広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年03月14日

第13回 伸びる木






文●ツルシカズヒコ




 野枝はこの閉塞状況を突破するために、叔父・代準介に手紙を書いた。

 自分も千代子のように東京の女学校に通わせてほしいという懇願の手紙である。

 それは自分の向上心、向学心、孝行心を全力でアピールする渾身の毛筆の手紙だった。


 三日に一通ぐらいのわりで、しかも毎回五枚十枚と書きつらねてある。

 キチさんの話では、とにかく「よくもまあ倦きもせんものだと思うぐらい『東京で勉強すれば私はきっと叔父さんや両親に御恩がえしできるだけの人物になれる。なんとかしてもらえないか』と自信満々に訴えてきましてね」


(岩崎呉夫『炎の女 伊藤野枝伝』_p65)


 野枝が書いた手紙は残っていないが、次のような内容だった。


 私(ノエ)は、叔父叔母を実の父、実の母と思っています。

 「千代子姉も実の姉と思っています。

 私はもっと自分を試してみたいのです。

 もっともっと勉強してみたいのです。

 できれば学問で身を立てたいとも思っています。

 一生を今宿の田舎で終わるかもしれませんが、その前にせめて東京をしっかりこの目で見てみたいと思っています。

 大きくなったら、必ず孝行をさせて頂きますので、どうぞ私を上野高女にやってください。

 ご恩は必ずお返し致しますので」


(矢野寛治『伊藤野枝と代準介』_p54)

noe000_banner01.jpg


 下谷区下根岸の代一家の借家の隣りには、大衆小説家の村上浪六が住んでいた。

 一八九一(明治二十四)年、小説『三日月』でデビューした浪六は一躍人気作家となり、大衆小説家として不動の地位を占めていた。

 浪六の小説は江戸時代の町奴(都市に住む無頼者)を主人公にした作品が多く、彼らの頭髪が三味線の撥(ばち)の形に剃った髪型だったので、浪六の小説は「撥鬢(ばちびん)小説」として親しまれた。

 代準介は村上浪六との親交が始まった経緯を自伝『牟田乃落穂』に書き残している。


 夕刻、縁先にて食事をなすに、何時も赤毛の小犬来りて馴れ親しみければ、紙片に「この犬はどちらの犬ですか、名は何と申しますか」と書いて首輪に結びつけたり。

 犬は戻って、また現れた。

 首に新たな紙片を付けている。

「村上の犬です。御贔屓に願います」

 とある。


(矢野寛治『伊藤野枝と代準介』_p50)


 当事の東京下町のゆったりした時間の流れと、人間関係の大らかさが感じられるエピソードである。

 村上浪六の三男で女性史や服装史の研究家である村上信彦によれば、文学的文壇的評価はともかく、当時の浪六の原稿料の高さは他の追随を許さなかったという。


 ……「三日月」を春陽堂から出版したときの契約は「當時の最高原稿料の三倍」だった。

 明治三十三年に『大阪朝日新聞』に書いた「伊達振子」は、尾崎紅葉の新聞小説が一回二圓、流行作家の江見水蔭が八十錢だったのにたいし、一回四圓であった。

 また昭和に入って講談社の雑誌に書きまくったときの稿料も菊池寛以下では應じなかったとのことである。


(村上信彦「虚像と實像・村上浪六」/『思想の科学』・1959年第10号/『明治文学全集89』_p408)





 矢野寛治『伊藤野枝と代準介』によれば、犬がきっかけで始まった代準介と村上浪六との親交は深まり、代は霊南坂に住む頭山満を浪六に紹介したりもしている。

 代準介は哀願の中に矜持のある野枝の手紙を、浪六に見せて相談をした。

 男文の達筆で文章もしっかりしている野枝の手紙を読んだ浪六は、野枝の望みをかなえてあげるべきだと助言した。

 代キチは野枝の気性の激しさや利かぬ気を知って、諸手を挙げなかったが、準介は決断した。

「伸びる木を根本から伐れるもんか」

 伊藤博文がハルビン駅で韓国の民族運動家・安重根によって射殺されたのは、一九〇九(明治四十二)年十月二十六日であった。

 野枝の上京が決まったのは、ちょうどそのころと思われる。

 野枝は今宿の谷郵便局を辞め、この年の暮れに上京、下根岸の代家に寄宿し、女学校編入学のための猛勉強を開始した。

 野枝の妹・ツタは福岡市内に女中奉公に出て、給金一円五十銭のうち一円を今宿の母に送ることにした。

 上京した野枝はおそらく代準介に連れられ、浪六の元に挨拶に行ったことだろう。

 このとき、村上家には生後九か月の男の赤ちゃんがいたはずだ。

 村上信彦である。

 ちなみに浅沼稲次郎暗殺事件の実行犯、山口二矢は村上浪六の孫(浪六の三女の次男)であり、村上信彦は山口二矢の伯父にあたる。





 ともかく、貧しい瓦職人の娘ゆえに、地元の女学校に入ることすら諦めざるを得なかった野枝だったが、人生で最初に遭遇した難関を自力で突破、運命を切り拓いた。


 ……このときはっきり心に決めたにちがいない。

 東京に行こう。

 そして女学校に入ろう。

 勉強してひとかどの人間になりたい。

 わたしはきっとなれる、と。

 すでに長崎で都会生活を経験していた野枝は、都会こそ立身出世や栄光をもたらすところだと知っていた。

 野枝の計算は的確だった。

 叔父代準介は、東京…に家をかまえ、職工を六人つかって町工場を営んでいた。

 一種の侠気のある彼は、しばしば苦学生(当時自分で学費をかせいでいた学生)をおいていたので、野枝はそれに眼をつけたのである。

 野枝は目標にむかって肉薄した。

 ……彼女のぶ厚い手紙が、三日に一通の割で東京の代家に届けられた。

 そこにはおしつけがましい熱心さで、東京で勉強しさえすれば……きっと将来叔父さんや両親に恩返しができる、どうか援助して女学校に行かせてほしいという主張がめんめんと書かれていた。


(井出文子『自由それは私自身 評伝・伊藤野枝』_p31~32)




★岩崎呉夫『炎の女 伊藤野枝伝』(七曜社・1963年1月5日)

★矢野寛治『伊藤野枝と代準介』(弦書房・2012年10月30日)

★『明治文学全集89』(筑摩書房・1976年1月30日)

★井出文子『自由それは私自身 評伝・伊藤野枝』(筑摩書房・1979年10月30日)






●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index




posted by kazuhikotsurushi2 at 20:37| 本文

第12回 東の渚






文●ツルシカズヒコ



 矢野寛治『伊藤野枝と代準介』によれば、一九〇八(明治四十一)年暮れに代準介が一家を連れて上京したのは、セルロイド加工の会社を興すためだった。

 長崎の代商店の経営は支配人に任せての上京である。

 この分野では日本でも相当に早い起業であり、頭山満の右腕であり玄洋社の金庫番、杉山茂丸あたりのアドバイスがあったらしい。

 代準介は杉山とも昵懇だった。

 代キチは「とにかく頭山先生と玄洋社の加勢をしたかったようで、女の私にはよく分からない」(矢野寛治『伊藤野枝と代準介』_p46)と発言している

 代一家は下谷区下根岸(現・台東区根岸四、五丁目)の借家に入居した。

 家賃は月三十円。

 敷地は広く、前庭・中庭・後庭があり、母屋は二階建てで、職人七人を雇って離れでセルロイド加工を始めた。

 千代子は上野高女二年の三学期に編入学した。

 矢野寛治『伊藤野枝と代準介』(p47)によれば「上野高女は下町の町娘の多い学校で、英語力等は土地柄もあり、長崎の方がレベルが高かったかもしれない」。

noe000_banner01.jpg


 一九〇九(明治四十二)年の四月、野枝は今宿の谷郵便局の事務員になり職業婦人として働き始めていたが、その年の夏、千代子の夏期休暇中に代一家が東京土産を携えて今宿に帰省した。

国勢調査以前の日本の人口統計」によれば、当時の東京市の人口は二百万を超えていた。

 花の東京話も土産になったことだろう。

 この年の五月に東京・両国国技館竣工、六月二日に相撲の常設館として開館した。

 頭山満が師と仰いでいた板垣退助は好角家として知られていたが、代準介も好角家だった。

 頭山満の紹介で代準介は板垣退助の知遇を得ていた。

 夏目漱石も見に行ったという、国技館のこけら落とし興行を板垣、頭山、代の三人は桟敷で観覧したかもしれない。

 そうだとしたら、代準介は土産話として話題にしたことだろう。

 この年は「ハイカラソング」が流行った年でもあった。


 ゴールド眼鏡の ハイカラは 
 
 都の西の 目白台
 
 女子大学の 女学生
 
 片手にバイロン ゲーテの詩
 
 口には唱える 自然主義
 
 早稲田の稲穂が サーラサラ
 
 魔風恋風 そよそよと






 自転車で颯爽と通学する女学生と東大生の恋愛を描いた、小杉天外の長編青春小説『魔風恋風』は、一九〇三(明治三十六)年に『読売新聞』で連載され大ヒットした。

 高等女学校令が公布施行されたのは一八九九(明治三十二)年だったが、二十世紀初頭、明治のハイカラを象徴するのが女学生だった。

 代準介がもし相撲の話をしていたら、野枝はそれをお愛想の相づちを打ちながら、シラーっとして聞いていただろう。

 それよりも、目の前にいる従姉の千代子がまぶしかっにちがいない。

 千代子は現役の東京の女学生なのである。

 三年に進級した千代子は級長をしていた。

 それに比べて、自分は田舎の郵便局の……。


 私(ノエ)も千代子と同じく東京で級長を張るくらいの力はある。

 東京へ行きたい、長崎や福岡より何十倍もの都会の東京で自分を試してみたい。

 この村で終わりたくない。

 自尊心と、功名心と、千代子へのライバル心がノエを動かし始める。


(矢野寛治『伊藤野枝と代準介』_p53)





 代一家が東京に戻った後、野枝は暗い日々を送っていた。

 矢野寛治『伊藤野枝と代準介』によれば、野枝が郵便局の勤め帰りに今津湾をひとり悄然と見つめながら、そのころの心情を書いたと推測されるのが「東の渚」という詩である。

 野枝の『青鞜』デビュー作であり、野枝が残した唯一の詩だ。

 
 東の磯の離れ岩、

 その褐色の岩の背に、

 今日もとまつたケエツブロウよ、

 何故にお前はそのやうに

 かなしい声してお泣きやる。

(略)

 私の可愛いゝケエツブロウよ、

 お前が去らぬで私もゆかぬ

 お前の心は私の心

 私も矢張り泣いてゐる、

 お前と一しよに此処にゐる。

 ねえケエツブロウやいつその事に

 死んでおしまひ! その岩の上でーー

 お前が死ねば私も死ぬよ

 どうせ死ぬならケエツブロウよ

 かなしお前とあの渦巻へーー

 ーー東の磯の渚にて、一〇、三ーー


「東の渚」/『青鞜』1912年11月号・第2巻第11号/『定本 伊藤野枝全集 第一巻』_p9~10)


 ケエツブロウとはカンムリカイツブリの博多地方の呼び名で、日本には冬季に冬鳥として飛来する。

 群れず一羽でいることが多い。





 どんどん従姉の千代子に遅れていく。

 こんな海辺の田舎で終わってしまうのか。

 どうしてこんな境遇に生まれ落ちたのか、このままで終わる一生なら生きていても意味は無い、ケエツブロウよ一緒に死のうと詠っている。

 夕刻の今津湾を見つめながら、能力のある子が自分の能力を活かしきれないことに地団駄を踏んでいる。

 私(ノエ)も千代子と同じく東京で級長を張るくらいの力はある。

 東京へ行きたい、長崎や博多より何十倍も都会の東京で自分を試してみたい。

 この村で終わりたくない。

 自尊心と、功名心と、千代子へのライバル心がノエを動かし始める。


(矢野寛治『伊藤野枝と代準介』_p52~53)





 野枝の死後、「大杉夫妻の葬儀」を報じた『福岡日日新聞』の記事の中で、野枝が「十四五歳の時作つた歌」が二首紹介されている。


 死なばみな一切の事のがれ得ていかによからん等とふと云ふ

 みすぎとはかなしからずやあはれ/\女の声のほそかりしかな


(『福岡日日新聞』1923年10月17日・三面/『定本 伊藤野枝全集 第三巻』資料篇_p436)

 
 会葬者の目を惹いたというこの歌も、野枝が今宿の谷郵便局に勤めていたころの作かもしれない。

 田中伸尚『飾らず、偽らず、欺かずーー菅野須賀子と伊藤野枝』によれば、野枝の死後、野枝の地元『糸島新聞』(一九二三年十月二十四日・一面)にも「野枝の和歌/小学校時代」の見出しの記事が掲載され、葬儀で周船寺高等小学校時代の歌稿六十余首が紹介されたという。

『糸島新聞』は『福岡日日新聞』が紹介している二首ではなく、別の九首を掲載している。


 群衆にまじりて聞きし一節の女の声の頭にしみぬ

 日は沈む浮かびし儘の賛美歌を只訳もなく歌ひてあれば

 鏡とりて淋しや一人今日もまた思ひに倦みて顔うつし見る

 鏡見ればつめたき涙伝ひたる後のしらじら光る淋しさ

 頬を伝ふ涙つめたし橋に立てば杉の梢に夕陽の入る

 雨の日は苦しき心しかと抱きかすけき強き音に聞き入る

 夕雲よ白帆よ海よ白鳥よあゝ日は沈むさびしき思ひ出

 赤き頬かゞやく瞳思ひ出づ火鉢に凭(もた)れ机に凭れば

 なべて皆瞳にうつるもの悲し梅の蕾の仄白き夕


(田中伸尚『飾らず、偽らず、欺かずーー菅野須賀子と伊藤野枝』_p123)



★矢野寛治『伊藤野枝と代準介』(弦書房・2012年10月30日)

★『定本 伊藤野枝全集 第一巻』(學藝書林・2000年3月15日)

★『定本 伊藤野枝全集 第三巻』(學藝書林・2000年9月30日)

★田中伸尚『飾らず、偽らず、欺かずーー菅野須賀子と伊藤野枝』(岩波書店・2016年10月21日)



●あきらめない生き方 詳伝・伊藤野枝 index



posted by kazuhikotsurushi2 at 14:24| 本文
ファン
検索
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
index(1)
本文(46)
月別アーカイブ
プロフィール
さんの画像

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒業。『週刊SPA!』などの編集をへてフリーランスに。著書は『「週刊SPA!」黄金伝説 1988〜1995 おたくの時代を作った男』(朝日新聞出版)『秩父事件再発見』(新日本出版社)など。
プロフィール
日別アーカイブ

美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:04時点)

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

新品価格
¥1,058から
(2017/3/4 02:09時点)

美は乱調にあり (英文版) ― Beauty in Disarray (タトルクラシックス )

中古価格
¥3,487から
(2017/3/4 02:14時点)

飾らず、偽らず、欺かず――管野須賀子と伊藤野枝

新品価格
¥2,268から
(2017/2/16 10:43時点)

自由それは私自身―評伝・伊藤野枝

中古価格
¥1,081から
(2017/2/9 02:00時点)

野枝さんをさがして―定本伊藤野枝全集 補遺・資料・解説

中古価格
¥3,913から
(2016/3/13 18:23時点)

定本 伊藤野枝全集〈第3巻〉評論・随筆・書簡2―『文明批評』以後

中古価格
¥18,616から
(2017/2/9 00:18時点)

伊藤野枝と代準介

新品価格
¥2,268から
(2016/3/13 20:05時点)

日録・大杉栄伝

新品価格
¥4,536から
(2016/3/13 20:13時点)

ルイズ 父に貰いし名は (講談社文芸文庫)

新品価格
¥1,620から
(2016/3/13 20:24時点)

地震・憲兵・火事・巡査 (岩波文庫)

新品価格
¥821から
(2016/11/5 01:11時点)

海の歌う日―大杉栄・伊藤野枝へ--ルイズより

中古価格
¥1,619から
(2016/11/5 01:26時点)

大杉榮 自由への疾走 (岩波現代文庫)

中古価格
¥2から
(2017/2/9 00:00時点)

日本的風土をはみだした男―パリの大杉栄

中古価格
¥700から
(2017/2/9 00:12時点)

動揺 [CY大正浪漫コミックス1]

新品価格
¥1,080から
(2016/3/13 18:18時点)

裁縫女子 (サイホウジョシ)

新品価格
¥1,132から
(2017/2/9 18:20時点)

「週刊SPA!」黄金伝説 1988~1995 おたくの時代を作った男

新品価格
¥1,296から
(2016/3/13 20:26時点)

ワタナベ・コウの日本共産党発見!!

新品価格
¥1,620から
(2018/4/20 13:29時点)

秩父事件再発見―民主主義の源流を歩く

新品価格
¥1,728から
(2018/7/14 11:05時点)

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。