2021年01月02日

ちょっと待てよ!

IMG_20200703_110230.jpg
(雀の砂浴びの跡)

昨日、気づいたことがありました。

いつものように、妻が否定的なことを言っているのを聞いてまして、
いつものように「否定的なんだよな」と思ってました。
そして、いつもは「それって否定的だよ」と指摘するのでした。

でも、心の中で、「説明してもあんまりよく理解しないんだよな」と思っている自分がいました。

でも妻は、指摘しても、受け入れる時と、ある時は、私が、さばいていることを
言い返してきます。

結局、この構図を、観察すると、第一パターン ハンナが否定的なことを言って、私が指摘してさばく。
それを受け入れるが、ハンナは、落ち込む。
第二パターン、ハンナが否定的なことを言って、私がさばいて指摘。それをハンナが言い返してきて、私がさばいているのを指摘される。

何れにしても、勝利してない。サタンの思うウツボ、パターンが続いている。

そんなことを思っている時に、「さばいてはいけません。さばかれないためです。」のみ言葉がいつも頭にあるのですが、どうにもなりません。このみ言葉は人の罪は、気づくけど、自分の罪は気付かないものだから、まず自分の罪に気づいて、それを取り除けば、相手の罪も取り除くことができるという言葉でした。

でも、昨日は、違ったんです。

「ちょっと待てよ!」

気づいてないとはどういうこと? そう、「ハンナは自分の罪に気づいてないんだよな」と思うのです。でも、それなりにハンナも、気づいているけど、私は、「私が考えているほど、ハンナは気づいていない。」と思っていて、「なんで繰り返すのかな。」とか、「自分のほうが、否定的な言葉、言わないよな」とか思ってます。

「ちょっと、待てよ」

でも、それって、逆に考えれば、自分も本当に、自分の罪に気づいてないっていうことかな、と思ったのです。
ハンナが、気づいてないと、私が思っているように、私も気づいてないってことがあるっていうことか?ハンナは、私の罪に気づいているけど、私は、その罪を深く知ってないってこと。そんな罪が、自分にあるかも。そう思ったのです。

これは、本当に、聖霊の語りかけではないだろうか?

これは、サタンの思うウツボ打砕きパターンです。

ここから、神に新しいことを語られていきました。
ハレルヤ。



リンク
ファン
検索
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

二人で、いろんなところ行ってます。 人生は、旅ですな。
プロフィール
最新コメント
感動したこと by たー (02/12)