広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2021年07月02日

目標

目標を持っていることは、大切ですよね。

よくビジネス本なんかでも、1日の目標を持ってお仕事を進めることは
大切だなんてことは、よく書かれています。終わった時に、達成感があるし、
能率も上がるということです。

私たちも、信仰の上で、目標を持つこと、ビジョンを持つことは大切です。

例えば、1日、何章、聖書を読むかとか、何時間祈るかとか。

マーリンさんは、一人が100万人の救いに関わる働きなんてことをビジョンとして
与えてくださいました。
すっごい大きなビジョンですね。

でも、神様は、マーリンさんが、信仰者としての模範であることも、語ってくださっていました。こんな風に、感謝し賛美して生きるんだよ、という信仰者としての目標ですよね。

マーリンさんの、喜んでいるお顔が、今でも、目に焼き付いています。
【このカテゴリーの最新記事】

2021年06月26日

マーリンさん

先週の礼拝メッセージは、Iテサロニケ5:16−18でした。
 改めて、感謝をすること語られました。

 マーリンさんとの、出会いは、特別な出会いでしたが、彼が、召される前に、感謝と賛美の霊的な事柄の継承を意識していたことを感じました。そして、私たちも、神様に語られて、霊的な継承を意識していました。

 特に、私は、個人的に、エリヤとエリシャのところから語られていたのでそのみことばを何度も読みました。

 その後で、マーリンさんは、2013年の、11月11日に召されました。

 最近、そのエリヤとエリシャの霊的に継承のところの箇所を読んだので、
マーリンさんからの霊の継承ということを考えていまして、マーリンさん関係の動画を見たら、なんと、私たちの教会にマーリンさんが、やってきた最初は、1993年の6月27日の日曜だとわかりました。明日は、6月27日の日曜ではありませんか。

 神は、何か語ってるナーーーと思いました。そしたら、導かれて、マーリンさんが召された、その次の2013年の11月17日の東京アンテオケ教会の礼拝メッセージを聞きました。その時に、パウロ牧師は、感謝から、チェコの翻訳者の方がブログを見て、信仰が立て上がってしまったお話を、ヨーロッパ帰りで、証ししてました。後に、預言の本の翻訳してくださった方す。 しかも、そのヨーロッパチームは、サリーさん、マレックさんが立てられてきたチームでした。しかも、ロシア系ユダヤ人のレオンさんとの関係が開かれてきたチームでした。

 振り返ってみると、マーリンさんからの霊的な継承の中で、ロシア系ユダヤ人との関わりや、ヨーロッパの預言の本の働きが開かれて進められてきたように見えます。興味深いなーと思わされました。ちなみに、秋元牧師が、マーリンさんの召天に、お話の中で触れているのは、情報が伝わった後、
24日の礼拝で、お話しされておられます。

 マーリンさんからの、霊的な継承っって、すごく大きなものを委ねられている感じがします。
 
posted by hutarip at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年06月18日

美しい花、ですか?

img_0825-scaled.jpg

しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時の、ソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。聖書 マタイ6:29

 この紫陽花の花、本当に美しいと、私は、思います。心から。
 これって、とてもしわわせなことです。

 どうしてかというと、お花が美しいと、思えない人は、たくさんいるからです。私も、イエスキリストを信じる前は、花が美しいとは、あまり思えませんでした。
 でも今は、本当にこの写真がきれい、美しいと思えるのです。
 感動できることは、神の恵みです。
 「私も、きれいだと思うよ、この花。信じてないけど」という方は、それは、神に祝福されているのですよ。
 そして、私は、ものすごくきれいだと、大げさに思うのです。そのことがどれだけ、感動しているかは、信じてもらえないかもしれませんが、、、。
 でもこの幸せは、神を信じたものの特別な祝福だと、勝手に思ってます。

 神は、愛する人々に、このような幸せを与えたいと思っているのです。

2021年06月10日

6月8日の虹

img_1053-1-scaled.jpg

ずっと、1990年1月1日から、1章ずつ読んでる聖書のディボーション箇所があります。6月8日の箇所は、マルコ16章でした。虹が、6月8日、東北道を進んでいる時、見ることができました。何を主が語っておられるのか聞いた時、一つは、海外への働きのことと、語られました。
 ドイツや、イスラエルに、私たちが出て行く時が近づいていること、そして、私たちも行くことを語られ、それと同時に、国内での教会設立や、地域への働きも進んでいくことを、主が語っておられると感じました。
posted by hutarip at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年06月02日

祈りの恵みの現れ 8−2

以前、認知症だった方が、いやされたことは、地方でカリスマ聖会という集会を持った時の思い出があります。私たちは、いろんないやしや救い、素晴らしい神の業が現わされることを、願い、よく祈って、地方の教会での聖会に臨みます。その時もそうでしたが、その時はパウロ秋元牧師とご一緒させていただいた聖会でした。
そして、その聖会に、あるご高齢の男性の方が、その方の介護をされている方とやってこられました。2〜3年程前から、認知症を発症しておられ、医者であられたご自身の診断としては、自分が、脳腫瘍と思っておられました。そして、激しい頭痛があり、頭痛薬、安定剤、誘眠剤の多服用で、もうろうとしていることが多い日々だったそうです。奥様にも先立たれ、周囲の付き合いも断っていて、「自分も間もなく死ぬ。」「いやになってしまった。どうにでもなれ」を口癖にしておられたのです。
ところがその聖会の時、パウロ牧師が、連れてこられたその男性のために祈ると、知恵知識の言葉が与えられました。パウロ牧師には、その男性の状態は何も知らされてはいませんでした。ところが、「いやになってしまった。どうにでもなれというのが、すべての原因です。いやになってしまったこと一つ一つを感謝するように。」と、まさにその方の口癖を言い当てた、神様からの知恵知識の言葉が語られたのでした。そして、いつもあった厳しい頭痛が、瞬時にいやされてしまったそうなのです。その日の晩から頭痛薬、安定剤、ゆう眠剤は、一度も服用せず、神様の素晴らしい、いやしが現わされました。その方は、その後、本当に元気になられて、一緒にイスラエルやエジプトなど、海外まで行かれたりするようになり、癒しの栄光が現わされました。
認知症に関しても、ぜひ、お祈りされることをお勧めします。主の守りや、癒しが現されます

2021年05月26日

祈りの恵みの現れ 8−1

RED2020906B011_TP_V4.jpg
私たちは、「祈りの時間」というインターネット番組(TLEA 東京アンテオケ教会 ホームページからリンクの映像:毎週火曜22:00ライブ配信、24時間視聴可能映像)をさせていただいています。いろんなリクエストが送られてきたのを、映像をみて下さっている方々と、共に祈る番組です。最近、介護している方からのリクエストで、そのお父様に、恵みが現わされてきています。お父様が軽い認知症なのだそうですが、急に認知症モードに入ると、人が変わったように頑固になり、デイケアセンター行くことも拒否されて、お風呂に入れなくなったりするそうなのです。とてもひどいことを言われたり、デイケアセンターに行ってくれないと、ご自分の自由時間がなくなり、大変なのだそうです。
それで、リクエストいただいたように、お父様が平安でいられるように番組で、お祈りすると、本当にお父様が平安になるそうなのです。そして、「もう守られているから、祈らなくても」と思っていると、また急に頑固になったりして再び、リクエストをして来られる。そして、急に次の日には、態度が変わり、「いつも、本当にありがとう」などと、言ったりして、素晴らしく平安になるというお話です。みごとに神様は、このお父様に働きかけて守って下さるんだなと、祈りの素晴らしさを感じています。

2021年05月24日

月刊誌

MIYZAKICP1027647_TP_V4-2.jpg
現在、雲の間にある虹という月刊誌に、連載を、掲載させていただいています。

「祈りの恵みの現れ」というタイトルです。

 以前、私が所属している教会が始まった当初、預言で、「月刊誌が、出るようになる」と予告があり、「クリスチャンの書店に置かれていくようになる。」という予告だったと思います。確かにそれが実現したんですよね。預言が与えられた時は、一つの教会しかなかった時です。他にも、「日本中に教会ができる」とか。「あなた方を世界に遣わす」とか。そんな、いい話ばっかり。「レコードが出るようになる」とか。(CDという形で実現してます。)「26聖人の漫画が出るようになる」とか。みんな、実現してますが、なんでもいいからいいことばかり、いいこと言ってるんじゃないかと、最初は思いました。「そんなこと実現するか?」と。「ヨーロッパは、東(東欧)から、宣教がなされる。」なんて預言もありましたが、全く実現不可能でした。だから、本当に、いいことばかり言ってんな、という感じでした。
 しかし、今、長い時間経って振り返ると、すごいなと思います。それらが、本当に成就していってるのですから。

 預言どおり、月刊誌が出るようになりましたが、個人的に、自分が、連載を書くようになるとは、思ってませんでした。連載が、始まって1年過ぎました。でもまだまだ、体験談のお話があって、「神様が、素晴らしいことを、たくさんしてくださったんだな」と、改めて感動しています。秋元牧師の、「ありえない話」のお話も続いています。神様は、本当に素晴らしいことを成し続けてくださったと、思い起こされています。でも、これからもっと、素晴らしいことを主がなされようとして、今、今までなされたことを思い起こすように、主が、これらを証しする(体験をお話しする)ことを導いておられるなと思わされています。

 次の月刊誌の連載では、テレビに出た時の、祈りに答えられたお話を書いています。ぜひ、買って読んでみてください。
posted by hutarip at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年05月22日

フレンチトースト

img_0699-2-scaled.jpg
ハンナの作った、フレンチトーストです。
なかなか、おいしかったです。
ミスドの、ドーナッツで最もよく食べるのは、フレンチドーナッツなんですね。
このフレンチの生っぽい美味しさが、好きなんですね。

img_0697-2-scaled.jpg
posted by hutarip at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お食事

2021年05月14日

福島と郡山に

福島に、我々、夫婦だけで行くのは、久しぶりでした。コロナ禍になってから、1年3ヶ月ぶりですね。秋元牧師と行くのは、行ってますが。

 でも、今回は、出雲の聖会があるときに、同時に福島へ。出雲でも、洗礼者が出て働きが、進んでますね。いつもは、秋元牧師の聖会が終わるとさっと去りますが、福島では、皆さんと、交わって、ご様子を聞けたり、郡山では、前回、救われた方が、2回目の聖会出席。さらに働きが進められています。
posted by hutarip at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年05月12日

磐梯山

014RED204084_TP_V.jpg
東北の山々はとても美しいんです。

パウロ秋元さんが、そのように言ってくださっていました。

全国をいろんなところに、いきめっぐっていらっしゃるかたです。今日も中国地方、岡山や、出雲に行かれています。ですから、いろんな日本の景色を見た上で、このように言ってくださっているので、確かに、美しいんだと思います。お墨付きをいただいた東北の山、皆さんにも、お見せしたいです。ぜひ、東北の山々を見に、東北に来ていただきたいですね。

私も、教会に行き始めた頃、本当に山が美しいと思うようになりました。
自然は、神が作った芸術ですね。
posted by hutarip at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然
リンク
ファン
検索
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

二人で、いろんなところ行ってます。 人生は、旅ですな。
プロフィール
最新コメント
感動したこと by たー (02/12)
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。