2021年05月14日

福島と郡山に

福島に、我々、夫婦だけで行くのは、久しぶりでした。コロナ禍になってから、1年3ヶ月ぶりですね。秋元牧師と行くのは、行ってますが。

 でも、今回は、出雲の聖会があるときに、同時に福島へ。出雲でも、洗礼者が出て働きが、進んでますね。いつもは、秋元牧師の聖会が終わるとさっと去りますが、福島では、皆さんと、交わって、ご様子を聞けたり、郡山では、前回、救われた方が、2回目の聖会出席。さらに働きが進められています。
posted by hutarip at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2021年05月12日

磐梯山

014RED204084_TP_V.jpg
東北の山々はとても美しいんです。

パウロ秋元さんが、そのように言ってくださっていました。

全国をいろんなところに、いきめっぐっていらっしゃるかたです。今日も中国地方、岡山や、出雲に行かれています。ですから、いろんな日本の景色を見た上で、このように言ってくださっているので、確かに、美しいんだと思います。お墨付きをいただいた東北の山、皆さんにも、お見せしたいです。ぜひ、東北の山々を見に、東北に来ていただきたいですね。

私も、教会に行き始めた頃、本当に山が美しいと思うようになりました。
自然は、神が作った芸術ですね。
posted by hutarip at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2021年05月11日

祝福

XEN7615001_TP_V.jpg

私たちには、最高の祝福が与えられています。でもそれを、どれだけ、信じるかどうかで、祝福の現れ度合いも変わってきます。

 最高の祝福が、与えられていることをさらに知っていきたいものです。神様は、私たちが、どんなふうに考え、どんなふうに信じているか
そこに、とっても、関心がおありで、そこに焦点が当てられてます。

「あなたが、最高を与えてくださることを信じます。」

2021年05月08日

春巻きの巻

img_0560-1-scaled.jpg

初めての春巻き作り。簡単すぎて、いつの間にか、あと一つ、という所でカメラ撮り。中味は、さつまいも、にんじん、ピーマン、ズッキーニ。お肉がなくても、さつまいもで満足感がありました。タレは、酢大2、醤油大1、すり白胡麻大11/2、コチジャン小1/2。フライパンで、少量の油で狐色に焼く。これも動画から試してみた一品です。写真を見ると、残りのさつまいもは、ただ揚げて砂糖醤油、黒胡麻の大学いもに。お菓子感覚でした。こんなの作る私に、テモテさんは、不思議そうに食べてました。H
posted by hutarip at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お食事

2021年05月05日

カレー日和

img_0557-2-1-scaled.jpg

カレーをたっぷり作り、いろいろ工夫しながら食べるのが楽しい。まず最初は、カレーライスから始まり、次にカレーそうめん(カレーうどんのマネ)、パンにカレーをつけて(カレーパンのつもり)、最後に、溶き卵をフライパンにじゅわっと敷いて、その上に白いご飯を載せて敷いた卵をくるっと巻き(オムライスのつもり)、残りのカレーを添えて、今週のカレー日和が終了しました。H
posted by hutarip at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2021年05月03日

祈りの恵みの現れ 7−2

0CD3900C-7B79-4FF5-B2F6-BB95CD940B00.jpeg

もう一つ、祈祷会で「とりなす」ことで、勝利が現されたことを書きます。
 以前、イスラエルへの海外宣教チームのためにとりなした時のことです。その頃、15人のチームで、ローマを経由してイスラエルへ、そして帰りもローマを経由して日本へという日程のチームでした。そのチームの通訳をされる牧師が、2回ほど、日曜が不在となるので、私が一時的にその教会の各集会を任され、朝の早天祈祷会、日曜の礼拝メッセージなど任されました。神学校や祈祷会など、たくさん集会があったと思います。その時も、ご婦人が3人ほどいたのでした。ある日、熱心にチームのためにとりなしていると、聖書のみ言葉が示されました。ローマ人への手紙15章からで、エルサレムで、ノンクリスチャンから何らかの妨げを受ける、という示しでした。明確に語られたので、そのご婦人の方々に、示しをお分かちして、妨げを受けず、守られるように祈ったのです。すると、チームが帰ってきてから、どんなことが起きていたのか、お話を聞くことができました。
 テルアビブ(比較的エルサレムに近い都市)から、ローマを経由して、日本に帰ろうと、チームが空港のゲート付近で待っていた時です。なぜか、いろんな食べ物を航空会社から、提供していただいたそうです。「サービスのいい航空会社だ」と思って喜んで食べていたら、何とその日、空港でストが起きていることがわかったそうです。そのため、ほとんどの便が飛び立たないサインが掲示板に出ていたそうです。彼らの乗る予定の便が出ないと、ローマでの乗り換えの便にも間に合わなくなります。そうすると、余計に面倒な手続きをしたり、テルアビブやローマで宿泊となると、大変にお金もかかるし厄介になります。それで、慌てて自分たちの飛行機の便がすぐ出るようになるように、熱心に夢中で祈ったそうです。30分位祈った後、急に掲示板がパタパタと動き、彼らの便、ローマ行きが、なぜかその一便だけ、その後に、出発するようになったそうなのです。まさに私たちの「とりなし」の祈りも、聞かれて、不思議なことが起きたのです。まさにしめし通り、エルサレム(正確にはテルアビブですが)で、ノンクリスチャン(航空会社の人々)から、妨げ(ストによる欠航)を受けず、守られてローマに飛び立つことができるようになりました。そして、その時、熱心にとりなしていたご婦人たちの、ご主人たちにも、熱心な献身者になる方々が起こされたり、栄光が現されていったのです。
 ぜひ、心を合わせてとりなす祝福を受けていただきたいと思います。

2021年05月02日

祈りの恵みの現れ 7−1

17ECF528-601D-4786-B820-FF22BE7C5403.jpeg

「とりなしの祈り」とは、自分以外の人やグループのために、祈る祈りのことです。このとりなしの祈りが聞かれたことのお話をさせていただきます。
 以前に、東京アンテオケ教会(旧:国分寺クリスチャンセンター)で、ご婦人の祈りの集会が持たれていて、それに奉仕者として導かれて毎週のように祈りの時を持っていました。共に祈ったり、多分メッセージをお分かちしたりしていたと思います。しかし、かなり愚痴を聞かされたような、気もします。だいぶ前、30年ぐらい前ですがら、記憶も薄れています。でも、旦那さんのために、「とりなす」ことも多かったと思います。「きっと、救われて熱心になっていかれますよ。」などと、信仰告白とも、励ましとも言える言葉を告白して、とりなしていました。で、はっきり言って私の心の中では、「本当にそうなるかな?」という疑いの思いもありつつ、、、。しかし皆さんご婦人方が熱心で、いろんな祈りが聞かれていたので、「きっと、旦那さん達も熱心になるのでは」という思いもありました。数年、あるいは十数年というだいぶ月日はかかりましたが、その旦那さん達が救われ「よかったー」、献身し「素晴らしい」、牧師になり「スゴーい」、長老にまでなっていった「たまげた!!」ことは、驚かされました。神様は、ご婦人がたのとりなしの祈りを、本当にきかれるんだなと、強く思わされたものでした。
 ですから、是非忍耐深く、お祈り下さい。「とりなす」なら、人は、神によって変えられていきます。また、このように、祈祷会で心を合わせて祈ることは、聞かれますし、祈祷会は教会の課題とともに、(個人的なリクエストできる祈祷会は)個人的な課題を出して、継続して祈るためには、とても用いられると思います。

2021年04月28日

祈りの答え

 ichigo0I9A7658_TP_V.jpg

 4/27のインターネット番組「祈りの時間」では、お仕事の祈りが答えられた方のご報告がありました。このコロナの諸事情でありますが、お仕事でスタッフ募集のために、祈りのリクエストして祈ったのち、アイディアが与えられ修正したら、いっきにスタッフさんが与えられ、4人も、しかも優秀な方、将来有望な方々ばかり。人手不足解消となり、神様からの解決がなされたそうです。
 祈りが答えられるって、ホント嬉しいことですね。神様に感謝します。H
posted by hutarip at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活

2021年04月26日

赦しの祈り

 
IMG_20200807_082744.jpg

 聖書に出てくる、主の祈りの中に、赦しの祈りがありますね。この祈りは、弟子たちに、イエス様が、直接教えた祈りで重要なものです。
 そして、マルコ11章の信仰の箇所に関しても、信じるなら山をも動くとありますが、しかし、赦しの必要性が書かれてありますね。これが、奇跡が起こる鍵ともなっていくようです。

2021年04月24日

ゴスペルといやし

MOM151117501481_TP_V.jpg

以前、埼玉県内にある病院と併設されているグループホーム(介護福祉施設)に何度か定期的に訪問させていただいたことがありました。そこで認知症の高齢者の方々に、「ゴスペルを教えて欲しい」ということで、「大きな愛」というJゴスペルを、一緒に歌うことをチャレンジしました。音楽療法ということであったわけですが、聞かせるだけでなく、何回も一緒に歌い、ハモリにも挑戦したりして、なかなか興味深く通わせていただきました。半年、一年と続けていく中で、お医者さんの検査結果による数値的な面で、参加されている方々が、明らかに良くなっているという結果が現されてきました。
私たちはその施設に行く前に、よく祈って、そ方々がいやされたりすることを願って行っていました。そして神が私たちを愛してくださっておられることをお伝えして、そのゴスペルを歌うことを楽しみました。いつも行くたび、訪問において、神のみ心を感じ、私たちは素晴らしい臨在が現されていることを感じていました。その中で神様はそのグループホームの方々をいやして下さっていたのです。
 確かに、ゴスペルを歌って、喜ぶことは、私たちにいやしをもたらし、神からの力をもたらすものだと確信しています。主を喜ぶことは私たちにとって力なのです。神にすべてを感謝しつつ、賛美し、喜んで行くことは(もちろん悔い改めも必要ですが、・・・)、私たちに明らかに力をもたらしていくのです。

悲しんんではならない。あなたがたの力を主が喜ばれるからだ(別訳:主を喜ぶことは、あなたがたの力であるから)。」(ネヘミヤ記 8章10節)
posted by hutarip at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴスペル
リンク
ファン
検索
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

二人で、いろんなところ行ってます。 人生は、旅ですな。
プロフィール
最新コメント
感動したこと by たー (02/12)