ファン
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2020年02月29日

無人島に生きる十六人

無人島!アウトドアが好きな人はなんだかこの響きにワクワクを覚えるのものではないでしょうか?僕もそんな人達の1人なわけですが。(笑)
そんな無人島での昔々のお話です。
52086CD1-11C4-4958-8D9E-39E361E9834F.jpeg
続きを読む...
タグ:無人島
posted by ふじやん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2020年02月28日

工房アイザワのステンレス弁当箱!!な話

毎日毎日、お仕事お疲れ様です!!仕事中の楽しみの一つといえばお昼ご飯でしょうか?中には夜勤でお疲れの方もいらっしゃることでしょう。そんな方もやっぱり休憩の時の食事というものは何よりの楽しみではないでしょうか?
「今日のお弁当はなんだろう!!?」
作ってもらったお弁当の蓋を開ける瞬間!楽しみですよね!
自分で作って持っていくのなら、新しく挑戦したおかずの味見が楽しみだったりもします。
弁当箱はそんな時間を演出する宝箱のようなもの・・・と言ったら大げさでしょうか?ええ、大げさですね!(笑)
82B8F5F7-583F-4C76-A1A2-C184056348D5.jpeg
でも、そんな弁当箱もシンプルで丈夫なもの程長く使えて、長く大事に使えば使うほど、味と愛着が出てきていいですよね。今日はそんな弁当箱のお話です。
続きを読む...

2020年02月26日

あなたは大切な人とどのように過ごしますか?

「クロノスジョウンターの伝説」というSF作品。1995年、とある企業が開発している過去射出装置「クロノスジョウンター」。つまりは過去限定のタイムマシンということになるのですが、そう呼ぶにはまだまだ未完成な代物。
A6B9D0A5-BA19-43AC-971E-71B226E5729F.jpeg
過去に物質を送り出せるものの、滞在できる時間はわずか10分たらず、そしてその時が過ぎると副作用のように時の流れに引っ張られ、元の時代よりも先の時代に飛ばされてしまう。それは過去に遡ればのぼるほど、そして過去にしがみつけばしがみつくほど、その反作用は大きくなる。続きを読む...
posted by ふじやん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2020年02月25日

感謝の反対語は「あたりまえ!」

仕事でも恋愛でも友達関係でもそうですが、最初は、相手に何かをしてもらったことに対して感謝をしますね。形式に従ってのそれではなく、その多くは心からそう思っていることでしょう。そしてその感謝の気持ちはお互いにずっと変わらないものだと思い続けます。
あなたも相手に対して、その感謝している相手に「私はあなたに感謝をいつもしています!」と思い続けると思います・・・しかし・・・気をつけないと自分でも気がつかないうちに、自分の気持ちが変わってしまっていることがあるのです。そしてそれを信じて疑わない・・・。それが気がつかないうちにお互いの誤解を招いてしまい、関係にヒビが入ってしまうこともあるのです。
今日はそんな感謝の心のお話です。
A676F28B-2BAD-4FDD-A785-C431F4C07CE6.jpeg
続きを読む...
タグ:こころ
posted by ふじやん at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2020年02月22日

自転車がちゃんと書かれた漫画な話

漫画家さんは自転車をあまり書きたがらないそうです。確かに、ディティールがゴチャゴチャしているし、人を乗せた図などはバランス良く書くのが難しいなと思うので、それを考えたら納得です。確かに、いろんな漫画を読んでいて自転車が出てくると、どこかしら変なんですよね。バランス悪かったり構造が適当だったり(笑)
しかし、きちんと自転車を書いている漫画があります。
「アオバ自転車店」シリーズ(期により名が変わる)
著書タイトルにもなっている通り、自転車店のお話ですが、その経営がどうこうというものではなく、その自転車店に関わる人々の、自転車を通じた人間ドラマが描かれています。
F1A488A7-AF4F-4CB6-9ED6-D75A54D7AB07.jpeg
続きを読む...
posted by ふじやん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍

2020年02月20日

トピークのフラッシュスタンドは、ツーリングにも持って行ける便利なスタンドな話

スポーツバイクにはスタンドを付けていない方が多いかと思いますが、時々はスタンドがあったほうが便利だなと思うことあると思います。
そもそも、スポーツバイクにはなぜスタンドを付けないのか?もちろん付けたかったら付けてもいいのです。その方が街中では便利に使えますしね。
FF4745AA-CD99-4598-9A37-E4A6842DF45E.jpeg
スポーツバイクにはスタンドを付けない理由!!

・輪行(自転車を公共の移動手段で運ぶこと)する時に後ろの車輪を外した場合、邪魔になる。
・スタンドのほとんどが車体に噛ませて装着するので、車体が傷つく。
・少しでも軽くしたいので、無駄なものは付けない。
・カッコ悪い。
・悪路走行時に邪魔になる。(マウンテンバイク等の場合)

などなど、全ての項目に当てはまる訳ではないと思いますが、付けていない方の事情はどれかには当てはまると思います。
そんなスタンドがついていないスポーツバイクに乗っていると、スタンドがあった方がいいなと思う瞬間もあると思います。「ない!!」と思う方も是非この後のお話を読んでいただけたら幸いです。
続きを読む...

2020年02月18日

心の貯蓄は大切に!!

恋人同士の時はよく尽くしてくれたのに、今はその相手が素っ気なかったり、むしろ冷たくなってしまった・・・なんてことはないでしょうか?
または、見返りを求めずに相手の喜ぶ顔が見たいがために尽くしていたのに、最近はなんだかそんな気にもなれず、むしろ少しのことが気に障って嫌になるなんていう事がないでしょうか?もしかしたらそれは「心の貯蓄」を使い切ってしまったのかもしれません。
BE266D0C-9EAA-48E4-85D2-D23F41CB73CE.jpeg
前者は、相手が自分に対して持っていた心の貯蓄。後者は自分が相手に対して持っていた心の貯蓄です。
心の貯蓄は、自分にも相手にも貯まっていると幸福度が相乗的に上がっていきます。これは物理的な欲求を満たすことよりも遥かに満たされます。

それはどういうことなのか?
続きを読む...
posted by ふじやん at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2020年02月14日

ミルスペックのレザーマン・マットEODは火を扱うキャンプに使いやすい話

キャンプの焚き火は、見ているだけで心安まる安心感を得ることができますね。火を扱うという技術は、遠く昔の先祖から受け継がれてきました。
火は刃物と同じで扱い方を間違えば大変危険なものでもあります。しかしだからといってそれを遠ざけることで安心安全を進めるのは、あまりにも安直な気がしてならないと思うところがあります。
火も刃物同様に、人間が文明というものを築いていく礎でもあるのですから。
DDC2EF99-5F5B-45E8-B137-9D0D1AFE2960.jpeg
現在の日本は、火も刃物もきちんと使えなくても便利に生きていける世の中になってきました。一昔前はどちらも扱えないと生活もままならなかったというのに、文明の発展はすごいですね。
しかし何かの影響で、当たり前に使えていた文明の利器が使えなくなってしまったらどうでしょう?まずは今までの生活に支障が出てきます。支障が出てくるだけならまだしも、死活問題にもなりかねませんね。
そんな時に必ず必要になるかは状況によりますが、文明の礎でもある火と刃物をキチンと扱えれば、その問題を打破できる確率は大幅に上がるのではないでしょうか?
ちょっと話は大げさになってきてしまいましたが、焚き火の話に戻しましょう。続きを読む...

2020年02月12日

時間の有用性は、自分がどのように過ごすかで充実したものにもそうでないものにも変わる話。

人それぞれ、全く同じ人生を歩んでいる人はいませんよね。しかし、生まれてから同等の長さの時間を過ごす人は多くいます。その長さ自体は人それぞれですが、お互いに同じくらいの長さの時間を過ごしていたとしても、その人にとってそれが充実した満たされた時間であったのかどうかは変わってきます。
F07AF82F-3E2C-4D74-9C43-C164D5FB81E4.jpeg
さらに、例えれば二人の人間が全く同じ人生と同じ長さの時間を経験したとしても、それが充実した時間であったかどうかはきっと違うであろうと思うのです。
ではなぜ同じ人生と同じ時間を過ごしたとしても、人生の充実度が人によって変わってくるのか・・・今日はそんなお話です。続きを読む...
posted by ふじやん at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2020年02月10日

まるでガチャポンプのような浄水器、MSRのミニワークスの話

浄水器があると飲み水を作れるという安心感があります。僕らは普段、蛇口をひねれば綺麗な水が出てくるという生活を送っていますよね。
当たり前ではありますが、当たり前でない時も実際にあります。普段はそんな境遇に遭遇することはないでしょう。しかし、昨今の災害の多さ!
8B14D1C1-B591-4F85-8313-8258282E33A7.jpeg
普段当たり前に使えているライフラインが途切れてしまい、不便な生活を送らなければならない状況にいつなってしまうとも限りません。不便なだけでしたらまだしも、生死に関わることあればもうこれは死活問題ですよね。
災害などで水道から供給される水が止まってしまったら・・・。続きを読む...
posted by ふじやん at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災
検索
タグクラウド
プロフィール
ふじやんさんの画像
ふじやん
自転車業界歴約20年のアウトドア好きです。 登山やバイクツーリング、キャンプが好きですが、何か必要な道具を改造したり作ったり、機械を直したりなども大好きで、そういった工具を使って何かを作ることや、キャンプなどアウトドアでの経験を普段の生活に活かして生きていこうと思っています。 今の当たり前の社会的生活には快適な様々があります。普段は道具や工具など大して使わなくても便利なものがたくさんあり何気なく生活ができてしまいますが、災害などそうでなくなった時に、そういったものを使える知恵と道具と経験があれば、それは自分を活かすこと、大切な家族や友人、隣人を守り助ける力になるのではないでしょうか? そうしたことで社会的生活が失われそうになっても、それを築いていく基盤を自分の中で育てていけたら、そして微力ながらこのブログを読んでいただく方々のお力やそうしたことへのヒントになれたらと思いまして、ブログをはじめました。よろしくお願いいたします。
プロフィール