2020年05月30日

日曜のメッセージ

1EF67D48-0E5D-4C72-8DBF-5B3B430762CC.jpeg

毎週日曜日、ここをクリックしますと、9時ぐらいからゴスペルが始まり、私が多分9:40ぐらいから、
ライブで出てきて、お話ししたりしますので、私めが出てきますので、その映像をご覧いただける方は、ご覧ください。てみてください。

 9時からになると、映像が見られるようになります。

 映像で、みなさんとお会いできるということは、すごいことですね。ちょっと、昔、ん十年前は、こんなことできるとは、思ってませんでした。

 私の学生の頃は、まだインターネットが普及する十年ぐらい前です。でも、おっきなデスクトップのパソコン30万円ぐらいするのを、学校で使って、プログラミングなんて、やってたんですけど、、、、、。
 ベイシックとか、フォートランとか。懐かしい響きです。プログラミング言語の名前です。

 だから、理系の文章なんですね、この文章は。ハハ。
 
 明日、お会いしましょう。なんて言っても、今もう、11時近いですね。この文読んで、上の映像見る人は、
ほとんどいないか、ハッハッ。
タグ:映像
posted by hutarip at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

終末話その2

B6BD1E60-5548-4210-A22A-F18CC604E1FD.jpeg

今、現在、そしてこれから.終末、黙示録の時代に近づいてきたとはいえ、そのことで悩んでた若き日のあの頃のことは、今になって、正しいことを見分ける為に、神様が私に備えさせて下さった事柄だったのだと最近、そう思えるように、私自身が変えられてきているように感じます。小学生の頃、ノストラダムスの大予言を間に受け、1999年7月に空から恐怖の大王が降ってきて全人類が滅びるなどと、信じた私が、アホでした。しかし、気づいたことがあります。実際に、1999年7月になった時、私は何をしていたかというと、その頃は仙台にいて、教会で、この預言の本が雲の間にある虹出版から発売され、本屋さんに行って、各店舗に預言の本を置いて売り出すという働きに翻弄していたのでした。私の場合、旦那さんに車の運転をしてもらい、片っ端から知っている本屋を転々と周り、いきなりダイレクトに、カウンターの店員さんに、この預言の本を置いていただきたいと申し上げ、ダメそうな場合は、店長を呼び出していただき、そうすると、ほとんど周った店舗で、確か14店舗位は、預言の本を置いていただけるという、神様の恵みを経験したのを今になってから、新たに思い起こしています。1999年7月が来た時、私は偽物の予言ではなく、聖書的に正しい神様からの「預言」の働きの為に自分が生かされていたことを深く感謝しました。その気持ちもあって、預言の本を売り出す時、旦那さんを振り回しているような感じで申し訳なかったかもしれませんが、大奮闘の日をあの1999年の7月、神様の為に必死?になってる自分がいました。(つづく…)
posted by hutarip at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

2020年05月24日

今日のメッセージ

B1A7C69B-12F9-49D7-AAEE-82674B4CAC53.jpeg

 聖書のヘブル人への手紙11:17 から。

 神の器たちは、人として弱かったけど、彼らが違っていたのは、はっきりと勝てると思っていたことです。

 クマや、獅子に、ゴリアテに勝てる、と思っていたダビデ。星の数のようになると思っていたアブラハム。
 城壁の周りを回ったら、神の栄光が現されると思っていたヨシュア。イエスキリストの言葉さえあれば、水の上を歩けると思っていた、ペテロ。

 御霊に従い、信ずることが、命の御霊の原理(ローマ8:2)であるが、その原理に従って、信じていた器たちは、はっきりと勝利できると思っていた。確かに、罪と死の原理に私たちが、あるいは聖書の器たちが、いつのまにか従ってしまった時には、自分の力でやってしまう時には、弱くされてしまう。しかし、御霊に従い、信じて、勝利できると思っている時には、栄光が明確に現されていく。

 これから困難が許されてくるんですが、そういう時代だけれども、コロナの病のような時代ですが、この時にどう思っているか? パウロ牧師は、振り返って、いろんな困難を通ってきて、はっきりと困難のときに神のところに行くなら、必ず、最高の勝利が現されてきたと思っている。それが、これから、神の栄光の現れの、変わりめとなって行くということです。
 
 このような時にこそ、本当に心から主の栄光があらわされるときだと、私たちは思っているでしょうか?
 先々週から、心の一新、思いの一新(ローマ12:2)ということを主は私たちに言っています。
 心をさぐられるメッセージでした。

2020年05月23日

終末話その1

2B3F5CC5-3BA1-41D6-96DD-D90C32F7D16E.jpeg

毎日、この時代は終末に向かってるんだなあ〜と、コロナ問題から世の中の動きの変化を感じざるを得ない日々ですが、クリスチャンになって、いつも心は平安を覚えます。しかし、そうなるまでは、いろんな経験をして今に至る人生だったと、つくづく思うのであります。なんせ、小学生の頃は、ノストラダムスの大予言、「1999年の7月に、恐怖の大王が空から降ってきて、人類が滅びる」という惑わしを固く信じて青ざめた夏休みを過ごしたことがありました。世の中には、本当に神様から来てることと、そうでないこととがあることを見分けるべきですね。またこんなこともありました。休みの日に、街をぶらぶら歩いていると、チラシを配っている人達がいて、たまたまそのチラシを受け取ったら、そのチラシには、「最後の7年間」と書いてあり、黙示録に出てくる内容でありました。これまた私は恐くなり、家に帰っても、そのチラシを捨てられず、机の中にしまっては、また出して読み、またしまっては、日を改めてまたチラシを取り出して読みと…今になってみると、聖書からのこととはいえ、解釈の問題があったと見分けられて感謝です。
さらにまたある体験をしましたが、それはまた次回へ。(つづく) H

2020年05月17日

持っている人は、、、、

4385B7DA-C1A6-4C80-BB5E-7238AAC130E0.jpeg 

ちょっと、難しい話ですが、こういう話、好きな人もいるんで、書きます。難しい話は、結構です、という方は、次は読まないでください。

 今日、「秘訣をつかんだ」という、秋元さんの言葉から、教えられたことです。


 聖書の中に、「持っている人は、さらに与えられ、持たない人は、持っているものまでも取り上げられてしまいます。」とい言葉があります。マルコの福音書4章25節

 この言葉は、イエスキリストが言った言葉です。聖書は、弟子たち、クリスチャンが書いたもので、その言葉が多いですが、直接、イエスキリストが言った言葉も、書かれています。そして、ここはキリストが、弟子たちに入った言葉です。でもこの言葉がよくわからないという人も多いかもしれません。

 貧困という言葉があります。貧困て何を意味するのか、考えた時、普通、貧しいこと、だと思うんですね。確かに、それで正解なんです。いろいろなものがなくて、大変。例えば、具体的に例でいうと、わかりやすいので。第二次大戦後、食糧不足で困った、とか、何もなくて貧しかったとか。これが貧困。

 でもある方は、「本当の貧困は、いつも充足していない、足りてない状態だ」と、表現した方がいらっしゃった。これはもっと深い貧困のとらえです。確かに、今より、戦後は、いつも足りてない状態が、あったから、それは貧困だと、思うんです。でも、そんな貧しい戦後にも、「これで、十分」だと思って喜んでいる人がいたら、戦後でも、貧困に陥ってなかったということになります。だから、本当の貧困とは、物質的に足りてない状態よりも、「いつも、これでは足りないと言っている心の状態、あるいは、いつも足りてないと言っている見方
の状態」ということになります。

 これが、「本当の貧困は、いつも充足していない、足りてない状態だ」という意味です。
 これが、いわゆる本質的な話ですね。


 さて、本題に入りますと、上記の貧困の話のように、「持っている人は、さらに与えられ、持たない人は、持っているものまでも取り上げられてしまいます。」

 これは、明らかに物質的なことではない、もっと本質的なことを言っているというのが明らかです。聖書の他の箇所に、IIコリント6:10「何も持たないようでも、すべてのものを持っています。」とあります。これは、「(物質的なものは、表面的なものは、目に見えるところのものは)何も持っていないようでも、(もっと本質的なもの、目に見えないところの重要なものを持っているので)すべてのものを持っています。」という意味であると思います。
 それと同じように、「(本当に持つべき本質的なもの、真理を)持っている人は、さらに与えられ、(本当に持つべき本質的なもの、真理を)持っていない人は、持っているものまでも取り上げられてしまいます。」

 よく、「お金は、羽が生えて飛んでいく。」なんて言いますよね。
 表面的、物質的なものは持っていても、すぐなくなっちゃうんですけど、本質的な、もっと深いものをつかんでいる、持っている人は、もっと与えられていく、マルコの福音書のこの言葉は、そんな意味だと思います。

 

2020年05月16日

映画・エバン・オールマイティー(2)私たちは、大きな船に、乗ってるの?

9F0B5109-4A83-43B7-96A6-C9C9E9630AAC.jpeg

すでに私たちは、船に、あるいは大きな飛行機に乗っているのかもしれません。「なんか、大きな飛行機か箱船にに乗って、どっかに向かっているみたいな。」そんな自粛生活。ノアたちも、ずっと、箱船に入ったきりは大変だったでしょう。

 
 
 映画 エバン・オールマイティは、話の筋がうまくできてるんですね。神様に祈った時に、エバンが考えていたのとは、全く違う形で、祈りが聞かれて、答えがやってきます。それは、「箱船を作れ」ということでした。そんなことできるはずもない。というか、やるべき意味がない、というか。どうしてこんなところに、大きな船を作るのか。それは、何千年も前に、ノアが思ったことと同じことかもしれません。ノアは、砂漠で、「箱船を作れ」と言われても、「洪水が来る」と言われても、くるような兆候は目に見える形では、全くなしです。でも、神様が言われるので、彼は信じて、箱船を作り始めます。きっとたくさんの人々に、あざけられたでしょう。
 でも、最終的に、神に言われた通りに従ったものが、助かるのです。

 現代版の映画の中では、戸が閉められる前にたくさんの人々が、船に乗り込んできて助かります。やはり実際に、洪水が起こるんですね。近くのダムが決壊して、危機一髪のところを助かります。(私は、こういうコメディーで、楽しいのは好きなんです。)
 
 では、今、私たちにはどのようなことが起こっているのでしょう。ちょうど、12月からコロナの騒ぎが始まったとして、5月でやっと終息に向かう感じになりました。5ヶ月間の水の増える期間も過ぎて。やっと、緊急事態宣言も解除され、なんて。コロナウィルスが、始まる前と、終息した後とでは、世界が変わってしまうとよく、巷でいわれてますが、これも、ノアたちの時に似てますね。

 いったい、私たちには、どんな祝福が待っているのでしょう。聖書では、箱船はアララテ山にとどまったとありますけど、白馬の山で、祝福が待ってるんでしょうか?
 

 白馬キャンプは7/28から7/31までです。
 でも、予定です

 
posted by hutarip at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2020年05月15日

預言

E63FB09C-A4A2-46C6-A870-9C244FA50028.jpeg

 昔、東京で、今、私がいっている教会に来た時、たくさん預言が語られていました。
 預言て、もちろん神様が本当に言っているか、吟味する必要がありますが、でも、人をひきつけるものですよね。私も、預言が気になって、この教会に集い始めました。

 今、パウロ秋元さんが、預言のセミナーを新しく始めています。ちょっと、聞いてみても面白いですよ。赤色のところをクリックしてみてください。

 聖書に、書かれていることを短くまとめると、イエスキリストが、私たちを愛し、十字架で私たちの罪の身代わりになり死んで、よみがえってくださった。それを信じ、自分が罪人であることを認め、神に赦しを求めるものは、天国に行けるというものです。

 でも、聖書を表現するのに、ある方は、「聖書は預言の書である」と、表現した方がいます。本当にそうだと思います。聖書は、教えの書として読む人が多いかもしれません。ところが、読む人が、預言の書として読むと、そのように、自分にとっていろんなことを預言している書となってくる面があります。

 私なんか、毎日聖書を、読んでますが、よくその日に起こることと関わって、その日の朝、読んだことが、何か、起こったりします。ほんとですよ。教会でお話されていることが、実生活で、自分の生活に関わって語られてると感じたりするのです。そんなこと、信じられますか?

 でもこのブログもきっとそうですよ。このブログで語られていることが、自分の生活に関わったりすることが出てきて、きっとあなたもびっくりするでしょう。

 「エーーーーーッ。本当ですか?」
タグ:聖書 預言
posted by hutarip at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会

エバン・オールマイティー(1)ー ノアの箱船のお話を現代版にしたら

40DA1514-B594-4C0B-A1FE-E84DF19E815C.jpeg

もう、皆さんも見たことがあるかもしれません、エバン・オールマイティーという映画です。
 現代版、ノアの箱船(聖書 創世記6章)のようなお話です。なんか、最近の自粛生活が、ノアの箱船に乗っていた、ノアの家族の生活に似ているような感じなので、最近またこの映像を見たくなって見てみました。閉じ込められて、出ていけない。洪水のおさまるのを待つ、ノアたちのように、終息を待つ私たち。ちょっと似てませんか。
 
 主人公、エバン・バクスターが、当選してテレビキャスターから議員になって、お祈りしました。
「神様、ありがとうございます。、、、、、、(いろんなこと)。そして、議員にもなれたこと。感謝します。
つきましては、世界を変えよう、という公約通り、その力をお与えください。」と祈るのです。
 だいたいそんな祈りでした。そしたら、神様に、箱船を作るように、命じられるというお話です。

 コメディーの映画で、面白いけれども、聖書的なセリフが所々に出てくるんですね。
 なんとなく神様に語られちゃってるんじゃないかと思うところが、よく出てきます。

 子供達も、奥さんも、エバンも実は祈りの答えが、お話の中で展開していくという流れになっているのです。
 登場人物たちは、神からの祈りの答えと、気づいているのかどうかわからないけど、祈りが聞かれていくお話になっています。

 例えば、奥さんは、家族の絆が深まるように、祈るのですが、エバンが、「箱船を作るように神に言われた」と、話すと奥さんに怒られてしまうんですね。でもそれは、彼女の祈りの答えであって、箱船を子供達と作っていくと協力せざるをえなくなって、家族の絆が深まっていくようになるのです。

 私たちも、「このようになるように」と自分で祈っていながら、その答えが来ていながら、神に対して不平を言っていることって、結構あるみたいですよ。だから、笑いながら、身につまされるような映画です。

 例えば、私たちの歩みの中で、「神様、愛に満ち溢れた人になれるように。」なんて祈ると、「こんな憎らしい人がいるのか」と思われるような人が近くに現れたりして。それは、愛に満ち溢れるようになるために、神が、訓練のために送ってくださった人であり、それがまさしく祈りの答えであった、なんてことがあるんですね。ほんとですよ。まさか、祈りが答えられたなんて、みじんも思わず、「神様、あの人なんてひどいんでしょう」なんて文句を言ってるわけです。

 そういう、事柄が、よく映画の中に表現されていて、ちょっとびっくりする映画ですね。
 そして、昔、ノアが経験したであろう、体験を、今私たちが現代であったら、こんな風に体験したんではと思われるようなことが、たくさん出てくる映画です。しかも、今、ノアの方舟のようなことを、私たちが、コロナウィルスで体験してるでしょう。だから、いろんなことが、重なって、考えさせられる、あるいはクリスチャン的にいうと、語りかけを感じる映画です。

 なんて紹介すると、もう一回見てみたくなるでしょう?

 ちなみに、このブログ、急にアクセス数が、伸びています。アクセス解析を見ると、不思議に2倍ぐらいになってます。もっともっと、増えますね。文を書いていても、何か不思議な感じですので、読みたいと思う人が何か、すごく増える気がします。
posted by hutarip at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2020年05月13日

神の秘密兵器

36D96193-52AD-48E2-B3A3-9FFE41BFA2C2.jpeg
このブログに、4月26日の、「いつも喜んでいなさい。」というメッセージを書きました。
 そしたら、「いいね」を8も、押していただけたのを見て、びっくりしました。簡潔な、簡単な文章だったのですけれども、とてもこの文章に同調してくださる人が多かったのを見て、またまた、嬉しくなってしまいました。私たちのブログで、いいね8件は、最高記録です。

 今、このブログを書くのが楽しみでなりません。何が私に起きているんでしょうか?このブログを見に来る人が、このブログを見に来るのが楽しみになれたら、すごく、いいなって思っています。
 
 「神の秘密兵器」という本が、雲の間にある虹出版から出ています。

 神の秘密兵器って何だと、思いますか?  そうです。喜びです。(この本のp120に書いてあります。)
 
 楽しめていれば、いいんだということを、(確か、だいたいそんな感じのことを)テルちゃんが、教えてくれたことがありました。本当にそうだと思います。
 これはいいなって、ことをどんどん紹介していきますよ。ホント楽しみです。

 ということで、これを紹介します。
パウロ秋元の、ありえない話#4Giftsの話ですが、面白いです。

来週は?

83E3C1EC-0F95-43D5-9289-F74895EDE8CC.jpeg

 来週は、1週後、5月20日です。さあ、何の日でしょう。私の誕生日、なんて絶対言いません。

 「リバイバルが、始まった」と、パウロ秋元さんが、5年前に、神にいわれた日です。

 素晴らしいことが、始まっていきますよ。もう始まりつつあります。インターネットの働きが、グーーーッと
進みますよ。このブログも、アクセス数、爆発です。すごいことが起こっていきます。
 たくさんの方々が、イエスキリストの福音を聞いて、信じていきますね。いろんな奇跡的なことが、次々に起こりますよ。ハレルヤ。次の、礼拝のメッセージにも期待していきましょう。このブログの文章を読んで、何人かの方は、本当にそうだと、思っている人が何人か、いると思います。その方々の周りに、わざが起こっていきますね。

 そこで、貴重な、メッセージ発見です。こんなメッセージが、アンテオケ教会のホームページに載ってるなんて、気づきませんでした。おわかちしましょう。パウロ秋元さんの、1984年4月1日の最初の礼拝メッセージです。リンクをクリックしてみてください。音声だけですが、ちょっと泣けてきます。だって、まだ、生まれてない人も多い時のメッセージじゃないですか。貴重です。私も、最初のメッセージは聞いてなかったのですよ。
 
posted by hutarip at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会
リンク
ファン
検索
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

二人で、いろんなところ行ってます。 人生は、旅ですな。
プロフィール
最新コメント
感動したこと by たー (02/12)