旅行・観光ランキング
ブログランキングに参加しています
ファン
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ

2017年01月19日

ゆめみどころお風呂の王様に行ってきました

かつて相鉄が運営していたスーパー銭湯ゆめみどころここち湯、いつの間にか経営母体が変わってお風呂の王様になっていました。

会員割りが有りますが会員カードなんてもってません…って思ったらJAF割が有りますのでそれで、大人700円になります。建物はここち湯時代と全く変わっておらず、基本そのまま。

少し古い施設なので、今流行りの炭酸泉等はありません、天然温泉とジェットバスやサウナ、壺湯、寝湯等、天然温泉はかけ流しが1つと後は循環式。浴室のサイズや洗い場の数はスーパー銭湯としては標準的、湯上りどころの和室も小規模ながら存在します。ちょうどこの日は酵素風呂をやっており、何か酵素が入った風呂らしく、よく眠れるようになったりする効果があるとかなんとか。温泉は割と透明。


毎日寒いので温泉は本当に気持ちがいいです、とは言え寒いので露天風呂に出るのは大変ですが。平日夜中なのでそこまで混んでませんでしたし。

食堂の値段等は名称変更前と変わらず、割と低価格で買いやすい値段、給茶機は冷茶も出ます。他はアカスリや散髪等、基本的なスーパー銭湯にあるものは大体揃ってる感じです。漫画コーナーも有りますが、冊数は少なめ。

2017年01月18日

三井記念美術館「日本の伝統芸能展」へ行ってきました

伝統芸能なので、能面などがメインの展覧会です。国立劇場50周年記念と言う事で行われた展覧会だそうです。
地下鉄からビルに直結、そこから専用エレベーターで上がる事になります。

まず美術館にはいるとそれぞれが独立したガラスケースに入った展示品、これはいつもの展示のパターンです。能面や雅楽面、雅楽器などが多数展示、特に重要文化財が複数置いてあります。重文クラスなので、すでに写真等で見たことがあるような面が多数、実物は初めてなものが多いです。

それから文楽人形、人間が動かしている様子の再現で、後ろに黒子のような恰好をしたマネキンを使い、文楽人形を動かしている様子を再現していました。

その後は絵画と芸能、これはひたすら屏風絵が展示されているもの、雅楽や歌舞伎などを行っている様子が描かれている屏風絵が複数展示されていますが、特に目を引いたのが出雲阿国の屏風絵、何度も本で見た事があるので、本物は初めて見ました。こんなところでお目にかかれるなんて思っても見ませんでした。四条河原の様子を描いた屏風もあり。
歌舞伎、文楽、演芸、能と日本の伝統芸能の解説文も貼られています。

その後は文楽人形の頭や歌舞伎に関する浮世絵の展示。当時の歌舞伎や見世物等の様子がわかるような多数の浮世絵、役者の生活風景から劇場前の雑踏等が描かれているものが多数。当時の歌舞伎の様子、それも実際の公演以外の様子が伝わってくる展示になっています。文楽の方は顔がしっかりわかるようになっており、デフォルメされた人形の姿は後の日本のデフォルメのデザインにも通じるのかなぁと思ったりします。

次は軽業、主に江戸時代に行われていた軽業の浮世絵、昔は結構流行っていたようですが、現在はあまり見られないものになっています。軽業もただやるのではなく何かしらストーリーがあるものが主流だったとか。

最後は衣装や道具類で、文楽人形の中身や多数の歌舞伎役者の衣装などが展示されています、三越はかつて歌舞伎等の衣装の貸し出しも行っており、貴重な衣装が多数今でも保管されていると書いてありました。

出た後はたくさんの展覧会のポスター、めっちゃ貼られていますがよく見ると大阪何かの博物館のポスターまで貼られていました。それから入口付近には映像コーナーもあり。

東京国立博物館「春日大社 千年の秘宝」へ行ってきました

トーハクでやっている春日大社展に行ってきました。いつものように平成館でやっています。と言う事で平成館に向かいます。平成館でやっているだけに人がどんどんそっちに向かっていきます。

入ってすぐに出てくるのが1章、神鹿の社、武甕槌命が鹿に降臨し、そこから春日大社が始まったという事で、まずは多数の鹿の絵、写実的なものから武甕槌命が乗っている図等が並んでいます。また曼荼羅や厨子なども、厨子は特徴的で、仏教色がなく通常見るようなものとは少し違います。基本的に古いものが多くすでに色が落ちたりしているものも多く、中には絵が見えず、最新技術で見えるように出来るようにしているものもあります。
そして歩いて行くとある目玉?の春日大社の本殿の一部が再現されています。と言う事で東京に居ながら春日詣でが可能になっています。

次が平安の正倉院、春日大社は平安時代から多数の神宝等が奉納されており、貴重な宝が多数残されているとか、そのために平安の正倉院と呼ばれるほどだそうです、本宮及び若宮に別れて多数の神宝が展示されています。銅鏡や琴、剣、槍や弓等の祭りに使われる武器等が展示されています、これらは例えば傷んだ神木で作られ、使われなかったたであろう琴等、あくまで使うための物ではなかったようです。
ただ火事にあって痛んでいるものもあります。

次が春日信仰をめぐる美的世界、ここから一気に毛色が変わり、それまでと違い仏教色が一気に強くなります。多数の曼荼羅、仏具等。特に春日宮曼荼羅は春日大社に来れない人のために描かれたモノで、その中でも一番大型のものが展示されており、そこに描かれた姿と今の春日大社の姿は変わってないと言うテーマの映像が流れています。また春日大社に関する様々な説話と言うべきか、うまく説明できませんが、仏教的な要素が春日大社と関わって色々な説話があったようで、それらを描いたものも多数。
前後と雰囲気が違う仏教色の強いのが三章、春日大社の神仏習合の信仰が色々とわかるようになっています。そして三章が最も長く、点数も多いです。

次は奉納された武具、武具の展示、武具がいくつも奉納されており、刀、鎧等がいくつか、大鎧や胴丸等が展示されています、貴重な鎌倉時代の籠手なども展示されています。ただ武具の数は少なく、比較的短い展示。その後は撮影コーナーが有ります。奉納されただけに豪華な武具が多いです。

そして次が神々に捧げる芸能、色々な芸能に使われている道具類が展示されています。中華風の鎧で項羽と劉邦の鴻門の会を再現するものや、様々な種類の能面、中心には非常に大型の鼉太鼓の複製品が置かれています。そして実際にそれらを使って祭りを行っている様子が奥の映像で流されています。

最後が春日大社の式年造変、春日大社は20年ごとに式年造替を行い、現在60回目だそうです。その際に様々な宝物が撤下されるようで、今回は狛犬等が撤下されたようです。また式年造変の時に使われた絵図なども展示されています。また絵馬なども、数百年も経った古い絵馬を見ることが出来ます。

これが最後、あとは展示室外に映像資料が有り、式年造変についての映像が流れています。10分、椅子あり。

特別展を出たらもう閉園時間、結果常設展には回れないで終了しました。常設展までまわると5時間程度は普通にかかっちゃんですよね。と言う事でこの日は回れず。

所要時間は1〜2時間程度です。トーハクの特別展なのであんまり混まないときに行ったはずでも結構混んでます。平成館の入り口にある自販機コーナーなどはこの日は何かあったらしく閉鎖されていました。

流石に春日大社だけあって非常に真面目な展覧会。

2017年01月17日

生田緑地へ(日本民家園、宙と緑の科学館、岡本太郎美術館、枡形山等)

川崎にある生田緑地へ行ってきました。

向ヶ丘遊園駅よりあるいて20分程度のところにあります。
向ヶ丘遊園駅では向ヶ丘遊園モノレールの跡地が駐輪場に、向ヶ丘遊園はかつて存在した遊園地で、10年以上前に閉園しました、近い時期に横浜ドリームランドも閉園、一応両方閉園前に行っています。

現在も向ヶ丘遊園バラ園は生田緑地の一部として残っていますが、時期が時期なので入れず。また藤子不二雄美術館も予約してないので入れず。緑地の本体部分だけを回ってきました。

まずは民家園へ、民家園は20以上の古民家を一箇所に集めた施設で、狭いエリアにいくつもの古民家が密集し、まるで古い村のような様相を呈しています。なんかドラマなどの撮影で使えそうな雰囲気ですが、使われているかは不明。
いくつかのテーマに分かれており、宿場、信州、神奈川等いくつかのテーマ別に村が作られています。宿場に関しては工事中でテープなどが貼られていました。
他はいくつかの家で暖炉が付いており、係員が火を焚いておりあったまれるようになっていました。飲食店としてはそば屋白川郷が有り営業中。古民家を使ったそば屋です。

DSC_0149.jpg
中々雰囲気があります。

DSC_0163.jpg
伝統工芸館、民家園の外に有り、ここだけなら入場無料。染付をやってるようです。

建物数が意外と多く、回るのには2時間くらいはかかるかと。また建物以外にも多数の道祖神や馬頭観音、石碑等が民家園内に集められておりそこらじゅうに置かれています。日本中から集められた模様。
入口付近には本館として小さな博物館になっており、それ以降は入れる建物も多数有ります。ただ冬なので風通しがいい建物たちは寒かったです。

その後は宙と緑の科学館のプラネタリウムへ、プラネタリムは完全なドーム状になっており、半ドーム状ではなく完全ドーム状になっています。またなぜか双眼鏡まで貸出してくれると言う。内容は冬の星座とあかつきの金星、つまり金星探査機あかつきの金星突入までの軌跡と軌道を追う内容(5年もかかった)になります・休日のため子供多め。
科学館自体は入場無料で、テーマは川崎の自然がメイン、建物は吹き抜けで展示室はほぼ1フロアのみ、あとは実験室や研修室見たいな感じです、科学技術に関するテーマはあまりありません。

DSC_0152.jpg
科学館の周囲にはSLの保存も有り。目の前は広場になっています。

そして岡本太郎美術館、岡本太郎と言う人は太陽の塔のデザインをした芸術家で、彫刻類を中心に展示が有ります。彫刻は全体的に刺々しく、あっちこっちにトゲが生えています、他椅子には座ることも一応可能らしいです、怖いので座りませんでしたが。他は岡本太郎の創作態度とか人生とか。

DSC_0159.jpg
建物外にも彫刻あり、記念撮影場みたいになってます。

それから湿地を経由して枡形山へ、かつては枡形山城と言う中世山城があったようですが、現在はほぼ遺構は残ってない模様。地図を見ると堀切跡がかつてあったみたいですが。
現在は展望台が建っているくらい、地味にエレベーター付きスロープ付き。
展望台を出たら出城跡を経由し、そのまま緑地の出口付近にある長者穴横穴墓の横を通り生田緑地を出ます。

DSC_0168.jpg
湿地、蛍が住んでいるらしいです。冬な上時間も微妙なため人はほぼいませんでした。

DSC_0171.jpg
枡形山、今は公園と展望台があるくらい。

DSC_0173.jpg
展望台から東京方面を臨む。

DSC_0178.jpg
飯室山(かつて出城があった場所)より、ここから一気に下ります、確かに地形を見ると城跡っぽい雰囲気は有ります。

その後は食事にしましたが、如何せん駅前はチェーン店ばかり、結局バーミヤンに入っていました。この日は氷点下になっており非常に寒かったです。

渋谷・中目黒・恵比寿ランチパスポート使って見た4回目

またランパスを使って回ってきました。


銀座木屋 渋谷新南口店

うな丼御膳が1000円。なんと鰻とうどんのセットが1000円になります。店は立ち食いより高級、高級店より安い感じの店。

DSC_0103.jpg


中華屋台一杯屋

DSC_1182.jpg
京王渋谷駅の出口付近にある中華料理や。ビルの5階に有り、4階までエレベーターで上がりそれから階段。チンジャオロース定食が500円。中華らしく頼んだら結構すぐ出てきます。そこそこお腹いっぱいになります。


タンドゥール 恵比寿駅前店
IMG_4641.JPG
ライトランチ500円。豆カレーのセットがどっちかが1セット。


タンドゥール西武渋谷店
西武渋谷にあるインドカレー店。プレミアムランチ1000円で2種類のカレーランチを頼むことが可能。
頼んだのはエビとバターチキン、バターチキンの方が癖がありエビの方が甘くてバターチキン見たいな感じの味でした。

さっぽろ火武偉
IMG_4642.JPG
味噌ラーメンが500円です。


Noodle BAR es
IMG_4043.JPG
竹岡ラーメンが500円。竹岡ラーメンは千葉の漁師町のラーメんだそうです。味は敢えて言えばこの間食べた八王子ラーメンと似ており、黒い醤油スープ、玉ねぎ等の特徴が有ります。夜間まで入れます。

CONA恵比寿店
IMG_3994.JPG
ピザ、サラダ、ドリンクのセットが500円、なのですが私が行った時はサラダが品切れでドリンクセットになりました。しかし単品だとランパスでなくても500円、かなり良い店って感じです、そのせいか結構混んでます。

檜家
2回目、家系ラーメンが500円になります、メリットとしては夜間でも使えること。前回は醤油だったので今度は塩にしました。トッピングも選べるのでネギを選びます。味に関しては醤油、塩ともに極端な差はない感じ。

横浜人形の家へ行ってきました(展覧会ブライス15thアニバーサリーと清水真理展)



山下公園の隣にある横浜人形の家に行ってきました、本来は人形の家→氷川丸→シルク博物館の予定だったのですが人形の家だけで時間がなくなったので人形の家のみです。公園からは歩道橋が有り直接行くことができます。

そして人形の家に到着、人形の家では展覧会が2つ同時にやっています、それぞれの展覧会は+300円、清水真理展は独立した部屋なので料金も独立して300円、ブライス展は常設展の奥なので常設展とのセット料金になります。
せっかくなので両方見ることに。

無料エリア

DSC_1252.jpg
まずは無料エリア、無料エリアは少数の人形の展示と、それとは別にボックスを貸出しており、ボックス内で人形を販売しています、値段は数万とか結構高いです。

清水真理展

そして次に清水真理展、これは常設展とは別に奥の1室で行われています。人形作家清水真理の人形作品が部屋中に展示され、ファンタジックかつミステリアスな音楽が流れています。球体関節人形が多数で、なんか動きそう。なんと言うか部屋がなんかのファンタジー空間になっています。石造りの部屋何かにおいたらかなり雰囲気出るんじゃないでしょうか、夜に行くと動きそう。

DSC_1249.jpg
独特の雰囲気。

常設展

その後は常設展へ、常設展は世界中の人形がこれでもかってくらい展示されています。兎に角数が多く、もう本当にいっぱい。最初にアメリカから送られてきた人形と、それに対してのお礼人形。
それから世界の人形と日本の伝統人形(地方)、世界の人形はヨーロッパからアフリカまで本当に世界中。そして奥にはキャラクター人形や、日本の伝統人形、1階と違いからくり人形や浄瑠璃用の人形等、それからヨーロッパの人形まで。本当に種類が豊富です。
企画展の方の清水真理の人形も展示されていました、テーマはアリスの模様。

DSC_1253.jpg
アメリカから送られてきた人形とお礼人形。

DSC_1254.jpg
世界中の人形、国ごとに非常に癖があって面白いです(前にもなじ事いった)

DSC_1261.jpg
浄瑠璃用。

ブライス15thアニバーサリー
それから企画展その2、ブライス15thアニバーサリー。ブライスというドールの大規模展示。元々アメリカの人形だったそうですが、72年に販売されたった1年で市場から姿を消したようです。そのまま忘れられるかと思いきや、その後再発掘されて今度はタカラによる製造が行われ「ネオブライス」と言う形で日本で販売される事になり、それから15年にわたって展開してるとか。後ろの紐を引っ張ると目が変わると言う機能がついているそうです。
私は一応存在だけは認識してた程度でしたが、色々工夫されてるんですね。

DSC_1271.jpg
全部コラボ品。

DSC_1265.jpg
概ね時系列順に多数、初期の頃はまだ少し造りが古い感じ。

最上階
人形劇の劇場があるそうで、激が行われている時に使われているらしい人形が展示されていました。

DSC_1279.jpg
最上階からの眺め。

横浜人形の家には何度目かの訪問になりますが、意外と面白いんですよねここ。結構個性的なテーマを取り扱ってて。

2017年01月15日

損保ジャパン日本興亜美術館(クインテットV)と中村屋サロン美術館(食と芸術物語)へ

損保ジャパン日本興亜美術館
駅のA18出口から徒歩2分のところに有りますが、新宿なので、つまり駅から出るまでに10分くらいかかります。冬なので2分がメチャ寒かったです。ビルの42階にありエレベーターで上がるようになっています、ビルからはスカイツリーを見ることができます。

展覧会はクインテットV5つ星の作家たちで、損保ジャパンのコンクールで入賞した人ら5人、テーマ自体に共通性はなく、5人の画家が並列で展示されているというモノ。抽象画的なものから完全に色だけのモノ、赤地に僅かな黒だけのモノ等それぞれ方向性はバラバラなれど、多くがよく見ると植物テーマの作品でした。

それぞれの方向性としては、横溝美由紀の絵は赤に横線見たいなはっきりとわからないタイプの絵、糸で書いてるらしい(キャプションより)、橋本トモコは比較的普通と近代アートの間見たいな感じ、川城夏未はパッと見赤地なのが近くに行ってみるとテーマの絵が薄い黒で描いてあるタイプ、木村佳代子はひたすら花の絵、いわく世界とは何かがテーマらしい、展覧会のポスターの一番目立つのも多分この人。堀由樹子は比較的抽象画っぽいですが、風景画っぽくもあり中間くらいの雰囲気。

私が入った時にちょうど画家の一人である橋本トモコ氏のギャラリートークをやっていたのですが、私が入ってすぐに終わってしまいました。なので話はわずかしか聞けませんでした。

そして常設展は有名なゴッホのひまわりが有ります。58億円で購入したとかなんとか、ほかゴーギャンのアリスカンの並木道、セザンヌのりんごとナプキン、壁掛けのみの他の絵と違いガラスの奥に展示され、かなり良い環境で展示されています、さらに前にはベンチ付きでじっくり鑑賞できるようになっています。ついでに画家年表が横に置いてありますが、こうして見るとゴッホは短命ですね。他は東郷青児の絵が中心。

総合的に見ればそんなに混んではいませんでした。所要時間は美術館が提示している40分が本当に妥当な数字です。美術館は若干小ぶりなので。


中村屋サロン美術館(新宿中村屋 食と芸術絵展)
同じく新宿にある中村屋サロン美術館。駅から直結新宿中村屋ビルの一角にあります、かなり小規模な美術館。小さい上に最近できたらしく、情報はあんまりありません。

2室のみのささやかなもので、ビルの一角に小さく置かれています。中村屋の歴史とコレクションを展示しているもので、中村屋と関わりの深い数名の画家の絵が展示されています。
中村屋の歴史は、中村屋の屋号は居抜き出店した店の屋号で、創業者一族相馬性で有り、その為中村屋と関係の深い中村性の画家が中村屋の一族だと勘違いされるとか。美術館と書かれていますが、中村屋博物館的な側面が有ります。

美術館部分は中村屋と関わりの深い画家の絵の展示で、中村彝、荻原守衛らの作品。奥の1室が美術館の形になっており、10数ほどの絵画が展示されています。

2017年01月14日

パナソニック汐留ルオーミュージアム「マティスとルオー展 手紙が明かす二人の秘密 」へ行ってきました

新橋駅より徒歩5分ほどの距離にあるパナソニック汐留ミュージアムへ。

マティスとルオーと言う2名の画家の歩んだ歴史。この2名は生涯関わっており、生きていた時代も年齢もかなり近く、よく手紙をやり取りしており深く関わっていたようです。
混雑度はかなり高く、新橋駅から徒歩圏内と言う立地の良さもあってか結構な人。

展示品は絵と共に写真のコピーが沢山展示されているほか、関わった雑誌なども展示されています。展覧会の展開は時系列順で、下積み時代、パリでの活動、第二次世界大戦、晩年みたいな感じの流れになっています。

初期はまだそこまで作風が確立されていなかったのか、まだ割と普通の絵といった感じですが、徐々に画風が確立されていく様子が見えます。
第二次世界大戦になるとフランスがドイツの占領下に入ったため、フランス人だった2名は活動がやりにくくなってしまったようです。その中で描かれたのがマティス代表作ラ・フランス(宣伝用のポスターに描かれている絵)。
ルオーの絵はルオーらしく定番の道化師やキリストが多いですが、若い頃はそうでもなかったのかいろいろなテーマに手を出している模様。
ルオーはいくつかのシリーズがまとめて展示されている場所が2箇所有り、悪の華と気晴らしと言うシリーズが一気に展示されています、特に気晴らしと言うシリーズはフル公開で初だとか。
終盤になるとマティスはジャズと言う切り絵シリーズを発表、ポップアート的な雰囲気の絵が増えていく様子。

手紙の内容は作品についてや情報のやり取り等、日常のやり取り的な内容が多く、まだ電話等が本格的に普及してなかった時期といった感じです。

流石にルオーミュージアムだけあって、ルオーの絵の方が多いです、展示品には美術館のコレクションも多かったです。最後の部屋のルオーギャラリーの絵は展覧会に合わせての展示替えもなく、半年位前に行ったときと同じようなレイアウトでした。

パナソニック汐留ミュージアムは通常の美術館よりは小さめで、所要時間は40分くらいでしょうか。有名画家2名のシリーズなので見ごたえは結構ありました。

東京庭園美術館「並河靖之七宝展」に行ってきました

目黒駅より徒歩10分くらいのところにあるのがこの東京庭園美術館。閉館1時間前に到着しました。
庭園とセットの施設ですが、庭園は未だに工事中で入れない箇所が多い。

現在やっているのは「並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑透明な黒の感性」になります。七宝とは金属製の下地の上に釉薬を塗り焼いた物だそうです。

この並河靖之と言う人は明治に活躍した七宝家で、明治は海外需要により日本の七宝制作が非常に発展していた時期で、その時に活躍した人だそうです。
明治の初期には何度か浮き沈みがあったものの大成功を遂げたようですが、その後大正になり海外需要が激減したため、並河靖之は工房を閉じ、その後は忘れられていったようです。がその後現代になり再評価されるようになり、結果この展覧会が行われることになったとか。

とりあえず中に入ります、入ると右手にはロッカーと映像室。映像室では作品解説や七宝の技術等を解説した動画が流れています。七宝を実際に彩色している様子も流されています。

その後はホール→2階→新館と展示室は続いていきます。概ね作品のほとんどが壺(花瓶含む)で、他は皿等や香炉等がいくらかという感じ、あとは制作の前に書かれる下図(中原哲泉という並河靖之の工房で活躍していた人だそうです)の展示も新館の方で行われています、下図と実際の完成品がセットで展示されており、完成品と見比べる事ができるようになっています。
ほか一部並河靖之以外の制作の明治期の七宝も展示されており、当時どういった物が作られていたかが最低限分かるようになるようです。
また多くが輸出品として工房で造られたためか、時期がはっきりしないものも多く、さらにいくつかの製品は量産された物だそうです。
作品点数は100を超えていますが、多くが小ぶりの花瓶類なので実数ほど多い感じでもないです。

展示物の所属を見てみるとほとんどが京都にある並河靖之美術館の物になっています。

庭園美術館は元々が古い洋館なので、夜に行くとすごい雰囲気が良いです。いつも日が昇っている時に行っていたのですが、それだと割と普通だったのですが、夜で閉館寸前で人も少なく、また窓も暗くなっているので雰囲気が出ています。
閉館1時間前だったため、混雑はしていません。所要時間は1時間ほど。

2017年01月13日

ソラマチへ(東京スカイツリー→すみだ水族館→コニカミノルタプラネタリウム天空)

押上駅に到着します。スカイツリーのあるソラマチは駅から直結、めちゃくちゃアクセスが良いです。さらに駅前にはスーパーまで有り、ドリンクの補充もやりやすいです。

東京スカイツリー
まずはスカイツリーに向かいます。平日にアクセスしたためほぼ待たずに入れます、長い行列はなく2分位でチケットを購入。そこからエレベーターで1分で350mの展望台へ。エレベーターは春夏秋冬をテーマにした4基のエレベーターになっています。
展望台は流石に結構こんでいます、特に一番周囲が見渡しやすい350mのところは特に人が多いです、そのしたの階は見れるエリアが限られているために割と空いていますが。ただレストランはもう満席状態でしたが。
ソラマチ全体で使えるフリーWi-Fiはスカイツリー内でも使えます。
スカイツリー内は何箇所かでベンチがいくつか有りますが、人が多いのでそこまで座ることはできません、ほか土産物店も有ります。

DSC_1191.jpg
スカイツリーからの眺め

特別展望台天空回廊までは展望台でさらにチケットを買って登ることになります。登った先には少女漫画雑誌りぼんの看板等が、天空回廊ではりぼんとのコラボを行っているようです。天空回廊は450mのところに有り、回って上に上がる回廊状の展望台、あまりにも高すぎて高いところにいる実感があんまり湧きません。怖いのかどうかがもうわからない、感覚が麻痺します。

DSC_1197.jpg
高いのか高くないのかもうわかりません

DSC_1200.jpg
りぼんとコラボ中

DSC_1205.jpg
天空回廊はコラボ関係で結構埋まっていました

そして今度は天空歌舞伎が始まるため、再び展望台に戻ります、一度天空回廊から出ると再入場はできません。天空歌舞伎は展望台の上の窓にロックで踊る歌舞伎役者の映像が流れます。その後平成中村座のPVが流れるもの、5分くらい。見ている人は風景組と歌舞伎組に分かれていました。

DSC_1221.jpg
天空歌舞伎

DSC_1234.jpg
戻る時に見ることができるのぞき窓、高い

すみだ水族館
年パスを持っているので何度でも入れます私の場合。

すみだ水族館はチンアナゴ等で有名な水族館、ただしスペースは通常の水族館と比べてやや狭目。夜までやっているのでこういった形でのアクセスがやりやすいです。

DSC_1236.jpg
入口の水槽にいる掃除役ヤマトヌマエビ、前回きた時のワークショップだと多すぎても少なすぎてもダメだそうです、この時はたまたまゴミを食べてました。

DSC_1237.jpg
名物チンアナゴ、ニシキアナゴ、沢山います。

DSC_1243.jpg
水族館では金魚が多数飼育されており、そのひとつランチュウ。

ほか多数のペンギンが飼育されています、東京湾の大型水槽も有り、クラゲ水槽や鰻水槽等、東京をテーマにした魚が主体。ペンギン、クラゲ等水族館に必要なものはだいたい揃っています。夜なので流石に空いています、イベントは色々やっていますが、ショーはやっていません、屋内オンリーなので。

コニカミノルタプラネタリウム天空
コニカミノルタプラネタリウムも有ります、ほかに池袋にも有ります。やっていたのはオーロラの調べ、アイスランドで撮影されたオーロラの映像が流れてくる映画。プラネタリウム部分は最小限で、ほぼ映画という感じでしょうか。ドーム全体にオーロラの映像が映し出され、またアイスランドの自然環境が流され続けます。これも平日なので席は少し空いていました。

DSC_1244.jpg
文字だけ。

プラネタリウムが終了したら撤収します。
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
うどん・そばさんの画像
うどん・そば
何か面白そうなところはないかと色々なスポットを訪問しています。
ブログ
プロフィール
リンク集