旅行・観光ランキング
ブログランキングに参加しています
ファン
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
日別アーカイブ

2020年04月04日

外出出来ずどこにも行けない…去年から更新サボっているので古い写真はいっぱい有る

コロナのせいで外出出来ず。

とは言え去年から更新サボっているので古い写真はいっぱい有る状態です。
多分50箇所分くらい更新しないまま溜まってます。


その消化をしようかなと考えている状態。

2020年02月12日

激安格安直前予約で両毛に突撃6 ファインカプセルInn館林

両毛という土地はホテルがやたら多く値段も安く取りやすいのが魅力ですが、流石に連休中はホテルもあまり空いていないもので、空きの多い両毛でもカプセルくらいしか取れなかった2日目。

ファインカプセルInn館林は館林駅から5分強のところに有るホテルファインINN館林の中に有るカプセルフロアです。至って普通のカプセルホテル。

DSC_0729.jpg
建物外観。

DSC_0726.jpg
カプセルエリアの共有フロア。カプセル専用のホテルではないので共有フロアはあまり大きくありません。

DSC_0725.jpg
カプセルエリア。

DSC_0727.jpg
カプセル内。

DSC_0728.jpg
カプセル内のコンセント、ワールドワイド対応。

2020年02月11日

激安格安直前予約で両毛に突撃5 佐野城跡→唐沢山城跡、ついでにいもフライ 日本一の駅チカ城と駅から山登りする猫の城

両毛旅行2日目、佐野城跡と唐沢山城跡という2つの城跡を巡ってきました。佐野城は駅徒歩0分という超駅チカ物件。日本城跡駅チカランキングを作れば堂々の1位になるのではないでしょうか…知らないですけど。

唐沢山城も佐野城も佐野氏の城であり、もともと唐沢山城を拠点としていたのが徳川氏の時代になり当主が江戸城の火事を唐沢山城から確認して江戸に駆けつけたが、それが江戸城が見下ろせるような城ということで、家康の不興を買ったそうな。そこで佐野城を作ったものの結局改易されてそのまま未完で放置されたものだそうです。

佐野城
城跡は公園になっており子供が遊んでいることが多いです。

DSC_0601.jpg
出てすぐの所。見える建物は駅舎。

DSC_0603.jpg
城山記念館。

DSC_0609.jpg
城の北側。

DSC_0610.jpg
階段。平地にポツッとある丘陵の上に作られており、高低差は結構あります。

DSC_0606.jpg
郭を隔てる堀、結構深いです。

DSC_0611.jpg
周囲から見るとこんな感じ、割と高い。

佐野こどもの国
佐野城の北1km程度のところにあります、電車の時間などの調整もあったので立ち寄ることに。
こどもの国と言っても付近の大田に有るような大規模なものではなく、大型の児童公園レベルのものでしか有りません。

DSC_0614.jpg
名物ロケット、本物らしいです。

DSC_0613.jpg
池には何故か船も浮かんでいます。

唐沢山城
唐沢山城は田沼駅から徒歩30〜60分程度のところにあります。随分昔に行ったので何分なのか厳密に覚えてませんが、山を登るのでそこそこ時間がかかります。バスとかはありません(山の麓までバスに乗ってどのみち歩く)、山頂は今神社でレストランもあり、駐車場も完備しているので車で行ってください。私は歩きました。
人はかなり多いです、中世城跡特有の誰も居ない中を寂しい思いをしながら歩くことはないですが、逆に人が多すぎて写真が撮りにくいレベルになってます。
山頂城跡には神社以外にもキャンプ場も有るため、小規模な観光地になってるみたいです。

DSC_0622.jpg
城の入り口。

DSC_0624.jpg
城の入り口には大量の猫が住み着いています。

DSC_0626.jpg
寝てます。

DSC_0692.jpg
常に2匹で寄り添う猫。

DSC_0693.jpg
寝てます。

DSC_0698.jpg
こっちに大してろくに反応しないです。

DSC_0634.jpg
大炊の井というらしいです。籠城時の貴重な水源だったのでしょう。

DSC_0638.jpg
参道、現在は歩きやすく直線的で城的な感じではないです。

DSC_0635.jpg
本丸二の丸三の丸と続いており、その周辺はこんな感じでまだ当時の面影が。

DSC_0639.jpg
三の丸付近。

DSC_0646.jpg
本丸南側の石垣。

DSC_0643.jpg
二の丸付近。

DSC_0651.jpg
本丸(現在は神社)、そんなに広くはありません。

DSC_0657.jpg
本丸北側の土塁。

DSC_0659.jpg
本丸の東北部に伸びる長門丸方面、城の前面と違いこっちは駐車場もなく人は少ないです。

DSC_0666.jpg
更に奥へと進んでいきます。郭が連なっており、東北部が一番規模が大きく感じます。

DSC_0673.jpg
北城(キャンプ場)付近。

DSC_0674.jpg
そろそろ果てに。この先に城はないみたいです。結構歩きます。

DSC_0700.jpg
根小屋神社方面、城中心の手前側に小さな凸部がありその当たりがこれ、三の丸とは隔たれています。

DSC_0708.jpg
城の駐車場からは天狗岩へ行く階段もあります。

DSC_0709.jpg
天狗岩からの眺め。あの谷は城の何かしらの施設があった気がします‥気がします(素人なのでよくわかってない)。

佐野いもフライと佐野黒からあげ
あんまり有名な土地ではないのに地味に3つも名物を持っている佐野市、佐野ラーメン、いもフライ、黒唐揚げと3種類。

DSC_0717.jpg
駅前に有る軽食や、ぴのや。ここでいもフライと黒唐揚げを買うことが可能。

DSC_0720.jpg
いもフライと黒唐揚げセット。揚げ物ダブルなので結構お腹いっぱいになります(この日は朝食以降ほぼ何も食べていなかったので救われました)。美味しかったです。

注意点
・唐沢山城へは車で行きましょう

2020年02月09日

激安格安直前予約で両毛に突撃4 伊勢崎市華蔵寺公園遊園地…田舎の割に割と本格的

伊勢崎ハーベストホテルを出たあと、特に行く宛もなかったため、そのまま伊勢崎市華蔵寺公園遊園地へ向かいます。

DSC_0551.jpg
これが華蔵寺、公園の手前側に有り公園とは直結してません。

DSC_0555.jpg
この公園、バードドームがあります。白鳥が泳いでいます。

DSC_0559.jpg
小鳥の小屋、ひっきりなしに鳥が出入りしています、とてもかわいい。

DSC_0571.jpg
なんて鳥でしょうね。

DSC_0575.jpg
遊園地の観覧車に、田舎の遊園地ですが連休なのでそこそこ人はいました。

DSC_0589.jpg
遊園地全景、ジェットコースターまでありかなり本格的な遊園地です。

その後ノロノロ有るきながら駅に戻ります、結構疲れる。

激安格安直前予約で両毛に突撃2 3連休でも予約取れる 伊勢崎ハーベストホテル

1日目の宿泊は伊勢崎ハーベストホテルです。3連休ということでどこも予約がいっぱいな中でこのエリアは最後まで予約が取れることが多いです。伊勢崎は最後の砦で、ここが落ちるとほぼどこも予約を取れないと考えていいと思います。値段は概ね3000円台から泊まれて朝食もついてます。


DSC_0550.jpg
ホテル外観。

DSC_0529.jpg
部屋、アウトバストイレ。ベッドは2つでした。

DSC_0530.jpg
アメニティ等。

DSC_0531.jpg
テレビと冷蔵庫とコップ。

DSC_0533.jpg
流し台。バスは私が泊まったときは古かったですが現在リニューアル済みだそうです。

朝食
DSC_0536.jpg
会場の様子。結構きれいです。

DSC_0537.jpg
メニュー。

DSC_0534.jpg
盛り付け。

館内
DSC_0538.jpg
ランドリーと自販機。

DSC_0546.jpg
廊下の様子とレンジ。

DSC_0547.jpg
食事会場前の自販機。

ポイント
・アウトバス、トイレ
・朝食有り
・Wi-Fi有り
・建物は古めだがちょくちょくリフォーム済み

激安格安直前予約で両毛に突撃1 多々良沼と鶉古城跡と弁天島と猫

両毛…群馬の右下&栃木の左下の当たりに有る土地。
このエリアは理由不明の大量のビジネスホテルが存在し、更に大半異常に安く、マイナー地方だからか予約も取りやすい、更に東京から2500円以下で3日有効往復フリーパスが販売されている、それに加えて特急料金も割と安めなのでよく行っています。

まずは浅草から特急両毛号に乗って館林駅へ。両毛号はお値段安く予約も直前でだいたい大丈夫なので気楽に乗れます。

館林駅から多々良駅へ、そこからいくらか歩いて到着。


群馬県立館林美術館
多々良沼の手前に有る美術館です。

DSC_0474.jpg
田舎ですが建物はかなり立派。

DSC_0479.jpg
森の中にある別館。

多々良沼
そのとおり沼いうか大きな池です。

DSC_0482.jpg
晴れている日は結構きれい、白鳥も渡ってくるらしいです。

DSC_0483.jpg
弁天島へ向かう途中。

DSC_0490.jpg
同じく。

弁天島
多々良沼の突き出た岬の更に先に有る島、神社が有るだけの小さな島。

DSC_0494.jpg
全景。

DSC_0496.jpg
神社。



DSC_0508.jpg
やたらいっぱい居ます。結構居ます、5匹くらいいました。

鶉古城跡
多々良沼公園の有る当たりは沼に突き出た岬となっており、3方向を沼に囲まれ1方向だけが陸地になっている守りやすい地形、そのため小さな城跡があります。

DSC_0514.jpg
城とは関係有るのかわからない水路。

DSC_0515.jpg
土塁の断面。

DSC_0518.jpg
岬の付け根部分に長々と土塁が築かれています。

そして今度は一番ホテルが安い伊勢崎市へ向かいます。

2019年 秩父羊山公園の芝桜の丘と超特盛の店悦楽苑へ

去年の春に行ってきたのですが、PCがぶっ壊れたりして全然更新できずまさかこのタイミングで更新。

羊山公園芝桜の丘
横瀬駅まで行って歩きます。徒歩20分程度かな?

DSC_0334.jpg
桜の季節。

DSC_0339.jpg
すでにそこそこ高温になっていた記憶。

DSC_0351.jpg
ネットで転がっている写真の大半があまりバリュエーションがないことからわかるように、ぶっちゃけそんなに広くは有りません。

DSC_0371.jpg
何箇所かから撮影していますが、そんなに数は取れない感じ。

DSC_0367.jpg
さらば芝桜の丘。


羊山公園続き

DSC_0375.jpg
公園のみはらしの丘からの秩父の眺め。

DSC_0374.jpg
芝桜の丘とみはらしの丘の間当たり。

DSC_0380.jpg
みはらしの丘様子。

悦楽園
そして羊山公園と武甲温泉の間に有る定食ラーメン屋、悦楽苑へ、ここは超特盛の店で知られており、並盛りで頼んでも結構出てきます。
DSC_0388.jpg
カツ丼並でもこのボリューム、うーんなかなか。次この当たりに来たときもここに寄ろう、今度は名物のチャーハンを食べましょう。

武甲温泉
横瀬駅から徒歩10分程度のところにあります。温泉&炭酸泉、旅館などが有る温泉施設です。秩父は温泉施設は少なめなのでここは割と貴重な施設。
DSC_0395.jpg

寺坂棚田
付近には小規模ながら棚田があります。保存されており一応程度には駐車場などもありますが、概ねマイナースポット。
DSC_0403.jpg
棚田の様子。

DSC_0419.jpg
棚田と武甲山。

メッツァ
余った時間でついでにメッツァに行ってきました、しかし時間不足も有り有料ゾーンには入らず。

DSC_0446.jpg

DSC_0460.jpg
大体こんな感じでした、因みにまだ開園したての頃。

540円(8%の頃)で買ったアクションカメラ「ACAM-F01SBK」

池袋のヤマダアウトレットを覗いたらワゴンにぶちこまれて500円で売っていたので衝動買い。
定価2万、当時の実売で5000円程度で500円は破格でした。
FullHD&ケース付きでこの値段は激安です。Wi-Fiなどに対応はしてません。
録画用のSDのほうが高く付きました。

DSC_0542.jpg
小さくて軽くてお手頃価格でした。
ただ上手く体に固定することが出来ず専ら持って使う羽目に。

静止画、動画の撮影が可能、32gbFullHD撮影で2時間程度の動画が撮影可能。

1年前に激安ドローンを購入 SACCONECT DRH810

買ったのは1年くらい前になりますが、ここ1年ろくに更新出来てないので、今更。
買ったのはビックカメラアウトレットの投げ売りで買ったものなので微妙に状態が悪いです。


DSC_0545.jpg
折りたたみ式でプロペラはたたまれているので持ち運びは容易、重量は少なく規制外の重量。

操縦ですが、スマホアプリLHUFOというものかついてきたコントローラーを使います。
専用コントローラーはデカイ重いのでスマホのLH−UFOを使って操作、ドローンのカメラがスマホに投影され、撮影が可能です。充電は普通にUSBを用使用。

しかしイマイチ上手く制御できない、家の中で飛ばしたらホバリングすら上手く出来ず、壁にぶつけまくる有様、当然風邪の強い野外では飛ばせず結局封印状態になってしまいました。

2019年12月05日

国立新美術館:カルティエ時の結晶、東京現代美術館:ミナ・ペルホネン、江戸東京博物館:大浮世絵に行ってきました

タイトル長い。

国立新美術館 カルティエ時の結晶
すげー並びました。入るまでに20〜30分待ちくらいでしょうか。アクセサリーというテーマ的に客の大半が女性でした。
特徴的なのは作品よりも展示スタイル、石や金属、木などを使った変わった台を作ってそれにコレクションを乗っけていくというスタイルになっており、そっちが個性的。
後半になるとデザイン画とかデザイナー達のインスピレーションの元になったモノの写真等が並んで行きます。かなり混雑傾向なので、見るのはそこそこ大変でした。


東京現代美術館 ミナ・ペルホネン 皆川明 つづく
ファッションデザイン展。個人で立ち上げたブランドの展覧会だそうです。女性用ファッションで、流行に左右されずに長く着てもらえるようなデザインがテーマだそうです。大量の服を一つの部屋に並べに並べた姿は壮観です。

江戸東京博物館 大浮世絵
歌麿、写楽、北斎、広重、国芳と5人の有名絵師の作品が揃ってます。テーマが誰もが知ってる、誰もが見たいだそうなので、the超有名な作品ばっかり。というよりも8割どこかで見たレベルで有名作品しかないレベルですね。皆さんもおなじみの作品ばっかりで、写楽のあれ(三代目大谷鬼次の江戸兵衛、つまり写楽のあれとしか言いようがない)とか広重の東海道五十三次とか北斎の富嶽三十六景とかおなじみの作品がずらり揃ってます。
江戸時代の名所の中には現在行ったことが有るところも多く、このブログでも立ち寄ったことを書いてたりします、今と全然違いますね当然ですが。

おまけ:18世紀ソウルの日常(企画展)
常設展のところにあった企画展の方。すでに終了済み。病弱な士人の日記を元に18世紀頃のソウルの街と日常を解き明かす的な感じの内容。地図がかなり大雑把で、重要施設の位置はわかるものの町並みや都市プランまでは今ひとつわからず。一応宮殿が有りその前に役所が集中、その先にメインストリートが有り店舗が集中、そしてその先に離宮などが有るという構造なのはわかりましたが、居住地区までの書き込みは無し。
不動産屋とか書店とか、当時の相場とか色々と、書籍がめっちゃ高かったのは印刷が無かった時代ですからね。高くて買えなかった的な話が書かれてます。
検索
記事ランキング
  1. 1. 葉山女子旅きっぷで葉山へ行ってみて
  2. 2. 秘境青ヶ島
  3. 3. 新幹線&鉄道博物館きっぷで鉄道博物館
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
うどん・そばさんの画像
うどん・そば
何か面白そうなところはないかと色々なスポットを訪問しています。
プロフィール
リンク集