友の橋浦時雄が巣鴨の家を訪ねて来たからだった。

noe000_banner01.jpg


 巣鴨新田の先に、その寓宅を発見した。

 案内を乞うと大杉君が出て来た。

 暫く話した。

 伊藤野枝との女児[魔子]がヒイヒイ泣いて、それにミルクを飲ませたり襁褓(むつき)を取り代えたりする様は、一寸想像にも及ばなかっ図である。

 野枝女史はいなかった。

 この時亀戸あたりに引越したいといって、それでは僕が案内しようと約した。


(『橋浦時雄日記 第一巻 冬の時代から 一九〇八〜一九一八』/発売・風媒社 /発行・雁思社/一九八三年七月)





 十二月二十八日の夕方、野枝がひとりで貸家を探しに行き、翌日の昼下がりに一家が亀戸に引っ越して来たのである。

 手伝いに黒瀬春吉の第一夫人の青柳雪枝が来ていた。

「亀戸から」(『文明批評』一九一八年二月号・第一巻第二号/大杉栄全集刊行会『大杉栄全集 第四巻』)によれば、『文明批評』一月号の校正のために三日間、身を眩まして帰宅すると、大家から来月の十日までに引っ越してくれと宣告をされた。

 それまでの家賃はいらない、二ヶ月分の敷金も返すという条件だったので、大杉はこの条件を即座に呑んだ。

「お蔭さまでいい引越しが出来たんだ。ほんの少々ぢやあるが、引越し料まで貰つて」という、大杉一家にとって渡りに船の引っ越しになった。

 大杉豊『日録・大杉栄伝』によれば、「橋浦の家も同番地、現在の江東区亀戸六丁目である。近くに東洋モスリンの工場があり、黒い煙突が聳えている。家賃は月十三円だった」。

 大杉の家のすぐ前の新築の空家に小松川署の刑事が二人待機し、終日、戸を細目に開けて見張っていた。





 大晦日、大杉と野枝は魔子を連れて、大森の春日神社裏(現・大田区中央一)にある山川家を訪れ、そこで正月を迎えた。


 にぎやか笑い声といっしょにドヤドヤとはいって来たのは、マコちゃんをかかえた大杉さんと、おむつの包みをもった野枝さんで、自分の家ではかけとりがうるさいから、ここで年越しをすることにきめたという。

「お正月の支度まだでしょ。私が台所ひきうけてあげるわ、あなたは寝てらっしゃい」。

 こういって野枝さんは立ちました。

 滝縞のお召にお納戸錦紗の羽織を着たまま両方のタモトのはしをちょっと帯の間へはさんで台所へ出ようとする野枝さんの前に、まだエプロンのないころで、私は自分の粗末な羽織やタスキや前掛けをもちだしました。

 大杉さんは横からそれをさえぎって、

「いいんですよ、この人はいつでもこのままなんだ。内も外も、台所をするのも銭湯にいくのもね。このほかにきるものはなにもないんだ。あとはネマキだけさ。質に入れるとき、これがいちばん役にたつからこれだけおいておくんだ」。

 こうして、野枝さんは台所に、子供たちは手伝いの婦人の手にある間、大杉さんと山川と私は座敷で火鉢をかこみました。


(山川菊栄『おんな二代の記』)






 ちなみに、大杉と野枝の死の直後に、菊栄が『婦人公論』に寄稿した文章にはこう記されている。


 ……野絵さんが赤ん坊を寝かしておいて、丁度其頃私たちの処にゐたK青年を相手にお正月の料理に取りかゝつた。

『あなたは炬燵で寝てらつしやいよ。私がみんなしてあげるから。』

 かう私にいつて野枝さんはK青年を買物にやつてから台所に出かゝつたが、見ると例によつてお召し着物にお召しの羽織のゾロリとした姿である。

 私が粗末な羽織や襷、前垂などを用意すると大杉さんがいそいで遮つた。

『いゝんだよ。この人は年中これなんだ。羽織といへば天にも地にもこれ一枚きりで、風呂に行く時も飯たきする時もみなこれ許(ばか)り着て、襷なんかかけたことないんだ。同じ着のみ着のまゝでも木綿ものよりこの方が質にやる時役に立つからね、』と笑つた。

 野枝さんはお召しの羽織の袖の端をチヨツと脇の下にはさんだなりで真黒な台所に降りていつた。

 お陰で私は手一つ濡さずにお正月の御馳走にありついた。


(山川菊栄「大杉さんと野枝さん」/『婦人公論』一九二三年十一月・十二月合併号)


 火鉢を囲んだ三人の話題は、革命中のロシアをどうみるかに落ち着いた。

 大杉は急いで政府を作るのが間違っていると主張した。

 革命によってめちゃくちゃになった旧い社会組織とその構成要素は、ちょうどお盆の上に大小の石が積み重なってめちゃくちゃになっているようなものだから、うっちゃっておけばいい、そしてお盆を揺すっていれば、自然に収まるところに収まるというような話を大杉がした。





 元日を私の家で遊び暮らした大杉さんの一家三人はその夕方か翌日か、また陽気に笑いさざめきながら帰っていきました。

 そのあとで

「おもしろい奥さまですね、私あんな方はじめて見ました」

 と私の家の手伝いはお腹をかかえて笑いこけました。

 おしめはゆかたをバラバラにしたなりで、袖やおくみをほどかずにそのまま使い、「すこしばかりぬれたのはいちいち洗わないでいいのよ」と、こちらで洗いかけたのを抑えて竿にかけ、よごれたのをほしてそのまま使ったそうで、一事が万事、人目をおどろかせたのですが、しかし、まあなんと愉快そうな二人でしたろう。

 まったく大きな少年少女といいたいようでした。


(山川菊栄『おんな二代の記』)




●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



【このカテゴリーの最新記事】
posted by kazuhikotsurushi2 at 21:09 | TrackBack(0) | 本文

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5154002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(439)
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)など。
プロフィール

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)