ファン
PICKUP
  1. 1. 渡辺貞夫のコンサートに行きたい
  2. 2. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  3. 3. 2022年最初のオーディオ商品 BTスピーカー SONY SRS-X01B
  4. 4. 断捨離とカメラと野良仕事
  5. 5. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  6. 6. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  7. 7. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  8. 8. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  9. 9. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  10. 10. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  11. 11. Audio専用PCを入れ替えたが、TuneBrowserで再生中にプチフリーズ
  12. 12. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  13. 13. DLNAとOpenHome
<< 2023年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンクサイト
サイト内検索

2019年07月27日

台風と風速に関して ー最新台風情報ではありませんー

2009-tyfoon.jpg



台風6号が発生している。気象庁の台風情報では、今のところ、私の住む地域は、命にかかわるような避難指示などは出ていないのが幸いだ。

ところで、台風と言うと、最近気になるのが、風速の事だ。

おっさんは、ドローンもやってるので、特に風速には敏感だ?! 

おっさんのブログ


風速計 ドローンのフライト判断に!



台風とは、

気象庁のホームぺージによると

 熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のものを「台風」と呼びます。

  出典:気象庁ホームページ https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-1.html



秒速17m/sというと時速は61.2Km/Hとなる。
60Km/Hの車で窓から顔を出すと、風圧はかなりのもの。体全体で、この風を受けたら、飛んで行ってしまいそうに思う。

参考までに色々な場合の風速は?


強風注意報 14m/s以上

1週間ぶりのご無沙汰です!田植えしてました!の記事 で20日の予報風速8~10m/S、時速~40km/H程度では、カラスも飛んだはいいが前へ進めない状態 と書いている。実際は10m/s以上あったのではなかろうか?


扇風機を強にして直近、周辺部で4.8m/sくらい。

・自宅の外、一番風通しの良いところ1.2m/s

ドローンの最高速度の記録が10.4m/s


H216A-max-speed.png




ドローンを飛ばすための参考に風速計を買ったのだが、台風情報のデータとしても、使えそうだ。

★送料無料(クリックポスト)在庫在り、2日以内発送★デジタル風速計・温度計(Anemometer)【日本語説明書、テスト用リチウム電池付き】

価格:1,890円
(2022/1/24 11:11時点)





風速計の事をアネモメータ(ANEMOMETER)と呼ぶらしい。

wind-meter.jpg




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/9008284
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
タグクラウド
サイト内 検索