旅行・観光ランキング
ブログランキングに参加しています
ファン
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ

2019年07月14日

更新できない

GWに新島に行ったのに未だに更新できない
たすけて

パソコンは新しいのを購入して更新はやりやすくなったのですが…

2019年06月13日

みんな同じ日に一斉に休むということ

今年のGWで感じたこと。

一言でいうと宿が非常に取りにくくなります。よっぽどのことがない限り宿が全滅しない穴場中の穴場の両毛の宿が全滅一歩手前。
当然有力な観光地は軒並み全滅です。


メリット
・仲間内や家族で一斉に動きやすくなる

デメリット
・軒並み混む、宿が取りにくくなる

ということでしょうか。

ひたちなか海浜鉄道の湊線1日フリーきっぷでひたち海浜公園のネモフィラ畑へ

行ったのは2ヶ月くらい前です。

1日フリーきっぷは900円、起点の勝田までは常磐線で行きました。
しかし常磐線は遅いです、新幹線が通ってるので特急が通らない高崎、宇都宮線と比べて特急待などで結構時間のロスがあります。
なので水戸到着までに結構時間がかかり海浜鉄道に乗る時間があまり残ってませんでした。

とりあえず勝田駅から阿字ヶ浦駅まで乗っていきます。車窓は思った以上にのどかな田舎道、そして車窓から見えた馬を引く老人になにか謎の感動を覚えます。
なんか本物のローカル線という感じでしょうか、のどかすぎる。

DSC_0604.jpg
水戸駅より。

DSC_0610.jpg
阿字ヶ浦駅。

阿字ヶ浦駅から・・・歩きます、バスはこの時期まだ通ってません、行ったのは咲き始めの時期、もっとあとならバスが通るようになるのですが。
なぜもっと遅くに行かなかったかというと、春の18きっぷの消化も兼ねていたので、ちょうど18きっぷの終盤の時期がネモフィラの咲き始めの時期とかぶるんです、ネモフィラ満開の時期はもう18きっぷの時期は過ぎているので使えません、なのでこのような結果になりました。

そして歩いて30分以上、やっとひたち海浜公園に到着しました。

DSC_0624.jpg
まだ桜の時期。同時期近くの自衛隊の勝田駐屯地が一般開放中で桜が見れるようになっていました。

DSC_0627.jpg
面白そうな橋を見つけたのに封鎖。

DSC_0628.jpg
海浜公園より海を見る。

DSC_0629.jpg
池とレストラン。

DSC_0630.jpg
木道。

DSC_0639.jpg
観覧車と大草原。

DSC_0655.jpg
公園に入ってさらに30分位歩いてやっとネモフィラ畑に到着。

DSC_0657.jpg
咲き始めなので中途半端。

DSC_0659.jpg
なんやかんやそこそこ咲いてます。

その後は虎塚古墳に向かいます。

DSC_0677.jpg
虎塚古墳・・・時間がなくて中には入れませんでした。周囲の雰囲気は案外悪くなく、どこか隠れ家的な雰囲気で森の中にひっそりと佇んている感じ。

DSC_0682.jpg
隣接する横穴墓十五郎穴。

DSC_0685.jpg
帰ります。

ちなみにその後勝田でベトコンラーメンを食べました。
写真が・・・撮ったはずなんだけど。


ポイント・注意点
・常磐線が遅いので勝田になかなかたどり着けない
・18きっぷを使おうとするとネモフィラの満開の時期とずれてしまうので咲き始めを見る羽目に
・ネモフィラの時期はシャトルバス運行中・・・私の行った時期はまだ運行されてませんでした
・歩いて行くと駅から1時間くらいかかります
・勝田駅から公園まで路線バスあり・・・ぶっちゃけそっちのほうが楽


2019年06月11日

上野三碑めぐりフリー乗車券をつかって上野三碑巡り

上信電鉄のフリー乗車券、上野三碑めぐりフリー乗車券を使って上野三碑巡りをしてきました。
なんか世界の記憶に登録されたそうで、かなり厳重に保護されています。
また沿線には富岡製糸場もありそっちの切符もありますが時間の関係なので行ってません、当然この三碑めぐり乗車券では富岡まではいけません。

正直人によってはBスポ扱いだと思う。

上信電鉄に乗って根子屋駅まで
高崎駅から乗って根小屋駅でおります。

DSC_0001.jpg
高崎駅構内にある三碑のレプリカ。

DSC_0005.jpg
上信電鉄の鉄道むすめと上信電鉄の車両。

DSC_0008.jpg
根古屋駅、ローカル線は高頻度でラッピング。

DSC_0010.jpg
駅舎。

寺尾茶臼山城
この一体は3〜5つもの山城が点在しており、多くが軽いハイキングで行くことが可能です。
時間があれば5つ全部回れます、だいたい見た感じ4〜5時間程度?(体力は考慮しないものとする)。
というか到着してから駅名が根小屋(城があることを証明する地名)だったためあれ?ってなって見てみたら思いっきり書いてあったのでついでに立ち寄った形。で調べてみると5つもあることが判明・・・しかし時間がなかったのでここだけ。
一応所要時間7時間程度あれば(10〜17時くらい)3つの城+3つの碑+博物館を全部回れると思います(体力はあんまり考慮しない)。
でこの城ですが南北朝時代に脇屋義助の居城だった的なことがかいてありました・・・がその後も使われているようで現在の遺構がいつのものかははっきりわかりませんでした、廃城年もよくわからず、城なんてだいたいそんなものなのですが。
ネットを見ると駐車場不明みたいになってましたが、確か麓の看板のところに2台ほどの駐車場あり(わかりにくい)、周囲は団地の駐車場なので駐車不可能、周囲からやや孤立した位置にある団地なので車通りは少ないです。徒歩の私には関係ないですが。

ほぼ金井沢碑の反対側の山にあるので駅→寺尾茶臼山城→金井沢碑→駅という順番。

DSC_0015.jpg
ここから登ります。

DSC_0026.jpg
南郭。


DSC_0027.jpg
間の堀切。

DSC_0039.jpg
2郭と主郭の間。

DSC_0034.jpg
2郭。

DSC_0042.jpg
城の北西部。

DSC_0045.jpg
主郭からの眺め。

DSC_0047.jpg
主郭、ベンチあり。

金井沢碑
地元の一族の仏教関係の碑文。

DSC_0062.jpg
分岐点にあった謎の碑文、この先に行くと根子屋城有り、さらに歩くと山ノ上碑に出ます。

DSC_0072.jpg
金井沢碑本体。

DSC_0083.jpg
途中にあった謎碑。

山の上碑
隣にある山ノ上古墳の墓誌だった模様。

DSC_0102.jpg
この中に碑有り、ただし写真がブレてたので写真なし。

DSC_0101.jpg
山ノ上古墳。

ここから多胡碑までは巡回バスを利用します。

多胡碑
多胡郡設置についての碑文、渡来系の羊という人物が関わったという。

DSC_0127.jpg
碑。

DSC_0124.jpg
手前は碑を保存する建物、奥に見えるのは多胡碑記念館。付近には古墳が数基あります。

吉井駅
吉井駅に行くバスは時間的にもうないので歩いて移動。

DSC_0132.jpg
利用した無料巡回バス。


DSC_0136.jpg
吉井駅前には吉井藩陣屋跡と郷土資料館があります。

DSC_0140.jpg
陣屋の門。

DSC_0134.jpg
陣屋跡ってマップにあるので。

ポイント・注意点
・無料巡回バスを併用することをおすすめします、無料巡回バスダイヤは各自確認してください

行ってみて思ったモデルコースは
根小屋駅→寺尾茶臼山城→金井沢碑→根小屋城→山名城→山ノ上碑(根小屋駅からここまで歩き)→無料巡回バス使用で多胡碑+多胡碑記念館→無料巡回バスで駅、これがベストな流れだと思います。

ノロノロ行ってたら1時過ぎに高崎についちゃったのでこんなことになりましたが、10時頃に高崎ならこのモデルコースで十分だと思います。無料巡回バスの運行日及びダイヤは要確認、責任は取れません。

2019年06月04日

謎の城杉山城とも一つおまけに松山城

いろいろあって主に城マニアの間では有名な杉山城に行ってきました。そしてその近く(電車で数駅)にある松山城にも行ってきました。小倉城にも行く予定でしたが時間不足で断念。

ここ一帯、東武東上線の坂戸〜寄居間は非常に多くの中世城郭が残されており、両上杉時代及び北条氏時代に最前線だった時期があるため、それらの城は凝った作りになっているものが多いです。
反面最前線故に短期的に作られて放棄された(とされる)城が多く、短期間しか使用されていなかったためもあって史料がごくわずかしか残されておらず詳細不明な城も多いのが現状です。

松山城は長期間使用されていた城なのである程度のことがわかっていますが、この杉山城はほとんど何もわかっていません。
縄張りから戦国も終わり頃の洗練された縄張りかつ同時期の北条氏の特徴が見えることから北条氏だろうと言われていたのが、出土物がもっと古い時代のものばかりのため上杉氏、かわらけの構造から山内上杉氏としてとりあえず定説になっているものの、異論が多いのも特徴。なんせほとんど史料がない。
椙山の陣という言葉が史料に見えて、それが杉山城だということですが、逆に言うとそれくらいしかない模様。
発掘調査の情報を確認すると、他の特徴としてほとんど建物跡がないことが挙げられるそうです(数件小さいのがある程度)。
現在史跡として登録するにあたって上杉氏の城として登録され、整備が進んでいます。

松山城の方はというと比較的わかっており、基本的には扇谷上杉→北条氏→小田原攻めのときに落城しその後短期的に松山藩ができたもののその後廃城。
ちなみに杉山城が上杉氏の城ではなく北条氏の城の可能性を指摘する論拠として、松山城の遺物が実際に松山城が廃城になった時期より古いものしか出ていない、つまり出土物はそれが作られた時代より後に出土する可能性があることが挙げられていたりする。
更に松山城には謎の多い古代横穴墓吉見百穴が隣接しており、この吉見百穴も松山城の施設という説もあったりなかったり、吉見百穴もよくわかってないのでこういった説が出たりします。
ちなみに松山城周辺には他にも横穴墓が結構あるのですが、交通の便が軒並み悪いという。こういうとき二輪がほしいですねはい。

ここ一帯は他にも大きさに定評がある青鳥城や重忠の館菅谷館(その後戦国時代に拡張された模様、しかし詳細がほとんどわからない)、石垣があるとされる小倉城などがあります。


松山城
同名の愛媛の城とは無関係。東松山駅から徒歩30分程度のところ、吉見百穴に隣接してあります。
バスもありますが本数少ない上に系統もよくわからないので歩きます。

DSC_0222.jpg
入り口から入って少し歩いたところにある兵糧郭(だったと思う)。

DSC_0230.jpg
3郭。

DSC_0233.jpg
郭4と書かれていました。

DSC_0228.jpg
2郭。

DSC_0235.jpg
出入り口付近。

吉見百穴
300円で入れる謎の横穴墓、ここもよくわかっておらず小人の家説から松山城の武器庫説まである始末で、よくわからない。
というか墓なんだから骨が出たんじゃないのかって思うのですが、そのへんも今ひとつ曖昧な情報しかないという有様、残念すぎる。
骨と副葬品が出たという情報はある程度あるんですが、今ひとつ詳細がわからないといいますか。

DSC_0243.jpg
戦時中の地下工場、昔(3年くらい前)は入れた気がするのですが、今は塞がれています。

DSC_0242.jpg
実際には100以上あるらしいです。

付近には超謎スポット岩窟ホテルがあるのですが、岩窟ホテルはまともな情報が無いに等しい上に立入禁止で謎しかないのでもうどうしようもないので割愛。
更に吉見百穴入り口付近に謎の看板吉見薬泉があるのですが、どうも20年近く前に火災で消失し、看板だけが撤去されずに残っている模様。
さらに奥には謎の温泉百穴温泉(混浴)があり、これも謎いうか営業情報が曖昧で何もわからないという(ウィキ先生だと休業中とありますが、なにか情報が錯綜しており私には判断しかねます)。
なんかさっきっから謎しか言ってませんね、ぶっちゃけ方向性は違えどマニア向けっぽいものしかないエリア何でしょう、多分。

杉山城
本命。しかし駅から1時間くらい歩きます、疲れます。
謎しかない城ですが、城の構造はなかなか本格的ですし、整備もされており、なぜかWi-Fiまでついているという謎の充実っぷり。
人はあまりおらず、私が確認した限りだと城全体で3〜5人程度、当然城はある程度広いので奥に行くと誰とも出会わないという。

DSC_0246.jpg
入り口の看板、Wi-Fiありという謎。

DSC_0247.jpg
外郭。近くの学校まで緩やかに下っています。

DSC_0253.jpg
大手口の堀と土塁。

DSC_0258.jpg
右側が大手口側、左側は東の郭、その間は谷。

DSC_0262.jpg
本郭から南の2郭を望む。

DSC_0265.jpg
本郭、神社があるもののいつ建てられたのかは不明。

DSC_0266.jpg
井戸郭から街道を望む、ちなみに井戸は今は大岩で埋められているが水がいくらか湧き出している。

DSC_0268.jpg
北の3郭、北曲輪は本郭から北側の尾根伝いに伸びており、やや広くスペースが取られている。

DSC_0275.jpg
馬出し。

構造は複雑であり、非常に細かい防御が各所になされている。所要時間は1時間程度かな、往復時間は無視して。

餃子の満洲
埼玉名物ですね。

DSC_0295.jpg

静岡鉄道 電車・バス1日フリーきっぷを使ってみて

とりあえず18きっぷを買ったのでその消費に行ってきただけだったりします。
18きっぷでとりあえず清水駅に行き、そこから新清水に歩くという形を取りました。

ちなみに清水駅と新清水駅の間にはそこそこの距離があり、歩きます。

新清水駅付近

DSC_0434.jpg

一応新清水前はかつて江尻宿がありました・・・が今はせいぜい通りの広さや街の形などが言われてみれば宿場かなーくらいのレベルのものしか残っていません。
いくつかの案内板や神社仏閣がある程度。

DSC_0438.jpg
もう一つ、江尻宿に隣接して江尻城跡があります。こっちは戦国期の城で武田信玄が築いたもののようですが、こっちもなんにも残っていません。

DSC_0442.jpg
江尻宿から新清水に向かうところにあった・・・すごい低い。

DSC_0446.jpg
新清水でフリーパス購入、意外としずてつは本数が多く驚きます。車両はだいたいラッピング。

草薙〜県立美術館

DSC_0452.jpg
途中で食べたスマル亭のそば。あとで気がついたJAFサービス。

DSC_0449.jpg
東海道の名残草薙一里塚、沿線はこういった地味なスポットばっかりです。あんまり観光地とかそういったものはありません。

DSC_0455.jpg
桜井戸、こっちも東海道の名残です。

DSC_0457.jpg
電車はだいたいラッピング(2回目)。

DSC_0462.jpg
フリーパスはバス料金込なので、美術館には美術館駅前よりバスで行けます。
美術館駅前のバス停は細い地味な道に置かれておりわかりにくい。


日本平動物園
本来日本平まで行く予定だったのですが、時間が足りず動物園までしか行けませんでした。バスは静岡駅から出ています、やはりフリーパス圏内。

DSC_0470.jpg
レッサーパンダ。

DSC_0496.jpg
シロクマ、やたら水中でバク転しており妙に元気が良かった。


DSC_0485.jpg
アザラシ、なにか2匹で喧嘩してた。

DSC_0545.jpg
鳥、バードケージあり。

DSC_0555.jpg
鹿。

長沼〜新静岡あたり
DSC_0560.jpg
1000系とA3000系(某百科事典調べ)。

DSC_0567.jpg
愛宕山城、このあたりはハイキングコースみたいになっており、100mあるかないかの丘陵の尾根を歩くことが可能。
この城は一応主郭とその周辺が神社と公園として整備されています。

DSC_0572.jpg
新静岡駅より、静岡名物さわやかのハンバーグ、この日も行列。

2019年05月23日

2019年三渓園観桜の夕べ

3月のイベントですがずーっと書いている暇がなかったので今になって書くことになりました。


同一イベント系は多すぎてごちゃごちゃするので、最終的に統合するか消すかしたほうがいいのかなと思う今日この頃。


毎年3月末にやっているイベント、都会の中で周囲から隔絶された三渓園で、ライトアップされた桜を観るというイベント。和風建築と夜桜効果でちょっとだけ非日常、ちょっとだけファンタジーな雰囲気を味わえます。
割と人気のイベントなので客数はそこそこいます、この日はちょっとだけ雨が降ってました。三渓園ではよく見かける猫はこの日は特にいなかったです。

DSC_0398.jpg
あんまり性能の良くないカメラでもこんな感じでそこそこきれいに見えるので、実物はもっときれいです。

DSC_0407.jpg
私にとって桜というものは見に行こうとしている間に散ってしまうものなのですが、今年はいいタイミングでいけました。

DSC_0413.jpg
三重塔と桜のセット。

夜間開園のときは内苑(奥にある谷の方のエリア)は夕方には閉園し、外苑(池周辺の開けたエリア)だけになっています。また三重塔に登る道も夕方には閉鎖。
なんでタイミング的には4時頃にいって7時くらいに帰るのがいい感じでしょうかね。

三渓園は交通の便があまり良くないのが最大の弱点、この時期は駐車場も割と満車の可能性があり注意。

2019年05月22日

東京都美術館のクリムト展と科博の大哺乳類展にいってきました

クリムト
東京都美術館でやっているクリムト展に行ってきました。

クリムトという人はウィーンの画家で、19世紀後半から20世紀頭にかけて活躍した画家です。
絵柄は初期の比較的写実的なもの、その後はいわゆるウィーン分離派へ、最終的に分離派も脱退してという流れなので、絵柄は結構な変遷を辿っており、最初の方と最後の方ではかなりさが出ています。
世代的にジャポニズムの影響も大きく受けており、浮世絵を参考にしたような絵も多く書いているみたい、構図や色彩などに影響があるとか。

混雑はというと、かなり混んでいました。東京都美術館基準で考えたら相当混雑してます、夜間にいってもメインであるユディト前は人がたくさん、ただ3分程度待てば絵の前に行けましたが。
古い展覧会記録はごちゃごちゃしているのでそろそろ年単位で1ページにまとめたいと思う今日この頃。

大哺乳類
流石に科博だけあって見やすい楽しい展覧会。ただあまりギミックはなく骨と標本が大多数、この辺も科博的ではあります。

ゾウアザラシデカイ、クジラもっとデカイ、哺乳類で血を吸うのは一部のコウモリだけ、哺乳類の足は両生類、爬虫類と比べてピッと立っておりより走りやすくなっている、などなど小学館の子供向け科学本みたいな感じのテーマが中心になっています。
大物が中心なので人が少ないと割とすぐに回れてしまうのも科博。

混雑度はそこまでという感じ、科博は子供が多いので金曜夜間ならそんなに混まないんですよね、増して後半だから余計に。

2019年05月21日

第六回宇都宮餃子祭り

毎回行っている宇都宮餃子祭りですが、今年も行ってきました。宇都宮に行かずに気楽に横浜で宇都宮餃子が試せるのがこの宇都宮餃子祭りです。

最寄り駅がないので少し歩きます。赤レンガ倉庫は海沿いにあるためいろいろめどくさい。
毎年10数の店が出店していますが、今年もだいたいいつもと同じ規模です。400円で一皿だったと思う。
今まではチケットを購入する形式でしたが、今年からスイカなどで払えるようになっており楽になってます。

DSC_0310.jpg
会場。

DSC_0303.jpg
青源、珍しい水餃子、ただし普通の焼き餃子を水餃子にした物。スープはややすっぱい。

DSC_0305.jpg
桃泉楼、色付き餃子。

DSC_0304.jpg
めんめん、割と有名。宇都宮餃でも幾度かはいったことあり。

基本価格が宇都宮と比べて8割増しくらいになってしまうから、出来れば宇都宮に直接行った方がおすすめと最後に身も蓋もないことをいってみる。

ポイント・注意点
・一皿400円
・噛むブレスケアもらえる
・スイカ等で支払いできるように

熱海 四季倶楽部 望洋館

行ってきました。
ここは企業向け保養所として通常営業しており、空いている時だけ一般向けとして営業しているそうで、見かけたらラッキーで予約しました。激安です。フルコース付きでも8000とかです(プラン次第)。ただ時間が足りないから素泊まりです、実際に遅れたから素泊まりで助かった。
プランやサイトや時期で結構差が出るみたいです。

DSC_0179.jpg
入口。山の上にあるため、大変です。

DSC_0155.jpg
部屋、綺麗です。

DSC_0157.jpg
テレビ、熱海だから静岡仕様だからチャンネルは足りません。

DSC_0168.jpg
お茶セット。

DSC_0164.jpg
浴衣セット。

DSC_0159.jpg
トイレ、新しいです。

DSC_0177.jpg
部屋外。

DSC_0173.jpg
ホテル内。

DSC_0172.jpg
ホテル内2。

WI-FIは見つからず。温泉は小さいが立派です。

ポイント・注意点
・山の上
・Wi-Fi見つからず
・安いです
・綺麗
検索
記事ランキング
  1. 1. 葉山女子旅きっぷで葉山へ行ってみて
  2. 2. 秘境青ヶ島
  3. 3. 新幹線&鉄道博物館きっぷで鉄道博物館
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
うどん・そばさんの画像
うどん・そば
何か面白そうなところはないかと色々なスポットを訪問しています。
プロフィール
リンク集