PICKUP
  1. 1. あけましておめでとうございます 十二支と「ついたち」
  2. 2. AUDIO ROOM設置と維持に際し、考慮すること!(私の場合編)
  3. 3. ipod nano 5世代 の電源が入らない
  4. 4. 50年前のレコードを水洗い。からの LPの溝1本分は約1秒分の音声に相当
  5. 5. 買ってきた中古レコードの針飛び対応
  6. 6. PHONO-EQ(フォノイコライザー)の電圧を確認してみた
  7. 7. レコードプレーヤーのピックアップ、磁気の影響はないのか
  8. 8. 予算2万円台でプロジェクターがほしい!
  9. 9. 想像してたより難しい、プロジェクターの設置
  10. 10. NET Audioを構築する際の注意点とおすすめの無線ルーター
  11. 11. DLNAとOpenHome
  12. 12. アンプ出力のA+B端子を使ってスピーカのバイワイヤリング接続
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
もし、気に入ってもらえたら、 アイコンをクリックしてください。
オーディオランキング
気まぐれ日記ランキング
外部リンク
サイト内検索

2021年01月07日

チップ部品の品番確認にLED付きマイクロスコープ

microscope.JPG


フォノイコライザー BERINGER PP-400の回路図を書こうとPP-400のケースカバーを取り外し基板の部品と配線パターンを追いかけ始めた。
関連記事 : フォノイコライザーPR-400の回路を調べてみた 飛行機

部品点数はそんなに多くはない。しかし、ハンダ面にのっているチップ部品の文字が見えない。

何かいいものはないか

LED付き拡大鏡

メーカーの展示会の粗品か何かでもらった拡大鏡があったのを思い出した。
倍率はx60
LEDは白色2灯とブラックライト?風の青色1灯の切替えが可能だ。
microscope-white-led.JPG
microscope-blue-led.JPG

ブラックライトは宝石の鑑定に使われることもあるらしいので、ブラックライト付きの拡大鏡は宝石鑑定にも使えるかもしれない。ちなみに私には宝石鑑定の知識はもっていないけれど!

バッテリーはLR1130が3個必要。元々3個付属していたけれど電池切れのため購入した。

白&青LEDライト付き 60倍顕微鏡 CURRENCY DETECTING WITH LED MICROSCOPE


感想(1件)




使ってみて

LED付きが便利

老眼のおっさんの場合、DIODEの品番は光の加減で目視でも確認する事が出来なかった。ところが、白色LEDを点灯してx60の拡大今日で見てみると、はっきりと確認する事が出来た。

view-iphone6.JPG
iPhone6で拡大撮影

DIODEの品番は判読不能。
ピントが甘い可能性もあるけれど、黒地に黒文字なので、撮影条件として良くない。


view-x60.JPG
拡大鏡を使ってiPhone6で撮影

目視では黒かった文字が白く見える。
LEDを点灯しないと画面が暗く、文字の確認が困難。


1mm以下の文字、状態を手軽に確認するにはLED付きの拡大鏡は絶対に必要
だと感じた。
サイト内 検索
外部リンク
カテゴリーアーカイブ
最新記事
最新コメント
お名前.com
タグクラウド
サイト内 検索