2019年09月26日

タッチキーボードと手書きパネルが無効だとIMEも無効になってしまう

Windows10の2019.9.10アップデートKB4515384を適用したパソコンの一部で、IMEが無効になって日本語入力ができなくなる不具合が発生しているようです。
発生条件はすでに判明していて、Touch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを「無効」にしていると、IMEも無効になってしまうということ。


対処法としては、2通りの方法があります。
1)Touch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを「手動」にする。
2)アップデートKB4515384をアンインストールする。


おすすめの対処法は1)の方です。
Touch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを「無効」にしている人は、おそらく、常時ハードウェアのキーボードを接続しているなどで、この機能を使う必要がなく、たまに意図せず[タッチキーボード]ボタンをタップして起動するタッチキーが邪魔だと感じる、使わないなら「無効」にしたいという考えだと思います。
私も同じ環境なら、「無効」にしたと思います。


ただ、[タッチキーボード]ボタンは、タスクバーを右クリックして、「タッチキーボードボタンを表示」をクリックしてチェックを外すと、表示しないようにできます。
Snap190924222334.png


使わないのにTouch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを有効(手動)にしておくとか、そもそもIMEと関係ないだろうと、ちょっと納得できない気もしますが、この不具合がいつ直るか分からないですし、Touch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを有効にすることで、パソコンのパフォーマンスに影響がでることも、ほとんどないと思います。


なので、ここは1)の「Touch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを手動にする」がおすすめです。
方法は、以下のとおりです。


Touch Keyboard and Handwriting Panel Serviceを手動にする方法


1)スタートボタンから、「Windows管理ツール」の中の「サービス」を開きます。
SC190926102645.png


2)「Touch Keyboard and Hand...」の項目を探して、ダブルクリックで開きます。
SC190926102410.png


3)[全般]タブの「スタートアップの種類」を「手動」に変更して、下の[OK]ボタンをクリックします。
SC190926102435.png


以上で、設定完了です。
それにしても、日本語入力ができなくなるというのは、ちょっと焦りますよね。



にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9233613

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ブログ内を検索
ファン
最新記事
カテゴリー
最新コメント
ツイッター
広告設置のお知らせ

当ブログは、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
(Amazonアソシエイト・プログラムは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムです)
記事内で使用している画像の一部は、Amazonの商品画像を使用しており、その商品へのリンクになっています。

また、その他のアフィリエイト・サービス・プロバイダなどの広告も表示しています。
当ブログをご覧の際は、cookie を有効にし、Webブラウザの広告ブロック機能を使用しないで、ご覧いただきますようにお願いいたします。

プロフィール
ぽん太親父さんの画像
ぽん太親父
建築関係の小さな事務所で、他に適当な人間がいないことから、コンピューター関連の担当をさせられています。 趣味でけっこう長い間パソコンを使っていますが、ちゃんと勉強していないので、うまくいかなくて冷や汗をかくこともしばしば。
プロフィール